2838606 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

サイド自由欄

カレンダー

2024/01/29
XML
カテゴリ:会長日記
北陸地震の影響が報道されています。
地震国の日本に住んでいる限り、いつ、その地震や津波に合うか予想できません。
その時に、しっかりと対応できるようにしておくだけです。

私は、福知山の子供の時から、毎年、市の中心部が水害に合い、その惨状を忘れることはありません。
以後、83年間、いろんなことを体験しましたが、元旦早々にはびっくりです。

その能登半島地震の情報で、明るいニュースとして、被災した日本航空石川高校(輪島市)が、山梨県の系列校で練習していましたが、今春の選抜高校野球大会(4年ぶり3度目)に選ばれました。

今から13年前、平成23年に発生した東日本大震災の翌年の春、第84回選抜高校野球大会に21世紀枠で宮城・石巻工業高等学校が初出場した時のエピソードです。

前年、津波被害の影響でグラウンドにはヘドロがたまっていました。他校の野球部が大会へ向けてトレーニングに集中する中で、石巻工野球部のメンバーは、グラウンドを掃除しなければ練習ができませんでした。

こんなハンディを背負い、予期せぬ困難に遭遇すると、<なんでこんな目に遭うんだ>と憤り、恨み節を言いたい気持ちになるかもしれません。

しかし、メンバーたちは「最後まで諦めない」という言葉を合言葉にして、グラウンドの整備と練習に励んだのです。

主将を務めた阿部さんは、「笑顔にもこだわっていた。辛い時だからこそ、誰にもできる大事なことだから」と当時の心境を語っています。

選手宣誓では「感動、勇気、そして笑顔を。見せましょう日本の底力、絆を」と力強く宣言しました。不安でいることは、生活にマイナスの影響を及ぼしかねません。

自身の底力を信じて、平常心で乗り切りたいものです。

合掌





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024/01/29 01:01:21 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.