大田区 東雪谷 石川台の学習塾 塾長が責任もって指導 個別指導塾の松栄塾(しょうえいじゅく)の日常

フリーページ

全3359件 (3359件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

全て | カテゴリ未分類 | 塾長の頭の中

カテゴリ未分類

2019.04.24
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
前回​の続き



教材自体は悪くないと思います。解答が少し貧弱なことを除いては。

いつ頃から売られているか知りませんが、基礎から応用までをすべて盛り込むのは、今の参考書としてはかなり古いやり方だと思うのです。

市販ではまず売れないでしょう

売れればいいというわけではないですが、学校専売品だからできる、ある意味「ユルさ」だと思います。


学校としても、基本から応用まですべて与えといて、



あとは自分で勉強しなさい


というコンセプトでしょうが、それが通用する高校生はどのくらいいますか?  



あろうことか、それが課題として出されてしまうのです。

それも、ほぼ丸投げ状態で。



真面目な生徒ほど、頑張ろうとする。

しかし中堅レベルの生徒にとって、丸投げはきつい。


写経はしたくないが、結果として写経に近いことをして


わかったつもりになる


そんなことを繰り返すと、


もう絶対に文系!
数学早く終われ!

という気持ちになっても仕方ないでしょう。


教材の選定にケチをつける気はありません

しかしせめて、課題とするなら

最低ラインコースくらいは提示すべきでしょう

それが学校の先生の仕事だと思うのです。


難問に取り組ませれば学力が上がる?
たくさん問題解けば学力が上がる?

期待しない方が良いです。



数学の先生は、学生時代数学が得意な方が大半でしょう

しかし今の高校生で、数学得意なのはどのくらいいますか?


現状を冷静に見つめて手を打つ

そうすると自ずから教材選びも変わります


今回直に教材名をあげて申し訳なかったのですが、

使い方をもう少し工夫してほしいです


さらに青チャートを追加投入されている場合、新品同様でブックオフに直行される現状を知っておいてほしいです(蛇足ですが)




数学がまあまあの成績
もしくは、あまり好きではない

でも、もしこの手の問題集が課題になっているのなら

例題とA問題を自力で解くことに徹してください
あとはほっといても良いです。写経も致し方ないでしょう。

例題レベルで理解できない場合は、昨日あげた参考書か白チャート(マジで、白で十分です)
もしくは、どこか塾を頼った方が良いです

受験に関係ないから良い??

その考えだと、受験科目でも同じようなことになった際に、放り投げてしまう可能性があります。

目の前のことをまず頑張る習慣をつけてください






というわけで、この話題は以上です


平成31年4月24日(水)
大田区松栄塾
03-3727-8268
syoueizyuku@asahinet.jp
Twitterアカウント @syoueizyuku

ブログの更新は、毎週月、水、金の 午後8時頃の予定です






最終更新日  2019.04.24 00:00:25
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.22
カテゴリ:カテゴリ未分類


すべての学校ではありませんが、数学には、4stepや4プロセスなどの教科書傍用問題集が配られることがあります。
大概A5サイズで、お使いの教科書と同じ会社が作っているのがほとんどのようです。

はっきり言って、このテキスト


使い勝手が悪いのです。


まず、解答が巻末に略解だけです。
詳しい解答は別冊です。
とはいえ、昨今の市販問題集に比べると、あまり丁寧ではありませんが、
学校によってはこれを配らないところもあります。


その割には問題数が多いです。


私の知る限りですが、中堅校以上の学校では好んで使われるようです。

問題集が悪いわけではないのですが、中堅高レベルの生徒では、この問題集は持て余します。


そもそも授業ではほとんど使ってません。

その割には、課題としてガンガン出されます。

A問題だけならともかく、B問題や発展まで・・・



となると当然わかりますよね


写経です


答えを見て、答えを写します。


一応理解して写してはいますが、わかったつもりになっているのがほとんどです
それが証拠に、教えていても、問題の解説以前の計算のやり方で詰まっているのは珍しくないのですから。


学校の先生もそれがわかっているのか、定期テストでは、せいぜいAレベルくらいしか出してきません


生徒の自主的勉強を促す意味もあるんでしょうが、


申し訳ありませんが、中堅高レベルの生徒にそれは期待できません


彼らの名誉のために申し上げますが、やる気がないのではなく、

そこまで手が回らないのです。


そのほかの科目の勉強
さらには部活


結局課題として出されたら、とにかく「提出」のためにときには写経です

これでは赤点回避でいいや

と思う生徒がいても責めきれません。


さらに追い打ちをかけるように、青チャートを配るところもあります。
学区2番手くらいの学校に多いようですが。

これもご多分に漏れず、3年間新品状態のまま、ブックオフへ・・・ も珍しくないです。


数学嫌いは、数学の先生が作っているなと言うのが・・・


とにかく、こう言っては大変失礼かもしれませんが、
中堅高レベルの高校生は、予想以上に数学を苦手にしています
パターン学習で乗り切ってきた生徒は特にそうです。


となると、彼らに必要な教材は


教科書と、教科書ガイド

ではないかと思うのです。


やはりまずは教科書。

このレベルを徹底的にやっていけば、少なくとも数学嫌いはなくなります


先生の要求はわかるのですが、現状の認識が大事だと思うのです


ちなみに高校生は、参考書類も充実しています
教科書レベルの解説が充実している参考書もいくつかあります




あたりは、うちの塾にもそろえてあります。

徹底的にわかりやすくしようという編集方針は好感が持てます。

まずはここからしっかりやると言うことも必要だと思うのです


平成31年4月22日(月)
大田区松栄塾
03-3727-8268
syoueizyuku@asahinet.jp
Twitterアカウント @syoueizyuku

ブログの更新は、毎週月、水、金の 午後8時頃の予定です










最終更新日  2019.04.23 09:27:52
コメント(3) | コメントを書く
2019.04.19
カテゴリ:カテゴリ未分類

じっくり書く時間がとれなかったので、今日の更新はお休みします

申し訳ありません

平成31年4月19日(金)

大田区松栄塾
03-3727-8268
syoueizyuku@asahinet.jp
Twitterアカウント @syoueizyuku

ブログの更新は、毎週月、水、金の 午後8時頃の予定です


※ちょっと方向性を変えようと考えております







最終更新日  2019.04.19 20:00:08
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.17
カテゴリ:カテゴリ未分類
人間、そう簡単なことでは変わりません。

子供だって同じです。

持って生まれた性格や長い間に培った生活習慣を変えることは大変なことです。

三歩進んで二歩下がるなら良い方で、二歩進んで三歩下がるのも普通。

それでも信じて待ち続ける。

それが教育なのだと思う。

そして子供時代に、そういう人が持てることは幸せなことだと思うのです。



ただし、その価値の大半は、教育を受けているときには、真からはわからないのが普通です。
そしてその効果も、いつ現れるかわからないのが普通です。

教育というのは教師と生徒の非対称的な営み



だからこその、教育の中心は人。

非対称さをどう捉えるのか?そこに人となりが現れます。



しかし最近は、この非対称さに気がつかないのか?あえて無視しているのか?

こういう勉強したら、こういう効果があります 

とか、

こう勉強したら、こうできなければならない

とか、

短期的な成果ばかりを求める風潮が強いです。


もちろんそれ自体は否定しませんが、わかりやすさやとっつきやすさを追求するあまり、

わかった気にさせる、

もしくは、手間なくさっさと覚えちゃいましょうね

で、簡略化が激しすぎる傾向があります。


(先日ある動画授業を見たのですが、まさにそれでした・・・。こう言うのでもありなんだ・・・と逆な意味で新鮮でしたが・・・)


教育は人となり


教える側の個性が色濃く出ます

特に小さな所ほどです。

逆に言えば、小さいところにそれがないのは「ヤバい」とすら思えます。


立川談志が生前、弟子を育てる際に

「価値観の強制的な共有」

とおっしゃってました


まさにそういうことなんだと思います。

このあたりについては、次回以降に触れたいと思います


平成31年4月17日(水)
大田区松栄塾
03-3727-8268
syoueizyuku@asahinet.jp
Twitterアカウント @syoueizyuku

ブログの更新は、毎週月、水、金の 午後8時頃の予定です






最終更新日  2019.04.17 22:35:46
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
​それは


素直さ



これはいろいろな先生がおっしゃってますが、やはりとても大事なこと​

反抗期でもあるので、ついつい自分の理屈を通したくなると思います

しかし、何かを教えてくれる人がいるのは若いうちの特権です。


それに対して素直に従ってみようというのは、とっても大事なことです。



すぐにできなくても良いんです

今日はうまくいきませんでした でも良いんです

まずはやってみようという姿勢


それを見せるのが大事です。


自分の考えにこだわって、自分を押し通すのも結構ですが、
あまりこだわりすぎると、

では、勝手にしなさい

で、人が離れていきます



若いうちは、目上からの引き立てがある方が、絶対に有利です

これは、盲目的に従え ではありません


しかし、従ってみようという「かわいさ」


これは大事です。


だんだん大きくなるとわかりますが、自分の人生は人とのご縁で決まることが多いのです。
かわいげがないと、人が離れていきます。

確かに最終的には自分の人生は自分で切り開いていきます。

しかし、人から

こうしてみたら?
これはどう?

と言われることで開けることは多々あります。

その都度、

いやあ・・・ちょっと・・・

とか、

自分はこうだと思うんですけどね


では、

あ、そう!ではご自由に・・・


となります。


何かを言われると言うことは、それはご縁
素直さは大事だと思うのです。


平成31年4月15日(月)
大田区松栄塾
03-3727-8268
syoueizyuku@asahinet.jp
Twitterアカウント @syoueizyuku

ブログの更新は、毎週月、水、金の 午後8時頃の予定です






最終更新日  2019.04.15 20:00:06
コメント(1) | コメントを書く
2019.04.12
カテゴリ:カテゴリ未分類
「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」

​織田信長公が好んだとされる一節です

戦後すぐまでは、平均寿命が50年と言われてました。
(もちろんほとんどの人が50までしか生きられないのではなく、乳幼児の死亡率が今よりも遙かに高かったため、平均をとるとこうなる、という意味でしかありませんが)

日頃、自分の年齢や誕生日を意識することはあまりありませんが、

​明日4/13が私の誕生日であり、とうとう平成のうちに50の大台に突入します。​
(私事でスミマセン)


やはり、50という大変切れ目の良い数字を前にすると、意識せざるを得ません。

もちろん諸先輩に言わせると、何を言っているんだとお叱りを受けるかもしれません

しかし、50という数字の重みを感じざるを得ないのが、正直なところです。


大学卒業までは、まあまあ順調だったと思います。
しかし、卒業後は教員試験は通らず、いきなりフリーターと、学校での臨時採用生活。
その間に、父を始め親戚が何人か亡くなり・・・

何よりも、友達がきちんと就職して、家庭を持つようになっていくのを見ていると、自分は何をしているんだろうと・・・
(個人的に、若い頃に戻りたいとは全く思いません)

それでもまあ、20代後半から前職の会社になんとか潜り込むも、結局10年ほどで退職せざるを得なくなり、また無職。
(人生で2度、失業保険のお世話になりました)

その後多少の曲折を挟んで、35の時に、食べるために始めた今の仕事。

おかげさまで、15年目もなんとかやっていけてます。


あっという間だったのか?
長かったのか?


まあ、がむしゃらに働いてきましたとは、お世辞にも言えませんが、それでもなんとかなっているのは、とてもありがたいことだと思っています。


結局、日々いろいろありますけど、人生どうにかなるもんだと。

基本的に真面目にやってさえすれば、どこかで助けはあるもんだと。


大きな夢を掲げて、それに向かって迷わず邁進できる人なんて、ほんのわずかです
大半の人は、そのギャップに悩み、時には逡巡し、それでもなんとか日々やっていくうちに、まあその道が形になっていくもんです。

まだ昔語りをできるときでもないし、こんなことを言い出すと、単なるめんどくさいオッサンになりますが、一応人生の節目なので、勝手につらつらと書いてしまいました。

いつまでこの仕事を続けるかはわかりません
そもそも自分の寿命など全くわかりません

これからも、人生成り行き、日々淡々とやっていくまでだと思ってます

今後ともよろしくお願いします。


平成31年4月12日(金)
大田区松栄塾
03-3727-8268
syoueizyuku@asahinet.jp
Twitterアカウント @syoueizyuku

ブログの更新は、毎週月、水、金の 午後8時頃の予定です







最終更新日  2019.04.12 22:09:10
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.10
カテゴリ:カテゴリ未分類

​​前回の続き

子供って、一日が長いはずです。
私が子供の時はそうでした。

これっていろいろ理由はあるみたいですが、

たしか、人気番組「チコちゃんに叱られる」 では、

「ワクワクが多いから」

で、説明されていた気がします。


子供は未知な体験が多いので、時間も長く感じるのです


しかし最近の子は、


時間が経つのが早い


と言います。中学生くらいならまだしも、小学生、それも低学年の子からも聞くことがあり、ちょっとショックです。


なぜなんでしょうか?


あくまでも仮説です。


多分子供たちが忙しすぎるから何だと思います。


子供たちは基本的に好奇心の塊です。
目の前にあることに、

「あれはなんだ? これはどうして?」

と興味を持ちます。

大人からすると、そんなこと考えないで、早くして!といいたくなりますが、

その好奇心は大事なわけです。


しかし今は、それを感じさせるまもなく、学校は分刻みのスケジュール。
放課後も、習い事だ塾だと時間に追われる。


まあその一端を担っているので、大きな顔できませんが、


子供たちが忙しすぎるが故に、せっかくの好奇心の目を潰してしまっている


目の前のスケジュールをこなすので精一杯
気がついたらもう夜。

ワクワクなんか感じる暇もなく一日が終わる


そりゃあ、早く感じるわけです。



子供を取り巻く環境って、大人を満足させるための仕掛けが多すぎなんですよね。
あれもやった方が良い、これもやった方が良い、ヒマだとだらだらするから・・・


逆です。

ヒマを与えるのも大事なことなのです。

ヒマだからこそ、好奇心に駆られていろいろなことをするのです

本来子供たちは、生きる力が強いので、だらだら寝ているものではありません。

あれは、忙しさからの反動です。


教育改革が、本来の子供からの視点ではなく、完全にビジネスの視点からになっていることに、どうにも違和感があります。
多分に現在は、肝心なプレーヤーとしての子供の数よりも、外野の大人たちの数の方が多いが故、何でしょうけどね。

話が大きくなりすぎました。


もう少しゆったり構えても良いんではないですかね。


子供たちの「時間が早く感じる」という言葉は、軽く考えない方が良いと思います。


平成31年4月10日(水)
大田区松栄塾
03-3727-8268
syoueizyuku@asahinet.jp
Twitterアカウント @syoueizyuku

ブログの更新は、毎週月、水、金の 午後8時頃の予定です








最終更新日  2019.04.10 20:06:53
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
新学期、そして新入学の時期です。

新しい環境が始まります。

期待しますよね。
楽しみですよね。


別にそれに水を差す気はありません

しかし、今の学校は相対的に忙しすぎます。

小学校では英語が始まりました。


ゆとりの反動か、教科書の内容が増えました。


ただでさえ忙しい学校生活が、ドンドン忙しくなってます。


学校によっては補習や宿題がドンドン課されます。


その間隙を縫って、課外活動も充実させます


分刻みのスケジュールに追われている学校も多いはずです。


子供たちをヒマにすることが「悪」という発想なのか?
隙間をドンドン埋めにかかっています。


子供たちは、ただ流されるままについて行っているだけ・・・
というのも珍しくないでしょう。
不登校が減らない遠因でもあるでしょう。


いまこそ、「ヒマ」な時間を見直すべきです。


「ヒマ」がすべて悪いわけではありません。
「ヒマ」だからこそ、いろいろ考えることもできるのです

たしかに、だらだらと過ごしてしまうかもしれません。

しかし、だらだらと過ごすのは理由があるのがほとんどです


日々忙しいから、だらだらとしてバランスを保とうとしているのです。


変な言い方ですが、こころから「ヒマ」な時間を与えると、いろいろ考え出します。
元々子供たちは生きる力が強いのです。

あれこれ試行錯誤します
大人から見れば、なんてバカなことを・・・

と思うかもしれません


しかし、その時間が大事であり、それこそ子供たちに与えられた特権でもあります。


もうすこし鷹揚に構えることも大事なのでは?


立場上強くいえませんが、そう思うのです。



ちなみにうちに来ている生徒は、うちを緊張を強いられる場所だとは思ってません。
むしろその逆です

家庭でも学校でもないサードプレイスとしての場所になり得ていると思っています



平成31年4月8日(月)
大田区松栄塾
03-3727-8268
syoueizyuku@asahinet.jp
Twitterアカウント @syoueizyuku

ブログの更新は、毎週月、水、金の 午後8時頃の予定です






最終更新日  2019.04.08 20:10:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.05
カテゴリ:カテゴリ未分類





春休みも大詰めです。

ほとんどの学校が、来週の月曜からです。入学式は翌火曜日が多いようです。

まだまだ宿題が残っている生徒も散見されますが、基本的に通い続けてくれている生徒は、
この春休みもペースを落とさずに勉強していました。
スタートから差がつきますよね。

どうしても気持ちが緩みがちなこの時期

そこでペースを落とさないでやり続けることは、とっても重要です。

新学期に慣れた頃には、今度は怒濤の10連休
春休みと同様、暖機運転をどう続けるか?

こういうことは日頃からある程度意識しておかないとできません。


自分で管理するのが難しいなら、やはりどこかに頼るしかないですね。

うちもそうですが、塾というのはそういうペースメーカー的な存在でもあります。

平成31年4月5日(金)

大田区松栄塾
03-3727-8268
syoueizyuku@asahinet.jp
Twitterアカウント @syoueizyuku

ブログの更新は、毎週月、水、金の 午後8時頃の予定です







最終更新日  2019.04.05 20:27:52
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.03
カテゴリ:カテゴリ未分類

​4月です
新年度です

新しい環境に入る子もたくさんおります。

希望とやる気に満ちたスタートです

人間生活において区切りは大事ですから、非常に良い習慣です。


しかし始まって1週間、2週間と過ぎると、だんだん疲れてきます
新しい環境だと緊張もしますしね。

そこに月末からの大型連休。

毎年のことですが、これはちょうどよいリセットではあります。
ここをうまく乗り切って、5月からまた軌道修正


・・・ですが、今年は

言われるまでもなく、10連休です


ここの乗り越え方を間違えると、一気に失速する可能性があります

例年生徒のやる気や意欲は4月が高く、連休を挟んで、少し低くなり、梅雨時の蒸し暑さから夏の暑い時期にかけてさらに減退し、秋風が吹く頃に少しずつ戻ってきて、年末から年始の頃の、世間のざわつきに合わせるようにいったん落ちて、2月頃にまた戻ってくる というパターンです。

ちなみに高校あたりだと、連休明けと夏休み明けに中退のヤマが来るそうです。

今年はいつも以上に休み明けが重要になってきそうです。
学校はその対策として、例年以上に、連休の宿題を多くしそうな予想です。​

​さらには、連休明けにテストをするところもありそうです。


ただ、これって、根本的な解決にはならないとおもいます。

課題をたくさん出すと、

「こなす」ことだけに主眼が置かれます。

テストも

「乗り切る」がメインになりがちです。



やることを与えておけばどうにかなるわけではないのですが、学校にそこまでは求められません。

ここは、日頃からキチンと勉強の様子を見てくれる人の手腕にかかってくるのかなと。


塾に行っていたらすべてOKではもちろんありませんが、一人で乗り切るのは、それなりの自覚と覚悟がいることは間違いありません。


大事なことは、連休中の勉強する時間を決めておくことですね。
ポイントは何時から何時までどのくらいやるか?ではなく、

​​​何時から始めるか?​​​​

を決めることです。
出かける予定があれば、逆算して決めてください。

これさえ守れれば十分と思っていても良いと思います。

できない子は、もうこの段階でできませんから


もちろんやらない日もあって良いと思います


とにかく、やる気のある今のうちに、連休の予定を作っておきましょう。



平成31年4月3日(水)​

大田区松栄塾
03-3727-8268
syoueizyuku@asahinet.jp
Twitterアカウント @syoueizyuku

ブログの更新は、毎週月、水、金の 午後8時頃の予定です​​​​







最終更新日  2019.04.03 20:22:57
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3359件 (3359件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

お気に入りブログ

--< - む ら じ ま … New! いわどん0193さん

■ 基本といっても、… New! デット君さん

「コスタリカ・ロサ… New! 丁寧な暮らしさかもとこーひーさん

石川県公立高校入試… 金沢市MIB塾長さん

桜によせて 早稲田国際学園塾長さん

中3Aクラス 進学塾キャラベルさん

高田の数学道場日記 高田の数学道場さん
丸くとも一角あれや… 双葉学習院の村松さん
人生のポートフォリ… ミドル英二@「ホンカコ」「ホンダソ」発行人さん

コメント新着

くま塾長@ Re:分かりやすさ(04/22) New! 語りかけるさんへ うちの塾にはマセマシ…
語りかける@ 分かりやすさ 「語りかける中学数学」と「語りかける高…
遺伝子@ 残酷な遺伝子のテーゼ くま塾長の仰る通りだと思います、やって…

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

カレンダー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.