974544 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

猫とHidamariで

全9件 (9件中 1-9件目)

1

映画 な行

2010.10.23
XML
カテゴリ:映画 な行

彼は敵か?それとも味方か?

ナイト&デイ HP

ナイト&デイ シネマトゥデイ

英題: KNIGHT AND DAY
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2010年10月9日

スタッフ
監督: ジェームズ・マンゴールド
脚本: デイナ・フォックス / スコット・フランク

キャスト
トム・クルーズ (ロイ・ミラー)
キャメロン・ディアス (ジューン・ヘイヴンス)
ピーター・サースガード (フィッツジェラルド)
ヴィオラ・デイヴィス (ジョージ長官)

ナイト.jpg

チェック
いい男との出会いを夢見る平凡な女性がミステリアスな男
と偶然の出会いを果たすも、その男がスパイだったために
大騒動に巻き込まれるというラブストーリーをベースにした
アクション。

『バニラ・スカイ』で共演したトム・クルーズと
キャメロン・ディアスが再び顔を合わせ、命懸けのアドベンチャーに
挑むハメになる男女をコミカルに演じる。

監督は、『ニューヨークの恋人』のジェームズ・マンゴールド。
アイルランドやスペインなどを舞台に繰り広げられる
大迫力のアクションが見ものだ。

ストーリー
ジューン(キャメロン・ディアス)はある日、
えたいの知れない男(トム・クルーズ)と思いがけない
出会いを果たすが、その男はジューンが夢に見た理想の男性
どころか、重要任務を負ったスパイだった。

予想外の裏切りや暗殺者による執拗(しつよう)な攻撃が
日増しに強くなる中、ジューンは男に対して疑念を抱き始める。

ナイト1.jpg

音符えんぴつ10月6日 トムの日に鑑賞
単純に面白かった~星
トムのアクションは流石ですね。
冒頭の飛行機内でのアクション。
ジューン(キャメロン・ディアス)が飛行機のトイレに
入ってるわずかな時間の中、ジューンに悟られないように闘う
ロイ(トム・クルーズ)のアクション。

カーチェース。
ジューンを助け出そうとするロイのアクションは見事でした。

ジューンとバイクに乗ってのアクション。
スペインの牛追い祭りの中、牛をかき分け、敵の車から逃げ、
トム&キャメロンの二人は物凄いアクションを見せてくれました。

銃撃戦、緊迫感のある場面なのに、ジューンのゆる~い感じ。
弾が当たらなかったのが不思議・・・。
コミカルで笑えました。

上の写真。。。
ジューンが水着に着替えてる。。。
ここの会話には笑えました~大笑い

ストーリーは置いといて・・・
トムのアクションの素晴らしさと、
キャメロンのコミカルで可愛い演技。
二人は安心して観ていられ、とても楽しめました~。音符星







Last updated  2010.10.23 17:26:10
コメント(5) | コメントを書く
2010.04.30
カテゴリ:映画 な行

目覚めると、世界は終わっていた。

9(ナイン)~9番目の奇妙な人形~HP

人類はなぜ滅びたの?
そして僕達は、何の為に生れたの?


9(ナイン)~9番目の奇妙な人形~シネマトゥデイ

スタッフ
監督・原案: シェーン・アッカー
製作: ティム・バートン / ティムール・ベクマンベトフ
脚本: パメラ・ペトラー
音楽: デボラ・ルーリー

キャスト
(声の出演)
イライジャ・ウッド (9)革命家
ジェニファー・コネリー (7)女戦士
クリストファー・プラマー (1)グループノリーダー
ジョン・C・ライリー (5)エンジニア
クリスピン・グローヴァー (6)芸術家
マーティン・ランドー (2)発明家
フレッド・ターターショー (8)用心棒

下矢印1&2
9-1.jpg
上矢印3&4&5

下矢印6&7
9-2.jpg
上矢印8&9

チェック
人類滅亡後の世界を舞台に、背番号を持つ9体の人形が
巨大な機械獣と闘うダークファンタジー・アニメ。
第78回アカデミー賞短編アニメ部門にノミネートされたシェーン・アッカー監督による同名タイトルを、ティム・バートンのプロデュースで長編映画化。
声の出演にはイライジャ・ウッド、ジェニファー・コネリー
など豪華な顔ぶれがそろう。
独特のビジュアル・センスとシュールな世界観、圧倒的なアクション・シークエンスが融合した映像世界に息をのむ。

ストーリー
古びた研究室の片隅で、背中に数字の9が描かれた奇妙な人形が目を覚ます。
人形が外に出てみると街は廃虚と化しており、ぼう然とする彼の前に2の背番号を持つ人形が現れ、自分たちは仲間だと語り掛ける。
しかし、突如現れた巨大な機械獣が2を連れ去ってしまい、ほかの番号を持つ人形たちと出会った9は2を救出しようとするが......。

9-3.jpg
上矢印5&2


えんぴつえんぴつ9(ナイン)~9番目の奇妙な人形~
4月27日一ツ橋ホール 試写会で鑑賞

ティム・バートンが11分の映像を観たときに惚れ込み
長編にしようと制作した作品。

予告を始めて観た時に、映像の素晴らしさに驚き、ティム・バートンが長編にしようと思うほどに惚れ込んだ作品、という事なので興味がわき観たいと思ってました。

やはり映像は素晴らしく、そして声の出演者がとても豪華でした。
それぞれが人形のキャラクターにあってました。
上矢印キャストを参照してくださいね。

人形はゴーグルの目と口だけで素晴らしい表情をしてましたよ~。
見た目は麻布で出来てるのでキレイとは言えませんが、何か愛着を感じ可愛かったです。

9対の人形はとても小さいのですが、各々が役割?を持っています。
1はリーダー(チョット頑固)、2は発明家(心優しいお年寄り)、
3,4(双子)は資料の保存をしていて、5はエンジニア(臆病者だが優しい)、
6は芸術家(いつも同じ記号?を書いてる)、7は戦士(唯一女性)、
8は用心棒、そして9は革命家と。。。
その小さな体で、協力し合いながら機械獣に挑んで行くのです。
愚かな人類が滅ぼした世界!!機械獣しかいなくなった世界に!!

9-4.jpg

ネタバレ
(注)良く見ると見えますので知りたくない方はスルーしてくださいね

目覚めた9は研究室から外へ出ます。
廃墟と化していた世界。そこで2に出会い話せるようにして貰います。
が機械獣に襲われ2はさらわれてしまいます。
9も痛手を受け、意識を失いますが目覚めるとそこには
他の番号を付けた仲間がいました。
2がさらわれた事を訴え、2を助けに行こうと呼びかけるが1に止められます。
が9は5と一緒に2を助けに
向かいます。
機械獣の住処へ着き2を助けようと奮闘している所を、
機械獣に襲われ危ういところを7に助けられます。
7はただ一人の女性で戦士!!
8も1の用心棒なので強いとは思いますが、
一番強いのではと思えるほど機敏で勇気があって凄いです。。。
2を助ける事が出来た9達は3&4が保存してる資料から
過去に何があったかを知り
6がいつも書いている記号が何なのか。。。
そして9が目覚めた時に手に持って出たものとは。。。
機械獣と闘っていくうちに、仲間にも犠牲者が。。。
捕まってしまうとあまりにも無力な人形達・・・切なくなってきます。

人類が造りだした知能を持った機械!滅びた世界!!
知能を持った機械が自ら造り出す機械獣!
それに戦いを挑む小さな9体の人形達。
小さくても勇気を振り絞って、科学者の遺志を受け継ぎ、勇敢に戦った人形達。
健気で応援せずにはいられませんでした。

 80分の作品でしたが、ストーリーも良く面白かったです。


9-5.jpg
上矢印6&5&8&9




HPのプロダクションノートにティム・バートンは、
キャラクターたちに"目玉"があることが気に入った。
「『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の主人公には目玉がないんだ。
だから、『9』では目をつけて感情を与えようとしているところが気に入った。
人間ではないキャラクターの扱い方と、
そこに感情を与えようとしているところが僕のやり方とは違う。
だからこそ興味がわいたし、エキサイティングな挑戦だと思った」と
書いてありました。

 







Last updated  2010.05.16 21:10:06
コメント(14) | コメントを書く
2009.11.22
カテゴリ:映画 な行

マヤ文明が予言した
太陽系の惑星が直列し―
世界終末の日が来る事を


2012 HP

2012 シネマトゥデイ

英題: 2012
製作年: 2009年
製作国: アメリカ
日本公開: 2009年11月21日
上映時間: 2時間38分

スタッフ
監督・脚本・製作総指揮: ローランド・エメリッヒ
製作・脚本・音楽: ハラルド・クローサー
製作: マーク・ゴードン / ラリー・フランコ
製作総指揮: ウテ・エメリッヒ / マイケル・ウィマー
撮影: ディーン・セムラー
音楽: トマス・ワンダー

キャスト
ジョン・キューザック
アマンダ・ピート
ダニー・グローヴァー
オリヴァー・プラット
タンディ・ニュートン
キウェテル・イジョフォー
ウディ・ハレルソン

2012.jpg

チェック
マヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。

地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く。

偶然にも地球の危機を知ってしまうリムジン運転手に『ハイ・フィデリティ』のジョン・キューザックがふんし、大事な家族を守るために奔走する。

大地震、火山噴火、津波など最新CG技術による迫力ある映像に注目。

ストーリー
2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しんでいた。

ところが、偶然湖底に沈む巨大な研究施設を発見し、地球が滅亡に向かっていることを知る。

この危機から逃れる手はないものかと模索するジャクソンだったが、すでに天災は地球上の至るところで起こり始め……。

2012a.jpg
この家族は可哀想だった。


えんぴつえんぴつ16日に試写会で鑑賞しました。

このような作品は、大抵予想がつきます。
予想通り、ストーリーに新鮮さは感じられず・・・
優先順位で決められ助かる人々。
権力、金に物を言わせる人。
逃げ惑う一般庶民。

こんなにもあっさりと、地球が崩壊するなんて・・・

私は、このような状態ではジタバタしてもしょうがない!!
何処へも行かず、愛する人達と一緒に、静かに最後を迎えた方が良いのでは?と思いました。
が、やっぱり・・・ジタバタするのかなぁ~。。。

ジャクソンは子供達と楽しい旅の途中で、地球の異変、崩壊を知る。
愛する家族を救うために出来る限りの手を尽くす。

いやはや凄いです。
疾走する車のすぐ後ろが崩壊していくが、さすが主人公、上手く切り抜けます。
ジョン・キューザックは、そんな家族を守ろうと奔走する主人公ジャクソンを上手く演じてました。

世界各国の大統領、首相は、勿論最優先人物。
その中でもアメリカの大統領とイタリアの大統領は、
マル秘自分が助かる事より、国、国民の事を考え非難せず国に残った。マル秘
だからと言って、全ての国の大統領がそのような行動に出たら、生き残った人々を統制する人がいなくなるだろう。
助かる人の優先順位は、ある程度しょうがない事なのだろうか。。。

2012b.jpg
アメリカ大統領

ストーリーは在り来たりに感じましたが、CG技術は素晴らしく、
迫力のある映像に、釘づけになって最後まで鑑賞できました。

観終わって、最後は「ノアの方舟」が頭をよぎりました。







Last updated  2009.11.24 14:33:35
コメント(12) | コメントを書く
2009.02.24
カテゴリ:映画 な行

あなたなら、受け取れますか?

7つの贈り物HP

7つの贈り物シネマトゥデイ

英題: SEVEN POUNDS
製作年: 2008年
製作国: アメリカ
日本公開: 2009年2月21日

スタッフ
監督: ガブリエレ・ムッチーノ
製作: トッド・ブラック / ジェームズ・ラシター / ジェイソン・ブルメンタル
    スティーヴ・ティッシュ / ウィル・スミス
脚本: グラント・ニーポート
撮影: フィリップ・ル・スール
音楽: アンジェロ・ミィリ

キャスト
ウィル・スミス (ベン・トーマス)
ロザリオ・ドーソン (エミリー・ポーサ)
ウディ・ハレルソン (エズラ・ターナー)
バリー・ペッパー  (ダン)
マイケル・イーリー  (ベンの弟)

チェック
『幸せのちから』から再び、主演ウィル・スミスと監督ガブリエレ・ムッチーノが挑んだ感動のヒューマン・ドラマ。

過去と折り合いをつけるために究極の贈り物を用意した主人公が、あるものと引き換えに他人の人生を変えようとするプロセスを描く。

共演は『イーグル・アイ』のロザリオ・ドーソンと『ノーカントリー』のウディ・ハレルソン。
複雑な人間性と命の尊さを温かく繊細(せんさい)に演じたウィル・スミスに心を揺さぶられる。

ストーリー
過去の事件により心に傷を負った謎の男ベン・トーマス(ウィル・スミス)はある計画を立てていた。

親友のダン(バリー・ペッパー)にだけ打ち明けられた計画は、見知らぬ7人の他人に彼らの人生が変わるような贈り物をすることだった。

そして計画実現のためには、その7人でなければならない特別な理由があった……。

332665_003.jpg

えんぴつえんぴつ先週の火曜日に試写会での鑑賞ですが・・・
前日、いつものように夜更かしをした為に、所々で睡魔が・・・眠い..眠い..眠い..
なので間違って理解してるかもしれませんが・・・雫雫簡単に感想を雫雫

ネタバレアリ

賛否両論の作品ですね!!

過去に起こした出来事に心を傷めた主人公ベン。
その後に取った彼の行動はとても悲しい。。。

過去に起こした出来事は反省すべきですが、かといって自分の命を削ってまでする事でしょうか?


例えば、エミリーの場合

心臓が悪く移植しないと命を長らえることが出来ない。
ベンからすると愛した人を救うのだから納得した上での決断。

でも、エミリーにしてみればどうだろうか?長らえたとしても、愛した人はいない
まして死を持って自分に提供してくれたと知った時の気持ちを考えると・・・。
その事実がずーっと残るんですよね。。。


そして親友ダンの場合

その後の処置を親友のダンに頼むのって・・・。
頼まれた親友の気持ちを考えるとベンの行動には首を捻っちゃいます。。。

なんだかとっても、独り善がりな気がしてならなかった・・・。


病気とか事故で亡くなったなら納得できますが、彼は健康体なのだし、それを自ら命を絶って提供するのは、やはり納得いかない。。。

提供する人には近づかない方が良いと思うし、提供するのに値する人かどうかは、信頼できる第三者に調べて貰った方がいいと思うのだけれど。。。

今回のウィルは、悲しみ、苦しみ、切なさの表情ばかりで、観てる方も辛かったですが、私は、主人公にあまり共感できませんでした。

それにしても、あのクラゲは・・・なに??びっくり

≪追記≫
私は肝心な所で眠い..眠い..眠い..てしまってたようで雫クラゲの説明あったんですよね??アタリマエカ・・・。

他にも重要な所を見逃してたようで・・・お恥ずかしい限りです。。。。

間違った解釈をしてるかもしれませんので、教えていただけたら嬉しいです。

映画はもう一度観ようとは思わないので原作を読もうかな。。。







Last updated  2009.02.25 16:08:34
コメント(16) | コメントを書く
2008.06.22
カテゴリ:映画 な行
誰よりも先に、掴みとれ!

ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記HP


Yahoo!映画 ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記

リンカーン暗殺者の日記から消えた18ページ。
そこには世界史を変える「禁断の暗号」が隠されていた……。
その謎を解き明かすため、あのベン・ゲイツが帰ってきた。

天才歴史学者の頭脳を生かして、国家遺産や歴史的建造物に秘められた暗号を解きながら、秘宝を追い求める冒険家。
探究心と正義感から独立宣言書を盗み出すという大胆な行動力を持ち、
鋭いひらめきと抜群の知性で敵を翻弄(ほんろう)する……。

ユニークな魅力にあふれた『ナショナル・トレジャー』(2004)
のベン・ゲイツ役は、名優ニコラス・ケイジの新たな代表作となり、
大旋風を巻き起こした。

ジェリー・ブラッカイマー製作のスペクタクル・アクション活劇が、
ますますスケールアップしてスクリーンに再登場する。
アメリカだけにとどまらず、ワールドワイドに展開する歴史ロマン。
手に汗握るトレジャー・ハントが始まる!
 =Yahoo!映画より=


ストーリー

歴史学者にして冒険家のベン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ)の元に、
ウィルキンソン(NEXT-ネクストもゴーストライダーもいまいちだったけどエド・ハリス)と名乗る紳士が現れた。
彼はリンカーン大統領を暗殺した人物の日記の一部を持っていると言うが、
そこにはベンの祖先トーマス・ゲイツの名が記されていた。

衝撃的な新事実はマスコミに知られ、ゲイツ一族には
「リンカーン大統領暗殺者の子孫」という汚名が着せられてしまう。

ベンは祖先の無実を証明するため、天才ハッカーのライリー
(ジャスティン・バーサ)と再びタッグを組む。

そして、破局寸前の恋人アビゲイル・チェイス(ダイアン・クルーガー)
を口説き落とし、暗号解読の専門家で父親のパトリック(ジョン・ヴォイト)
の協力を得て、日記に秘められた謎の鍵を入手する。
 =Yahoo!映画より=



監督:ジョン・タートルトーブ
製作:ジェリー・ブラッカイマー


キャスト

ニコラス・ケイジ  (ベン・ゲイツ)
ジョン・ヴォイト  (父 パトリック・ゲイツ)
ダイアン・クルーガー (アビゲイル・チェイス博士)
ヘレン・ミレン   (母 エミリー・アップルトン博士)
ハーヴェイ・カイテル ( セダスキー FBIの捜査官)
エド・ハリス   (ウィルキンソン)
ジャスティン・バーサ  (ライリー)

photo_01.jpg


過度な期待をせずに観ました。
そのせいなのか、エンタメ作品として楽しめました。大笑い

リンカーン大統領を暗殺した人物の中に祖先の名前が。。。
汚名挽回するために日記の暗号を説き~次の暗号~また次へと~

意外と簡単に暗号を解読できたことには少し物足りなさを感じました。
暗号が隠されてる場所が普通の場所ではないので、もっと緊張感があっても・・・。
ハラハラドキドキ感も少なかったかな~・・・。

役者さんたちは豪華でしたね。

ベンの両親がいい味出してて面白かったです。
母親のエミリーはヘレン・ミレン、そして父親のパトリックはジョン・ヴォイト
この二人は離婚してからず~っと会ってなかったが、
古代言語に詳しい母親エミリーに暗号を解読してもらうために父親と会いに行く。
パトリックはエミリーに頭が上がらない??
会ったとたんに口喧嘩!!微笑ましくって笑えた~大笑い

エド・ハリス=悪役 のイメージが強いのですが、
今回のエド・ハリス(ウィルキンソン)も悪い人なのか?良い人なのか?と
最後まで、どっち???の状態で見ました。

ダイアン・クルーガー(アビゲイル)は知的で聡明な役が似合いますね。
美しかった!!

ジャスティン・バーサ(ライリー)は良いですね~ウィンク
ベンの相棒として最高でした。
最後に本当のファンが現れて良かったね~音符

そして主役のニコラス・ケイジは、演技は安心して見てられますが、
昨今の作品ではNEXT-ネクストもゴーストライダーもいまいちだったけど
今回の作品は良かったと思います。


ハラハラドキドキ感が少なかった割には、面白いと感じたのは、
両親役のお二人のお陰かな??






Last updated  2008.06.22 23:26:54
コメント(6) | コメントを書く
2008.05.21
カテゴリ:映画 な行
魔法VS人間
     
  引き裂かれる心。


ナルニア歴2303年
  美しき魔法の国は人間に侵略され
    今や滅亡を待つのみ。
暗黒のナルニアに残された最後の希望は
  人間の王子の手に握られていた・・・。



ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛HP

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛(シネマトゥディ)

英題: THE CHRONICLES OF NARNIA:PRINCE CASPIAN
製作年: 2008年
製作国: アメリカ
日本公開: 2008年5月21日

チェック
C・S・ルイスの児童文学を映画化した『ナルニア国物語』シリーズの第2章。
ペベンシー4兄妹は、暴君ミラースからナルニア国を奪還するために、正当な王位継承者であるカスピアン王子とともに、再び冒険を繰り広げる。
第1章のスタッフと主要キャストが再集結し、よりファンタジーあふれる映像世界を構築した。ペベンシー4兄妹の成長ぶりとともに、この第2章から登場するカスピアン王子を演じるイギリスの若手俳優ベン・バーンズにも注目。

ストーリー
白い魔女に勝利してから1年。現実に戻ったペベンシー4兄妹は、角笛の音に導かれ再びナルニア国へと舞い戻ってきた。
しかし、この国の時間ではすでに1300年が経過しており、平和で美しい魔法の国は暴君ミラースに支配されていた。
荒れはてたナルニア国を目にした4兄妹は、この国の王位継承者であるカスピアン王子(ベン・バーンズ)と出会う。

スタッフ
監督: アンドリュー・アダムソン
原作: C・S・ルイス
製作: マーク・ジョンソン / アンドリュー・アダムソン / フィリップ・ステュアー
製作総指揮: ペリー・ムーア
脚本: アンドリュー・アダムソン / クリストファー・マルクス / スティーヴン・マクフィーリー
音楽: ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

キャスト
ベン・バーンズ (カスピアン王子)
ジョージー・ヘンリー (ルーシー)
ウィリアム・モーズリー (ピーター)
スキャンダー・ケインズ (エドマンド)
アナ・ポップルウェル (スーザン)
リーアム・ニーソン (アスラン 声)



Cinema Collection のひろちゃんに誘って頂きウォールトディズニー試写室での試写会に行って来ました。
ひろちゃんありがとうございました。ウィンク

試写室ですので50人前後の席しかありません。
なので騒々しくなく落ち着いて観る事が出来ると思っていたのですが、
いざ映画が始まると、あれっ!字幕が前に座ってる男の人の頭で見えない。
この人、映画が始まると落ち着きがなく頭を右・左と動かすんです。
それで私も右・左と・・・トホホ・・・

暫くすると動かなくなった。
訳は、その人の前に座ってる人が座高が高く彼も見えなかったんだと判明。
私の所からでも前々列の人の頭が少しスクリーンにかかってたから彼は本当に見えなかったんだと思う。
そして、どうにもならず諦めたんだろうな。私も諦めました。 号泣
と言う事で、楽しみにしてた映画の半分は、理解出来てないかもしれません。

5.jpg


先王の弟ミラースに男子が産まれた事によりカスピアン王子は命を狙われ
森の中へと逃げる。
逃げる際に、コルネリウス博士より危機が訪れた時に吹けと渡された角笛を
追い詰められて吹いた。

現代の地下鉄。4人兄妹はホームで暴風と轟音のなか・・・
風と共に電車が入ってきて電車が通り過ぎた時にはナルニア国にいた。

地下鉄からの移動~これはハリーポッターを思い出しました。

ナルニアでは1300年の月日がながれテルマール人によって破壊され、ナルニアの森の民は隠れるように暮らしていた。

森の民は癒されますね~
ドワーフやアナグマ、ネズミの騎士、ケンタウロス?ミノタウロス?等
そしてアスランはやっぱりカッコ良かった~手書きハート

後半の戦いは、ロードオブザリングを連想させられました。

王とピーターが一対一で闘うシーン。
王は汚い奴なので、絶対に姑息な手段に出るだろうと思って見てたら、
マル秘あらら部下に刺されちゃった。マル秘
え~~~~~~びっくりびっくり
マル秘王には何処までも悪でいて欲しかった。
最終的な敵が部下の彼等じゃ物足りないです。
マル秘

何より残念なのは、カスピアン王子の見せ場がピーターより少なかったことかな。
カスピアン王子の角笛と副題がついてるのだから、
もう少しカッコイイ見せ場があっても良かったのに。。。
期待してただけに残念!!

弟のエドマンドは兄を支える良い弟になってました。
兄は行動派、弟は頭脳派と言う感じかな?
マル秘カスピアン王子と姉のLOVEは余分だと思いましたが・・・
マル秘




ウォールトディズニー試写室と言う事で

jack&.jpg

等身大に近い?ジャックとデイビィージョンズ


walle1.jpg

ウォーリーが可愛い~~~ハート






Last updated  2008.05.22 02:40:16
コメント(28) | コメントを書く
2008.04.24
カテゴリ:映画 な行
わずか2分だけの予知能力で、世界が救えるのか?
予知能力を持つ男。見えるのは自分の未来。
そして、LAを脅かす核爆弾テロ-。


NEXT-ネクスト-HP

写真はYAHOO!映画 フォトギャラリーより

CAST

next1.jpg

next2.jpg


STORY

四つ葉〈2分先〉の未来が見える男クリス・ジョンソン(ニコラス・ケイジ)には、〈2分先〉の将来が見える。
しかし、それはあくまで自分に直接関係のあることだけ。
他人や、世界全体の未来を読むことはできない。
恵みとも呪いとも取れるその稀な才能を、彼は秘密として隠しながら生きることを余儀なくされている。

そんなクリスにもってこいの職業が、ラスベガスのマジシャンだった。
二流のショーは満場になることもないが、余分な金が必要ならば仕事の帰りにブラックジャックをやって稼げばいい。
毎回、あまりにも都合良く勝ちすぎる彼に、カジノのセキュリティは怪しいと疑問を抱き始めているが、クリスはそれを知らない。

そんな彼の頭に、時々よぎる美しい女性(ジェシカ・ビール)の姿があった。
あるダイナーに現れるその女性を、クリスは知らない。
どうやって彼女と知り合いになればいいのかもわからない。
しかし彼は、どうしても彼女に出会いたくて、満たされるかどうかわからない希望を抱きつつ、そのダイナーに通い詰め、昼間にマティーニを飲みながら彼女が現れるのを待っている。

続きはHPで~NEXT-ネクスト-HP

329231view010.jpg

NEXT-ネクスト-HPINTRODUCTION より抜粋

監督は『007/ダイ・アナザー・ディ』を世界的に大ヒットさせたニュージーランド出身のリー・タマホリ。

脚本は『マイノリティ・リポート』『トータル・リコール』のゲイリー・ゴールドマン、ジョナサン・ヘンスレー、ポール・バーンバウム。

撮影監督は『スターウォーズ/エピソード1~3』『トゥーム・レイダー』のデビッド・タッターソル、

衣装は『ワイルドスピード』シリーズのサーニャ・ミルコビック・ヘイズ、
音楽は『クラッシュ』『ブラック・ダリア』のマーク・アイシャム、
編集は『007/ダイ・アナザー・ディ』『アイランド』のクリスチャン・ワグナーが担当する。

レボリューション・スタジオとIEGバーチャルスタジオが贈る『NEXT ‐ネクスト‐』は、ケイジのプロダクションカンパニー、サターン・フィルムズとブロークン・ロードによって製作された。
ケイジの妻アリス・キム・ケイジもカメオとして映画初出演を果たす。



試写会で鑑賞しました。音符
ニコラス・ケイジ主演の作品という事で、それなりに楽しめるのではという期待を抱きながらの鑑賞でした。スマイル

なので・・・派手なアクションを期待してた為かアクション事態は地味に感じました。
2分先が見えるので、危機を逃れるのも身体をチョットひねるとか、
立ち止まるとかで回避できるので・・・
でも、それはそれで緊張感もありよかったのですが。。。
マル秘車で逃げてた時の踏切のシーンはハラハラしましたが・・・マル秘

クリスがジェシカ・ビール演じるリズと知り合いたい一心でのシュミレーションは面白かったです。大笑い

ジュリアン・ムーアが初めて画面に出た時・・・老けたなぁって感じました。
彼女も47歳なんですね?もう少しキレイだと・・・思ってたんだけどなぁ・・・

コロンボは大好きで観てたのに・・・ピーター・フォークだとは気がつかなかったんですよね~しょんぼり
後で教えて貰い、ビックリ!!

私はアクションもストーリーも重厚さがなく、物足りなく感じましたが、
肩を張らずに、深く考えず、単純に楽しむのには良いかも知れませんね!!

ラスト、劇場内のあちらこちらで失笑がありました。大笑い大笑い






Last updated  2008.04.24 23:52:32
コメント(16) | コメントを書く
2007.09.26
カテゴリ:映画 な行
ナイル殺人事件


今頃『ナイル殺人事件』?って思われる方が多いと思います。
実はこの作品で、ちょっと気になったことがあったんです。

私は”宅配DVDレンタル”を利用していて先日(ジョニ・デップ) で検索したところ
ジョニー作品の他に『ナイル殺人事件』もあって???でしたが・・・


出演 ピーター・ユスティノフ ミア・ファロー ジェーン・バーキン オリビア・ハッセー ジョージ・ケネディ ベティ・デイビス マギー・スミス アンジェラ・ランズベリー ジョニー・デップ レナ・オリン


出演者の中に確かにジョニーデッブ?まさか?聞いた事がない?
でもエキストラで出演してた???

調べてみると1978年の作品だった!!

たしかブログ友達のマリーさんもその様な事を言ってたなぁ~?
15歳だから、まだデビューもしてないはずだと・・・。

確かにやっぱりありえない。でも一応確かめて見ようっと。。。
目を皿のようにして見たけどやっぱり、見つけられなかった大笑い
そこで問い合わせてみた。

返事がきました

弊社で確認いたしましたところ、「ナイル殺人事件」には、「ジョニー・デップ」が出演していない作品でございました。 「ナイル殺人事件」の記載表記につきまして誤りでございました。大変申し訳ございません。 このタイトルにつきましては、若干お時間がかかるとは思いますが修正させて頂きたいと存じます。また、今回のようにお気づきの点がございましたらご連絡いただけますと幸いと存じます。

あはは大笑い大笑い・・・やっぱり・・・!!
レナ・オリン も出てないよね!?



折角だから一応感想を一言。


ジャンル 洋画ドラマ

収録時間 145分
字幕 日本語
レンタル開始日 2007/03/04
監督 ジョン・ギラーミン ロマン・ポランスキー
製作 ジョン・ブラボーン
脚本 アンソニー・シェーファー
原作 アガサ・クリスティ
撮影 ジャック・カーディフ
音楽 ニーノ・ロータ

出演
ピーター・ユスティノフ(ポアロ)
ミア・ファロー(ジャクリーン)
ロイス・チャイルズ(リネット)
ジェーン・バーキン
オリビア・ハッセー
ジョージ・ケネディ
ベティ・デイビス
マギー・スミス
アンジェラ・ランズベリー


解説

「オリエント急行殺人事件」に続きオールスター・キャストで映画化されたアガサ・クリスティのミステリ。原作は『ナイルに死す』。美貌と聡明さを兼ね備えた上、つい最近莫大な遺産を相続したリネット・リッジウェイは、親友ジャクリーンの婚約者と突然婚約をし、人目を避けてエジプトへハネムーンに旅立った。しかし豪華客船カルナーク号には、彼女に何らかの利害関係や遺恨、ないし敵意を抱いている者たちが勢揃いしていた……。Yahoo映画より


ストーリー

莫大な遺産を相続した令嬢リネット(ロイス・チャイルズ)は、親友ジャクリーン(ミア・ファロー)の恋人(サイモン・マッコーキンデール)と結婚し、新婚旅行でナイル川を豪華客船で下っていた最中、何者かに殺害された。かくして、偶然船に乗り合わせていた名探偵エルキュール・ポワロ(ピーター・ユスティノフ)の推理が始まる。



エジプトのピラミッドやスフィンクスなど観光名所を見る事が出来、
役者もそれぞれ個性的で中々面白い。ピラミッドって外壁を登る事が出来るんですね?
ポアロが仮設をたてて、それぞれが犯人の可能性があるというのも面白い。
犯人の計画が、安易過ぎて、え~って思った。そんなんで、殺人をする
??








Last updated  2007.09.27 00:59:34
コメント(13) | コメントを書く
2006.06.04
カテゴリ:映画 な行
ナイロビの蜂(上) ナイロビの蜂(下) 原作 ジョン・ル・カレ(集英社文庫刊)ナイロビの蜂 オリジナル・サウンドトラック【送料無料】

『ナイロビの蜂』公式サイト

監督:フェルナンド・メイレレス
製作:サイモン・チャニング=ウィリアムズ
脚本:ジェフリー・ケイン
音楽:アルベルト・イグレシアス

ジャスティン・クエイル:レイフ・ファインズ
テッサ・クエイル:レイチェル・ワイズ

『ナイロビの蜂』パンフレットより

テッサのモデルとなった、実在の情熱的な女性活動家
イヴェット・ピアパリオ
1999年60歳で交通事故で亡くなってる。
当時、彼女は国際難民救済協会の代表を務めていた。
その仕事に就いたのは、故郷フランスからプノンペンへ向った19歳の時だ。
原作者のル・カレは「ピアパリオは女である事を利用した手段、強気の激論など、あらゆる手を駆使して相手を説得しようとする人物だった。しかし、それはすべて、飢える人々への食べ物と資金、病める者たちへの薬、ホームレスの為のシェルター、無国籍者への国籍取得の為だった。私の小説のテッサは、年齢、仕事、国籍、育ち、全てピアパリオとは異なる。しかしテッサのアフリカ貧民への、特に女性へのこだわりは、ピアパリオを意識したものだ」

きっかけは、妻の死。
だどり着いたのは、妻の愛。


テッサの足跡
「もっと私を探求して」
「あなたといると安心なの」
「いいえ、伝統を重んじてきたわ」
「”私の仕事に干渉しない”と言う約束だったわ。
 仕事が私よ。仕事をやめたら私は無意味な存在になるわ」
「行ってくるわ」

ナイロビ2.jpgナイロビ3.jpg

地の果てで、やっと君に帰る。

ジャスティンの足跡
「まだお互いをよく知らない」
「6歳の頃から君は革命に生きてたろ?」
「僕は彼女を裏切った、彼女を疑ったから」
「君の人生に干渉などしない」
「何も止めたりしない」
「じゃ2日後に」
「僕には帰る家がない。テッサが家だった」
「君の事を聞きにくるだろう。どこへ向ったか」
「彼はわかるはずだ。テッサと同じ道だから」

ナイロビ.jpg

「君の秘密がわかったよ。君の事が理解できた。
家に帰るよ、きみのもとへ」


ナイロビ1.jpg


ガーディニングが好きな優しい外交官の夫ジャスティン、幸薄い人達の為に、わが身を削ってでも力になろうとする情熱的で活動家の妻テッサ。
妻の死に隠された真実を探っていくうちに、自分の無知を知り妻と同じ道を辿ろうと決意する。
その先は危険だと解っていても・・・
愛とサスペンス、経済社会の権力、色々考えさせられた映画でした。

飛行機で逃走しようとした時の、
”例外”を作ってはダメだ!!と言う、パイロットの言葉も解る。
今直ぐに助けなければ、命がどうこうと言うわけではない。
その様な助けを必要としている人は沢山いる。
でも、今、目の前に助けを求めてる人がいたとしたら・・・
この時のジャスティンのとった行動も理解できる・・・
その二人の口論を聞いていた黒人の少年がとった行動に、胸が・・痛くなった・・。






Last updated  2006.06.04 17:40:55
コメント(15) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1

PR

Profile


にくきゅ〜う★

Free Space

Comments

ベーコン@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) ■映画の絵柄 映画の絵柄に関してもスタッ…
ベーコン@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) 長文な上に制作スタッフや原作者の裏話も…
絶太わー@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) 原作絵本は実際に読んでないので何とも言…
沖縄 島袋@ Re:【樺太1945年夏 氷雪の門】★二木てるみ(08/06) 管理人様始めました。沖縄の島袋と申しま…
みすず@ ありがとうございました^^ 今年は大変お世話になりました! 来年も…

Favorite Blog

MAしゃまの独り言(… MAしゃまさん
pure breath★マリー… マリーmypinkさん
Cinema Collection ひろちゃん★510さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん
あ!CINEMA 365 DAYs ラブ☆シネマさん
かいコ。の気ままに… かいコ。さん

Freepage List

Category

Rakuten Ranking

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.