5546689 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

玩具道楽・・・三昧

全102件 (102件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 11 >

GUN具(マルシン-Model Gun)

2012.07.08
XML
テーマ:GUNの世界(2315)
昨日に引き続きコマンダーMTの調整を継続。
といってもジャンクボックスからアシストSPに使えそうな強めのSPを捜して既存のSPと交換しただけなんですけどね。

一応各部のポリッシュアップと、チャンバーの軽いボアアップもやりましたが、こちらは気休め程度の効果しかないと思います。

組み上げて再度実射!
何とか1マガジンはノートラブルで撃てましたが、映像をとった2マガジン目は最終弾が閉鎖不良!

前進したけどもう少しだな~

↓映像一応UPしました
http://youtu.be/fhSO0dl7q1w

今日はここまで!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング







最終更新日  2018.07.23 12:38:02
コメント(4) | コメントを書く
2012.07.07
テーマ:GUNの世界(2315)
本日発火を決行しました。
結果からいうと失敗です。

27発撃って不発はゼロ
なんですが、毎回スライドが不完全閉鎖。
ちょうどショートリコイルしてバレルが落ち込み辺りでスライドが毎回止まってしまうので、発火の度ににスライドを押し込まないと次弾が発火出来ません。

要はシングルショットのBLK状態ということです。
考えられるのは、デトネーターのOリングの抵抗が強いので、それがスライドの完全閉鎖の妨げになっているのと思われます。

対処としては
(1)チャンバー内をいま一度磨いて、気持ちボアアップ
(2)バレルリンク部を含め、各部抵抗箇所のポリッシュアップ
(3)リコイルSPの強化

今の所、その程度しか考えられません。手動だと全く問題ないし、特にカートなしでは何の引っかかりもありません。そうすると、カートとデトネーターの抵抗を相殺する調整なんだと思うんですが

マガジンリップの調整とかないだけマシですけどね。
こんな悩みも久しぶり、再度チャレンジです。

今日はここまで!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング







最終更新日  2018.07.23 12:38:20
コメント(4) | コメントを書く
2012.07.01
テーマ:GUNの世界(2315)
昨日今日と、久々に休みの日にモデルガンの調整をしてました。
面倒でも集中するのは気分転換になりますね。

さてそのモデルガンが「マルシン コルト コンバットコマンダーMT」です。

DSC04609.JPG

2月頃にタニコバカートを廉価で発火できると思って購入したコマンダーMTですが、発火以前の作動面の悪さが酷すぎて放りっぱなしになっていたのを5ヶ月ぶりに引っ張り出して調整してみました。

調整箇所は
(1)セフティレバーが途中までしか動かず、セフティオンでもトリガーを
引くとハンマーが落ちてしまう。
(2)スライド操作時にハンマーが落ちてしまう
(3)マガジンからチャンバーへのカートの装弾不良
(4)最終弾排莢後のスライドストップの作動不良
他にもマッドポリスさんの調整法を参考に
(5)リコイルスプリングガイド後面の溝加工
(6)リコイルスプリングプラグの回転止め
(7)エキストラクターの調整

DSC04599_2.jpg
↑ 調整前のセフティーレバーはオンでこの状態。レバーの動きが不足してセフティオンになってないようです。

DSC04602.JPG
(1)と(4)については、セフティレバー、スライドストップのそれぞれの溝部分がバリなどによって、フレームの厚みより狭くなって動きが悪くなっていたのが原因。単純にヤスリがけで作動するようになりました。

特にセフティレバーは無理に組み込んだためにフレーム部分の樹脂がめくれてシアーの動きを悪くしていました。問題箇所を削ると、(2)のハンマートラブルもなくなりました。

DSC04607_2.jpg

(3)についてはバレル素材がポリのような軟質素材のためバレルエンドのパーティングライン部にバリが残っていて、スライドクローズ時に余分な抵抗を生んでいました。そこでバリ取りとフィーディングランプの実が着直しをしたところ手動での装弾排莢は問題無くできるようになりました。

(5)~(7)に関しては大阪ガンショップマッドポリスさんのブログを参考にさせていただきました。

DSC04601.jpg
リコイルスプリングガイド後面の溝加工と、リコイルスプリングプラグの回転止め加工はこんな感じにしています。プラグ状の白いのはプラ板ですが回転止めだけなので、強度的に問題無いと思ってます

エキストラクターは曲げを若干弱めたところリムの欠けがなくなったので、現状で様子見です。後は発火しないと分からないな~

DSC04610_2.jpg

一応手動では装弾排莢ともかなりスムーズになりました。後は撃つだけなんですがキャップ火薬の手持ちがありませんので来週あたり手に入れてきます。

いよいよ次週発火か??
今日はここまで!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング







最終更新日  2018.07.23 12:39:50
コメント(8) | コメントを書く
2012.06.06
テーマ:GUNの世界(2315)
AKB総選挙、見ちゃいましたね、
金星が見られなかった腹いせではありませんが。

20才ぐらいの娘たちのコメントがしっかりしてるのにはちょっと驚き。
特に3人ぐらいは自分のポジションを理解した上で、わかりやすくしゃべっていたので感心することしきりでした。現在のアイドル恐るべし!!

さて今回は「マルシン ベレッタ M84 メタルフィニッシュ ダメージver」モデルガンです。

DSC04287.JPG

メタルフィニッシュダメージシリーズの最後はマルシンのM84。当時は商標がうるさくなかったので、当然ベレッタマーク入り。他の2丁と異なるのは、このモデルは買ったときからあまり思い入れがなかったことです。

理由は簡単で、M84はリアル路線の塊だったので、当時としては珍しくリアサイトが別パーツでした。このメタルモデルではスライドはメタルだのにリアサイトはABS地のままでなんとも興ざめだったんです。

DSC04290.JPG

メッキのダメージ理由は他と同じで、表面の油分が無くなたまま保管していたことで、特に雑に扱っていたわけではないんですが、改めて見るとグリップとかにもキズが多いんです。

DSC04294.JPG

動作については手動ですが、オイル切れを差し引いてもなんのトラブルもないスムーズな作動です。これは基本設計の良さと、当時の組み立てクオリティの高さでしょうね。パートの賃金も良かった時代だったんでしょうね。

あれだけ流行ったメタルフィニッシュモデルも、ダメージ3丁+健在2丁の計5丁しか保有していないのもちょっと不思議な気もしますが、流行った期間も短かかったんですね。シルバーモデルも当然併売してたし。

そういう意味では完全復元がのぞましいんだろうな~ 難しそ!
今日はここまで!!!!!


新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング







最終更新日  2018.07.25 22:16:08
コメント(0) | コメントを書く
2012.06.05
テーマ:GUNの世界(2315)
だんだん蒸し暑くなってきました。
いやですね~、そろそろ梅雨ですね。

さて今回は「マルシン ブローニング M1910 メタルフィニッシュ ダメージver」モデルガンです。

DSC04275.JPG

マルシンM1910メッタルフィニッシュですが、前回のコクサイコルトポケットと同様メッキの黒染めがボロボロです。強いて言えばマルシンのメタルフィニッシュは緑がかって、しっくりこない色でしたが現在は古びたガンブラックっぽい色味になっています。

DSC04278.JPG

このモデルも保管時に表面の油分が切れてこうなりました。マルシンのM1910はラインがCMCっぽくて気に入っていたので残念です。最近のM1910なんかとはグリップひとつとってもしっかりした作りなのでなおさらです。

ちなみにこのモデルも未発火。マガジンはコクサイ製のフィンガーレスト付きです。他社なのにマガジンの共用が出来るモデルって実際少ないんですよね。ガバもできるようでタニコバ以外できないですしね(自分が知らないだけかも)。

DSC04284.JPG

当時はシンプルなABSモデルはキットモデルだけだったような記憶があります。その後のABSはマットな塗装なので、なんとかメッキを蘇らせたいな~。バレルのメッキが健在なだけに余計そう思います。

今日はここまで!!!!!


新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング







最終更新日  2018.07.25 22:16:25
コメント(4) | コメントを書く
2012.05.10
テーマ:GUNの世界(2315)
ここんとこ大気が不安定で、ゲリラ豪雨になったりして嫌ですね。
それでも竜巻に遭う事を考えれば全然マシですが。
本当に日本??って気がします。

さて今回は「マルシン ベレッタ M92FS ステンレス」の続きです。

DSC04013.JPG
↑リアサイトはFSと同じ2ドットタイプですが、ドットカラーがフロントサイトと同じオレンジになっています。細かいけど気に入ってる部分です。

DSC04019.JPG

DSC04016.JPG
↑スライド前部・バレル上部にはそれぞれ「STAINLESS」の文字が。ブラックモデルとのパーツ互換を考えれば後加工でしょうけど、素直に感心しました。現在では当たり前ですが、当時は最先端の拘りでしたね。

当時は適当だったベレッタの商標も幸いして、刻印だけでも現行品よりも上ですね。金型の消耗のないことや組み立てレベルの良さも合わせると、この年代のモデルを買い増ししたいですよね。

DSC04020.JPG
↑ このパッケージはFS以降のモノですが、やっぱりスグレモノです。最近の商品名がシールになっているパッケージを見ると余計そう思ってしまいます。(それだけロットが少ないって事でしょうけど)

今日はここまで!!!!!


新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング







最終更新日  2018.07.28 00:15:17
コメント(0) | コメントを書く
2012.05.07
テーマ:GUNの世界(2315)
あっという間に連休も終わっちゃいましたね!
疲れは残っていますが、頑張らねば!!

さて今回は「マルシン ベレッタ M92FS ステンレス」モデルガンです。

DSC03999.JPG

最近ではINOXと言われるタイプですが、当時はステンレスって言うのが一般的でしたね。92FSのABSモデルにメッキをかけたバリエなんですが、金属パーツ全てにメッキをかけている手の込みようです。

ちなみに、マガジンもオールシルバーで作ったのは現在までマルシンのみでしたね。自分はこのことだけでも評価しちゃいます、昔からオールシルバーモデルでマガジンのみブラックってモデルが多かったですから。

DSC04008.JPG

メッキと言えばこのモデルのメッキはマット調のステンレスメッキで、後のスーパークロームメッキは全く異なる色調です。強いて言えば旧MGCのGM5カスタムのフレームに近い色なので気に入っています。

ベレッタロゴが付いている間は何故か、あまり見かけなくなりましたが(先程触れたスーパークロームモデルに置き換わった感じ)ロゴなしになってからは普通にラインナップされています。

DSC04012.JPG

これだけキレイなのにも関わらず発火モデルとして作られているのが、今見ると驚き。当時のモデルガンは発火が当たり前でしたから当然なんですけど、最初のダミーカートモデルの売れ行きが良くなかったんですかね。

自分自身、BLKモデルの方が技術的にもすぐれている「上等な」モデルっていうイメージを持っていましたからね。とは言えこのモデルも未発火のまま。何年モデルガンを発火していないかを考えると恐ろしくなります。

今日はここまで!!!!!!


新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング







最終更新日  2018.07.28 00:15:37
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.28
テーマ:GUNの世界(2315)
いよいよGW突入!
今年は何処にも行く予定はありませんが、それでも連休は嬉しいな~

さて今回は「マルシン ベレッタ M92FS ABS」モデルガンの続きです。

DSC03980.JPG
↑ FSモデルの一番の特徴がグリップパネルから覗く大型化されたハンマーピン。スライドは損自己を受けての改良で、スライドに無理な力が加わっても、このピンにひっかっかってスライドが後部に飛び出さなくなっているとのこと。

DSC03977.JPG
↑スライド左サイド下部にあるラージハンマーピン用の溝も再現されています。

当然モデルガンではFSに施された改良は何の機能もありませんが、ハンマーピンの新規製作、グリップパネルの改良、スライドの加工等見えないところに手間がかかっています。

DSC03990.JPG
↑ 左が92F、右が92FSのリアサイト。92FSは別パーツにて3ドットタイプに変更されています。当時は単なる発火モデル化だけではない細かい変更に結構感心してました。

DSC03996.JPG
↑ モデルガン本体とは異なりパッケージ自体は共通化。これでFSモデル発火タイプを表しているようです。印が付いていないパッケージも散見されますので、どこまで使いこなしていたかは疑問。所有モデルは御徒町のレプリカで購入したモノです。

マルシンでは現在ベレッタ刻印のないM92FとM9モデルとして生産が続いていますが、手のかかるFSモデルは無くなっちゃったんですかね。もしそうだとすると勿体ないなと思う反面、商品バリエとしてはCQBやらブリガディールの方が正しいとは思いますね。

今日はここまで!!!!!


新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング







最終更新日  2018.07.31 21:51:50
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.26
テーマ:GUNの世界(2315)
小沢元代表無罪確定!!
検察審議会って精度は何だったんですかね。検察が起訴を見送ったものをいくら民意だからといって裁判に持ち込んでも、結果が変わる訳ではないと思うんですが。
いろんな意味で考えさせられます。

さて今回は「マルシン ベレッタ M92FS ABS」モデルガンです。

DSC03993.JPG

前回紹介したM92Fモデルがダミカモデルだったのに対して、こちらはBLKモデルとしての位置づけですが、実銃のスライド破損対策として作られたFSモデルの量産モデルガンは実はマルシンのこのモデルだけだったんですよね。

MGCはデザートストームがFS仕様でしたが一応カスタムモデルだし。とは言え、TAITOになってからや最近のタナカ製はどうだったんだろう??知ってる限りはM9や92Fなんだけどね。

DSC03985.JPG

同じようなモデルの割に、当時最新モデルだったことと、待望の発モデルということで、素直に購入できました。実際は発火してませんが、BLKモデルの方がハイグレードっぽい印象なんですよね。金属BLK時代からの悪い習慣です。

このモデルも発火カート15発画付いている豪華モデル。スズキ時代からのカートBOXは色は異なってましたがなんとなく高級感はありましたね。

DSC03989.JPG

この後HW化されたはずなんですがそちらは残念ながら未入手。さらにパッケージが変わってブリガデールやCQBなどが販売され影が薄くなりましたが、オクで見かけたら購入しときたいモデルです。

今日はここまで!!!!!


新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング







最終更新日  2018.07.31 21:52:08
コメント(2) | コメントを書く
2012.04.23
テーマ:GUNの世界(2315)
昨日あたりから風邪っぽくて、体調はイマイチです。
気温の変化に付いてけないところに年を感じます。

さて今回は「 マルシン ベレッタ M92F ABS」モデルガンです。

DSC03968.JPG

エアガン全盛の90年後半に最初にモデルガンとして発売されたベレッタM92系モデルガンがこのM92Fです。当時のABSモデルとしては意外なダミーカート仕様の発売でした。

これは当時の新作モデルガン、ベビー南部やP08の金属モデルが全てダミーカート仕様であったことと関係があると思います。

DSC03960.JPG

その年MGCから固定スライドガスガンのM92Fが発売されて、完璧なガスガンと言われていただけにマルシンのモデルガン化のニュースは驚きでした。その結果MGCのM92Fをスルーすることになりました(今となっては悔いが残ってますが)。

実際はスルーした甲斐があるほどの素晴らしいデキで、92SBとは異なる念願の92Fの特徴がしっかり再現されていました。当時は商標問題も関係なかったので、グリップやスライド刻印にベレッタロゴが使われていたことも好印象の要因ですね。

DSC03965.JPG

ダミーカートもマガジンいっぱいの15発付属していたことも割安感がありました。当時の箱はP08から続くダンボールに商品名のみ入ったたシンプルでコンパクトなものだったのも印象的でしたね。

DSC03975.JPG

M92Fは後に発火モデル化・HW化されて今日に至りますが今の目で見て遜色がないほど基本設計がすぐれていたモデルと言えそうです。

今日はここまで!!!!!


新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング







最終更新日  2018.07.31 21:52:27
コメント(2) | コメントを書く

全102件 (102件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 11 >

PR

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

コメント新着

ばらだぎ@ Re[1]:BROWNE&PHARR製 ベルトクリップ(08/09) kirk1701さん どうもです。 旧GUN誌ではリ…
Kirk1701@ Re:「2019 夏祭り 浅草ブラックホール」に行ってきた!(08/11) BH、根性なくて、ここ数年はご無沙汰で…
RIK@ Re:「2019 夏祭り 浅草ブラックホール」に行ってきた!(08/11) 私は初日に行きました。 「タニオコバブー…

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.