465955 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

『穴沢ジョージのアナザー・ホームページ』

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Comments

 穴沢ジョージ@ Re[1]:金門橋開通80周年(05/31) To 五黄の寅1950さん >・・・「9…
 五黄の寅1950@ Re:金門橋開通80周年(05/31) 兄さん こんにちは 「9500万人のポ…
 tougei1013@ Re:プチ英国特集~マージービート, Joe Meek など(05/01) もう梅雨ですか 長野は28度 夏日です…
 穴沢ジョージ@ Re[1]:女性特集 (国別対抗戦)(04/26) To NONOYAMASADAOさん >・・・この人、…

Freepage List

Favorite Blog

冷血 下 New! 幻泉館 主人さん

いちごがおいしい白… New! 夏見還さん

要件を満たしていま… New! lalameansさん

50%OFFだって! New! afugan(afu子)さん

戻り梅雨? New! メンターさん

fairy
Rogers1
musicnote3georgemusicnote3

かつてごく一部で一世を風靡した伝説のコーラスバンド、The Three Georges(スリージョージズ) のドラマー、穴沢が魂込めて立ち上げたその名も『穴沢ジョージのアナザー・ホームページ』です。話題は主に60年代英米ポップスを中心に、British Beat, ネオアコ~ Jazz Vocal まで、何でもあり(でもないか?)!とりあえず自分の好きな音楽について、大いに語りましょう。なお、日記のタイトルに曲名が使ってあったとしても、その曲のレビューを書いているわけではありません。どちらかというと「思い出話」です。なお、ここを『ホームページ』と呼ぶのは、当初楽天さんがこのブログを「日記の書けるホームページ」としていたからですので、あしからず。


ichigo1
2017.07.19
XML
テーマ:60年代英国音楽
カテゴリ:60年代英国音楽

“Summer Holiday” by Cliff Richard 1963

 

 今年のウィンブルドンは、女子が期待のムグルッサ、男子が本命のフェデラーで決まりましたね。女子決勝の行われた7月15日の “穴沢ジョージの Good Old Music” では、毎年恒例の「英国特集」を行いました。リクエスト曲もありましたので、「丸ごと英国特集」というわけには行きませんでしたが、「プチ英国特集」をやらせてもらいました。

 1. サマーホリデイ (クリフ・リチャード)  . アパッチ (シャドウズ)   . 星に願いを (リンダ・ロンシュタット)  . 素敵な貴方 (アンドリューズ・シスターズ)   . 渚のボードウォーク (ドリフターズ)  . 鉄道員のテーマ (サウンドトラック)  . 朝日のあたる家 (アニマルズ)   8. Kansas City / Hey Hey Hey (ビートルズ)  9. Little Miss Lonely (ヘレン・シャピロ)  10. 帰り来ぬ青春 (ダスティ・スプリングフィールド)  11.You’ll Never Walk Alone (Gerry and the Pacemakers)   

 4.~8.がリクエスト曲。4.ナナマルサンさん。5.座波ソーメンさん。6.さくらさん。7.ミスターコーラさん。8.シュガーさん。

 1.~3.と9.~11.が穴沢選曲。1.&2.今週の夏の曲はクリフとシャドウズの2曲。3.はこの日誕生日のリンダ・ロンシュタットがジャズボーカルを歌ったアルバムから。Happy Birthday! 。9.~11.英国女性ボーカル&リバプールサウンド。

 プチ英国特集は、1.~3.と7~11.の全8曲でした。11.は、30年前にロンドンで世話になった I 君夫妻と、病気と闘っているお嬢さんの愛(仮名)ちゃんに捧げます。

 以上、次回も “穴沢ジョージの Good Old Music” よろしくお願いします。

 

     **********

 ウィンブルドンに合わせて毎年恒例となった「英国特集」を今年もラジオでやろうと思っていたのですが、きちんとした告知をしなかったので、今年は中途半端になってしまいました。

 とはいうものの、しょっちゅう何かにつけ「英国特集」やっていますので、今更どうということでもないですけど、毎年この時期には何かそわそわしてしまいます。

 ちょうど30年前の今頃、ロンドンに行ったんですよね。多分その時のことと重なって、七月→ ウィンブルドン→ロンドン→1987年7月初めての英国訪問。という具合に、瞬時に連想が働くのでしょう。

 今までも、いくつかロンドン滞在中のことを書いているけれど、リッチモンドの I 君夫妻のことはあまり書かなかったなあ。本当に世話になったのに。

 そもそもは、僕の妻と I 君の奥さん A 美さんが高校時代の同級生で、 I 君の仕事でロンドンに夫婦で住んでいたので、色々教えてもらったりしようとあらかじめ連絡はとっていた。

 でも、何度もしつこいようだけど、本当に世話になったっけ。

 具体的に書き出すと終わらないので、また徐々に思い出しながら書こうと思う。とりあえず一つずつ。

 A 美さんでよく覚えているのが、ワインのラベル。ワイン好きのA 美さんは、飲んだワインのラベルをスクラップブックに貼って楽しんでいた。 I 君で思い出すのが、マニアックな音楽の趣味。これはロンドン時代に始まって、帰国後にさらに磨きがかかっていたなあ。今はどうなんだろう。

 そういえば、帰国してからお二人が僕らに会いに来てくれた時に、 I 君が大事そうに持って来てくれた川上音二郎の CD を僕は預かったまま大切に保管しているんだけれど、あまりにも大切にしまってあるので、どこに入れたか記憶が飛んでしまった。今度部屋の片付けをする時に確認しておこう。

 そのお二人が僕らに会いに来てくれた時、二人にできた可愛い娘を連れて来た。

 まだ1歳くらいだったのに、本当に可愛い子だった。

 その愛娘、愛(仮名)ちゃんが大きな病気を患ったとの知らせがあってから、何年かの間は音信が途絶えた。僕自身も病気になったので、本当に心配で他人事ではなかった。

 そして、つい先日、その後の経過が良好でずいぶん回復していると判明。大変ホッとしました。

 愛(仮名)ちゃん、そして I 君も A 美さんも、良かったね。これからも大変だろうけど、お大事にね。お互い、ゆっくりやろうね。

 時間ができたら、遊びに来てください。
  You’ll Never Walk Alone (Gerry and the Pacemakers)

 

     **********

 昨夜、いきなり停電がありました。

 うちのあたりは台風の時などよく停電するので、慣れているはずなんだけど、とにかく唐突に起こった停電だったので、ちょっと焦りました。

 ブレーカーの落ちる音もしなかったし、他の家はどうなんだろうと、外に出てみてびっくり。

 あたりは真っ暗闇で、普段から星が綺麗なところに、停電で街灯なども消えているもんだから、無数の星が文字通り降るようでした。

 20分ほどで復旧しましたが、思わぬ天体ショウを見せていただきました。沖縄電力さん、ありがとう。でも、いきなりは驚いてしまうから、今度は予告してください。







Last updated  2017.07.19 13:26:19
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.