612436 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Grab a dream

Grab a dream

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2024.04.09
XML
テーマ:競馬予想(62452)
カテゴリ:競馬



思ったより早く雨がやんでくれたのは嬉しいけど寒い。
こんなことを言ってるうちに...
ある日 突然「暑い」に変わるんですよね。
年々 良い時期 が短くなっている気がするのは...
僕自身の 老い のせいかな...。

まぁ、寒くても 暑くても 週末になれば 楽しみな競馬があります。
今週も あと3日(水~金)を乗り切るゾ!!

​日曜日 中山11R 皐月賞(GI)​

毎年 この週になると 蘇って来る 皐月賞 の トラウマ。
毎年 嵌ってしまう 皐月賞 の 妄想パターン。
"この馬ありき"
今年は "これ" を 回避 すべく 丁寧 な 妄想 を。
とりあえず 推し馬(ありき馬) を出走予定表 から消して...
上位人気に支持されるであろう馬達の考察をと考えていましたが...
出走登録馬 を眺めていたら 全馬 に可能性を感じてしまいます。
せっかくの 皐月賞 ですからね...
まだ 火曜日 ですからね...
まだまだ時間があるので1頭1頭 丁寧 に考えてみることに。
(※ ミスタージーティー は 棚上げ中)

アレグロブリランテ
血統的に 地味 なので 自然 と軽視しちゃいそうになります。
ただ、前で競馬できますし、競馬っぷりは悪くないんですよね。
前走 から 横山和騎手 が騎乗している点も強みに思えます。
1800mばかり走っている点をプラスに捉えるか...
2000mを走ったことが無い点をマイナスに捉えるか...
まぁ、冷静に考えると...
福島デビュー組...で、そもそも 1勝馬... が落しどころ?!

アーバンシック
鞍上 が 横山武騎手 だからか ソールオリエンス とだぶります。
前走(京成杯)の走りも なんとなく それっぽい。
あまり人気にもならなさそうだし、この馬を狙うのも悪くなさそう。
ただ、気になるのは 京成杯 からの 直行 であることです。
勿論、この時代ですから、直行 自体は悪くないと思います。
人気処と未対戦であることをプラスに捉えても良いとは思いますしね。
僕が想うのは「この馬、完全に "ダービー狙い" なんじゃ?!」。
勿論、ダービーは どの馬も狙っているレースですが...
この馬(陣営)は 本気で ダービー を狙っていると思うんですよね。
ジョッキー も 厩舎 も ダービー を獲りたくて仕方ない状況。
(勿論、どの馬も 本気 で 獲りたい レース すけどね。)
逆に言えば、僕は「ダービーで狙える馬」だと思えるワケです。
ダービー を 100% で迎えるためには...
ここで 100% の仕上げをしてくるとは...
枠順(並び) と 馬場状態次第... かな。

ウォーターリヒト
何度も何度も驚かされたワケですが...
前走(スプリングS)が 試金石 だったような気はします。
血統的には 皐月賞 って感じが強くしますし...
余裕があれば 押さえておきたい1頭ではありますが...
さて、ここまで手が回るかどうか...。

エコロヴァルツ
レジェンドが この馬でクラシックに参加するワケですから...
前走(共同通信杯)だけで 軽視 しちゃうと危険かも...
ただ、前走は意外にも先行競馬を試みましたよね。
勿論、そもそもが前で競馬が出来る馬ですから悪いとは思いません。
でも、朝日杯FS で あれだけの末脚 を魅せてくれたワケですから...
ちょっと ガッカリ しちゃったのは正直なところです。
でも、気を付けなくちゃいけないのは...
前走 が あぁだったので 今回は 違う可能性も?!
武豊騎手 が ダービー を勝つために 皐月賞 を走るパターン...
この手に出て来られた場合は 大外一気 の可能性はありますからね。
他馬の考察の結果次第では...。

コスモキュランダ
前走(弥生賞)は THE M.デムーロ騎手 の一言。
でも、あの競馬が出来るってことは 弱くは無いのです。
あとは 強いのかどうか?...(悩)。
ただ、今回は マジックマン が騎乗するのです。
モレイラ騎手 だったら どんな馬でも... というワケにはいきません。
でも、モレイラ騎手 を消すことが僕に出来るかどうか...
終わってみれば「弥生賞馬 に モレイラ騎手」で何故 買わない?
ここも悩みの種。

サンライズアース
M.デムーロ騎手 は こっちを選んだんですね。
いや、こっちが先に決まっていただけの話かも?!
いずれにしても、2戦2勝馬であることは忘れちゃいけません。
新馬戦 は 逃げて 2戦目(すみれS)は マクリ...
さて、今回は どんな競馬をしてくるのか??
ただ一つ言えることは「本命には出来ません」。

サンライズジパング
いわゆる 二刀流 。
この馬は凄し可能性を秘めているような気がします。
なのに... 武豊騎手 は騎乗してくれません。
まぁ、先約があったから...だとは思いますが...。
とは言え、ホープフルS の3着馬。
完全に無視するワケには...。

ジャスティンミラノ
いわゆる 危険な人気馬 になり得る存在...
かと思っていたのですが...
最近の世論(オッズ)は甘くはありませんね。
思っているより人気にはならないのかも。
東京のスローペースで2戦2勝。
無敗馬であることを重視すべきか...
経験上... クラシックは甘くはないと思うのですが...
もの凄く強い馬だったりして?!
今のところは 消し...かなぁ??(優柔不断)

ジャンタルマンタル
あまり深くを考えなければ...
単純に この馬なんじゃないでしょうか?!
絶対的な強さを感じるところまでは行きませんが...
川田騎手 が乗り続けていることが 答え なんだろうと。
でも、外枠に入ったら イメージに合わない気も...
前走(共同通信杯)の 東京 で 差して勝ってくれてたらなぁ...
単純に この馬で仕方が無い と思えたのに...。
でも、とりあえずは 本命候補 か...。

シリウスコルト
前走(弥生賞)は マクリ馬 が気なかったら...
ただ、弥生賞 と 皐月賞 では 全くペースも違いますからね。
同じ競馬が出来てどこまで...
ここは悩む必要は無いかな...と思います。

シンエンペラー
メンバーの中 安定感 は抜けていると思います。
京都2歳S は モレイラ騎手 で ヒヤヒヤの勝利。
ホープフルS は ムルザバエフ騎手 で 痛恨の2着。
弥生賞 は 川田騎手 で まさかの2着。
今回は 世界の 坂井瑠騎手 です。
ご承知の通り、坂井瑠騎手 推しの僕ですが...
この 乗り替わり を どう受け止めれば良いのか...
でも、やっぱり 本命候補 か...。

ダノンデサイル
この馬も 京成杯(1着)からの 直行組。
この馬も ダービー に主眼を置いたローテーションかと。
でも、思い切って狙うなら「あり」だと思います。
シンエンペラー とも差のない競馬が出来ています。
ただ、僕は "精神衛生上の理由" で本命には出来ません。
当馬の 馬柱 を眺めながら...
どうか「次は4着でありますように」と願うだけです。

ビサンチンドリーム
僕が競馬に嵌ったキッカケは ジャングルポケット との出会い。
血統表に ジャングルポケット を見付けた時は嬉しかったです。
当然ながら 当馬には頑張って欲しい という想い入れも。
ただ、きさらぎ賞 は 2着が ウォーターリヒト ですよね...
判断は 今週(アーリントンC)の シヴァース を観てからにします。
でも、あの末脚は魅力的ですけどね。

ホウオウプロサンゲ
前走(若葉S)は逃げて2着。
ただ、あれは 藤岡祐騎手(ミスタージーティー)の好騎乗。
抜け出すのをギリギリまで待ってくれたように見えました。
ここで同じ競馬は出来ないと思うのが正解でしょう。
将来性は ともかく... ココでは...。

メイショウタバル
前走(毎日杯)でお世話になった馬。
勿論、今回も応援したいと思います。
若駒S を回避し、つばき賞を勝利。
スプリングS を回避し、毎日杯を勝利。
運があるようで無いような...
運が無いようであるような...
でも、出走できれば勝つんですよね。
ただ、ここまで 順調だった とは言い難い...。
この応援の気持ちを馬券に反映させるかどうかは...
さぁ、どうしよう...。

ルカランフィースト
関東圏のレースでは全て馬券圏内。
その他に 強調する材料が見出せません。
僕の中では厳しいかな...と。

レガレイラ
ホープフルS の走りは 惚れ惚れしました。
再度 牡馬相手のGIで本当に大丈夫かな?
そんな気持ちもありましたが...
この馬なら大丈夫だと思っていました。
そうです、今は過去形です。
結局、「鞍上が ルメール騎手 なら」だったんですよね。
今は、本当に大丈夫かな?...という気持ちです。
でも、今年のメンバーなら牝馬でも...
いや、レガレイラ なら... とも。
この馬こそ「枠順 次第」ですね。

​全頭考察終了。

1頭1頭を考えて何か見えたか?...

余計に迷ってしまう感じです。泣き笑い

とりあえず、ギリギリまで楽しみます。

それでは。ひよこダッシュ






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.04.09 17:41:35


PR

プロフィール

東京ぶんぶん丸

東京ぶんぶん丸

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー


© Rakuten Group, Inc.