000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

読書の日々

PR

プロフィール


ウトガルト

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

雑談

(4)

ラノベ

(457)

コミック

(32)

実用本

(2)

カクヨム

(0)

web小説

(2)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022.01.15
XML
カテゴリ:ラノベ
​こんにちは♪

本日の一冊はこちら(*'▽')
忙しない日常から逃れて旅がしたい! そんな望みを、学年一の美少女と叶えられたら?  東京に住む高校生、高橋翔は窮屈な日常に嫌気がさして旅に出ることを決意。駅のホームに着くと同級生、七瀬涼帆の姿があった。 思い詰めた様子の彼女を見て、翔は「俺と一緒に旅に出よう!」と誘ってーー。 最初は不信感たっぷりだった七瀬も、いつもの鉄仮面を脱いで足湯にほっこりしたり、ご当地グルメに舌鼓を打ったりと満喫し始める。 「べ、べつに楽しんでなんかないんだから!」 「私、夕陽が好きだったみたい」 「ありがとう、私を旅に連れ出してくれて」 ワケありクーデレ美少女と紡ぐ、解放感120%の旅ラブコメ!
​ 親や学校・世間から逃避し、気ままな旅をすることを決めた主人公の翔と駅で身投げ自殺をしようとしていたヒロインの涼帆の2人が旅を満喫するラブコメ旅行作品。
 今回の旅の舞台は静岡で、自分も知っている場所やお店もあり、こんな時勢の中でこの作品を読むと自分も旅行に行きたくなる作品です(^^♪
 その場での出会いや、その地でのグルメ・観光もしっかりと描写されており、とても面白い作品になっていました。
 是非ほかの地域にも足を延ばしてその地域の雰囲気を知りたいので、続巻を期待する作品になります。


 逃避行をするきっかけは恐らく誰しもが一度は経験する”親への反発”というあるあるの話なのですが、そこからの行動力がすごい!!!
 ある事情でお金があるのが最もな理由にはなりますが、この事情も今のご時世ならあり得るからすごい・・・

 成り行きでともに行動することになった二人ですが、その行動原理が真逆とも言っていいので、その凸凹感も旅だなぁと思えました。
 ちなみに皆さんは、
 行き当たりばったりで、気ままに行動する翔派?
 下調べをしっかりして、計画通り行動する鈴帆派?
 ちなみに自分は旅行に行くと大体翔派で、結構気ままに行動しますね(*'▽')
 昔は鈴帆に近かったはずなんですけどねぇ・・・どこで変わったんだろぉ(・・?


 旅を通じて出会った人やその地域、お互いの影響を受けることで、少しずつですが心境の変化もあり、いろんな表情を出すようになってきたときはよかったですね。
 こういった一期一会の出会いはその時は変哲もないことでも、後になると影響を受けることもあるので、ある意味旅の醍醐味の一つとでもいいですね。


 今回は旅の始まりでしたが、今後二人はどのような地域に足を延ばし、そこでどのような体験をするのかとても楽しみです。
 もちろん、このままいろんな地域に行ってもらえると読む側としても自分の地域に来た時に『そこ知ってる』とか共感する部分も増えると思います。
 旅行に行きにくい時勢なので、本の中ですが、旅行気分を味わうのもいいのでは?






最終更新日  2022.01.15 23:33:20
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.