000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

空と猫と、海と犬と、風と馬と

PR

Free Space

大きな馬たちに残された数少ない居場所
ばん馬をよろしく!

+被災地の若者・学生支援+
東日本大震災クリック募金

んだ、東北さ行くべ


がんばれ地方競馬!
地方競馬 応援






地域活性化プロジェクト

動物たちの生存権を擁護

Profile


blackberry2

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Freepage List

2016.12.13
XML

宮城県の国営みちのく杜の湖畔公園で10/16まで開催されていた
「コスモス&コキア de COKOフェスタ2016」。


ポコポコ居並ぶ紅色のコキア、和名はホウキグサ。
昔は茶色くなった茎を乾燥させて箒を作っていたとか。
その実は畑のキャビアとも言われる「とんぶり」。
こんなに愛らしいんだもの、来年はコキアの種を蒔いてみようかな。


みちのく公園 コキア


10/16「ふるさと村 田んぼ」で行われる「馬耕の実演」に
遠野の新燕号が赴くことをひろ子さんに確認してもらい、
JALダイナミックパッケージとJALふるさと応援割を活用し
お得に札幌(新千歳)⇔仙台1泊の旅へ。


みちのく公園のどこかで待機しているはずの馬に挨拶したく
勘だけを頼りにウロウロするも、
287haという広大さの前にくじけかけたその時、
前を歩いていた小さな女の子が「大きな馬を見に行くの!」
と言っておばあちゃんの手を引っ張った。
「大きな馬なんてどこで見たの?どこにもいないから戻りましょう」
とおばあちゃんがなだめても頑として「馬を見に行く!」
と言い張る女の子に便乗して、
「オバサンも馬を探しているの。どこで見たの?」
と聞いてみた。
小さな手が指し示すのは「南会津の家」の向こう。
おばあちゃんと「こんな所に馬がいるのかしらねぇ」と話しながら
道に沿って「南会津の家」を回り込むと、

いたっ!

「鼻先にワラくずが付いていたっていいじゃないか、馬だもの」
遠野 新燕号


どうして小さな女の子が馬の待機場所を知っていたのか。
おばあちゃんの推理によると、
この少し前お父さんに連れられてお散歩した時に大きな馬を見て、
その場所を覚えていたのじゃないか、
ということでした。


君を撮るといつも何枚か鼻デカ写真。

鼻デカ写真


なかなか上手く写せない瞳。

馬の目


いざ馬耕へ!

古民家と馬


驚く家族連れを尻目に、稲刈りが終わった「ふゆみずたんぼ」へ入り

みちのく公園 馬耕


昔の農作業を説明したパネルの中の"犂(すき)ばこう"を再現。

馬耕


馬耕


ふゆみずたんぼ


土が気持ち良さそうにでんぐり返ります。
馬耕 みちのく公園


ふゆみずたんぼで収穫された稲は「はさがけ」に。
はさがけ


「あんちゃん、 ウェイク  農耕馬だよ」
馬と子供


ふるさと村に岩手県遠野市小友町の南部曲り屋(菊池家)を
移築した「遠野の家」。

南部曲り屋 菊池家

見事な茅葺き。
茅葺(かやぶき)


絵馬

馬の餌を煮たりあたためたりする「馬釜」かと。
馬釜


「少しは手伝え」
馬耕


お父さんとひと休み・・・
馬とひと休み


馬の変顔。
馬の変顔


「そこのけ!」
馬のどや顔

道草1=萩の葉っぱ
馬は萩の葉が好き

道草2=岩間くんと
道草を食う馬

道草3=女の子と
馬と子供


秋の日傾く 土返る
農耕馬


泥を洗い流してもらったら、
馬を洗う


遠野へと帰ります。
馬運車


また会えるかな。
馬運車 Horse trailer


また会いたいな。

みちのく公園 コキア Kochia







Last updated  2016.12.14 01:22:31



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.