2370217 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わさびくま日記

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

踏切の旅~南武線

2015.11.16
XML
カテゴリ:踏切の旅~南武線

IMG_7248.JPG


尻手短絡線最後の踏切です。歩行者専用の小さな踏切で、静かな場所にあります。踏切の利用も周辺住民に限られると思われます。

踏切名はここから少し離れた場所にある寺院「最願寺」が由来です。踏切名はなぜか「最寺」という表記になっています。


IMG_7246.JPG


新鶴見方を見ます。単線で住宅地を抜けて行きます。こんなローカルな風景の中を走る貨物列車を見てみたいです。


IMG_7245.JPG


尻手方を見ます。線路はこの先で南武線と合流します。


IMG_7247.JPG

最厳寺踏切 0K917M 幅員3.0M

所在地:神奈川県横浜市鶴見区矢向

撮影日:15.09.05






Last updated  2015.11.16 13:34:44


カテゴリ:踏切の旅~南武線

IMG_7236.JPG


先述の第4踏切同様、住宅地の中にある踏切です。第3、第4踏切より狭い道が交差しますが、交通量は意外に多いです。ちなみに、「矢向」という名称の踏切はここが最後になります。


IMG_7237.JPG

矢向第5踏切 0K835M 幅員6.0M

所在地:神奈川県横浜市鶴見区矢向

撮影日:15.09.05






Last updated  2015.11.16 13:22:28
2015.11.10
カテゴリ:踏切の旅~南武線

IMG_7234.JPG


先述の第3踏切と同様、住宅地の中にある踏切です。この周辺は多数の住宅があるので、どの踏切も住民を中心とした利用が一定数見られます。


IMG_7235.JPG

矢向第4踏切 0K710M 幅員6.5M

所在地:神奈川県横浜市鶴見区矢向

撮影日:15.09.05






Last updated  2015.11.10 16:35:03
2015.11.09
カテゴリ:踏切の旅~南武線

IMG_7226.JPG


尻手短絡線3か所目の踏切です。住宅地の生活道路が交差していて、歩行者や自転車の通行が多かったです。短絡線はこの付近では住宅地の中を縫うように走っています。

踏切名は所在地の地名が由来で、南武線本線の踏切(矢向第一、矢向第二)の連番となっています。銘板の数字表記が漢数字ではなく算用数字なので、それに合わせて算用数字で「第3」と表記することにします。


IMG_7225.JPG

矢向第3踏切 0K595M 幅員7.0M

所在地:神奈川県横浜市鶴見区矢向

撮影日:15.09.05






Last updated  2015.11.09 11:11:26
カテゴリ:踏切の旅~南武線

IMG_7228.JPG


尻手短絡線2か所目の踏切です。住宅地の中の広い道路が交差し、交通量が比較的多い踏切でした。

踏切名の由来は多摩川を水源とし、江戸時代に完成した神奈川県最古の農業用水路「二ケ領用水」です。川崎市内では現在でも水路が残っていますが、横浜市内の水路は住宅地などの開発で昭和期に埋め立てられています。この踏切の近くに水路があったようですが、現在ではその痕跡は残っていないため用水があったことを踏切名のみが伝えています。


IMG_7227.JPG

二ケ領踏切 0K435M 幅員11.0M

所在地:神奈川県横浜市鶴見区矢向

撮影日:15.09.05






Last updated  2015.11.09 10:48:38
2015.11.05
カテゴリ:踏切の旅~南武線

IMG_7231.JPG


尻手短絡線は、品鶴線(横須賀線)新鶴見信号場と南武線尻手駅を結ぶ貨物線です。この短絡線を介して貨物列車の運行や機関車の回送などが行われています。この路線は全線が単線で、住宅地の中を縫うように走っているのが大きな特徴です。距離は1キロほどですが、踏切は意外に多いです。

※この短絡線は「南武線の支線」という扱いのため、当ブログでは「南武線の踏切」として扱います。

この踏切は最初の踏切で、ちょうど短絡線が品鶴線と分かれていくところにあります。上を走る高架は横須賀線の線路です。踏切名は付近の地名「江ケ崎町」が由来となっています。ちなみに、踏切の所在地は鶴見区矢向となります。


IMG_7230.JPG


新鶴見方を見ます。この先で線路は品鶴線に合流します。


IMG_7229.JPG


尻手方を見ます。


IMG_7232.JPG

江ケ崎踏切 0K283M 幅員8.5M

所在地:神奈川県横浜市鶴見区矢向

撮影日:15.09.05






Last updated  2015.11.05 19:32:06
2015.10.19
カテゴリ:踏切の旅~南武線

IMG_7220.JPG


矢向駅の尻手寄りに隣接している踏切です。駅のすぐ脇にあり、商店街となっている通りが交差しているため人通り、車通りともに非常に多いです。踏切のそばに歩道橋もありますが、そちらを利用する人は少ないです。

オーバーハング型の警報機が設置されていますが、かなり大型で初めて見るタイプのものです。


IMG_7221.JPG

矢向第二踏切 2K606M 幅員7.0M

所在地:神奈川県横浜市鶴見区矢向

撮影日:15.09.05






Last updated  2015.10.22 12:36:37
カテゴリ:踏切の旅~南武線

IMG_7241.JPG


矢向駅周辺に広がる住宅地の中にあります。交通量が多く、踏切が鳴ると車が並びます。踏切に隣接して矢向駅の電車留置線があります。

踏切名は所在地の地名が由来です。


IMG_7243.JPG

IMG_7242.JPG

矢向第一踏切 2K346M 幅員9.0M

所在地:神奈川県横浜市鶴見区矢向

撮影日:15.09.05






Last updated  2015.10.19 14:11:58
2015.10.18
カテゴリ:踏切の旅~南武線

IMG_7249.JPG


先述の尻手第三踏切から100Mほど進んだ場所にあります。こちらも住宅地の中にあり、歩行者などの通行が多かったです。この踏切では本線と尻手短絡線との間が若干離れていて、踏切の長さが長めになっています。

踏切名は付近にある「日枝神社」が由来となっています。


IMG_7254.JPG

IMG_7253.JPG


本線です。上が尻手方、下が矢向方です。


IMG_7251.JPG

IMG_7252.JPG


尻手短絡線です。上が尻手方、下が新鶴見方です。単線なのでローカルな雰囲気が出ています。


IMG_7250.JPG

日枝踏切 2K191M 幅員6.2M

所在地:神奈川県横浜市鶴見区矢向

撮影日:15.09.05






Last updated  2015.10.18 10:52:28
2015.10.16
カテゴリ:踏切の旅~南武線

IMG_7255.JPG


尻手駅周辺に広がる住宅地の中にある踏切です。周辺住民の利用が多く、歩行者や自転車がかなりの頻度で通行していきます。

踏切名は隣接する駅名と周辺の地名が由来です。ちなみに尻手駅は川崎市幸区南幸町にあり、この踏切は横浜市鶴見区矢向にあります。また、第一と第二は欠番です。


IMG_7257.JPG


尻手方を見ます。左側と真ん中が南武線の本線、一番右側が尻手駅と新鶴見信号場を結ぶ貨物線の尻手短絡線です。


IMG_7256.JPG


矢向方を見ます。尻手短絡線はこの先で大きくカーブを描いています。


IMG_7258.JPG

尻手第三踏切 2K093M 幅員5.7M

所在地:神奈川県横浜市鶴見区矢向

撮影日:15.09.05






Last updated  2015.10.18 10:39:01

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.