896898 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

GARDEN★garden★ガーデン

PR

Profile


ひろ★みぃ

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

Rakuten Ranking

全5件 (5件中 1-5件目)

1

▲商品選びのPOINT

2019.03.21
XML
カテゴリ:▲商品選びのPOINT
壁に穴はあけたくない、あけられない。
何年に一度ですけど、修繕の時に取り外したい。
「壁にバラ」は憧れですが、壁に直接はなかなかできなくて諦めてる方も多いと思います。
いろんな方法はあるとは思いますが、あ、これならできるかもな。
というアイデアと、安心していただけるように解説をしたいと思います。
壁の前にするのはもちろん、何にもない境に設置する場合には、
しっかり設置しないと風が吹くたびに心配になりますから・・・。




こちらのピエールドロンサール。ほんとにお見事(*´ω`*)
背面もたくさん咲いてるんですって。
背面も咲く、これは多く頂く感想で、ラティスだったところを変えたら、花がたくさん咲いたと。
たぶん、通気性がよくなるからでは?と思っています。
サイズ的には、幅200cm。高さ地上部180cm。

地上部180cmの高さって、割と一般的ですね。
実際のサイズは、220cmで作ります。



これが、設置直後。

何年か経過して・・・

咲くとこうなるわけです(*´ω`*)♡


ポイントは、本体が丈夫なのはもちろんですが。
(製品の作り方については、省略しますね。しっかり作りますので。)


​​設置です。設置の仕方。​​


倒れるも倒れないも、設置次第です。



埋め込みの場合
地上の高さ180cmで30cm以上。
地上の高さ200~230cm程度で40cm以上。
地上部250cmで50cm以上を目安にしています。


差込しようとしたところに障害物がある。
→5センチ回避したら大丈夫だったりしますし、
場所が変更できない場合は、本体の差込の場所を変更して作ってみましょうか。


左右で設置の条件が違う。(土と、据え置き、など)
→差込と据え置きで作りましょうか。


そんなにも差込ができない。
             →どれくらいなら入るかチェックしてください。
もしかしたら、1か所だけ障害物で、他は大丈夫かも?


そもそも土がない。
→鉢で重しにしたり、周囲に固定できそうなものがあるかチェックしましょう。



心配があれば特注の時でも、そうでない時でも、設置場所の写真を送ってみてください。
ご提案はいろいろできると思います。
一般的には、地上部2300くらいにされる方が多いです。
あまり高い脚立を使わずに管理ができる高さで。

壁に上部をあてて(固定してないです)、しっかり差込。

あっかんべーどうしても土が柔らかくて、不安な場合は、コンクリまで使えなくても、
ホームセンターで買えるブロックを土の中にセットして、
穴の部分に足を入れるとガッチリしますよ。(ブロックは地中なので見えません。)

壁に設置して、浮かせる方法。

咲いたとこ(*´ω`*)右に見えるのがフェンスですね。


こちらもブロック塀を利用した設置。

ここまでは穴をあけたり、コンクリの固定はしていません。




足跡     足跡    猫      足跡     猫     足跡

コンクリートに穴をあけて、コンクリ用のビスを使って設置。

↑こちらのようにコンクリートで設置する、があらかじめ決まっている場合は、
こういったフラットな作り方も可能です。


どうしても、1本足のフェンスは土への差込だけでは弱いです。
(背面に塀があって固定するなどを除き)


コンクリートでの設置は、やっぱり難しいのと、
取り外しができない、というのがありますので
今回は、取り外せる、どこでも差して使える、を前提にご案内しています。

設置場所によっては、太い特別な材料を使わなくてもフラットで作れる場合もございます。

設置場所、サイズ、条件はお庭の数だけありますので、気になる場合はお問い合わせください。
大きいも、小さいも。一つからおつくりしています。
アーチもそうですが、検討する際は、必ず設置部分の土の中がどうなっているか調べてくださいね。
基礎があったり、配管があったりすることもありますので(*´ω`*)


三洋発條株式会社 ベルツモアジャパン







Last updated  2019.03.21 14:29:43
2013.11.07
カテゴリ:▲商品選びのPOINT

いつもBELLS MORE JAPANをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

今回、お客様から寄せられた情報により、
バラの家さんやミセスリビングさんなどの名前を使っていて、

商品がまったく同じなのに、
まったく知らないネットショップが存在することがわかりました。
おそらく、画像等、すべて無断使用しているものと思われます。
そして、お支払いをしてしまっても、商品は届きません。

ベルツモアジャパン 三洋発條の商品は、
全国の園芸店様でお取り扱いいただいておりますが、

ネットショップ(冊子での通信販売含む)は
商品をご理解いただき、契約をしているところでしか販売していません。

お店によって、取り扱い商品はさまざまですが、


オンラインショップでは
バラの家
ミセスリビング
及川フラグリーン
はなはなショップ
園芸ネット
ガーデンアシスト


冊子(カタログ販売・オンライン掲載含む)
京阪園芸
京成バラ園芸
まつおえんげい
チェルシーガーデン
タキイ種苗
ディノス
(書籍・雑誌掲載時はNHK出版さんなど)

順不同 敬称略

となっております。
ただし、プランツネームやスタンドなど比較的小さな商品は
上記以外の店舗さんでも販売している場合があります。



ぜひ、決済をする前に会社概要、ショップ案内をご確認ください。
電話番号、書いてありますか?信頼できるお店ですか?
万が一、お支払いいただいた商品が届かなくても、
取り扱いショップ以外の場合は何もしてあげられません。


どうぞ、よろしくお願いいたします。



三洋発條 ベルツモアジャパン
代表 0284-70-3300











Last updated  2017.09.17 16:50:02
2010.01.19
カテゴリ:▲商品選びのPOINT

鉢でバラやクレマチスなどつる性植物を育てると、
オベリスクやトレリスが欲しくなりますよねダブルハート

P1000362 (2).JPG
まず、ご希望の高さは、すぐに決まると思います。
植物の性質に合わせたり、ご希望のサイズにしたり。

鉢の場合、「この鉢に使えるか」が最大のポイントになりますねマル

「あれれれ、ここでぶつかるのかぁ・・・」

使ってみてわかること。
事前にわかっていれば安心ですよねうっしっし


鉢の場合・・・オベリスクでご説明
obe2.JPG

鉢の上部内径と底径が同じずどんとした鉢なら、安定する深さがあればOKです。

底に向かって細くなるタイプの鉢は要注意。

差し込んで足の先端が来る部分がオベリスクの径以上あればOK!OK

細いオベリスクもあるので、小さな鉢にも使えますが、
背が高いほど、倒れやすくなります。

obe3.JPG





ベランダなど土のある場所以外で使う場合は、天井にぶつからないかどうかも

チェックしてくださいね~。

鉢の高さ分だけ、上にあげないといけないので、大きい資材はお気をつけて。

 鉢や植物、仕立てに合わせてベストな資材を選んでくださいねウィンク

ベルツモアジャパン
三洋発條株式会社








Last updated  2017.09.17 16:54:16
カテゴリ:▲商品選びのPOINT

「あ~思ったより小さかったなぁ」
「あれ、大きくてはいらないや・・・」

大切なのは採寸えんぴつ



みなさんのガーデニングは、お庭ですか?ベランダですか??
お庭でも、鉢で管理している方も増えています。

オベリスクを例に・・・

オベリスクやトレリス(以下、オベリスク)には、差込部分というものがあります。
土の中にさすところ。実際は、みえなくなっちゃうところ。
ここを十分にとらないと、お花のタワーになる以前に、倒れてしまいます。

差込んだら、思ったより小さかった!とか。

鉢で使うか、地上で使うか。


obe.JPG

同じオベリスクでも、こんな風に違います。
サイズとしては、
地上部(土から上の高さ)+差込分
150センチの地上部希望なら、+30センチ程度の差込分で180センチ。

鉢上の場合は、鉢の土表面から上が地上部
鉢の場合は、鉢サイズによって、もとのサイズより背が高くなりますね。



鉢で使う場合、マンションなど、天井高が決まっている場合は、
「持ち上げて鉢に入れる」ということを忘れてしまうと、
鉢に入れられない時があります・・・。

理想の高さが、「セットした時、高さが天井に近い」ほど注意!
セットする時は、鉢の高さの分、上に上げますから、注意しないと天井にゴツンとなります。
横に寝かせればいいですが、鉢が重いほど大変。
ましてや、うっかり土を入れた後に気が付いたら・・・雫

鉢と、お庭と、要相談ウィンク


以上、高さの選び方でした。


鉢サイズからの、資材の選び方はこちら

ベルツモアジャパン
三洋発條株式会社







Last updated  2017.09.17 16:55:52
2009.11.29
カテゴリ:▲商品選びのPOINT

 好きな植物。好きなバラ。

土。鉢。コンテナ。

お庭ってほんとにいろいろ。


いろんなお庭の、みなさんのアイデアがたくさん詰つまっているな~きらきらと。
それだけ、多くの皆様とブログを通じて関わらせていただいています。
ありがとうございます。

ブログのタイトル GARDEN☆garden☆ガーデンは、
いろんなお庭 という意味でつけました。
いろんなお庭に使っていただきたいな・・・と。

本当にいろんなお庭がありますよね。

お庭付きの一戸建てでも、ひろ~いお庭もあれば、

スペースの限られたお庭も。
マンションでは、ベランダガーデンをしている方がたくさん。
いろんな工夫や簡単なアイデアで、どんな条件でも
立派なお庭にしている方がたくさんいらっしゃいます。

病院の屋上、公園、結婚式場・・・お花の出番はいろいろ。
それに加え、雪がふったり、風がつよかったり、という環境の違いも。


理想のお庭に近づけるお手伝いが私達の仕事、私達の商品の仕事です。


定番商品では、やはりいろんな環境に完全に対応することはできませんので、
特注・オーダーメイドもお作りしています。
ちょっとのサイズ違いで諦めていたことも・・・形に。


商品作りで気を付けていることは、

丈夫で、長持ち。

ずっと使える、なるべく永いお付き合いができること。

「一度買ったら、壊れない。」

しっかり作ってまいります。







お客様から多いの質問や、お客様の使った感想、
こうしてましたよ~!!など
お庭のいろいろをこちらのブログを通して

ご説明させていただこうと思います。

左にあるカテゴリーで
一覧で見られるようにしています。


定番品は、日付が古いとそれだけ息の長い商品。

日付そのままでも内容は更新しています。

これからガーデニングを始める方も、
何をどうしたらいいか、迷っている方も。
よかったらのぞいてみてください。

アイデア次第では特注しなくても、今手持ちの物や定番品で済んじゃうかも?

こうしてるのね!なんて目からウロコなアイデアがあるかも~!


!植物の育て方ではないですからねうっしっし



ベルツモアジャパン 三洋発條株式会社







Last updated  2017.09.17 17:07:54
このブログでよく読まれている記事

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.