1793420 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Motor & Outdoor Journalist 安藤眞の         逆説的よろず考現学

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


安藤 眞

Favorite Blog

あんどうりす の … りす(*^ ^*)さん

Comments

安藤 眞@ Re[1]:誰も書かない高速道路ETC「もうひとつの問題点」(10/15) Meawさんへ  ご指摘をありがとうござい…
Meaw@ Re:誰も書かない高速道路ETC「もうひとつの問題点」(10/15) 10年以上前の記事ですが、ここで書かれて…
スポンサー降りてやろうか?@ Re:東名高速「あおり運転死傷事故」で、悪いのはあおり運転だけなのか?(12/07) 安藤様が大型免許を取得して、大型トラッ…
通りすがりの名無し@ Re:改めて書いておきたい「道路交通法第38条」の話。(09/30) 困ってしまうのは、歩行者側に「弱者優先…
優(ゆう)@ Re:クルマの運転免許試験にも「急制動」が必要ではないか、という話。(05/17) 死亡事故ワーストな県在住ですけど、10年…

Freepage List

Jun 5, 2019
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

みなさん、こんにちは。

 ここのところまた、「プリウスの事故が多い要因はこれだ!」みたいな動画がシェアされてくるのですが、どれも説得力に欠けるものばかりです​(シフトパターン要因説については、以前に書いたとおりです)​。

 というより、そもそも「プリウスは事故が多い」というのは事実なんでしょうか? 確かに、おおっぴらに報道される高齢者の事故では、第一当事者がプリウスであることが多いという印象はありますが、それを客観的に証明するエビデンスを、僕は見たことがありません。

 そこで、自動車保険の保険料率に注目してみました。保険適用実績≒過去の事故件数によって、保険料のランキングが1〜9の段階で変動するように設定されたもので、事故が少ないものほど小さい数字になっています。

 それを検索してみたところ、下記のサイトが見つかりました。

2018年版:自動車保険料率クラス一覧「新車販売ランキング50車と過去10年販売計216車


 これを見ると、プリウスの保険料率は、年式や事故形態に関わらず、大雑把に「5〜4」であることがわかります。すなわち「全モデルの中でもほぼ平均的」だということですね。これは「保険適用車」の統計なので、無保険車や軽微な事故で保険を使わなかったケースは含まれていませんが、プリウスを新車購入するような高齢ドライバーなら損害保険ぐらい入るでしょうし、人身事故なら警察への報告義務がありますから、「人身」については信頼性は高いと思います。

 一方で、レクサスLSやハイエースワゴンを見て下さい。計算するまでもなく、プリウスより大きな数字になっていることがわかります。でも、こういうクルマの事故が多いと騒がれないのは、どうしてなんでしょうか?(日産GT-Rやトヨタ86が低いのは意外でした)







Last updated  Jun 6, 2019 07:26:37 AM
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.