書肆アクセス半畳日録

フリーページ

2006年04月01日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 今日は桜日より。すごいっすよ!千鳥が淵。
 朝、センターへ向かうため市谷の外堀沿いを飯田橋方面に歩いてゆくと、お花見の場所鳥人が。広いビニールシートの上で厚着してポツポツと。みんな本を読まれているのがほほえましかったです。ありがとう。←って?

 さて、届いたばかりの新刊。まさに今日がぴったりな本。

 ●『酒 談別冊shikohin world alcohol』佐藤真編・たばこ総合研究センター刊・1575円・ISBN4-924349-09-7
 →表紙、裏表紙は浅生ハルミンさん。すてーき!
 「人が生きてゆくために必ずしも必要とされないけども、生活に潤いを与え、コミュニケーションの潤滑油となってくれる、ゆかしきモノ「嗜好品」をテーマに「コーヒー」「たばこ」を取り上げてきましたが、いよいよ今回「酒」の登場です。」まえがきより

 酒のもつ様々な側面、醗酵、蒸留という製造技術、「食」との関わりといった文化的側面、神事、宗教、政治学…「酔い」の哲学、…。

 アルコールを含んだ飲みものすべてを「酒」とし多面的な切り口で専門家が寄稿しています。面白い!イチオシでしょう。

 【主要目次】
「アルコオロジィ…〔酩酊〕の哲理」〔インタビュー〕山崎正和/〔対談〕鷲田清一×茂木健一郎/高田公理/楠見千鶴子/山内志朗/澤野雅樹/田之倉稔

 「酒のフードロジー…食と風土の詩学」〔対談〕玉村豊男×堀口俊英/福田育弘/鳥海基樹/〔ルポ〕小布施 斎藤夕子

 「醸造のテクネ」〔ルポ〕高千代酒蔵 遠藤哲夫/〔インタビュー〕小泉武夫

 「酒のカルチュラル・スタディーズ」青木隆浩/毛利嘉孝/遠藤哲夫・

 「味覚、複雑性としての酒」〔インタビュー〕伏木亨/宮地英敏/杉村昌昭

  書物のフィールドワーク

 読むぜっ!






最終更新日  2006年04月01日 12時20分09秒
コメント(1) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 小泉武夫   坂東太郎G さん
今回こちらのtitleです。
もしよろしかったらaccessしてみてください。


(2021年10月30日 10時48分46秒)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ジサブロウ

お気に入りブログ

CASA DE SATCH UMINO SATCH UMINOさん
好きなもの/こと@… 大和屋みつひめさん

コメント新着

 坂東太郎G@ 小泉武夫 今回こちらのtitleです。 もしよろしかっ…
 背番号のないエース0829@ R対馬丸 「外間邦子」に上記の内容について、記載…
 http://buycialisky.com/@ Re:『水俣病50年 報道写真集』熊本日日新聞社編集局編・刊(12/26) wo am besten cialis kaufencialis no per…
 http://buycialisky.com/@ Re:『東京かわら版 9月号』入荷!「志ん生まつり」開催。(08/25) cialis soft side effects in womencialis…

© Rakuten Group, Inc.