000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

    弥々*とはず語り   

2006.04.21
XML
カテゴリ:語り日記

茨木のり子さんの詩集『倚りかからず』の中から

懲りずに、またしても語りまする

茨木さんの思想が好きですねん

最後は茨木さんの詩の中に

己の矛先を発見するばかりなり・・・



*いつものように下記下線のタイトルをポチッとしていただくと、語りBARに飛びまする*



☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆♪☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆♪☆.。.:*・゚☆♪☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆♪☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆



苦しみの日々 哀しみの日々 

苦しみの日々 哀しみの日々
それは人を少しは深くするだろう
わずか五ミリぐらいではあろうけれど

さなかには心臓も凍結
息をするのさえ難しいほどだが
なんとか通り抜けたとき 初めて気付く
あれはみずからを養うに足る時間であったと

少しづつ 少しづつ深くなってゆけば
やがては解るようになるだろう
人の痛みも 柘榴のような傷口も
わかったとてどうなるものでもないけれど
(わからないよりはいいだろう)

苦しみに負けて
哀しみにひしがれて
とげとげのサボテンと化してしまうのは
ごめんである

受止めるしかない
折々の小さな刺や 病でさえも
はしゃぎや 浮かれのなかには
自己省察の要素は皆無なのだから

inori

撮影:たかしさん




記:2006.04.21 16:29:25


【2005年の今日】













Last updated  2009.01.31 19:30:32
コメント(44) | コメントを書く

PR

Comments

 @弥々@ VeryBerry 殿へ 2 (03/16) VeryBerryさん >facebookはやっていませ…
 VeryBerry@ Re:Re VeryBerry 殿へ(03/16) @弥々さん >もっぱら140字のお気楽ツィ…
 @弥々@ Re VeryBerry 殿へ VeryBerryさん >お久しぶりです。 >僕に…
 @弥々@ Re どこぞのさんへ どこぞのさん >心配かける子ほどかわいい…
 VeryBerry@ Re:長男坊の意地と親心(03/16) お久しぶりです。 僕に比べりゃ、十分立派…
 どこぞの@ Re:長男坊の意地と親心(03/16) 心配かける子ほどかわいいの~ がんばれ!…
 @弥々@ ぱんだはんへ  『三章 最後の教え』 ぱんださん >ご自身を責めないでね! >…
 @弥々@ ぱんだはんへ ぱんださん >元舅姑もそうでした。 >私…
 ぱんだ@ Re:拝啓 雪さま 『三章 最後の教え』(11/26) 雪さま、幸せ! 人生の終盤に出会った、…
 ぱんだ@ Re:拝啓 雪さま 『二章 雪を思い返す時』(11/26) 二章から入ってしまいました。 なんと… …

Recent Posts

Category

Archives

2017.05
2017.04
2017.03

Rakuten Profile


@弥々さん

とはず語り

フォローする

Freepage List

fortune

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.