556862 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

☆.井 戸 の 底 ☆.:*゜☆.。.:*

☆.井 戸 の 底 ☆.:*゜☆.。.:*

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Free Space

☆☆ 診断メーカー ☆☆

frauleinneinの起源は『鏡』…
自身も気付かぬ二面性をもつ、だが確固たる自身も同時に内包する
『星』…夢や希望を与えるが同時に絶望をも知る、一度勇気を失えば、諦念に支配される

ずばり、指摘されたーーー しかし二面性については自分で気付いてる・・・以上に他人に気づかれてしまってる。


frauleinnein。最上級精霊 。若草の様な緑の髪をもち、服装はマタドール風で合わせ鏡の中に現れる。契約すれば炎の力の宿った石が授けられ、契約には流れ星のカケラが必要

どうやら、星と鏡がキーワードらしいマイPersonal・*:.。..。.:*・゜


frauleinnein の使える魔法
初級「動物と対話できる」中級「シールドを展開できる」上級「霊と対話できる」
最大魔法「対象を永遠の眠りにつかせる」究極魔法「あなたに究極魔法は使えません」

最大までの魔法力で充分じゃない?


frauleinnein用の詠唱です。

久遠の果てより来たる虚無 皆すべからく 玉座の下に集うべし
我は時の神と契約せし者 されば天主よ その時彼らを許したまえ 我が前に統べよ!

ごちそうさまっ!

--------------------

Comments

frauleinnein@ Re[1]:お茶の御試し(02/08) 遅れ馳せながら、明けましておめでとうご…
大夫の監@ Re:お茶の御試し(02/08) 旧暦も新年に入りまして、明けましておめ…
frauleinnein@ 記事 修正 誤字訂正 法定☓→法廷◯ 法廷ミステリオタ…
frauleinnein@ Re[1]:manipuri(09/19) ウールとシルクの混紡でオールシーズン使…
大夫の監@ Re:manipuri(09/19) おお。これは良いお品ですね。 バイクに乗…

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

2024.04.11
XML
カテゴリ:Mystery
フィンランド国家捜査局で特殊部隊を指揮するカリ・ヴァーラ警部は、術後の後遺症にもめげず超法規的に麻薬を取締まる日々を送っていた。
ある日、移民擁護派の政治家が殺害され、頭部が移民組織に届く事件が起こる。それを契機に報復殺人が続発。不穏な空気が急速にフィンランドを襲う。

というのが、帯の文のカリ・ヴァーラ警部シリーズ。
代一作「極夜」がとても良かったので、二作目を飛ばして三作目を読んだ。
ところが本作で前作とは作風が一変、カリが法でさばけぬ悪を仕置きするヒッサツナントカ人みたいになっちゃっていたのには、驚くというよりあきれた。
麻薬密売の黒幕の財産を盗んだり、ヤクの売人に暴力で制裁を加えたりなんて、共感が出来ない。
てか、カリの敵であれ味方であれ共感できないエグイキャラばかり。
ま、誰が敵か味方かわからないでストーリーを引っ張っていくのだが。
作者意識してこういう人物像を描いているのだろうか。此方の勝手な感じ方であろうけど、それも一つの疑問ではあった。
それに誰が黒幕で、誰が事件の実行役かは警察小説のお約束通りの設定で、本作に限らずここのところどうにかならないか。

と、いろいろ難癖をつけてみたが
ある程度物語の裏が見えても、ハラハラドキドキ感は十分で、最後までページをめくる手は止まらない。
フィンランド社会が抱える特異な政治事情、歴史的背景も私にとってはトリビアで興味津々。
移民問題と人種差別問題を据えたフィンランドを舞台にしなければ描けない物語をアメリカ人が描いたことには関心。
ただ、描き切る前に死んだのが残念。
いや、描き切ったかどうかは最終作(遺作)を読まないとわからない。







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.04.11 00:00:13
コメント(0) | コメントを書く
[Mystery] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.