356378 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

気のむくままに徒然日記

PR

Calendar

Favorite Blog

尺取虫VS恐竜 花子8888さん
南イタリア家庭料理… momoesakuraさん

Category

Comments

omachi@ Re:運慶展(10/16) 運慶展を観た方にWEB小説「北円堂の秘…
ヨッシー555@ Re[1]:Outlook 2016 を使いやすくカスタマイズ!(05/22) Good morning(^_-)-☆ 極楽爺さんへ コメ…
Good morning(^_-)-☆ 極楽爺@ Re:Outlook 2016 を使いやすくカスタマイズ!(05/22) 勉強になりました。
ヨッシー555@ Re[1]:Adobe Reader X がうまく動作しない!(01/18) きょろさん、コメントありがとうございま…
きょろ@ Re:Adobe Reader X がうまく動作しない!(01/18) 助かりました! しばらくの間、すぐにフリ…

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ヨッシー555

Archives

2018.11
2018.10
2018.09
2018.08
2018.07
よろしくお願いします
初めまして、パソコンのサポートをしている山本美江と申します。
今、話題になっているブログ(Blog)を体験したくてこのサイトを作成しました。

一人でも多くの人にパソコンを使いこなして仕事に活用して頂きたいと願っています。もっとパソコンを活用したいという方、ぜひ私のホームページにも訪れてください。

[パソコンサポート&コンサルティング] へジャンプ

ここでは、仕事以外で体験したこと、感動したことなどを書きとめていきたいと思っています。
よろしくお願いします!
2018.11.14
XML
カテゴリ:絵画・音楽鑑賞

先週、「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」を観に国立新美術館に行きました。

「ピエール・ボナール展」と「東山魁夷展」のチケットが割引価格でセット販売されていたので購入したのですが、ボナールのことはよく知りませんでした。でも、行ってみたらとても良かったです。



ちょうどお昼時だったせいか、行列もなくスムーズに入館し鑑賞することができました。



ピエール・ボナールは、19世紀末~20世紀にフランスで活躍した画家で、印象派の後に現れた前衛芸術の「ナビ派」に属しています。

ジャポニズムが一世を風靡した頃、ボナールも多くの浮世絵を所有しその影響を受けたことから「日本かぶれのナビ」と呼ばれたそうです。


女性を描いた大きな縦長の絵が4点、日本の屏風のように並んで展示されていました。
斬新でモダンなイメージがとても素敵でした。

ボナールは日常生活の場面や風景、動物や子供たを描いた作品も多く見られます。

縦に伸びた「白い猫」はとてもユニークで印象的な絵です。

自然を描いた大きな風景画、子供たちが遊ぶ庭の絵は温かみを感じます。

「浴盤にしゃがむマルト」など、妻マルトを描いた裸婦作品も多く、美しく描かれています。



また、絵画以外にも、ポスターやイラスト、素描や版画、写真など様々なジャンルの作品が展示され、いろいろな才能を持つ画家だと感じました。

12月17日(月)まで、国立新美術館で開催されています。
興味のある方は、ぜひご覧になってください。

●オルセー美術館特別企画「ピエール・ボナール展」 ​http://bonnard2018.exhn.jp/







Last updated  2018.11.15 15:10:31
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.