550499 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

☆.井 戸 の 底 ☆.:*゜☆.。.:*

☆.井 戸 の 底 ☆.:*゜☆.。.:*

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Free Space

☆☆ 診断メーカー ☆☆

frauleinneinの起源は『鏡』…
自身も気付かぬ二面性をもつ、だが確固たる自身も同時に内包する
『星』…夢や希望を与えるが同時に絶望をも知る、一度勇気を失えば、諦念に支配される

ずばり、指摘されたーーー しかし二面性については自分で気付いてる・・・以上に他人に気づかれてしまってる。


frauleinnein。最上級精霊 。若草の様な緑の髪をもち、服装はマタドール風で合わせ鏡の中に現れる。契約すれば炎の力の宿った石が授けられ、契約には流れ星のカケラが必要

どうやら、星と鏡がキーワードらしいマイPersonal・*:.。..。.:*・゜


frauleinnein の使える魔法
初級「動物と対話できる」中級「シールドを展開できる」上級「霊と対話できる」
最大魔法「対象を永遠の眠りにつかせる」究極魔法「あなたに究極魔法は使えません」

最大までの魔法力で充分じゃない?


frauleinnein用の詠唱です。

久遠の果てより来たる虚無 皆すべからく 玉座の下に集うべし
我は時の神と契約せし者 されば天主よ その時彼らを許したまえ 我が前に統べよ!

ごちそうさまっ!

--------------------

Comments

やすじ2004@ Re:休業(04/06) こんにちは!! 桜満開の便りが聞こえて…
frauleinnein@ Re[1]:お茶の御試し(02/08) 遅れ馳せながら、明けましておめでとうご…
大夫の監@ Re:お茶の御試し(02/08) 旧暦も新年に入りまして、明けましておめ…
frauleinnein@ 記事 修正 誤字訂正 法定☓→法廷◯ 法廷ミステリオタ…
frauleinnein@ Re[1]:manipuri(09/19) ウールとシルクの混紡でオールシーズン使…

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

2024.02.29
XML
カテゴリ:Mystery
女子大生ゾーイ・ノーランが失踪した事件を追う作家、イヴリン・ミッチェルのノンフィクション第2版が出版された。
編集者はイヴリンの知人の作家、ジョゼフ・ノックス。

本編にはゾーイの両親、双子の姉キンバリー、ゾーイの恋人その他の人々へのインタビューによる証言、SNSやメールのやり取りの情報、果ては事件関係者と思われる人物の写真までが公開されていた。

登場する面々の誰が真実を語っているのか、あるいは虚偽を騙っているのか。
何よりもゾーイは生きているのか。
ならば彼女は何処にどうしているのか。
その失踪の理由は..........

網羅された情報から、事件の真相を、読者は如何にして読み取ればいいのだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ネタバレあり
ってか、御親切にも帯が作品の解題になっている造本で、ここで思い切りネタバレている。



帯を見るまでもなく、この手の作風は、記述者(口述者?)から、全ての資料(情報)を信じてはならないのが今やお約束。
と、心して読んだがさっぱりですわ。
記述がウソだらけのとの疑念をもって読んだところで、真相がみえてくるはずもなく、それこそ作者の騙しのテクニックなのだから、うかうかと乗せられてはダメでしょう。
700ページ近い重厚長大かつ重層的な内容を、ラノベ風とも取れる文体で読ませてるのも曲者。
読みやすさにつられて流し読みして、伏線を見落としたりしがち。
かと思えば、余りの長さに読んでいて飽きてくるころに、事態が予想外の方向へ転んで興味が繋がるように仕掛けられているのは巧みだ。
転んだ先には、さらさらに意外な真相がまちうけているのだが。
真相への考察に関しては
双子の設定とくれば、〇〇入れ替えが常套手段という推測はほぼ当たった。
これまたもう一人のノックスの十戒なんて無視する、今どきのミステリあるある。

それにしても、容疑者死亡でさらにリドルストーリーへ導かれて、幕を閉じる結構とは。
事件は結局藪の中、真相不明のまま、苦労して読んだ挙句カタルシスのない不全感が残った。

読み手としては作者の大掛かりな欺瞞のテクニックに翻弄されて終わった。

作者が描きたかったのは、意外な犯人や動機やトリックではなく、物語の構造の意外性なのではないかというのが極私的な感想だ。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.02.29 13:21:41
コメント(0) | コメントを書く
[Mystery] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.