4146569 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

感染ルンです。。。

感染ルンです。。。

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

銀治

銀治

Calendar

Category

Archives

2024.05
2024.04
2024.03
2024.02
2024.01
2023.12
2023.11
2023.10
2023.09
2023.08

Free Space


アンケート開催中!

好きな50ミリレンズは?


こちら

Comments

2021年大阪、龍性会の報告。@ Re:梅佳代ドキュメンタリー「情熱大陸」編(01/16) 10年ほど前かな、 梅佳代さんが結婚式の…
グライフ@ Re:フラッシュバルブという写真機材(05/16) 初めまして、検索してたらたどり着きまし…
銀治@ Re[1]:フラッシュバルブという写真機材(05/16) fallさん 体がないブログですみません。 …
fall@ Re:フラッシュバルブという写真機材(05/16) こんにちは 凄く前の記事ですが、ご質問…
地具マヤ@ Re:パナソニックの3D VIERAのインプレッション(04/26) その後3Dビエラの調子はいかがですか。 …
えまのん@ Re:APS-Cとフルサイズの計算上等価ボケ量の実験(10/29) ボケうんぬんを言うなら、フルサイズなん…
ngtmszm@ Re:SonyEricsson Xperia X10 mini その10(09/03) 初めまして。 ブログを拝見し、もしご存…
増田光紀@ Re:キヤノン 50mm F0.95 について考える その2(10/02) ウチのサイト引用されるならリンクくらい…
brooklyn@ すごいです! 初めまして、brooklynです。 すごく気にな…
三毛.@ Re:キヤノン 50mm F0.95 について考える その1(10/01) (・ω・)/ 新宿クラシックカメラ博2012にて未…

Freepage List

☆感染ルンですナビゲーター


カメラ・レンズ・物欲研究


ブックマークリスト


テクニック


ギャラリー


☆コンパクトカメラ研究


CONTAX TVS


Konica HEXAR


☆一眼レフ研究


ファインダー倍率


☆レンジファインダー研究


Leica M4


Konica HEXAR RF Limited


Konica AUTO S1.6


Rollei 35T


安原製作所 安原一式


Leica MP LHSA


☆中判カメラ研究


Rollei Rolleiflex 2.8F


☆大判カメラ研究


☆その他カメラとか写真機材研究


Polaroid SX-70


☆レンズ研究


50mmレンズ対決(ツァイス vs ヘキサノン)


キヤノン50mmF0.95のボケ


☆デジタル研究


SIGMA DP1


☆物欲ウィルスに感染したとき


物欲言葉の殿堂


M型ライカ物欲爆発購入物語


カメラウイルス感染者


☆デジタル赤外線写真研究


赤外線概略


デジタルカメラ改造@Nikon COOLPIX 990編


デジタル赤外線写真@Nikon COOLPIX 990


☆撮影・デジタル・Photoshopのテクニック


35mmフルサイズパノラマのスキャン


区切りを考える


写真の選び方


感度10倍分の5.6


感度10倍分の5.6とNDフィルター


☆銀塩ギャラリー


CONTAX Tvs


ROLLEI Prego Micron パート1


KONICA HEXAR


KONICA M-HEXANON 50mm F1.2 パート1


MAMIYA 7


LEICA Summicron-M 35mm F2 ASPH.


LEICA Summicron-R 90mm F2


CANON FL 58mm F1.2


Polaroid SX-70


MAMIYA 7 with Panorama Adaptr


Leitz Minolta M-Rokkor-QF 40mm F2


The Original LensBaby


Rollei Rolleiflex 2.8F パート1


CONTAX Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4


KONICA M-HEXANON 50mm F1.2 パート2


Leitz Minolta M-Rokkor 90mm F4


Konica HEXANON 57mm F1.2 パート1


KONICA M-HEXANON 50mm F1.2 パート3


CONTAX Carl Zeiss Planar T* 55mm F1.2


KONICA M-HEXANON 50mm F1.2 パート4


Hand-Made Pinhole Camera


Rollei Tele Rolleiflex


Carl Zeiss Planar T* 55mm F1.2 パート2


CANON TV LENS 50mm F0.95 パート1


CANON TV LENS 50mm F0.95 パート2


ROLLEI Prego Micron パート2


CANON TV LENS 50mm F0.95 パート3


OLYMPUS ZUIKO 35mm F2 パート1


CANON TV LENS 50mm F0.95 パート4


CANON TV LENS 50mm F0.95 パート5


CANON TV LENS 50mm F0.95 パート6


CANON TV LENS 50mm F0.95 パート7


Carl Zeiss Planar T* 55mm F1.2 パート3


☆デジタルギャラリー


CONTAX Carl Zeiss Planar 85mm F1.4


Panasonic DMC-LX1


Canon EF50mm F1.4 USM


Ricoh DR-Digital


CONTAX Carl Zeiss S-Planar 60mm F2.8


CONTAX Carl Zeiss Planar 50mm F1.4


CONTAX Carl Zeiss Distagon 35mm F2.8


Canon EF 24-70mm F2.8L USM


SIGMA AF 14mm F3.5


☆Series Gallery


顔にみえる?


電線


電線 パート2


電線 パート3


電線 パート4


電線 パート5


Favorite Blog

私が間違っておりま… エンゾ〜さん

Keyword Search

▼キーワード検索

2008.05.16
XML
カテゴリ:写真

えー、アクセス数がおかしなことになっちょりまする。グーグルさんによる楽天の排除(たろむさん推測)期間中は、1日800ヒットぐらいあったアクセスがガタッと落ちて500台になり、最近になって解除されたのか、徐々に回復しつつ600から700ぐらいになっていました。それが昨日、理由が全く不明(解析不可能な楽天だから)で1000近くまでヒットがありました。うーむ。ライカとかツァイスの話題じゃないのになぜだろう?

ということで、験を担いでフラッシュバルブ的話題を行ってみよう(笑)

もはやフラッシュバルブな話をしたところで、最後の生産者であった東芝さんの倉庫にあるかないかみたいな在庫状況だと思われるので、たんなる年寄りのおもひで話に近いのですが、まいっか。

昭和初期から中期にかけてが報道系で使用全盛期でしょう。まだ小型ストロボが無かった時代に、光が少ない場所でも撮影できる技術ということで、マグネシウム粉を使ったり、マグネシウムフェラメント入り電球状閃光機具を使いました。それがフラッシュバルブ。昨日いただいた39'ersさんのコメントの通り、近年の一般的用途としては、プリントゴッコの版作りに使っていましたね。

フラッシュバルブは大きく2種類がありました。白黒フィルム用の「クリアー」と呼ばれる透明バルブと、「ブルー」と呼ばれるカラーフィルム用がありました。マグネシウム閃光は基本的に色温度が高いのですが若干黄色が混じるので、クリアーでカラーを撮ると発色が悪くなったのです。ブルーの方は色温度調整にその名の通り薄いブルーフィルターが被さっている状態なので、フィルターファクターがかかって若干出力が落ちました。まぁ、白黒全盛期のモバイル光源ですから、圧倒的にクリアーを使う方が多かったはずです。

ググっていただければ、形状の写真とか見つかると思います。念のためここで完結させようと文章化するならば、裸電球の中に綿のようなマグネシウムの線がつまっている状態です。電球っぽい形ですが、外装はプラスチックで内側がガラスです。

マグネシウムが燃える様は、恐らく中学生の理科で「燃える金属」というような項目で実験されていると思いますので、なぜマグネシウムかは割愛。

フラッシュバルブの利点は、閃光時間が長いこと、簡単な電源で発光できること、増設が簡単であること、などにあると思います。閃光時間が長いということは、1/10000秒発光のストロボに比べて、時間軸で光エネルギーをフィルムへ導くことが可能なので、「フラッシュバルブは強力」というところへ行きます。またどれぐらい簡単な電源で発光できるかと言えば、単1電池が1個2個ぐらいでオッケー。ま、単1電池ってところが時代でしょ。増設というのは、フラッシュバルブを同時に複数個使ってより強力な光を得ようとすることです。電球のソケットと2芯電線があれば、直列でも並列でも並べて高出力を得ることができます。この部分は後述します。

フラッシュバルブの欠点は、1回ポッキリ使用であること、マグネシウムが燃えるエネルギーなので使用後は高熱であること、でしょう。そして欠点まで行きませんが、閃光時間が長いので高速の動きを止めるためには使えませんし、シンクロの接点設定やシャッタースピードを間違えると閃光能力を取り込めない可能性があります。フラッシュバルブを使うときは、シンクロをM接点かFP接点(バルブの種類による)をつかいます。今はX接点がシンクロしかありませんので、その場合は1/15秒程度の長めのシャッタースピードを使わないとダメです。

そうそう。子どもの頃、父の「お手伝い」と称して仕事現場に付いていったとき「触ったら熱いよ」と言われたのに、発光直後のフラッシュバルブを触って指紋をなくす程度のやけどをしたことがありますねぇ。てへっ。

さて、僕自身が最後にフラッシュバルブを使った撮影の話で締めたいと思います。

最後に使ったのは、建築写真撮影でした。それもどでかい神社仏閣の撮影ね。

先の通りストロボの一瞬的な閃光とは違い、闇をじっくりと照らすような、日中でも太陽光に負けない突き進むような光を放つのがフラッシュバルブです。この特徴を使いました。

4x5のカメラをセットして神社仏閣を快晴な日中に露出を合わせて撮影しようとすると、屋根の下は壊滅的に真っ黒になってしまいます。そこで、フラッシュバルブを使った日中シンクロをしました。神社仏閣の軒下方向に向けて、電球ソケット20個を電線で直列に繋いだ機具を製作してフレーム外にセットして、20個のフラッシュバルブを取り付けて、シャッタースピードを1/8秒ぐらいにしてカシャっと切ると、

「プォォォン!」>ポンが複数音こだまして聞こえる感じ

って、直射日光が軒下に作る影に向かって、フラッシュバルブ強烈なエネルギー閃光がディテールを明るく照らしてくれました。

露出は、一応フラッシュバルブエネルギーをガイドナンバーから計算しましたが、ボラを切ったらそれだけで20個パァなので、ほぼ勘ってとこ(笑)。フィルムは1個所につき2枚切って、つまり40個使用して、現像でもトーンを調整しました。

想像していた以上にできがよいフィルムに仕上がって、クライアントさんは大喜びでしたね。なにしろ過去はシャドーディテールが写っている写真なんて見たこと無かったようですから、人間が見ているような状況に近い写真に感動していただきました。

非常にアナログチックな機材でしたね。





「ネオンの中のペットボトル」

Konica FS-1
Hexanon AR 40mm F1.8
FUJIFILM Provia 400F +1
Copyright (C) 2008 GINJI, All Rights Reserved.


「大口径開放戦線」
古今東西大口径レンズの開放写真が集まっている参加型ブログ(引越中)

倉庫を探せばフラッシュガンはあると思います。

日記が面白かったという人はweb拍手をクリックしてくださいね♪


カメラ鍋の撮影に成功したら、こちらの画像掲示板へどうぞ





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2008.05.16 21:58:23
コメント(5) | コメントを書く
[写真] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


フラッシュバルブ舐めませんでした…   三毛 さん
85と云えばラッテンフィルターって古い話でしょうかしら (2008.05.16 23:18:39)

Re:フラッシュバルブ舐めませんでした…(05/16)   銀治ぃ さん
三毛さん

そうそう。85はラッテンの(以下略)
(2008.05.18 11:30:50)

Re:フラッシュバルブという写真機材(05/16)   fall さん
こんにちは 凄く前の記事ですが、ご質問よろしいでしょうか?
今更ですが、プリントゴッコのランプを探しております フラッシュランプで代用出来るのか、色々な書き込みを探しておりますが、(試された方はいませんが、使わない方がいい)とゆう内容のものばかりです
使ってみて、駄目だったとゆうものがないのです
閃光量があえば使えるような気がするのですが、使えないのでしょうか?

機械が壊れてしまってもいいので、一度試してみたいのですが、閃光ランプもそこまでお安い物ではないので、いろいろな方に聞いてみてます
電球に詳しそうな記事を見つけたので、ご質問いたしました

もしおわかりでしたらなん情報でもよいので教えてください (2016.09.30 15:14:26)

Re[1]:フラッシュバルブという写真機材(05/16)   銀治 さん
fallさん

体がないブログですみません。
プリントごっこのフラッシュバルブは、熱によって版をつくるものだと認識しています。
が、代用はやめたほうがいいと思います。必要熱量までフル発光したらフラッシュが壊れると思いますw
プリントゴッコの材料をまだお持ちなら、シルクスクリーン関係の製作過程を検索されると良いと思います。 (2016.11.21 10:28:54)

Re:フラッシュバルブという写真機材(05/16)   グライフ さん
初めまして、検索してたらたどり着きました。懐かしいのでコメントさせて頂きます。
若い頃一度だけフラッシュバルブの22Bを使って集合写真を撮った事があります。
確かガイドナンバーは約90だったと記憶してます。Bと言う記号は電球にブルーの
コーティングが施されていて、カラーフィルム用だと師匠から聞かされておりました。
Pentax67のFP接点につないだ記憶が有ります。 (2019.12.26 09:52:58)


© Rakuten Group, Inc.