337155 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

♪ツイてる!

2010.09.14
XML
カテゴリ:♪ツイてる!

今日は、日本国の総理大臣を決める民主党代表選挙の有った大事な一日でしたが、僕の人生にはそれ以上の引き寄せが有ったので、今日の日誌には菅さんの事なんかスルーです(笑

凄い引き寄せというのは、憧れのMacBook Proの契約が成立したのです!

Mac
どのくらい憧れていたかというと、このブログを開設した2005年にまで遡ります。Windowsパソコンしか使用した事が無かった当時の僕は、出先でもブログの更新を出来るようにとモバイル・ノートPCの最高峰を入手したのでした。それはPanasonic レッツ・ノートR4。
その利便性と耐久性の良さはトップクラスで、5年経った今でもメインで利用しています。Windowsパソコンなら今でもレッツ・ノートをお勧めします。トラブルが無いから安心です。
わたくしのマシーンとして愛用し続けていましたが、それでもすぐにリンゴのステッカーを貼ってしまいました。↓
R4
“なんちゃってMacBook Pro”ですね! その位Macを使いたかったのです。
それでも、すんなりとMacに移行出来なかった理由は、Macが比較的高価だったのと新しく勉強しなおすのが億劫だったから。クリエーターでもなければMacは必要ないとも感じていましたからね。
しかし、スティーブ・ジョブズ氏が復帰して、音楽プレイヤーのipodを僕が利用するようになると、Appleに関する憧れが再沸騰してきたのです。なぜなら、そのソフトiTunesって直感的に使えるから。細かい設定はともかく、とりあえず音楽を取り込んでipodに転送して聞くという作業がマニュアルを読まずにも出来るのが素晴らしかった。パーソナルなコンピューターは そうでなくてはならない。ソフトの完成度よりも重要なもの、それは分かりやすさである。そしてトラブルが無い事。
製品とは直接の関連はないのですが、その創始者スティーブ・ジョブズ氏の人生にはノックアウトされましたね。
http://www.youtube.com/watch?v=qQDBaTIjY3s
良い製品を作る事は素晴らしいことです。でも、それ以上に素敵なものは、感動を伝える事です。松下政経塾の松下幸之助氏や、京セラの稲盛和夫氏も理念を日本の電気機器メーカーも経営者は分かっていないから敗退しているのです。今日のお飯の事しか考えていないからOSは出せなくなるし、韓国のサムスンにも負けるのです。儲ける事よりも消費者が喜ぶ姿を想像して欲しい。その姿勢がMacにはあります。
消費者は それを利用する喜びを求めているのであり、経営者を儲けさせて嬉しく思う消費者なんかいないのです。
(続く~)



横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to cayman450s@yahoo.co.jp






最終更新日  2010.09.14 22:20:27
コメント(6) | コメントを書く
2009.07.07
カテゴリ:♪ツイてる!

みなさん、こんばんは!

今夜は七夕ですが、今年はとびきり縁起が良さそうです。

カメのように先生のブログ「今日は七夕」をお読みください。↓
http://plaza.rakuten.co.jp/godkame/diary/200907070000/



織姫とひこ星が恋愛して 遊びほうけていたら怒られて引き離され

年に一度だけ天の川を渡って会えるのですが、

今夜は天気が良くて良かったですね ♪



博学研究家 横尾けいすけ Yokoo・D.B.Keisuke
mail to yokoo@mopera.net







最終更新日  2009.07.07 21:58:28
コメント(2) | コメントを書く
2009.04.15
カテゴリ:♪ツイてる!

4月15日は僕の誕生日でした。

お客様にも祝って頂きました。ありがとうございます。

ミクシーの友人もお祝いのメールをくれました。ありがとう。

今日から43歳です。

誕生日って、とても個人的なイベントです。

43歳位になると、誕生日なんかどうでもよくなりますね。

かえって嫌な気分になったりします。

僕もここ数十年、誕生日を重荷に思っていました。「また歳を取ってしまった(汗」


でも、今回の誕生日から考えを変えました。

毎年毎年、体力は衰えますが、経験と知力と人間性は登り続ける事ができるのです。

困難になるのは体力的な事だけで、他の事は魅力的に高等に新しい次元に行くことが出来るのです。



最期の時が最高潮の人は素晴らしいと思います。

緒方拳さんがそのひとりだと思います。

彼はその俳優人生を通じて輝いていましたが、最期の瞬間に絶頂を極めました。

さすがです。



博学研究家 横尾けいすけ Yokoo・D.B.Keisuke
mail to yokoo@mopera.net







最終更新日  2009.04.16 07:22:05
コメント(8) | コメントを書く
2008.07.29
カテゴリ:♪ツイてる!

今日の休日は、サマージャンボ宝くじを買いに、
西銀座デパートチャンスセンターへ。
新職場の平原院長から教わったのですが、ここは日本で最も多くの年末ジャンボ1等を出すとのこと。

チャンスセンター
EOS 5D+EF50mm f1.2L F8.0(1/30秒) -1/2補正 ISO400

平日でも相当並んでいますね。
手前左のカップルがイチャついているのは無視ということで、
ここは縁起が良いのです。
よく当たるから、よく売れる。
よく売れるから、またよく当たる。
この連鎖なのです。

数学的には「沢山売れば沢山当たるのは当然だろ」なのですが、
人生、上げ潮に寄る事も大切です。
わたくしもここで10枚買いました。
ついに、来るか!


博学研究家 横尾けいすけ Yokoo・D.B.Keisuke
yokoo@mopera.net

本日の歩行: 14943歩 12.1km







最終更新日  2008.07.30 00:03:59
コメント(6) | コメントを書く
2008.07.11
カテゴリ:♪ツイてる!

あなたは、“脱皮”をしたことが有るでしょうか。
昆虫が成長過程で行う身体的脱皮では、もちろんありません。

思考の脱皮です。

人は身体を抜本的に変化させることは出来ませんが、考え方の大革命は出来るのです。


先日、カメのように先生のblogに、何気ないコメントを記入させていただきました。
そしたら、カメのように先生は・・・
脱皮しちゃいました!

わたくしが記載したのは 「汗ばむのを嫌わないで下さい」 というメッセージでした。
読んでみて下さい。↓
「人間は一瞬で変われるか?」
http://plaza.rakuten.co.jp/godkame/diary/200807100000/


「つまり、発想の転換ですね」などと短絡的に要旨をまとめないで、何度か読んで、後で思い返してみてください。

一般的に、大人になっていったり、経験が増えたり、実力が認められたりすると、人は頭が硬くなり脱皮出来なくなります。
若い人の無謀さが時々魅力的に感じるのは、脱皮するパゥワーがあるからです。
老いると脱皮できない人が増えてきます。
いや、脱皮出来ないようになることが、老化なのかもしれません。

さあ今、あなたも是非!



博学研究家 横尾けいすけ Yokoo・D.B.Keisuke
yokoo@mopera.net

本日の歩行:12340歩 10.0km







最終更新日  2008.07.12 06:58:58
コメント(6) | コメントを書く
2008.06.29
カテゴリ:♪ツイてる!

先週の日誌「写真の観かた」では、“イメージしてください”だの、少し気取り過ぎましたね。
要するに、そうした方が芸術性を楽しめ、心が豊かになるという話しなのですが、暗示的な文面が過ぎたかもしれません。

それでも、コメントを頂けた方々、そしてそれ以外の方にも、伝わったようで嬉しいです。
その方からは今回コメントを頂けませんでしたが、なんと自身の日誌の表題に、
“考えるな、感じるんだ。”と記載してくれました。

粋なことしますね!

そのとおりで、芸術とか感動は「考える」ものではなく、「感じる」ものです。
綺麗な風景を見て、最初に「なぜ美しいのか」と考えても、あまり意味がありません。
まずは、ただ感じることが重要です。それを分析する事はその次のセッションです。
その順番を守ることは大切です。なぜなら、それこそが人間らしい思考だからです。
例えば、純真な子どもは、その表現は幼稚かもしれませんが、まず「感じる」ありきです。
私は、飛鳥時代の人はとても多感であったと思いますが、おそらく彼らもまず感じたことでしょう。

さて、その後に、分析して自分の糧にすることも大切です。
それが芸術や感動以外の局面であっても、その方が良い発想方法が有ります。

例えば、
インディアナ・ジョーンズという考古学者は、大冒険を繰り返し、数十回の絶体絶命な場面に出くわしますが、死なずに生きています。
なぜでしょう?

「映画の主役だから」・・・そうなのですがここで言いたい事は違います。
「ツイてるから」・・・いえいえ、映画をよく観るとジョーンズは決してツイているとはいえませんよ。

答えは明日です。

ヒントは、絶体絶命のシーンで、もしくはこれから大冒険に行こうとする大学の校内のシーンで、彼がいつもどうしていたかを思い出してください。


博学研究家 横尾けいすけ Yokoo・D.B.Keisuke
yokoo@mopera.net

本日の歩行: 12394歩 10.0km






最終更新日  2008.06.30 01:02:07
コメント(2) | コメントを書く
2008.06.21
カテゴリ:♪ツイてる!
今日は劇団 室生春カンパニーの公演を観て来ました。

『バリュキュラの鈴』作・音楽・演出 室生春

先週解散してしまった町田の整骨院に、ここの劇団員さん2名が二年程前から受診してくれていたのです。
つまり、リピーターさんですね。
何度か公演のチラシも頂いていたのですが、観に行く事なく整骨院の方が終わってしまいました。(泣

今までなんで観に行かなかったかというのは、後で述べますが、
今回は1ヶ月程前から観覧を計画していました。
それは、匂ったからです。
あえて、今回の役名で紹介しますが、北川トオルと安雲野ナミは、二年前は劇団員ではなく、準劇団員でした。
他の団員の方もそうかもしれませんが、入門したてのトオルとナミは二年間モチベーションを絶やす事なく、毎日毎日歩み続けていました。
芝居を観なくても、その人と会うと雰囲気で伝わります。
特に、ナミが先月受診された時には、大きなパゥワーを感じました。
(何時ものように本人は、ほぐされながら寝ていましたが、)

自己実現へと突き進む人は素敵です。魅力というオーラを感じます。

この劇団では、演劇の練習の他、合宿をしたり、筋肉トレーニングを常時しているようです。
合宿!? 筋トレ!?という感じですが、今日の公演を観て必要性を理解しました。
精神性、体力、そしてあらゆる面に於いて、底上げしないと、
人は自己実現しないのです。
あらゆる面でチャレンジャーでないと、チャンスは訪れません。
トオルとナミは二年間、あらゆる面で底上げ的に努力しました。
だから、今回、自分にピッタリの役を室生春先生から与えられたのです。
トオルという役、ナミという役は、あなたにしか演じられないものだと感じました。
チャンス・ゲッターですね。

今後とも、いろんな事を学んで、頑張ってください!
期待しています!

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

初めて訪ねた阿佐ヶ谷の商店街に、変わったラーメン店を発見!


阿佐ヶ谷スターロードのラーメン店
Nikon COOLPIX P5000 焦点距離12.9 mm F3.5 1/60秒ISO64
この“看板”は、目を引きますね。ヤラレました。
不覚にもお腹の具合がよくなくて入りませんでしたが、
写真ネタをありがとうございます。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪


p.s. 何故、今まで彼らの公演を観に行かなかったかというと、
「観に来て!」と言われなかったから、それだけです。
自信が無いうちは「観に来て!」も言えないものです。
これからは、是非、自分に自信を持って、公演の誘いをしてください。
ワクワクしながら待ってまーす。


博学研究家 横尾けいすけ Yokoo・D.B.Keisuke
yokoo@mopera.net

本日の歩行: 12552歩 10.2km







最終更新日  2008.06.21 22:00:34
コメント(8) | コメントを書く
2008.06.06
カテゴリ:♪ツイてる!

馴染みの居酒屋に行ったら、巨人対ロッテが中継されていました。
延長10回です。緊張しますね。
イヤリングの目立つ黒人のピッチャーがバシッっと治め、10回裏へ。
ジャイアンツの原監督も代打を使い尽くしたのでしょうか、無名の加治前という五分刈り君が出てきました。
なんと、プロ初打席!しかも金曜の満員東京ドーム。
フツウ、緊張を極める場面ですが、五分刈り加治前はフツウではありませんでした。
新人ながら、まったく自信に満ちた目つきでした。
まるで、メジャーに行った松井やイチローと同じ位、自分に自信を持った眼力です。

何が彼をそうさせたのか分かりませんが、
結果は、サヨナラ ホームランです。
えぇー! 原さんもビックリ。

ロッテのピッチャーとキャッチャーは、この若僧に完全に呑まれてしまいました。

高度な自信は、パゥワーなのです。
ヒーロー誕生です。

しかもこのヒーローは天然ボケが期待できそう。
五分刈り加治前がトレンドです!


博学研究家 横尾けいすけ Yokoo・D.B.Keisuke
yokoo@mopera.net







最終更新日  2008.06.06 23:22:54
コメント(3) | コメントを書く
2008.04.20
カテゴリ:♪ツイてる!
08/4/13 Yukiko@VUENOS
EOS 5D+EF50mm f/1.2L 1/20秒 F1.4露出補正-1/2 ISO 1600
2008/4/13 @VUENOS

ついに、本日、Yukikoさんはロンドンに旅立ちます。
昨日、出発の準備で忙しい中、受診頂けましたが、チャレンジャーを目の当たりにするのは刺激的です。

わたくし自身もチャレンジャーとして、新たにふたつの目標がまとまりました。
明日から記載していきます。

「思考(イメージ)は、現実となる。」
「それを記載すると、さらに強くなる。」
個別指導塾 スクールIE 前原駅前校を運営されている、(カメ)先生から教わりました。

Yukikoさんは5月下旬には一時帰国し、三年間の英国ダンス留学のために再準備をされます。
計画性が有りますね。

向こうでは、日本で有り得ないような事も経験するかもしれません。
黄色人種に対する差別の事です。
でも、そんなマイナスなイメージを持っていると現実化されてしまい、本当に起こってしまいます。
相手に対して、「ありがとう」「感謝します」
そして小さなハッピーにも「ツイてる!」
三つの言葉を発言し続ける事で、
CHANCEは必ず訪れます。


博学研究家 横尾けいすけ Yokoo・D.B.Keisuke
yokoo@mopera.net







最終更新日  2008.04.20 05:45:13
コメント(6) | コメントを書く
2008.04.17
カテゴリ:♪ツイてる!
新しい学校に入学、就職、進級、再就職。
転勤、引越し、ジューンブライトに向けて新家庭計画。
みんな、チャレンジャーな春です。
また、先日の日誌でも述べましたが、裏方のチャレンジャーも居ます。
私のような受診者の健康を応援する者、MC、学業の先生。
これもチャレンジャーです。
受験生を支える親御さんも、闘病している方もチャレンジャーです。
100歳になり市長から賞状を贈られた人も、少女に告白した少年もチャレンジャーです。

毎日、チャレンジ出来る事を健全な若さと言い、
「どうせ・・・」と言ってしまい、可能性という火種を消してしまうことが老いなのだと思います。


博学研究家 横尾けいすけ Yokoo・D.B.Keisuke
yokoo@mopera.net







最終更新日  2008.04.17 23:13:25
コメント(4) | コメントを書く

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

PR

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.