10382786 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

世界のごはんとアリーナ&スタジアムグルメ生活

全65件 (65件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

東西欧風・ワイン向き料理

2012.10.23
XML
最近は朝晩ぐぐっと冷え込むようになって、朝目覚める度に秋が進んでいる感じがします。秋ですなあ葉

という訳で、そろそろ温かいスープが恋しくなる季節葉
スープと言えば各種ポタージュやミネストローネを作ることが圧倒的に多い私、先日ちょっと目先の違った新メニューに挑戦してみました。

◆レタスのクレーム

   P1110590.JPG

クリーム!?レタスの!?Σ( ̄口 ̄*)

と名前に驚き、しかもそれがいわゆる「クリーム」ではなく「食べるスープ」であることに二度驚かされるこのスープ、名前から推測される通りフランス料理のメニューです。フランス料理にもこういうのがあるんだ!と新鮮でした。


けど、私がフランス料理を作るのはかなり珍しいと思うでしょう?実は先日友人とさこさんを神田・大宮へご案内した際、新品同様のフランス料理の立派なレシピ本を頂いたのですプレゼントわーいありがとう!ヾ(o´∀`o)ノ

      キャプチャ.JPG

「Cours de Cuisine」というこの本、古くから伝わる修道院のレシピ集で、もともとはシスターが手書き・手刷りで出版したものだそう。かつては花嫁学校、現在はリセのテキストとしても使われているそうです。そんなレシピが和訳されたことがすごい(そしてそんなレア本を持っていたとさこさんもすごい!)。

レシピの数がとても多く、フランス料理の基本を押さえられることが特徴で、これを熟読すればフランス料理のエスプリがわかったつもりになれます。

私はできるだけ現地で食べられる通りの地域密着なレシピ本が好きなので(書いてある通りに作るだけでなく、現地のお料理の考え方を知りたいので)その点でも私の好みどストレート。さっそく一読したところ、最も気になる&手軽に作れそうなのがこれでした。


・・・と言っても例によってレシピ通りには作らなかった私。
事前に卵黄をしっかり溶いておかなかったので「かきたま」っぽくなってしまったのと、レタスがこれだけ入れても足りなかったようで本の写真とは大分違うものに^^;でもシャリシャリした舌触りとミルクベースの優しい味わいの対照がいい感じ。気に入りました!


今回の作り方は、

1) 厚手の鍋にバター少々をとかし、薄くスライスした玉ねぎ1/2個を弱めの中火でゆっくり炒め、しんなりして色づいたら小麦粉大さじ1程度を加えて粉っぽさがなくなるまで炒める。

2) 1)に細く刻んだレタス1/2個を加えて塩・コショウし、お湯500cc程度を加えて10分ほど煮る。

3) 2)に牛乳1カップを加え、卵黄1個でとろみをつけてできあがり!


★もともとのレシピではもっと長時間レタスを煮て、バターもたっぷり加えています。小麦粉ももっとドバっと入れて、ホワイトソースのレシピに近い感じの分量かも知れません。それだとリッチになる代わりにかなり重めの主菜っぽいスープになるので、今回は食事に合わせて軽めに作りました。シーンに応じて応用がききそうです。


↓第2回おうちフェストの際、野菜と汁気を補うため作ったので、軽めがベターだったのです。

   P1110589.JPG


もう一品はこちら。


◆生マッシュルームときゅうりのヨーグルトサラダ

   P1110400.JPG

生のマッシュルームサラダはシンプルにオリーブオイルに塩コショウ、レモン汁だけで十分美味しいものですが、ヨーグルトを合わせているのと、隠し味にミントを使っているのがトルコ~アラブっぽいなと思い作ってみました。

    P1110404.JPG

これはほぼ想像される通りの味と出来。素材の味が活きるので、新鮮なマッシュルームが手に入った時に作りたいサラダです。

1) マッシュルーム1パック弱は軽く汚れを落としてスライス。

2) きゅうり1/3本は薄くスライスして塩を振ってしばらく置き、水気を絞る。

3) ヨーグルト、辛子、ミント、おろしにんにく、塩コショウを合わせたソースで和えてできあがり!


★マスタード(辛子)を効かせてちょっと辛めに作ると味の輪郭がはっきりして美味しいですよウィンク茶色っぽいパンに挟んでサンドウィッチの具にしてもよさそうです。


一般にイメージされる「豪華で重たい」フランス料理ではなく、家庭で普通に食べられるレシピがいっぱいなので、また折を見てちょっとずつお試ししていきたいと思います。次はやっぱりお肉料理かなぁ、或いはデザートも捨てがたい・・・。

とさこさんありがとうね、大事に使います!ヽ( ̄▽ ̄)ノ


今日もとっても美味しかったぺろり今日もごちそうさまでした!ウィンク

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ FC2バナー 
   ↑       ↑         ↑
  お料理ブログランキングに参加しています。ポチッと応援、お願いいたします!






Last updated  2016.06.02 16:27:06


2011.05.24
我が家はダンナさんの帰宅が遅いので、遅い時間帯にお酒を飲むワイングラスことが珍しくありません。

でもおつまみなしで飲むのは肝臓に負担をかけるし、かと言って夜遅くに食べるのは胃腸に悪いし太るしもたれるし・・・と思う方も少なくないかと思います。


そういう時、我が家ではダンナさんのおなかの空き具合と私の気分に合わせ、軽食~軽食未満のおつまみを用意します。たとえばこんな感じ↓

      110522おつまみ

この日はダンナさんも私も夜殆ど食べておらず、比較的おなかが空いていたのでボリュームがありますが、通常は種類・量ともこの半分ぐらい。


この日用意したのは「クロスティーニ」風のおつまみ。
カナッペみたいな小さく薄く切ったパンに、好みのペーストや具を載せて食べるイタリアの前菜です。

お皿にのせたのは、

   ◆生ハム(切り落としを冷凍庫に常備)とレーズン(日産でもらったやつうっしっし
   ◆ほうれん草のヨーグルトディップ
   ◆フォアグラの醤油漬け


の3種。生ハムとレーズンは各々つまんでもいいし、一緒に食べても美味しい組み合わせ。パンにのせる時はチーズを合わせると美味しくなります。


・・・という訳で、奥の皿のパンはそのまま焼いたのと、片面を焼いてから焼いていない方にスカモルツァチーズをのせて香ばしく焼いたチーズトースト。塩気のあるハム、甘みのあるレーズンと焼いたスカモルツァはとても美味しいスマイルはちみつやメープルシロップをたらしても美味しいです。


「ほうれん草のヨーグルトディップ」は、時折食べたくなる爽やかなディップ。水切りヨーグルトのフレッシュチーズみたいな風味が、ほうれん草によく合います。今日は夜遅いのでにんにくを入れず、塩だけで味付けしましたが十分美味しい。以前トルコ料理店で食べた際(⇒その際の写真とレシピはこちら)はもともと塩だけで味付けされていたので、是非美味しい塩を使ってお試しください。


それと「フォアグラの醤油漬け」(作り方はコチラ)。
単品で十分豪華なおつまみで、それ自体の美味しさもさることながら、チーズトーストにはフォアグラを漬けた醤油をたらしても美味しいです。

「フォアグラ醤油(と呼んでいます)」は、醤油漬けを作りだした当座から調味料・ソースとして大活躍!パンにもごはんにも合うので、チャーハンの味付けにも大活躍。

↓たとえばこんな野菜どっさり・ごはんちょっぴり(2人分で半膳程度)のチャーハン。
 フォアグラを入れていないのにそれっぽい風味が出ます。
 キャベツや人参等、よーく炒めて美味しくなる野菜にぴったり!根菜がオススメです。

       110503フォアグラ醤油チャーハン

今日はダンナさんが帰る2時間前ぐらいに急に思い立って作ったので、フォアグラを焼いた後お醤油にしみこませる時間があまりなく、絡みやすくするため普通のお醤油とたまり醤油を混ぜてみました。

「へえ~、だからいつもよりフォアグラはフレッシュでたれはどろっとしてるんだ。それはそれでアリだねスマイル」とはダンナさんの弁。私も「アリだなグッド」と思いました。たまり醤油のどろっとした感じが和風寄りなので、シメのごはんにのせて食べても美味しいし、日本酒や焼酎にも合いそうなおつまみです。中華風のお粥にのせても美味しそう。



・・・とか言いつつ、これだけあると簡単に2人で簡単に1本空いちゃうんですよね^^;
飲みすぎると翌日がつらいので、翌日仕事がある日はここまで!と決めていますが、仕事その他でたまったストレスや気がかりをほぐしてリセットするのに最も向いているお酒はやっぱり赤ワインだと思います。

我が家は2人とも酒飲みなので、赤ワイン以外にもビールや焼酎、日本酒、ワインも赤・白・泡といろんなお酒を飲みますが、気分がクサクサしている時やちょっと疲れている時には「赤いお酒」に限ります。ワインスノッブには程遠い我々ですが、赤いお酒はやっぱり偉いなあと思います。


うん、今日もしっかり呑んだ(笑)大笑い今日もごちそうさまでしたウィンク


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ FC2バナー 
   ↑       ↑         ↑
  お料理ブログランキングに参加しています。
  本日もポチッと応援、お願いいたします。






Last updated  2011.05.26 10:45:06
2011.02.25
少しずつ暖かくなってきて春一番もビューッと吹き、春さくらの訪れを感じさせる今日この頃。
そろそろ菜の花やそら豆、グリーンピースが美味しくなってくる時期です。

とは言えまだ若干価格が高いので生のは使わず(^^;)、缶詰のグリーンピースでこんなものを作ってみました↓

      110220グリンピースのタンバル

◆グリーンピースのタンバル(風)

(風)と書いたのは我が家にはタンバル型がないからで、パウンドケーキの型を使って焼きました。グリーンピースのケーキ風というかキッシュ風というか、そういう感じのもの。

西欧料理ではタンバル型に詰めて調理したもの(焼いたり、ミルフィーユ状に材料を重ねたり)全般をタンバルと呼ぶようで、モロッコの「タジン」と同じ考え型ですね。タンバルはタンバリン、円筒型の型のことです。


で、タンバル。
用語を最近知って調べていたところ、主にフランス料理~西欧全般で、野菜を使った「タンバル」がいくつか見つかりました。中でもいちばん目新しかったのがグリーンピース版。早速試してみましたうっしっし今日は焼いたお肉のサイドとして登場。

      110220お皿全体

グリーンピースは好きで時々料理に使いますが、こういう形でどーん!と出すのは珍しいので、ダンナさん「何このキッシュみたいなの」と興味津々。「食べてみてスマイル」と促すと「へえー、想像してたのと違う味。ピリッとしててオトナの味だねー。チーズが効いててウマイ!この辛さは何?」「コショウとチリパウダー」「へえ~そうなんだ、こうして食べると豆甘すぎなくてウマイね」


そう。今回の味付けのポイントは「甘くしない」でした。豆って特有の甘さが美味しいけれど、周りの味を辛くすることでよりその甘さが引き立つかな?とそんな感じを狙いました。

チーズやコショウで素材の味を引き締めるのはフランス料理っぽい・・・けど、チリパウダーを使うと国籍がよくわからない^^;豆とチリパウダーという辺りでイギリスっぽい気もしますが、まぁ西欧全般ということで!(笑)


色が黄色っぽいので優しい味のキッシュっぽくも見えますが、卵や乳製品の量はかなり少なめ、パン粉をつなぎに使っているので見た目を裏切ってかなりどっしりした食べ応え。グリーンピースのほこほこした風味が濃厚です。豆好きにはたまりません。チリパウダーを入れずに塩・コショウ(或いは隠し味にお醤油)で味付けして作れば、冷めても美味しいのでお弁当の一品としても使えそうです。ふわっとしたパンに挟んでも美味しそう!

同様の調理法で人参やズッキーニを使っても美味しそうだなぁと思いました。今後、工夫のし甲斐がある調理法ですうっしっし

作り方です。


≪ずっしりグリーンピースです!チーズとコショウでオトナの味「グリーンピースのタンバル」≫レシピ:2人分

1) にんにく1かけ、玉ねぎ1/4個分程度は共に粗みじんに刻み、オリーブオイルまたはバターで軽く炒めて粗熱をとる。

2) ボウルに缶詰のグリーンピース150g(生のを使う場合は予め下茹でしてください)、1)の玉ねぎとにんにく、溶き卵1/2個分、刻んだパセリ・塩・黒コショウ・チリパウダー各少々、おろしたパルメザンチーズ大さじ2~3、牛乳40ccを入れてよく混ぜ、水分の感じを見ながらパン粉大さじ1~2を加えてぽってりしたタネにする。オーブンは170度に予熱。

3) オーブンシートを敷いた(またはバターを塗って粉を軽くはたいてください)耐熱容器、できればタンバル型に2)のタネを流し入れ、お湯を2cm程度張った耐熱皿の上にのせてオーブンに入れ、25分程度蒸し焼きにしたらできあがり!


★焼きたての時に表面にバターを塗ると香りがよく美味しいです。チーズはパルメザンがなければ、プロセスを細かな角切りにして入れても美味しいかな?と思います。


新鮮なグリーンピースって春しか出回らないので、豆ごはんや豆パスタを作るのが今から楽しみです(とか言いながら3~4月はサッカーで忙しいのでがんばらないと^^;)。

缶詰のグリーンピースって大きいのだと余らせがちですが、こうして使うと一気に使えるので便利!豆好きの方は是非お試しくださいスマイル


うーん今日も新メニュー美味しかった!ぺろり今日もごちそうさまでしたウィンク


バナー1 FC2バナー 
   ↑       ↑         ↑
  3種類のランキングに参加しています。
  順位が上がると、より多くの方々にご覧頂くチャンスが広がります!
  本日もポチッと応援、お願いいたします。






Last updated  2011.02.27 10:23:48
2011.02.14
今日はバレンタインデーダブルハートですねスマイル
皆さんチョコ作りましたか?それともとっておきのをどなたかにプレゼントされました??うっしっし

私はダンナさんには美味しくて可愛いのを買って分け合い、日頃仲良くさせて頂いているりすさん兄さんには長崎名物「桃かすてら」をお取り寄せしてプレゼント。職場へは美味しいチョコのアソートを買って行ってみんなで食べました。以上!

・・・本ブログはそのテの行事にあまり縁がありません^^;


そんな訳で本題。昨日の話題の続きです。

うっかりラムラックおひつじ座と間違えて解凍してしまった牛頬肉おうし座
塊になると意外と見分けがつき辛いんです、牛肉とラム肉の色って^^;

買った分の半分を超!美味しかったベルギービール煮込みその模様はコチラ)に使って残った半分、いつ調理しようかと迷っていました。何故なら、作ろうと決めていたお料理にはある程度の覚悟と仕込み時間が必要だったから。でも解凍してしまったからには仕方がない!仕込みをして一晩寝かせ、満を持して翌日の食卓に登場しました。

じゃん!きらきら

      110212ブランチ

◆フランス風、牛頬肉の赤ワイン煮込み(Boeuf Bourginion)。

いやー、このへなちょこブログでこんな立派な定番フレンチを取り上げる日が来るとは!

フレンチってやっぱり敷居が高いというか、本当に良い食材を使うか腕が余程よくなければ一定以上は美味しく作れないジャンルだと思っています。なのである程度の覚悟が必要でしたが、思い切って挑戦。素材がいいから大丈夫!!と自分を励ましながら作りました。

      110212Bouef Bouginion

つけ合わせは茹でたスナップえんどう、ミルクを加えてなめらかにのばしたマッシュポテトと、以前作ってダンナさんに殊の外喜ばれた「パンのピューレ(レシピはコチラ)」です。


前日「あっ間違えた」と焦って台所でゴソゴソしている様子をなんとなく見ていたダンナさん、「これだったのか」と嬉しそう。「これ何ていう名前?」「ブッフ・ブルギニヨンだよ」「そうかブッフブルギニヨンかースマイル」などと(お肉を見てテンションが上がっているので会話が変)言いつつ、早速ナイフを入れてみます。

      110212牛ほほアップ1

なめらかぽっ
抵抗なくすっと気持ちよくナイフが入るのは頬肉ならでは。一緒に煮込んだ玉ねぎは形がないほど煮溶け、にんじんも舌だけでつぶれるほどに柔らかで美味しくなっていますが、やはり!主役でしょう!

      110212牛ほほアップ2

濃厚~目がハート
ワインの量が少なかったせいか、それともビールとワインの違いなのか、前に作ったベルギー風のビール煮よりは若干歯ごたえがあります。でもやっぱり煮詰めたワインと牛・野菜のだし(要はデミグラスですよね)のまろやかさ、濃厚さは秀逸。一口で美味しさに酔ってしまいそうなさすがの一品です。そんな訳で、急遽こちらのメニューを今年のバレンタインごちそうに代えさせて頂きました(笑)


本来はワインボトル1本を惜しみなく使って煮込む料理ですが、今回は2人分でお肉400gと少なめだったので、たまたま飲みかけたフランス産の安い赤ワイン1/2本程度を使用、香味野菜も少なめ(セロリ使ってません^^;)でしたが、頬肉の実力で十分美味しくできました。

ただ、個人的にはビール煮の方が好きかな?という感じはします。ダンナさんは「これも美味しかったよー、俺どっちも好き目がハート」だそう。ビール煮は頬肉本来の味をより生かす調理、ワイン煮は全体的な濃厚さを楽しむ調理という感じです。どちらもヨーロッパならではの調理法ですよね。日本なら・・・日本酒だけで煮込む発想はなかなか出ないなぁ(笑)


食材勝負のお料理なので、作る機会は少ないかも知れませんが、気合を入れてごちそうを作りたい日に是非一度試してみてください。損はない一品です!


≪フレンチの極み!とろ~り濃厚、牛頬肉の煮込み「Bouef Bourginion」≫レシピ:2人分

1) 牛頬肉400gは塩コショウをすり込み、香味野菜(にんじん1本、セロリ1/2本、玉ねぎ1個程度。玉ねぎ・にんじんは皮をむいてざく切りに。セロリは適当な長さに)と一緒にタッパーに入れて赤ワインをドボドボと漬かる程度の量注ぎ(今回の量でワイン1/2本程度でした)、蓋をして冷蔵庫で一晩おく。

2) 肉を取り出してペーパータオル等で水分をぬぐい、小麦粉をまぶす(肉の旨味を閉じ込めるためと、ソースのとろみづけです)。圧力鍋または煮込み用の厚手の鍋にバター大さじ1を溶かして肉の表面を転がしながら焼き付け、表面に火が通ったら野菜ごとワインを注ぎ、水分が全体が漬かる量に満たない場合は赤ワインを足して蓋をし、最初に出てきたアクを取ってから圧力鍋なら圧力「強」で30分、厚手の鍋なら50分程度、ワインが煮詰まって鍋底3cmくらいになるまで煮込む。

3) 肉と野菜をいったん取り出し、鍋底に残った煮汁をこそげるように混ぜる(ソースになります。より丁寧に作る場合は漉してください)。なめらかになったら肉・野菜を戻すか、別々の状態で保温しておく。

4) 付け合わせの準備。スナップえんどうは筋を取って茹でる。じゃがいも大1個(小さければ2個)は茹でるかレンジで加熱して皮をむき、粗くマッシュして牛乳50cc程度を様子を見ながら加えて更になめらかになるまでマッシュ。塩・コショウ・ナツメグで軽く風味付けをする。パンピューレはこちらのレシピをご覧になってください。

5) 皿にお肉・野菜とつけ合わせを盛り、ソースをかけてできあがり!温かいうちに召し上がれ~♪


★マッシュポテトは冷めると硬くなって味が落ちるので、食べる直前に作ってください。ワインはフランスのブルゴーニュ、またはローヌ産を使うといいと思います。個人的には、安くて濃厚なローヌがおすすめ!


主役に力があるので、合わせるスープもかなり濃いものを一口だけ。

         110212しいたけ・しめじのポタージュ

◆椎茸としめじの濃厚なポタージュ

通常、私はポタージュに椎茸を使いません。ちょっと入れただけで全体が「椎茸!」という感じになってしまうから。でも、これだけ濃厚な牛肉料理なら、敢えて対抗に持って来たらどうかな??と、濃い目濃い目に作ってみました。結果は成功!グッド食事の初めに相応しい、舌と頭を目覚めさせてくれる味に仕上がりました。

作り方は簡単で、しいたけ1個は石突を除いてスライス、しめじ1/3パックはほぐし、玉ねぎ1/4個、たまたまあったかぶ1個(いずれもスライス)と共に小鍋に入れ、ひたひたの水を注いで煮立つまでは強火、その後弱火で15分ほど煮、フードプロセッサーにかけて塩コショウで調味。小さなグラス2つに分けて注ぎ、上から濃いめの牛乳少々を注いでできあがり!


・・・でもこれ、普通の食事に合わせるスープにはかなり不向き^^;かなり薄めるか、別の材料を加えるかしないと個性が強すぎです(笑)敢えて中華料理に合わせたらいいかも知れません。


サラダは、ハーブ系のサラダミックス野菜に玉ねぎ・トマト・オレンジ・グリーンオリーブを加えて塩・コショウ・オリーブオイルで和えただけのシンプルなもの。ハーブ野菜だけだと苦味が強すぎたので、オレンジとオリーブを加えました。美味しかったです。

      110212サラダ


いや~、この連休中に何かバレンタインのごちそうに相応しいものを作らなくては!でもこの雪の中買い物も億劫だし・・・と思っていたところ、思わぬうっかりからミッション完了です^^;やっぱり頬肉はエライ!すごい!きらきら


今日はぜいたくごはんでした(実は材料費はさほどでもないのですが、気分的に^^;)。美味しかった!大笑いごちそうさまでしたウィンク


↓頬肉はこちらで購入しました。近所で買えない部位を安く買えて助かってます!

   
ビストロの定番!仔牛ホホ肉(生後6ヶ月程度/チークミート)【約800g】【YDKG-t】


バナー1 FC2バナー 
   ↑       ↑         ↑
  3種類のランキングに参加しています。
  順位が上がると、より多くの方々にご覧頂くチャンスが広がります!
  本日もポチッと応援、お願いいたします。






Last updated  2016.06.02 16:28:18
2010.12.12
※いや~、昨日「町田の次季監督が心配」なんて書いた数時間後に驚くべき発表!!まさかポポヴィッチさん(昨季の大分の監督さんです)を連れてくるだなんていったい誰が予想できたでしょう!びっくりだ!!そして期待大ですスマイル


さてさて、数日前のワインつきディナー。作りたいブツがあったので、張り切って作りました。

      101212ディナー

ポタージュはほうれん草・かぼちゃ・人参・トマト・玉ねぎ。ほうれん草とかぼちゃって味の相性がよく、いかにも秋冬のスープっぽくなって美味しいですが、合わせると色がすごいんですよね^^;幸いダンナさんはそういうのを全く気にせず美味しく食べてくれるので助かってます。

この日のメインは鴨。フォアグラを採取した後のお肉は安い割に美味しいので、我が家の頻出食材のひとつです。

       101212鴨

鴨のグリルは既に決定版の作り方があるので、レシピはそちらをご覧ください。焼いていると皮の脂がとにかくたくさん出てきます。もったいない気もしますが余分な脂は除くのが、皮をカリカリに香ばしく仕上げるコツ。ソースは肉汁+赤ワイン+バルサミコ酢+マスタードたっぷり+お醤油少々を軽く煮詰めて作ります。皮目を焼く際はちみつを使うので、肉汁にはほんのり甘みがついていて、ソースの味のいいアクセントに。

そして、余った脂の一部はここに↓

       101212焼き野菜

野菜のグリル、最初に鴨を焼いたフライパンで、脂と肉汁をこすりつけるように焼き目をしっかりつけ、耐熱皿に移し、鴨の脂適量と粗塩をまぶしてオーブンでこんがり焼きます。野菜特有の甘みを塩気とお肉の脂が引き締めてくれて、美味しいスマイル特にズッキーニが美味しかったなぁ。コーンにはフォアグラ醤油を少し塗ったので、より香ばしくできましたうっしっしフォアグラ醤油、調味料としてもすごく優秀です。


そしてそして、今日取り上げたかったのはこれ!

       101212ピューレ

鴨に添えたピューレというかディップというか、そういうつけ合わせ。
左側はマッシュポテトにゆでて刻んだほうれん草と牛乳を混ぜて塩・コショウで味付けしたまろやかなマッシュ、右側は・・・見てわかります??実はこれが、この日のディナーでダンナさんを一番喜ばせた一品。前々から試してみたくて、今日初めて作りました。

「何これ?すごいもっちり。にんにくの香りがするけど、これ何?じゃがいもとか・・・じゃないよね、この甘さ。何??すごい美味しいスマイル


えー、正解は、食パン食パン食パンのピューレです。

もちろん、見た雑誌では食パンではなくフランスパン(カンパーニュ系だったかな?)の内側のみを使って、牛肉のステーキに添えてありましたが、これは肉類、特に肉汁がしっかり出る赤身系のお肉全般に合う!ひらめきとピーンと来たワタシ、肉汁豊富な鴨に合わせることを思いつき、なおかつ甘めのソースと相性の良い鴨肉なら、食パンの甘みが合うかも!と思ったわけです。このひらめき大正解!ウィンク


いやー美味しかったです、パンピューレ。今まで体験したことのないもっちり・ふんわり感と牛乳を使った優しい風味、それを邪魔しない程度のにんにくの香りとホクホク感。クセになります。白い部分だけでなく、耳ごと使って作ったのも正解。でもこれだけ食べるのではなく、やはりしっかり味のついた、ソースつきのお肉と合わせてこその食べ物だと思います。まぁ、パン自体がお肉やお魚とも合うし、残ったソースをぬぐって食べるものと考えれば当然のことだし、パンのおかゆも食べたことありますが・・・、とは言えなかなか思いつかないですよね、パンそのものをピューレに仕立てるって^^;

でもだまされたと思って作ってみてください。絶対美味しいです!しかもパンの使用量は意外に少なく、ヘルシー。お腹いっぱい食べたつもりの翌朝、体重が減っていたことに驚いたほどです。


作り方です!


≪未体験のもっちり・ふんわり感、優し~い風味ににんにくの香りとホクホク感がクセになる!お肉に合わせてどうぞ、食パンのピューレ≫レシピ:2人分

1) 深めのフライパンまたは小鍋に牛乳160ccを注ぎ、3~4cm角ぐらいに適当にちぎった食パン6枚切り1枚分(耳も使います)を浸して少し柔らかくする。にんにく1かけは半分に切る。

2) パンに牛乳がしみたらにんにくを加えて火をつけ、沸騰させない程度に煮立てながらパンをつぶし、ピューレ状になるようゆっくりと混ぜる。最初は蓋をして弱火で煮、にんにくを柔らかくするとよいです。にんにくも柔らかくなったら一緒につぶして混ぜます。

3) 5分くらい混ぜて余計な水分が飛び、もっちりしたらできあがり!すぐ食べない際は、表面が乾燥しないよう蓋をするか、ラップで覆っておいてください。


そう。このピューレ、油を使っていません!なんてヘルシーきらきら
余計な材料は極力使わず、パン+牛乳+にんにくのみ。お肉のソースと合わせて美味しくなるシンプルな味ながら、ハマります。おすすめ!


うーん今日もとっても美味しかった!ぺろりパンピューレ、ぜひ作ってみてくださいね!今日もごちそうさまでしたウィンク


↓鴨はこれです。安くておいしい!我が家だと1パックで2食分です。


最高峰フランス!フォアグラを採取後:鴨の副産物マグレカナール(鴨ロース)【YDKG-t】


バナー1 FC2バナー 
   ↑       ↑         ↑
  3種類のランキングに参加しています。
  順位が上がると、より多くの方々にご覧頂くチャンスが広がります!
  本日もポチッと応援、お願いいたします。






Last updated  2010.12.16 09:59:15
2010.12.05
Jの季節が終われば「そろそろクリスマスシーズンだなぁ・・・」などと思いつつ、ちょっと華やかな料理でワインを飲みたくなります。

そんな訳で、今年1年J観戦楽しかった家庭内打ち上げを兼ねた、日曜日のディナー。

      101205ディナー

ポタージュは人参・かぼちゃ・玉ねぎ・キャベツで、味付けは塩コショウだけ。食べる直前の温め返しの際に牛乳を少々加えています。キャベツが入ると自然なとろみと旨味が出るのでブイヨンは不要!あっ、あとパスタの茹で汁もちょっと入ってます。これも美味しいだし代わり。

なんと言っても目を引くのはこちら!

       101205手長エビとサーモンのリングイーネ

手長エビとサーモンのリングイーネ。
最近買った福袋に手長エビが箱でどーん!と入っていて、「お刺身で食べられます」と書いてあるものの、この旨味(特に味噌の部分が濃くてうまい!)を存分に味わうにはやはりソース系・スープ系だろうと思い、パスタにしました。トマトはあくまでエビの風味が強くなりすぎないようバランスを取る役目、ちょっとしか使いません。

手長エビは背中から切れ目を入れて背ワタを取り、にんにくと種を抜いた唐辛子を熱したオイルで殻ごと香ばしく焼いてからホールトマトと白ワインを加え、蓋をしてエビの旨味をしっかり引き出します。味付けは塩のみ。仕上げのポイントはソースの吸わせ方。パスタの茹で汁を少し加えた中に硬めに茹でたぷりっぷりのリングイーネを入れて3分ほど煮、旨味をしっかり吸わせると、ソース自体が薄味でもパスタにしっかり染みて美味しく頂けるのです。いひ、贅沢うっしっし

       101205パスタアップ

エビだけでも十分美味しいですが、手長エビって見た目の割に身の部分が少なく、ボリューム感に欠けるので、冷凍庫にあった鮭の切り身に塩コショウして皮がカリカリになるようソテーし、粗くほぐして盛り付けの際に一緒にのせました。「皮カリカリ」とサーモンの美味しさをそのまま生かすため、敢えてソースと一緒には煮込まない戦法。これも正解!グッドとっても美味しくできました!


合わせた野菜は、これまた我が家の定番イタリア風緑のタルト「トルタ・ヴェルデ」。今日はパスタをいっぱい食べたかったので、より軽い皮にしようと市販の春巻きの皮を2~3枚重ねて使いました。少し濡らしてオイルと溶き卵を塗るとうまくくっつき、かつパリパリに焼けます。

       101205パイ

今日の中身は、小松菜・玉ねぎ・ワイルドライスとつなぎ役に卵少々。ワイルドライスが入ると、ちょっとボソボソした独特の食感がアクセントになって美味しいです。青菜に合うんですよねワイルドライス。

       101205パイ断面


そして、折角ワインを開けるので、もう一品何かワインに合う美味しいおつまみが欲しいな~と料理しながら考えていて、ひらめいたのがコチラきらきら

       101205エリンギのライスペーパー巻き揚げ

エリンギのチーズサンド・生ハム巻きライスペーパー揚げ。
エリンギを縦2つに割いてチーズを挟み、それを生ハムでくるくる巻いてライスペーパーで春巻きの要領で巻き、さっと揚げ焼きにした一品。

これとっても美味しかったぽっハート

今日のお料理の中で最も手がかかっていないのに一番美味しかったという、作り手からするとビミョ~な気も若干しなくはない一品ですが、美味しいのでいいです。食べるのも私だし(笑)

       101205エリンギ断面

これも、先日ご紹介した「フォアグラの醤油漬け」を食べた大阪のお店の「生ハムとモッツァレラのライスペーパー揚げ」の美味しさが忘れられず、でも食感的に核になるものがあればもっと美味しいのにな~と考えていて浮かんだのがエリンギ。昨日パスタに使った残りがちょうど3本残っていたので試しに作ってみましたが、作っている過程で「これ絶対激ウマだな」と確信!もちろんダンナさんにも大好評。一口食べた時点で「これ俺2本食べていいんだよね?ぶた」と嬉しそう。

作り方はほぼ上に書いた通りですが、食べる際に忘れてはならないのがバルサミコ!これがあるとないとで雲泥の差ですので、くれぐれもお忘れなくウィンク


作り方です。


≪失敗ナシで絶対に美味しくできます!低カロリーで満足の一品、エリンギのチーズサンド・生ハム巻きライスペーパー揚げ≫レシピ:1~2人分

1) エリンギ3本は縦2つに割り、間にお好みのチーズ(今回はプロセスチーズを使用。温めると少し溶けるタイプがオススメです)を挟み、縦3つに裂いた生ハムを1枚ずつ使ってぐるぐる巻き、はがれないようにする。

2) ライスペーパーをぬるま湯または水にさっとつけて戻し、春巻きの要領で1)を1個ずつ巻く。

3) 深めのフライパンまたは小鍋に揚げ油を熱し、2)の表面がカリッとするまで高温でさっと揚げれば(長時間揚げるとチーズがこぼれてしまいます)できあがり!盛り付けの際、上にバルサミコ酢(熟成タイプがおすすめ)をたらしてどうぞ♪

★クレソンやルッコラの苦味が合う味なので、つけ合わせにすると更に美味しく、見栄えもよくなると思います。少し冷めても美味しいのでパーティにもオススメ!


ライスペーパー特有のカリッ・シャクシャクした食感にチーズの滑らかな食感とまろやかさ、生ハムの塩気、更にエリンギのコリッ、つるっとした歯ざわりがとてもバランス良く、ワインが進むおつまみです。赤・白・ロゼ・シャンパンいずれにも合うと思いますので、クリスマスパーティの際にでも、是非一品加えてみてください。オススメです!


うーん今日もとっても美味しかった!ぺろりごちそうさまでしたウィンク


バナー1 FC2バナー 
   ↑       ↑         ↑
  3種類のランキングに参加しています。
  順位が上がると、より多くの方々にご覧頂くチャンスが広がります!
  本日もポチッと応援、お願いいたします。






Last updated  2010.12.09 10:28:28
2010.11.24
ガッツリお肉を食べたい訳ではないけれど、赤ワインワイングラスが飲みたいな~・・・と思ったある日の晩ごはん。夜遅かったので若干軽めです。

       101126晩ごはん

実は、前々から作ってみたかったあるものを試してみたので、ダンナさんの帰宅を待って味見パーティだったのですうっしっし

       101126フォアグラ醤油漬け

それは、フォアグラの醤油漬け。

以前、サッカー観戦で大阪へ行った際、夜に食事した心斎橋のお店で食べてすごく美味しかったので、自分で作れないかな~とずっと気になっていました。お店で食べた時の写真はこれ。大分レアめなのがわかりますか?お醤油の香りと、フォアグラのふくよかでトロッとした感じがすごくよく合って美味しかったんですよね~。フォアグラ自体はそれほど質のいいものではなかったですが、その分価格もお手頃。おかげでワイン飲みすぎちゃいました^^;

       100529「ワイン地所」フォアグラ醤油漬け

お店のサイトには「ソテーしたフォアグラを、甘みをつけた醤油に漬け込んだ」とあったので、この情報と食感や味の記憶を頼りに作ってみたのですが・・・

       101126フォアグラ醤油漬け

美味しかった大笑いハート

いやーものすごく美味しくできました目がハート私の腕とか工夫と言うよりは素材の勝利!素材の美味しさを壊さず味付けだけした感じなので、どなたにも失敗なく作れると思います。

それにしても、とにかく美味しいです。フォアグラって濃厚で美味しいけれど特有の臭みがあるので、苦手な人は苦手かも・・・と思いますが、その臭みと余計な脂が抜けるので食べやすく、かつお醤油の風味がフォアグラ自体の魅力を壊さずに旨味を増してくれている感じ。カリカリのバゲットやトーストにぴったりです。フォアグラ自体はねっとりしているので、カリカリのパンとの相性がいいんですよね。

いつもフォアグラを調理する際、ソテーの味付け(ソース)には確かにお醤油を使うので、フォアグラとお醤油って相性は◎。でも醤油漬けにする発想は私にはなかったな~。食べてびっくりしたことを鮮明に覚えています。そのお店はうずらの卵の醤油漬けも名物で、「ヅケ」にする調理が上手なんですね。あーあれも美味しかったなぁ・・・。


そんな訳で、私にでも簡単にできたフォアグラの醤油漬け、特別な技術やコツは一切要りません。安いフォアグラや切れ端等でも全然OK!これからのクリスマスシーズンクリスマスツリーのパーティメニューにもぴったりな一品、是非お試しくださいウィンク

作り方です。


≪失敗ナシで簡単!驚くほど美味しい、フォアグラの醤油漬け≫レシピ:適量

1) フォアグラ(厚さ1.5cm程度、大きなものならこのぐらいの厚さにスライスしてください)は冷凍しておき、調理の5分ほど前に冷凍庫から出して柔らかくならないうちに軽く小麦粉をはたいておく(つけすぎないように)。

2) 漬け醤油を用意する。フォアグラが漬かる程度の量(今回は1枚50gのフォアグラ2枚分に対して90cc使いました)の濃口醤油6に対して酒2:みりん2(みりんがなかったので、今回は醤油90cc、酒30cc、水30ccに三温糖大さじ2を溶かしました)の割合で合わせ、小鍋で軽く煮切ってアルコールを飛ばし、冷ます。熱いうちに漬けるとフォアグラが溶けてしまうので、指を入れて「ぬるいな」と感じる程度まで冷ましてタッパー等に移してください。

3) フライパンを熱し、薄~く油を敷いて(オリーブオイルを使いました。ホントにごく微量、焦げ付き防止程度です)強めの中火でフォアグラの両面をソテーする。焼き色がつけばOKです。時間をかけて中まで火を通す必要はありません。

4) ソテーしたフォアグラをそのまま切らずに漬け醤油に入れ、蓋をして冷蔵庫でねかせたらできあがり!食べる際はダイス状にカットして、カリカリトーストかバゲットを添えて召し上がれ♪


★一晩経ったぐらいから食べられます。上の写真で12時間経ったぐらい。3日以上置くと染みすぎてしょっぱくなってしまうので、漬け醤油から出してください。

★漬け醤油の甘さはお好みで調節してください。お店で食べたのはこれよりもうちょっと甘かったかな、という気がします。


この日の他のメニューは、かぼちゃとにんじん・玉ねぎのポタージュと、ダンナさんも私も大好きな、ぷりぷりで美味しいエリンギのリングイーネ作り方はコチラ)。今日は鶏ガラスープを濃い目に使って、その分さっぱりいただくためにパセリと香菜を振ってみました。美味しかった目がハート

       101126エリンギのパスタ

夜遅いのでパスタは1人分強の分量ですが、ポタージュでお腹が落ち着くのでちょうどいい感じの量です。フォアグラに添えたトーストは、5枚切りの食パン1枚を3枚にスライスしてから16等分し、トーストしたものです。

そうそう、特筆しなければ!
フォアグラを漬けて冷蔵庫に入れておくと、上の方に脂がたまってきます。この脂をすくってフライパンで溶かし、りんごをソテーしてみたのですがこれがまた美味しかった!ワインのアテにぴったりの味とボリューム感、いいですグッド仕上げの味付けに漬け醤油自体も少量使っていますが、カラメルみたいでもあり、それでいてフォアグラの香りもほのかにして、ダンナさん「これいいね~、ちょっとしたおかずみたいだねスマイル」と喜んでくれました。よかったら、こちらもフォアグラの醤油漬けの副産物としてお試しください。


うーんすごく美味しかったぞ!ぺろり美味しくできて満足です、今日もごちそうさまでしたウィンク


 ↓フォアグラはいつもこの2店のいずれかで、他の食材と一緒に購入しています。
  予めそのまま調理できる形にカットされているのでお手軽!

   
フランス産:フォアグラドカナールお試しパック【約45g~55g×2個セット】【YDKG-t】

    


バナー1 FC2バナー 
   ↑       ↑         ↑
  3種類のランキングに参加しています。
  順位が上がると、より多くの方々にご覧頂くチャンスが広がります!
  本日もポチッと応援、お願いいたします。






Last updated  2010.11.28 11:50:16
2010.10.24
という訳で、日付が若干前後しますが、ご機嫌で柏から帰った後の晩ごはんのお話。
ご機嫌だったのでしっかり作りました。

      101023ディナー

スープの下ごしらえはしておいたので、19時半に帰宅して、間にお風呂を挟んで(飲むとお風呂入れなっちゃうので^^;)ディナー開始は20:50頃。品数の割には手早く作れるディナーです。スープは人参・玉ねぎ・キャベツのポタージュ。キャベツを入れるといい感じのとろみがつき、味も優しくなるので便利。オムレツはほうれん草・もやし・チーズ入りです。

      101023オムレツ

あと、遊び気分で試しに作った牡蠣の西京フライ。お魚の西京漬を買ってきた際、余った味噌に絡めておいて、パン粉をつけて揚げ焼きにしたのですが、これ意外にウマかった!赤ワインに負けません。牡蠣と言えば甘口の白、といった概念を吹き飛ばしてくれます。また作ろうっと。

      101023牡蠣西京焼

メインはコチラ。猪肉のカツレツです。

      101023カツレツ

スライスの猪肉(安いです)を片面あたり2~3枚重ねてギュッと押して密着させ、間にあるものを挟んで端を留め、普通に衣をつけてオリーブオイルで揚げ焼きに。付け合わせの焼きリンゴともよく合います。ジビエと果物って美味しい組み合わせですよね、大好きですスマイル

断面はこんな。

      101023カツレツ断面

昨日の記事でもチラッと触れたあるもののペースト、想像つきますか?秋ならではの木の実、例えばこれに使うものです。

       101017栗ごはん

お分かりですね、正解は栗きらきら栗のペーストです。

先日、ダンナさんの実家から送られてきた荷物の中に茹で栗も入っていたため、半分は早速栗ごはんにして、残りをペーストにしました。殻と渋皮をむいてフードプロセッサーにかけ、塩・コショウで軽く味付けし、硬さは牛乳で調整。油を使っていないのであまり日持ちはしないと思いますが、作ってから3日は冷蔵庫で大丈夫でした。

でもこれ、作るの割と大変ですが(栗の殻と渋皮を簡単にむくコツってあるんでしょうか^^;)、便利で美味しかった!ぺろりハート

そのままおつまみとしてつまんでもいいし、こんな風に肉料理に使ってもバッチリだし(猪や豚肉と栗ってすごくよく合います。猪のクセに栗が負けないので、美味しい上に食べていて楽しくなる味。赤ワインにピッタリです。煮込み料理の付けあわせにもいいと思うなー)、昨日のように生ハムと合わせて食べてもとびきり美味しい!生ハムとなら、黒っぽいパンでサンドウィッチにしてもいいかも知れませんね。いずれにしても、甘く作ってお菓子に使うよりも、食事に合わせるのがオススメです。


あと、今日どうしても食べたくて久々に作ったローマ風のもちもちニョッキ。

      101023ニョッキ

      101023ニョッキ断面

食べたい気持ちをこめて作っただけあって、とてもとても美味しかった!大笑い
ダンナさん「これチョーうまい目がハート」と感激。作ってよかった!

基本の作り方は以前の記事を見て頂きたいのですが、今回の分量はセモリナ粉60g、牛乳1カップ、ペコリーノチーズのすりおろしかなりたっぷりと卵黄1/2個分(卵は固まるとマズイので、火を止めてから加えます。チーズも後から)。黒コショウは控えて、その分思う存分チーズを入れました。何故なら今日は「この(ローマ風)ニョッキにトマトソースを絡めて食べたい」病だったから^^;最初からトマトソースに合わせた味に作りましたがこれが大正解!グッド

トマトソースは玉ねぎ1/4個分のみじん切りを炒め、ホールトマト1/2缶分を加えて3分ほど煮詰め、塩で味付けしただけのシンプルな味。これを耐熱容器に敷いてから上にニョッキを並べてオーブンで焼きました。うーん満足目がハート非常に美味しかったです。


いや~栗のペースト、一度猪に合わせてみたいと思っていたので試せてよかった!バッチリでした。栗ペースト、毎年秋に作る定番になるかも知れません。お家に栗の木がある方、茹で栗の処理に困っている方、だまされたと思って作ってみてください。美味しいです!


今日もとっても美味しかった!ぺろりごちそうさまでしたウィンク


バナー1 FC2バナー 
   ↑       ↑         ↑
  3種類のランキングに参加しています。
  順位が上がると、より多くの方々にご覧頂くチャンスが広がります!
  本日もポチッと応援、お願いいたします。






Last updated  2010.10.28 09:16:52
2010.10.10
この数週間、近所のスーパーでは野菜がとても高いですしょんぼり
夏の猛暑の影響か、それとも最近の多雨の影響なのか、トマトやレタスといった生野菜、小松菜・ほうれん草等の葉野菜、いずれも普段の1.5倍前後の高値。困ってます。

が!昨日鹿島へ行ったついでに道の駅「いたこ」で野菜を仕入れてきました。安い目がハートトマトもほうれん草も小松菜も、軒並み横浜の6~7割の価格、しかも新鮮!きゅうりもピーマンも瑞々しくしっかりしていて安い!茨城の元気な土で育った新鮮野菜をたっぷり買い込み、満足して帰ってきましたスマイル

水分を多く含む野菜はサラダで食べるのがいちばんですが、久々に買った大好物の葉っぱたちを見ていたら無性に食べたくなったのがグラタン。緑の野菜にチーズってよく合って美味しいですよね~。

という訳で、早速作った土曜日の夜ごはん。

      101009ディナー

出かける前ににんにくとハーブでマリネしておいた鹿肉がメインですが、私の中での主役はグラタン!牛乳とチーズをたっぷり使ったほうれん草のクリーミーグラタンです。

       101009グラタン

ほ~らとろとろ目がハートカリカリトーストによく合います。

       101009グラタンアップ

秋冬はよくグラタンやチーズ焼きが食卓に並びますが、台所で思い立って作るので大概は牛乳とチーズのみ、生クリームは使いません。この日もやや濃いめの牛乳を煮詰め、とろみの足りない分はパン粉を入れてふわっとさせました。でもさっぱりして食べやすく、ダンナさんには「却ってウマイよこれスマイル」と好評。ほうれん草の苦味・えぐみには生クリームよりもチーズをたっぷり効かせたかったんですよね~、これ正解!グッド


作り方は至って簡単。材料もシンプルなので、ほうれん草があるときにお試しください音符


≪パン粉でふわふわ、チーズたっぷり!生クリーム不使用のほうれん草のクリーミーグラタン≫レシピ:約2人分

1) ほうれん草1/2わ(130gぐらい)は洗って軽く茹でるかラップに包んでレンジで1分かけ、1~2cm長さに刻む。玉ねぎ小1/2個は粗みじんに。

2) フライパンにバター少々を溶かし、玉ねぎを炒める。透き通ったらほうれん草を加え、牛乳1カップを入れてゆっくり煮詰める。水分量が半分くらいになったら、塩・コショウ・ナツメグ少々で味付けし、お好みのチーズ(今日はペコリーノを使用)をすりおろしてたっぷり加える。大さじ4杯ぐらいかな?たっぷりどうぞ!

3) 2)にパン粉大さじ1~3程度を加えてとろみを調節し、耐熱容器に移して更にチーズを振り、オーブンでうっすら焦げ色がつくまで焼いたらできあがり!


★パン粉の量はお好みで調整してください。多めに入れると硬めに、少ないとよりトロトロに仕上がります。今日のようにトーストにのせて食べる場合は中間ぐらいかな?スプーンですくって食べるなら少なめでも美味しいと思います。


さてさて、青菜のグラタン同様に久々に作った野菜料理がこちら。

        101009ドルマ

ピーマンのドルマ。トルコやギリシャでよく食べられる、お米入りの野菜の詰め焼きです。これも立派なピーマンが手に入らないと作れないので大分ご無沙汰。2年ほど前の記事で作り方を詳しくご紹介しています。

今日のフィリングはお米、レンズ豆、玉ねぎとホールトマト少々。お肉は不使用です。塩・オールスパイスで軽く味付けしてピーマンに詰め、かぶる程度の水を注いでオリーブオイルとレモン汁をたらし、水気がなくなるまで米を炊くように煮ます。

ん~、ヨーグルトとよく合って美味しい!スマイルもう冷たく冷やして食べる季節ではないので、自然に粗熱が取れた状態に冷たいヨーグルトを合わせました。ダンナさん、4個も食べてくれましたようっしっし

今日の料理の中で一番手抜きだったのが実は鹿。

       101009鹿肉

でも素材自体に力があるので、ワインに最高によく合いましたワイングラス目がハート思いつきで下に敷いたスライスポテトも旨味をしっかり吸って、なおかつ香ばしくてウマイ!
お肉の下味はスライスにんにく、ローズマリー、塩とセージ少々、オリーブオイルです。全体にまぶして冷蔵庫で数時間。フライパンで表面を炙った後(スライスポテトも、くっつき合わないよう、お肉を焼く際に一緒に炒めておきます。オーブンに入れる際に下に敷くと、香ばしくかつ旨味を吸って美味しい!)、180度で約15分。


うーん今日も美味しかった~大笑い
野菜をたっぷり食べると体が落ち着く感じがします。今日も満足!ごちそうさまでしたウィンク


バナー1 FC2バナー 
   ↑       ↑         ↑
  3種類のランキングに参加しています。
  順位が上がると、より多くの方々にご覧頂くチャンスが広がります^0^
  本日もポチッと応援、お願いいたします^^






Last updated  2010.10.13 11:06:07
2010.09.29
涼しくなってくると、ダンナさんも私もうずうずしてきます。

そう。赤ワインワイングラスとジビエが美味しく感じる季節到来!大笑い

夏でもお肉は食べるし赤ワインも飲みますが、やっぱりより美味しく感じるのは秋冬。
という訳で、早速焼きましたラムチョップ!

       100926ラムチョップ

実は、数日前に楽天のプラチナ会員限定セールでラムチョップを20本近くまとめ買い(笑。だって安かったんだもん^^;)まずはシンプルに食べてみようと味見の意味でもあったのですが、いやーにんにくを利かせたシンプルな下味、ウマかった!ぺろり

ラムチョップはフライパンだけでも焼けますが、私は表面のみフライパンで固めて、後はオーブンで骨の辺りもまんべんなく焼くのが好き。

今回の焼き方は、自然解凍したラムチョップに塩コショウ・粗みじん切りのにんにく・オレガノとオリーブオイルをもみこみ、冷蔵庫で2~3時間置いた後、焼く20分くらい前に取り出して室温に戻し、レモンまたはみかんの汁を馴染ませてからフライパンで表面をさっと焼き、180度のオーブンに移して15分。途中で裏返せば、全体的にこんがりじゅわっと仕上がります。焼いた後、アルミホイルをかぶせて10分ほど置くのも忘れずに。これで肉汁が落ち着きます。つけ合わせの野菜もラムと一緒に焼くと、風味がしみて美味しいです。

うーんウマかった~。ダンナさんは4本ペロッと食べましたうっしっし

この日の全体メニューはこんな感じ。

       100926全体メニュー

スープはひよこ豆とほうれん草・人参・玉ねぎのポタージュ。ブイヨンを使わなくとも豆と野菜の自然の味で十分美味しいです。パスタは定番のボンゴレ。あさりが安かったので急遽作りました。ボンゴレ等、貝のパスタには緑の野菜を合わせるのが好きな私、今日はほうれん草です。

       100926パスタ

それと、単品の写真を撮っていなくてしまった!と思ったのですが、この日思いがけなく好評だったのがオムレツ。もやしと豆苗の、一見味気なさそうな具のオムレツですが、たまたまあったチーズ(コンテを使いました)を加えたら、とろーりとろける&焼けた部分がもちっ、カリッとしてすごく美味しかった!チーズだけだとこってりしすぎ、もやし類だけだと水っぽかったりコクが足りなかったりするところに、ちょうどよく補える美味しさになりました。あまりに気に入ったので、数日後にリピートしたくらい(笑)カリッと焼けたチーズがたまりませんうっしっし

作り方は至ってシンプル。割りほぐした卵2個にさっと茹でて適当な長さに切ったもやしと生の豆苗(なくてもいいです)を加え、塩・黒コショウで味付けして(黒コショウは多めに)、薄切りにして適当に切ったチーズを加え、後は熱したフライパンで両面焼くだけ!チーズが多いと焦げ付きやすいので、油はしっかり馴染ませてから焼いてください。


今日はとっておきのルーマニアのメルローを合わせたのですが、ルーマニアワインはどっしりしすぎていないので私好み。フランスのメルローは濃すぎて苦手だな~と思うことが多いですが、今日のはフルーティで軽く、ラムにはもちろんボンゴレにも無理なく合いました。美味しかったですスマイル

いやー今日も美味しかった~大笑い
これからどんどん食べ物が美味しくなる季節ですね、楽しみです!
今日もごちそうさまでしたウィンク

   ↓今日飲んだワインはこれ。フルーティで軽めの飲み心地、美味しかったです!

     
プラホヴァヴァレー メルロー (メルロー100%)


バナー1 FC2バナー 
   ↑       ↑         ↑
  3種類のランキングに参加しています。
  順位が上がると、より多くの方々にご覧頂くチャンスが広がります^0^
  本日もポチッと応援、お願いいたします^^






Last updated  2010.10.04 09:05:48

全65件 (65件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.