058431 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

和牛おやじのチャレンジレシピ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

ホームページ
フードサポート研究所
「稼げる肉の売り方、食べ方伝道師」として地元に息づく地元スーパーならでは事例を通じて情報発信しています。

無料メルマガ登録
地元密着食品スーパー悪戦苦闘の日々

ブログ書いてます
地元スーパーの元気な売場通信
地元スーパー店長のありがとう通信

Calendar

2018.07.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨年の10月にでんなアメリカに行ったときに昼食に食べに行った

お店での初めての経験やったけど注文の時にいきなりタッチパネルが

出てきょったんやね

何かこのタッチパネルで注文することはわかるんやけど(回転寿司では

やっていたさかいにな)

なんでこんなことせなあかんのや!はよ注文聞いてくれ!

という感じやったんやけどこのタッチパネルの意味がやっと分かりました

なんせそのお店の名前までもが「パネラブレッド」という店舗名で

アメリカのファストフード新規出店ランキングの第8位にランクされる

お店だったわけや

要するにこのタッチパネルのオーダーとは「カスタマイズ」に対応するお店

ということでんな

それにしてもアメリカのファストフード業界ではほとんど飽和状態では

ないか?といわれている中での新規出店第8位は素晴らしいもんやね

そのカスタマイズするやり方を日本での「バーガーキング」が

やり始めるちゅう話ですわ

バーガーキングのハンバーガーやね




そりゃ~マックやモスとの違いということでもカスタマイズでの

対応はやるしかないやろ

タッチパネルなどのデジタル機器を駆使してやね

「HAVE IT YOUR WAY」ということで

販促や店舗運営の効率化を図りながらお客様好みに

カスタマイズされたハンバーガーを提供するというこっちゃな

こりゃ~ほんま、パティだけにミンチとの遭遇

というより当り前だのことやろね






Last updated  2018.07.27 17:22:52
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.