大田区 東雪谷 石川台の学習塾 塾長が責任もって指導 個別指導塾の松栄塾(しょうえいじゅく)が考えていること

フリーページ

一人ではなかなか集中できない生徒のために

ご覧いただき、ありがとうございます。



指導を塾長が責任を持って行い、一人一人とじっくり向き合っているやり方です。


長いですが、ご一読いただけると幸いです

うちの塾を一言で言うと
学校やご家庭以外の、サードプレイスです

基本的に勉強したくてしている子は少数派です。
また、うちに来ている生徒は、トップレベルを目指しているわけではありません。
成績の幅も、中堅下位から上位クラスがほとんどです。トップレベルではありません。

そういう子たちは、勉強しないで済むならそうしたい、と言うのが本音だと思います。
楽に流れたい気持ちとの戦いだと思います。

そんな彼らを勉強に向き合わせる。
しかし、正論で済ませたくはない。
危機感をあおることもしたくない。
変ににんじんをぶら下げることもしたくない。

淡々とやるようにしたい。
むしろそれが普通になってほしい。

だからこそ、学校でも塾でもないサードプレイスとしての塾
と言うところにこだわろうと思っています。

幸いにしてうちは小規模
さらには、いつ行っても私がいる。
個人塾としての強み。

指導者の多さとか情報量の多さなどには組織にはかないません。
ましてや価格攻勢はかけられません。無料無料は出来ません。

だからこそ、うちが何を提供できるのか?を考えたときの結論です。

彼らの​勉強に対するアンカー(碇)​である立場。

なかなか家では集中しにくい。
わからないところがあったときに困る。
などなど、いろいろな問題を抱えたときの一つの解決策として、うちは淡々と開け続けているので、利用してくださいというスタンス。

基本的に週2回がベースになりますが、回数に制限は付けません。
通塾時間も、基本的に決めますが、時間の延長も特にこだわりません。
それによる料金の変更もありません。
学年によって固定されているだけです。
定期テスト前の別料金もありません。定額の月謝のみです。


商売としてはあまりうまくないやり方ですが、彼らの特性を考えたときにベストだと思ってやってます。

また、中3以外は講習会という概念もありません。年間の費用はすぐに計算できます。


制約を付けずに開放することで、学校以外の勉強する場としての役目を果たそうとしています。そして最終的には自分で考えて勉強するよう間接的に仕向けます。
 なお、このように「緩い」やり方ですので、この志望校に必ず合格したい! いついつまでにテストの点を〇〇点上げたい!とはお約束できません。
あくまでも生徒自身で考えて行動する場所です。

 確かにこのやり方ですと、狙ったように行くとは限りませんし、いつまでに達成できるかもわかりません。しかし彼ら自身が納得した結果ですので、不平不満は出ません。やらされてきた反動もありません。

うちは高校生でも続けてくる生徒が多いです。多分このやり方があっていると納得しているのでしょう。

 また、塾に来ることに対してストレスになる子もいません。成績の善し悪し関係なくです。行ったフリして勝手にどこかに遊びに行く子もいません。休むときは自ら連絡してきます。感心します。

 これは20年近く教えてきての自信です。うちがこの形になったのは、まさに歴代の生徒達が導いてくれたのです。中堅層にはこれが良いのではないか?そう確信が持てるようになったのです。

 先生と適度な距離を保ちながら、自分のペースで良いから主体的に学ぶ習慣をつける。これが高校・大学と進学したときに必ず役に立ちます。

 誰かに見守られていつつも、自分のスペースは確保されている。必要以上な干渉は受けない。その時初めて子供たちは思い切ってチャレンジできるのです。
それが思春期の子供に対するコツです。勉強以外でも同じです。

1 寛容 2 忍耐 3 適度な距離感 思春期の子供達と接する場合の鉄則だと思います。


なお、うちの塾の性格から、以下の生徒には向かないと思います。あらかじめご承知おきください。

・トップレベルの学校を目指している。
・中学受験

これらは、専門的に力を入れている所に通われることをオススメします。
幅広いコース設定では無責任になります。子どもの時間は有限ですから。


 勉強「する」生徒を育てる 

 大田区 石川台 雪谷 石川町の学習塾 松栄塾 塾長の日記




メールの場合はこちらまでお願いします



電話の場合はこちらです
 070-5016-8268

誠に勝手ながら、授業(日曜除く)の関係上、午後4時までか午後9時以降に連絡いただけるとありがたいです。



2013年8月からの住所です
〒145-0065
東京都大田区東雪谷2-28-11コーポアンドウB

石川台駅下車 改札出て右に曲がり、そのまままっすぐ坂を下りる。左手に神社を見ながら通り過ぎて、ガラス屋と刀剣屋の間の建物。徒歩3分。


002.jpg








子供たちは、適度な距離で見守ることで、必ず変わります。20年やってきての確信です
2024.04.02
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
新年度が始まりました。
個人的には三回忌も終わり、本格的に自分の人生、仕事をどうするかを考える年度です。

意図的に仕事を減らしています。
仕事というか、この教育の激動の流れから意図的に距離を置いてます。

先生不足がもう抑えきれません。
理想と現実の乖離の中で、今年もどう取り繕っていくのか?
綱渡りでしょうね、現場は。

東京では私立高校の「授業料完全無償化」。
インパクトは大きいようで、私立人気は高まってます。政治家としては仕事した気になれてしてやったりでしょう。
ただ、最終的な入学者が読みにくい面はあるようで、それによる混乱はあるようです。

個々の現場は一生懸命ですが、全体的な混迷度合いは高まっていきます。
耳障りの良い「正論」で揺さぶられ続けた結果です。
ある程度まで行き着かないと、なかなか変わらないのかもしれません。
本当は子供達にしわ寄せしたくないのですが。
でも、案外彼らはしたたかです。それはそれでたくましくやっていくんだと思うし、その力に期待してます。

うちの周りの私立学校を見ていても、生き残りをかけて共学化したりして、大学の合格実績作りに走ってます。
その結果、2がある子はお呼びでない状態です。
是非は問いません、それぞれの現場で必死になってやっていることですから。

しかし現状では、お呼びでない子がいるのです。

ではどうするか?

その流れに追いつこうと頑張るのが一つ
いったん俯瞰してみるのがもう一つ

前者の方が優勢ですし、前向きでしょう。
しかし私は、あえて後者を取ります。

ここにも善し悪しなどありません。私はこう考えてます、というだけです。誤解なきように。

ただ、これからの時代を俯瞰したときに、私の結論はこうです、というだけです。

時間曜日フリーにして、勉強をする空間を提供。もちろん勉強は教えますが、その空間と時間的余白の中で、自分の進路を考えてみてはどうですか?

ということです。

もちろんその過程で、勉強頑張ってより上を目指しても良し。
工業高校などで手に職つけても良し。

フラットに情報や考え方を提供して、ゆっくり考えてもらう。
そんな場をこれからも作っていきたい。

とにかく、子供達の未来は明るいのです。それは信じてます。
しかし、自分の頭で考えられるか?その差は大きくなります。

もちろん未熟な彼らですから、間違うことだってある。
そのときにまた一緒に考えられる場でもありたいし、むしろ社会全体が、一つのことに執着せず、風のような生き方で、自由に進んだり戻ったりできる社会を作っていきたい。

ただ、個人でやっている以上、余り大きく開くことはできません。
安くやるのも無理です。
そこのバランスをどうするべきか?

それが課題ではありますが、まあ、今年1年、こんな状態で続けていきます。

令和6年4月2日(火)

----------------------------------------------------------
自宅では、なかなか集中して勉強できない生徒のために、
頑張れる環境を提供していきます。


大田区松栄塾
070-5016-8268
syoueizyuku@asahinet.jp
Twitterアカウント @syoueizyuku

更新は、午後8時頃の予定です





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.04.02 20:00:08


【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

お気に入りブログ

■ 幼さをどのように… New! デット君さん

金沢大学附属中を「… 金沢市MIB塾長さん

プロのつぶやき1258… 丁寧な暮らしさかもとこーひーさん

春になると思い出す… 早稲田国際学園塾長さん

年間行事予定について 進学塾キャラベルさん

高田の数学道場日記 高田の数学道場さん
丸くとも一角あれや… 双葉学習院の村松さん
人生のポートフォリ… ミドル英二@「ホンカコ」「ホンダソ」発行人さん
新・さすらいのもの… さすらいのもの書きさん

コメント新着

面白い本2@ Re:社会から必要とされてないのでは?のが辛い(11/20) 申し忘れておりました、「反教育論」もス…
面白い本@ Re:社会から必要とされてないのでは?のが辛い(11/20) ブログとあまり関係ありませんが 泉谷閑示…
腸内フローラ@ Re:どんな状況下でも、人間は順応していく力があるのだなと(05/15) ブログと無関係ですが「失敗の科学」と「…

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

カレンダー


© Rakuten Group, Inc.