830292 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

二代目館長日記

2021.09.18
XML


 雨降りでもやりました。あれっ、傘差してない人、多いね。実は、この場所、
橋の下なんでした。橋の名前は「煙硝倉橋」
 今回のテーマは、戦国時代末の火薬庫である「煙硝蔵」の跡。煙硝蔵跡の見学
を煙硝倉橋の下でやったんです、って、ややこしい・・・。



 橋の下で、ひととおり学習を深めた後、現地を見ました。草ボウボウ。でも、
参加者の頭の中には、しっかりと戦国末の火薬庫の姿がよみがえっていまようで
した。



 広い富士川クラフトパークの公園内を車で移動して、お次は、鈍斎翁の石碑を
お勉強に向かいます。雨、しっかり降ってますね。



 「碑文に、肖像レリーフが付くなんて、すごいね。他に見たことない」とか。
「へえ、碑面が硯の形してるんだ。こってるね」 それから、
「舞鶴城公園からもってきたものなの。きっと、移設経費、かかっただろうね」
などなど、いっぱい声が聞かれました。
 いつも来ている公園のなかに、こんなところがあったなんて、知らなかったね、
天気のよいタイミングで、また来たいね。友達とかに、教えたい・・・。などの
感想もあった、雨の中だけどやってよかったな。きっと、この雨だから、とくに
印象深いものとなったのでは。
 以上、参加者の感想を交えた、第10回「いでさんぽ」のご報告でした。

 なお、今回の開催は、台風の中、無謀に実施したわけではなく、事前に十分な
検討の上、見込みを立てての実施で、安全に、皆さんご満足のもとにできたので
した。ご参加の皆さん、ご協力ありがとうございました。
 また、雨の中、押しかけて、公園管理の関係の方々には、ご心配とかいただき
ました。この場であらためて感謝申し上げます。






Last updated  2021.09.18 23:00:58
コメント(0) | コメントを書く
[金山博物館館長の日記] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Category

Archives

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


bnvn05

Comments

bnvn06@ Re:こんな日にはこのヨコヅナサシガメ(05/13) 現在、ログインできないため、更新できな…
bnvn05@ コメントありがとうございました。 hero-AUさま、この度はコメントいただき、…
hero-AU@ Re:野に咲く花の向こうに・・・(07/05) お疲れさまです。今年も砂金掘り大会の季…
bnvn05@ Re:武田氏の歴史を史跡から考えるシンポジウムありました(02/26) 過日のシンポ、遠路ご参加ありがとうござ…
佐藤と申します@ Re:武田氏の歴史を史跡から考えるシンポジウムありました(02/26) この日は埼玉県飯能市より参加させていた…

© Rakuten Group, Inc.