004115 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

医学の知識を得て世界の切手を楽しむ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

医学切手の鉄人

医学切手の鉄人

バックナンバー

カテゴリ

医学

(81)

新型コロナウイルス

(0)

切手の中の美女たち

(1)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2024.02.29
XML
カテゴリ:医学
1553年スペインの神学者で医師のミカエル・セルヴェトゥス(1509~1653)は、『キリスト教の復興』を著し、その中で「右心室の血液が肺動脈を経由して肺に行き、吸気によって取り込まれた空気と血液が交じり合い、肺静脈を経由して左心室に戻ってくる」との肺循環を明らかにしました。

当時のヨーロッパではガレーノスの循環説で「血液は右心室から心室中隔を通って左心室に入る」という説が絶対であったことから、セルヴェトゥスの説はガレーノスの権威を否定し、神学を批判するものとの烙印を押され、異端者として宗教裁判にかけられ、1553年に火あぶりの刑に処せられました。

そして、彼の著書『キリスト教の復興』は、没収され焼かれましたが、かろうじて3部が後世に伝えられました。

この残された3部が17世紀に見直され、セルヴェトゥスの肺循環説が広く紹介されることになります。

切手は1977年スペイン発行の「文化人切手」で、セルヴェトゥスの肖像が描かれています。







切手は2011年スペイン発行の「著名人切手」の中の一枚で、彼の肖像とともにハ肺循環が描かれています。













お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.02.29 08:03:00
コメント(0) | コメントを書く


カレンダー

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.