8399573 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

玩具道楽・・・三昧

全92件 (92件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

GUN具(WA-Air Gun)

2021.02.25
XML
テーマ:GUNの世界(3039)
カテゴリ:GUN具(WA-Air Gun)
コロナの流行で分かったのは、日本の行政が制度不良を起こしていること。上っ面だけの特措法や確保したはずのワクチン輸入の遅れをみれば分かります。尖閣の対応もアメリカ任せだし、単に行政だけの問題じゃ無いのかな。

さて今回は「WA WILSON COMBAT タクティカルスーパーグレード」の続きです。



個人的にはWAのトイガンの良さは、HW素材の質感とHWスライドとマグナシステムによるブローバックの反動の強さだと思っています。実銃の反動とは全く違いますけど、重目の反動は45AUTOを撃ったような気分にさせてくれます。



量産モデルとは言えカスタムみたいな作り方だから、WILSONみたいなカスタムメーカーの刻印もキチンと再現しています。スライド左側の「WILSON COMBAT」の刻印は画像で見る実銃の雰囲気をよく再現しています。これも機械彫りだからですね。

スライドストップレバーはWILSONオリジナルタイプになっています。



右側スライドの「TACTICAL SUPERGRADE」のモデル名も同様。トリガーはベーシックな3ホールタイプのロングトリガー。最近のWILSONカスタムでは見かけないけど、これぞWILSONっていうイメージです。



フレームの生産者・所在地表記「WILSON COMBAT BERRYVILLE, AR U.S.A」とシリアルNO「WCT19408」の書体の違いも実銃に近い感じです。シリアルNOも2017年製に近い番号だけれども、「WCT」の「T」は要るのかな。

ノバック風リアサイトはWILSONオリジナル。最近のWILSONのリアサイトはHEINIE風になっているので、これは古いタイプ。スエンソンタイプのアンビセフティも最近のカスタムでは見かけないですね。



バレルブッシングの「WILSON」刻印。WAの初期のモデルから使われているパーツですけれど、最初に見たときのインパクトが強くて、今でも確認しては悦に浸っています。



スライド上部のセレーションも良い感じです。ノーマルスライドにセレーションを入れるのってカスタムっぽくて好きですね。最近発売された「KIMBER CDP」のセレーションも同じように見えるので、後加工なのか量産スライドなのか判断しがたい部分です。

2017年モデルとして見れば、実銃通りのカスタムパーツ構成になっています。最近のカスタムみたいに代用パーツで誤魔化しているところが無いので(グリップメダリオンは除く)、満足度は高いです。

WILSONタクティカルに関しては、過去モデル(カリフォルニア専用モデルとしては現役でした)のモデルアップで正解だったと思います。

WAが今後も最新モデル用のパーツが作れなければ、過去モデルの再生産だけになっちゃいますね。せめてセフティぐらいは代用パーツじゃなくってリアルなパーツにして、新型カスタムを作って欲しいものですw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




東京マルイ 次世代電動ガン URG-I sopmod block3【中古】


【東京マルイ】東京マルイ URG-I SOPMOD BLOCK3 次世代電動ガン


[Umarex/VFC] HK416A5 GBBR JPver./ BK オマケ付属/[中古] ランクA/欠品なし/ガスガン






最終更新日  2021.02.25 13:16:15
コメント(0) | コメントを書く


2021.02.23
カテゴリ:GUN具(WA-Air Gun)
遂にタナカからSIG P229とM10 M&Pのモデルガンの発売が発表されました。両者とも現行モデルではありませんが、モデルガン的な鮮度は高いので期待大です。

特にM10はM13が先に発表されていただけに意外でしたが、新規製作の38SP用シリンダーがカウンターボアード仕様だと、今後のバリエ展開も広がりますね。

さて今回は今年発売されたばかりの「WA WILSON COMBAT タクティカルスーパーグレード」です。



WAのガスガンは高価格がネックなので普段は手を出さないようにしていますが、今回は「WOLSON」ブランドに負けてしまいました。自分にとってMGCのGMカスタム(モデルガンの方)から始まったWILSONカスタムに対する憧れ感は驚くほど根強いんです。

過去にはWAのWILSONカスタムを幾つか所持してましたがコンパクトモデルしか手元に残っていないので、今回新たに入手した次第です。コンパクトサイズを見慣れると、フルサイズ版が余計新鮮に感じるんですね。



今回WAがモデルアップしたのは2017年頃のモデルで、現行モデルでは無いのはサイトやセフティの新規パーツが作れなかったのかもしれませんが、自分がイメージしているWILSONらしいモデルなので、これもアリだと思ってます。



それでも気になるのは、グリップに付いているWILSONのメダリオン。2017年頃はすでに新デザインのロゴに変わっているので、旧デザインのロゴは使われていないはず。G10製スターバーストグリップも新ロゴのメダリオンだけだったと思うんですが、これも新規パーツを作らかなったから?



2017年のタクティカル スーパーグレードモデルはブラックスライドとグレーフレームの2トーンだったけど、このモデルはガンブラック仕上げ。平面も出ているし光沢も良い感じなので、さらにオプションを追加したカスタム仕様だと思えば気になりません。

最近のWAのガンブラック仕上げは悪くないですけど、その分はしっかり価格に乗っかっているので、一長一短かなw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




新製品予約 3月10日 タナカワークス モデルガン本体 SIG P229 フレームHW EVO2 18歳以上 サバゲー 銃


新製品予約 3月10日 タナカワークス SIG P229 357SIG スレッデッドバレル 14mmCW モデルガン用


新製品予約 3月10日 タナカワークス モデルガン本体 S&W M10 ミリタリー&ポリス 4in HW Ver3 リボルバー 18歳以上


タナカ純正 .38special M36用 6発入り モデルガン用発火カートリッジ TA4220






最終更新日  2021.02.23 16:08:05
コメント(4) | コメントを書く
2021.01.07
テーマ:GUNの世界(3039)
カテゴリ:GUN具(WA-Air Gun)
再び緊急事態宣言が出るみたいですけど、限定的な要請だけでどれだけ効果があるか疑問ですね。
10月頃の東京都のコロナ陽性率が3〜4%ぐらいだったのに、今日は速報値で35.5%(昨日が25.6%)だったから本気でヤバい感じ。
一月後にヨーロッパ並みにならないことを祈るしか無いな。

さて今回は「WA ハードボーラー/T1 ターミネーター・モデル」です。購入したのは何年も前ですけど、昨年Mafiso Airsoft社製レーザーサイトを取り上げた際、紹介して無かったことに気付いたので、新年初のトイガンネタとしてUPします



WA製ハードボーラー・ロングスライドのバリエモデルで、T1ターミネーター・モデルとあるように映画「ターミネーター」の一作目に登場したプロップを再現した(肝心のレーザーサイト以外)モデルとなっています。



オリジナルのハードボーラーとの違いは、スライドストップレバーとハンマー、グリップの色ぐらいです。WAは基本限定生産なので、再販するときに仕上げを変えたり一部パーツを変えて別モデルっぽくするいつもの手です。



スライドストップレバーは専用のエクステンドタイプに変更されています。このパーツ自体他のモデルで使用されているのを見た記憶が無いので。もしかしたら新たに作ったものなのかもしれません。元気な頃のWAにはバリエ用の金属パーツも、良く新規に作ってましたよね。

映画のプロップでは、レーザーサイトのマウントの取り付けに邪魔になるので、延長部分を切断して使用しているようです。そう考えると後付けのオプションパーツでは無く、メーカー純正パーツだった可能性もあります。



ハンマーはミリタリーガバメントでお馴染みの幅の広いタイプに変わっています。実銃でも初期のハードボーラーにはこのタイプのハンマーが付けられていたようです。



最初に発売されたWAのオリジナルのハードボーラーはスライドストップのノッチにプレートが入っていませんでしたが、このモデル辺りから入れられたようです。それも理由で入手したような記憶がありますね。

WAのハードボーラーは、アウターバレルやリコイルSPプラグをアルミ製にして軽量化しているので、HWのロングスライドでも作動は確実です。スライドスピードは遅めですけど反動自体は重めなので、他のGBBとは違った撃ち味を楽しめます。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




【中古】WA:ガスハンドガン:世田谷ベースモデル ハードボーラー (所ジョージさんプロデュース) 18歳以上 サバゲー 銃


BWC ハードボーラー 5インチ 初期型 AMT .45ACP 発火式 モデルガン Wキャップカートリッジ 6発付 251873


ブルーイング ワークス カンパニー BWC モデルガン ハードボーラー ロングスライド 7インチ 発火式 .45ACP カートリッジ付 (251798)






最終更新日  2021.01.07 00:47:10
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.06
テーマ:GUNの世界(3039)
カテゴリ:GUN具(WA-Air Gun)
ご多分に漏れず「鬼滅の刃」の最終巻を発売日に入手。直ぐに読み終わって、余韻に浸るだけでは足りず、また最初からコミックを読み直しています。
賛否両論ありましたけど最終話は、皆報われた感があってあの終わり方で良かったと思ってます。

さて、今回は無事Mafioso Airsoft製レーザーサイトを載せて完成した「WA AMT ハードボーラー ロングスライド+レーザーサイト」です。



WAのステンレス風塗装とレーザーサイトのアルミ地肌の色目が合っていないのは残念ですが、形状的には映画プロップの雰囲気が良く出ているので、個人的には満足しています。強いて言えば、前回も述べたマウント取付部分の強度不足が気になる程度ですね。



ワッシャーのお陰で、ガスで作動させる程度では緩んではきませんが、気がつくとレーザーの前部が微妙に下がっていたりするので、ターゲットを狙うと言うよりも雰囲気を楽しむ空撃ちでの仕様がメインになっています。


(左:MGC製ハードボーラーGBB、右:WA製ハードボーラー+レーザー)

MGC製のハードボーラーと比べると、レーザー本体とマウント形状の違いが良く分かります。MGCのレーザーは短め。WAのハードボーラーに付けたレーザーは長さはリアルですが、もう少し後方にレーザーをずらした方が良さそうです。



(左:CTC製レーザー+WA製ビアンキスペシャル、右:右:WA製ハードボーラー+レーザー)
現在のCTCレーザーサイトと比べると、いかに84年当時のレーザーサイトが大きかったが分かります(実際の撮影時には、バッテリーは銃本体とは別にしてケーブルで繋いで発光させていました)。



機械の進歩には驚きますが、映像上ではスライドの上に大型のレーザーが乗っていた方が迫力があるのは確かでしょう。そうで無ければ、これほど記憶に残らないし30年以上後になって映画プロップを模したレーザーサイトが発売される理由はありません。

とりあえず大満足ですw
今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング



​​
タナカ S&W M19 2.5インチ コンバット マグナム HWヘビーウェイト ver3<レターパック便での発送です>


タナカワークス TANAKA WORKS モデルガン S&W M19 コンバット マグナム Ver3 ブラック HW 2インチ 発火式 (009591)






最終更新日  2020.12.06 02:14:35
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.26
テーマ:GUNの世界(3039)
カテゴリ:GUN具(WA-Air Gun)
また今年も,巨人はドラフト1位の抽選を外しました。太田以降、抽選で1位取ったことが無いのってクジ運悪過ぎ。日頃の行いってヤツですかねw

さて今回はWAのホーグ ビアンキカップスペシャルにCTCのレーザーグリップCrimson Trace Laser Grip LG-401)を取り付けてみました。両者ともに過去に取り上げていますが、新しい組み合わせで再登場ですね。



ビアンキカップスペシャルは、状態の悪い中古品を過去に仕上げをレストアしたものですが、元々は普段使い用。それなのに撃つ機会が減ってきたので、年寄りに優しいレーザーサイトを取り付けて、撃ちやすくするのが狙いです。



フレームにポン付け可能なCTCグリップを合わせてみると困ったことが。エクステンドスライドストップがグリップに干渉して、そのままでは取り付けで着ないことが判明。昔のカスタムパーツだから現行パーツとは相性が悪いのは仕方ないと、ここは納得。



予想外だったのは、スエンソンタイプのアンビセフティの右側が同じくグリップに干渉した事です。そのままでも使えないことはないのですが、セフティOFF時にセフティの左側だけを無理矢理下げることになるので、耐久性の面からも気持ち悪いですね。



グリップの加工やオリジナルセフティの加工も嫌なので、手持ちのノーマルスライドストップレバーと、片面エクステンドセフティに交換することにしました。ガバメント系のパーツは幾つ持っていても無駄にならないのが良いですね。






元々はマッチ用に作られたビアンキスペシャルですけれど、こうやって見ると普通にCQBピストルに見えますね(スライドが長いですけど)。マイケル・マン監督の映画「ザ・クラッカー」でも使われていたし、これはこれでアリですねw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




タナカ P228 エヴォリューション2 フレームHW


タナカ P228用スペアマガジン


マルイ Mk18 Mod1 ガスブローバック






最終更新日  2020.10.26 23:51:04
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.09
テーマ:GUNの世界(3039)
カテゴリ:GUN具(WA-Air Gun)
本日10月8日の東京都のコロナ感染者数は248人、昨日までの総陽性者数は1,927人。前回UPした5日と比べて総陽性者数は▲183人。
10月7日時点での陽性率は3.2%でこちらは5日と比べると▲0.3P。9月の4連休の影響は想像していたほど、現れなかったようですね。

さて今回は「WA コルト M1991A1コンパクト ヒート・カスタム」の続で、いつののように細かいところを見ていきます。


WAのガバメント系コンパクトシリーズは全てバレル長が3.5inchなので、オフィサーズとM1911A1、V10コンパクト等がリアルサイズで、ディフェンダー等の3inchモデルは実銃よりも0.5inch(1.27cm)長いことになります。

個人的には3.5inchバレルの方がバランス的に良いと思っているのでディフェンダー等の他のWAモデルに不満はありません。基本的に既に生産中止モデルとなったこのM1911A1コンパクト等の古いモデルが好きと言うことになんですね。



スライド左側刻印は「COLT M1991A1」のモデル名が刻印されています。刻印自体は刻印機によるもののようで、レーザー刻印に比べて深くてシャープな仕上がりに感じます。



右側スライドには「COMPACT MODEL」の刻印。フレームには製造者 所在地「COLT'S SPT.F.A.CO. HARTFORD,CONN. U.S.A.」の刻印とシリアルNO「CP21094」が実銃同様に再現されています。



チャンバー上部には使用弾薬「COLT.45 AUTO」の刻印がが入っています。実銃でもチャンバーは白磨きされていないので こんな感じですけど、ヘアラインが粗過ぎる気もします。



左:WA付属アイボリー風グリップ、右:アルタモント製グリップ

ヒートカスタムを象徴するアイボリー風グリップは、勝手にアルタモント製かと思っていたら違うようです。比べてみると色目も微妙に異なっていて、サイズもアルタモント製の方が小さめです。どうやらWAが専用パーツとして作っているみたいですけど、雰囲気的に良いデキです。



セフティレバーやグリップセフティ、ハンマーSPハウジング等の金属パーツは、下地をポリッシュした上でガンブルーで仕上げられています。ガンブルー処理されたスライド&フレーム同様に、表面のオイルが乾かないように保存しないと退色しそうです。

今のところ付属のビニール袋に入れて保管していますが、依然 kirk1701さんがタナカのジュピターフィニッシュの保管法で書かれていたように、袋に入れず保管した方が良いか悩みます。どちらにしても表面の油分が飛ばないようにはするべきなんでしょうね。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




HOGUE コルト コンパクト オフィサーズ V10用ラバーグリップ #43000【店内全品3%オフクーポン】


Pachmayr ラバーグリップ コンパクトシリーズ用 オフィサーズ V10 COLT OFFICERS Model CO-45


アルタモント COLT オフィサーズ用 アイボリー調グリップ パネル (ALTAMONT コルト M1911 コンパクト 象牙調)






最終更新日  2020.10.09 00:19:11
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.05
テーマ:GUNの世界(3039)
カテゴリ:GUN具(WA-Air Gun)
本日10月5日の東京都のコロナ感染者数は66人、昨日までの総陽性者数は2,110人。前回UPした10月1日と比べて総陽性者数は▲24人。
10月2日時点での陽性率は3.5%でこちらは1日と比べると▲0.2P。相変わらずニュースでは、その日の陽性者の数で一喜一憂してますけど、依然高止まりで安定?してますね。

さて今回は「WA コルト M1991A1コンパクト ヒート・カスタム」です。



以前から欲しかったWAのヒート・カスタムを、遂に購入。WAの製品は再販する度に高くなるので長年オクで出物を探していましたが、タマが少ない上に落札価格も高騰中。新品買うのと大差ない価格になっているのを見て、決断しました。

エージェントを買ったときのクーポンがあったので、中古との価格差は無いも同然。やっぱ新品を購入したときの方が気分は良いですね。



ヒート・カスタムは95年に公開された映画「HEAT」で、主演のアル・パチーノが使用していたプロップガンがベースになっています。

最近のWAは再販する度に仕上げを変える傾向がありますが、入手したのは「リアル スチール・フィニッシュ」と呼ばれるもので、ガンブルー仕上げをした後にエッジ部分に軽めのダメージ加工が入っています。



中々見栄えの良い仕上がりになっていて、ダメージ加工のような わざとらしさが無いところが良いですね。アイボリー調のホワイトグリップとガンブルーのブラックのコントラストが絶妙です。

実射性能はプルーフされたマグナブローバックらしく、作動の問題なく重めの反動が楽しめます。何よりもトランスファー ハンマーシステムのお陰で、マガジンを入れたまま手動でハンマーダウン可能なところが良いですね。

ガスガンだとマガジンを抜いてからハンマーダウンさせるのが当たり前になりましたが、それだと雰囲気出ないんですよね。WAのシングルアクションオートは唯一無二ですw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング



​​
【中古】Blu-ray▼ヒート ブルーレイディスク▽レンタル落ち


ヒート 製作20周年記念版【Blu-ray】 [ アル・パチーノ ]


HOGUE コルト コンパクト オフィサーズ V10用ラバーグリップ #43000【店内全品3%オフクーポン】






最終更新日  2020.10.05 23:06:38
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.11
テーマ:GUNの世界(3039)
カテゴリ:GUN具(WA-Air Gun)
月11日の東京都のコロナ感染者数は206人。前々日9日の陽性率は5.8%(7日平均)。
休日なので陽性率は2日前の数値なので、前回の8日と比べると±0%。
東京は諸悪の根源らしいから、こんなものでしょw

さて今回は「 WA コルト ニュー・エージェント」GBBです。
2012年に発売されてから、何度も購入しようと思いつつ、優先順位で逃したり躊躇したあげくの品切れ等で中々手に入れられなかったモデルです。



今回入手したのはガンブラックver.というカーボンブラックHW素材にガンブラック処理をしたモデル。

昨年末に発売されてスルーしたモデルはリアルスチールver.(ガンブラック処理後にエッジにエイジング処理をしたモデル)だったので、かえって良かったかもしれません。それぐらい表面仕上げ書キレイで、2,000円も値上げされたのを忘れるぐらいです。



このモデルに惹かれた最大の要因が、このトレンチシステムと称するサイトシステム。近距離専用に割り切ったスライド上部に溝を掘っただけのサイトですけど、サイトの出っ張りが無いのでルックスが超新鮮。

機械加工が多く、平面がきっちり出ているのと関係しているかもしれませんが、従来のコンパクトモデルに無いシャープな印象です。金属パーツの仕上げの良さも全体の色目を崩さず良い雰囲気に仕上がっています。



WAのモデルアップした3inchモデル(ディフェンダーやニュー・エージェント)は、全てオフィサーズと同じ3.5inchでモデルアップされていますが、個人的にはニュー・エージェントに関しては、実銃のバランスよりもトイガンの方がデザインバランスが良い気がしています。



試射してみるとプルーフされた作動面はこれぞマグナとも言える重い反動が味わえます。肝心のサイトは思っている以上に室内では狙いにくいですね。

的の方に銃を向けて感覚で狙う感じなので、狙って撃つという使い方では無くて緊急時に素早く取り出して、相手に向けて早く撃つような使い方なんでしょうね。

WAのトイガンを新品で買ったのは3年ぶり。値段は上がったけどその分仕上げは良くなったような気がして一応満足ですw

▼ WA コルト ニュー・エージェントの詳しいレビューはこちら
http://ozashiki-shooters.com/?p=7573

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




WA コルト ニューエ−ジェント ガンブラックver.


NWL 19連 コンパクトマガジン鉄バンパー ブラック〈WA-CW6〉


WA BBローダー〈WA-246〉






最終更新日  2020.07.12 00:02:48
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.25
テーマ:GUNの世界(3039)
カテゴリ:GUN具(WA-Air Gun)
イージスアショアの配備中止の理由が「ロッキード社のレーダーに射撃管制能力が無かったから」という記事が文春オンラインで発表されました。

これが本当だったら、慌てて安全保障会議をやり出した事にも繋がりますね。何時までも平和ボケして、安全保証を他国任せにしてきたツケですねw

さて今回は「WA コルト オフィサーズACP CB」の続きです。素性を探るために細部を見てみます。



WAの場合、素性を調べるには箱を見るのが一番なのですが、残念ながらこのモデルは本体のみ。同タイプのモデルをネットで調べたら、どうやら消費税8%時代のモデルが一番近いようでした(箱横のラベル情報から推測)。そうすると2015年4月1日以降の製品ということで、かれこれ5年前の製品ですね。



スライド左刻印は「COLT MKⅣ -SERIES'80」で、割と深めでレーザー刻印では無く彫刻機によるもののようです。素材はHWに塗装をしたモノでは無く、カーボンブラックに間違いないようです。



スライド右刻印はモデル名の「COLT OFFICER'S ACP」となっています。刻印自体は手持ちのオフィーサーズDXのモノよりも太くなっています。いつから刻印の仕様が変わったのかわかりませんが、それ程古いモデルでは無いように思えます。



付属のグリップは裏側のプリントを見る限りはヘレッツ製(今やヘレッツも廃業してしまったようですが)。ヘレッツのグリップはマグナテック時代のオフィサーズから使われているので、製造年の特定には使えませんが、仕上げの良いグリップです。

結局細部を見ても、年代を特定できるだけの根拠も得られませんでした。バリエーションや再生産も多いWAの製品の素性を探るのは本当に難しいです。傍証や状態から比較的新しいものらしいのが、分かっただけで良しとします。

中古は中古で、色々探る楽しみもありますね。
今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




ウエスタンアームズ ウエスタンアームズ LAPDSIS CUSTOM 【中古】


ウエスタンアームズ SCW SWAT CUSTOMII【中古】


【中古】SCW S&W SW1911 オールシルバー マグナムブローバック ガスガン 18歳以上<ミリタリー>(代引き不可)6546






最終更新日  2020.06.25 03:10:03
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.24
テーマ:GUNの世界(3039)
カテゴリ:GUN具(WA-Air Gun)
東京都知事選が始まりましたが、碌な候補者がいないのには驚きます。
○○新党だとか○○組だとか、ポピュリズムばかり増えた感じですね。
他は現職と左寄りだし、さて誰に入れようかなw

さて今回は「WA コルト オフィサーズACP CB」ガスガンです。



今年になってオクで入手したものですが、ブリーチがガタつく難有りだったので安めに落札することができました。最近のWAは定価が値上がりしていることもあって、中古が一昔前の新品並みの価格なのでビックリします。

WAのオフィサーズはマグナテック時代から販売されているので、いつ頃の製品かを判断するのに苦労します。今回のモデルはノッチ欠け対策済み、ヘレッツぽい木グリ付き、カーボンブラックということで、古くても2012年頃までの製品と判断しました。



届いた品物を見てみると、CBの黒色が薄くなっている以外は大きなキズも無い比較的良い状態でした。難有りのブリーチのガタツキはがありましたが、これはスライドからブリーチを外してクランプで締めた後、ドライヤーで温めて冷ませば元に戻せるので問題なし。

膝射してみるとマガジンからのガス漏れも無く、作動も快調でした。今回は「安物買いの何とやら」にならずに済んでホッとしてます。



過去にオクで難有りモノを安く手に入れて、修理して使うみたいな事に嵌まった時期がありましたが、結果的にパーツ代や作業の手間を考えると思ったほど安上がりにならなかった事が多かったです。

画像のフレームシルバーのオフィサーズも、状態の悪いグリップ無しのものを手に入れてレストアしたものです。作動は問題ないんですけど、スライドを少し磨いただけで刻印が殆ど無くなってしまいました。その分普段使いできるんですけど気分的に満足できず、結果新たなオフィサーズを入手したって事は、やっぱり「安物買いの何とやら」って事ですかねw



設計が古く価格も高いWAのガバメント系GBBを未だに惹かれるのは、手動でハンマーダウンが可能なメカを持っていることにつきます。マガジンを抜かないとハンマーダウンできないとか、途中でハーフコックになるとかのメカは、自分的にはリアルに感じられないんですよね。

モデルガンから、この趣味に入ったから仕方ないと思いつつ
今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング


Pachmayr ラバーグリップ コンパクトシリーズ用 オフィサーズ V10 COLT OFFICERS Model CO-45


アルタモント COLT オフィサーズ用 木製グリップ パネル ダイヤチェッカー メダル付 スーパーウォルナット/シルバーブラック/スーパーローズウッド (ALTAMONT コルト 1911 コンパクト)


HOGUE コルト コンパクト オフィサーズ V10用ラバーグリップ #43000






最終更新日  2020.06.24 00:05:06
コメント(0) | コメントを書く

全92件 (92件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.