Welcome to Alleluja's Blog

コメント新着

Mi chiamano Alleluja@ Re[1]:オーストラリア盤(1) 駅馬車の男(05/27) New! メシアンさん 本国、スペインのTV放映版も…
メシアン@ Re:US盤Blu-ray 「サンセバスチャンの攻防」 (1968年 仏・伊・墨・米)(09/07) New! 「ワーナーアーカイブ・コレクション」から…
メシアン@ Re:オーストラリア盤(1) 駅馬車の男(05/27) ユーチューブに紹介されたバージョンは残…
メシアン@ Re:【続報】国内盤Blu-Ray 「真昼の用心棒」 8/30発売予定(08/05) 台湾や韓国製のDVDに関しては全容は不明で…

バックナンバー

2022.08
2022.07
2022.06
2022.05
・2022.04
2022.03
2022.02
・2022.01
・2021.12
・2021.11

カレンダー

2022.02.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
このブログの更新が4ヶ月ぶりになってしまいました。Blu-Rayとかも発売済になっているのに、いつも注文しているshopから一向に"なしのつぶて"なので、問い合わせると、「もう取り扱いができない」みたいな回答があったりして、返金処理だなんだで、労力を取られたりしていました。
それ以外にもドイツのamazonはコロナの影響か、突然送料が高くなったり、他のshopも、ドイツのレーティング・システム FSK(年齢制限)の関係で、日本には発送できないとかという話になり、結局、このshopに頼らざるを得ないのですが...

そういった問題を経て、ようやく、昨年発売されたBlu-Rayがようやく入手できました。
(結局、「もう取り扱いができない」といっていたshopにしれーっと、同じものを注文したら、速攻で送ってきました。)

前振りが長くなってしまいましたが、今回紹介するのは、昨年の9月に発売された以下の作品のBlu-Rayです。

「神に許しを乞え...俺じゃなく」"Chiedi perdono a Dio... non a me"  1968年 イタリア

作品については、15年前の私の記事をご参照ください。
「神は許すかもしれない...しかし、俺は許したくない」


2つのパターンのジャケットデザインになっていて、本当は左のAが欲しかったのですが、何故か、上記shopでは右のBの方しか取り扱いがなく、止む無くBを買いました。

タイトル・クレジットは英語でした。


Blu-Rayの発売なので、画質には非常に期待していたのですが、やや緑っぽい色味が気になりました。




仕様としては、音声:ドイツ語、イタリア語、英語、字幕:ドイツ語、英語で、収録時間は90分です。
15年前の記事​で紹介しているオープニングとエンディングに年老いたチャマンゴが出てくるシーンは本編に含まれていません。但し、特典にそのカットされたシーンの映像が収録されています。
それ以外の特典として、32ページのブックレット、本作品に関するジョルジョ・アルディソンのインタビュー映像(存命していた2014年以前のもの)、


オーディオ・コメンタリー(マクシミリアン・ショルツとベネディクト・ウィルケン)、本作品及び過去に同社から発売されている「真昼の用心棒」、「ミネソタ無頼」、「皆殺しのジャンゴ/復讐の機関砲(ガトリングガン)」(あの珍妙な英語版の歌が流れる)、「新・さすらいの用心棒/ベン&チャーリー」の予告編が収録されています。

それ以外の画像は以下の通り。








一緒に届いたBlu-Ray、たまたま同じタイミングで届いたBlu-Rayに関しては、早めにレビューしますね。






最終更新日  2022.02.18 19:16:19
コメント(2) | コメントを書く


PR

プロフィール

Mi chiamano Alleluja

Mi chiamano Alleluja

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード


© Rakuten Group, Inc.