497431 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Grab a dream

全8件 (8件中 1-8件目)

1

野球

2022.04.11
XML
カテゴリ:野球

マリーンズの佐々木朗希投手が「完全試合」を達成したんですね。

しかも19奪三振の日本記録(タイ)のオマケ付き。

凄い凄いと聞いていましたが、こんなに早く活躍するとは...。びっくり

キャッチャーは高卒ルーキー君なんですよね。びっくり

これも凄いことですよね、ある意味、佐々木投手より凄いことかも。

今後が楽しみな若者コンビ、「怪我なく無事に」...応援しています。グッド



それはそうと...タイガーズは14試合で1勝って...びっくり
どうしちゃったんでしょうね...。わからん







最終更新日  2022.04.11 08:00:06


2022.03.24
カテゴリ:野球
​​早いもので今週の金曜日(3月25日)からプロ野球が開幕しますね。

家に帰ってテレビで野球が放送されていると何となく嬉しい僕。
昔獲ったナンとやら...で、好きなんですね、野球が。
あ、ただ好きなだけですよ?!
アレコレとやかく文句をつけるような「偽解説者」ではありません。笑

連覇を狙う​​スワローズ​​は村上選手が楽しみ。
あと、若きエース奥川投手も怪我なく頑張って欲しいです。

​ジャイアンツ​は坂本選手が心配です。
主砲の岡本選手がもう1段上がった感じがあるので楽しみです。

​タイガース​は2年目の佐藤選手が4番ですか?!
楽しみですね。
開幕投手は...ココには触れないでおきましょう。

​​ドラゴンズ​​は立浪監督になって期待大です。
大野投手と柳投手の左右のエースが安定してますよね。

​​ベイスターズ​​は両外国人が間に合わないとか?
こちらも4番は2年目の牧選手かな!?...楽しみですね。

​カープ​​は栗林投手と森下投手に期待しています。
鈴木誠也選手が抜けた穴を誰が埋めてくれるかも楽しみです。

日本一を目指す​バファローズ​​の先発投手陣は日本一じゃないですか?!
今年は山岡投手も戻ってますからね。
打線も杉本選手と吉田正選手を筆頭に強力なモノがありますから楽しみです。

​​​ホークス​​​は藤本監督がどんな野球をみせてくれるかに興味があります。
柳田選手のパワーとスピードにも注目です。
新外国人のガルビス選手が凄そうですよね。
あと僕が日本代表の監督なら絶対にメンバーに入れたい今宮選手にも頑張ってほしいです。

​​マリーンズ​​は何と言っても佐々木朗希投手。
1試合に何球も160kmを投げるなんて考えられません(驚)
交流戦でスワローズの村上選手やタイガーズの佐藤選手との対決が早くみたいです。

​​ゴールデンイーグルス​​も投手陣が揃ってますよね。
則本投手・涌井投手・岸投手・田中投手・早川投手
あ...日本一の投手陣はこっちかな?!
打線も繋がりがありますし、今年は巻き返しがありそうです。

​ライオンズ​は昨年まさかの最下位。
厳しい戦いになるかもしれませんが、チーム一丸で奮起して欲しいです。

​ファイターズ​はとにかくビッグボスですね。
連敗が続いたとき等、厳しい状況になった時の乗り越え方や対応を学びたいです。
ビッグボスなら大きなヒントを教えてくれそうで楽しみにしています。

(順不同)

以前は「ご贔屓チーム」もありましたが、ココ10年は全チームを応援しています。

でも、一応は順位予想で楽しもう。

セントラルリーグ
1位 スワローズ
2位 ドラゴンズ
3位 タイガース
4位 ジャイアンツ
5位 カープ
6位 ベイスターズ

パシュフィックリーグ
1位 ゴールデンイーグルス
2位 バファローズ
3位 マリーンズ
4位 ホークス
5位 ライオンズ
6位 ファイターズ

MLBの​大谷翔平選手​​鈴木誠也選手​も楽しみです。

さぁ!野球が始まりますよー!!(嬉)野球ボール
​​






最終更新日  2022.03.24 17:51:33
2021.11.28
カテゴリ:野球
今年の日本シリーズは本当に見応えがありました。

最終的には各選手が「普段通りのプレー」が出来た印象が強かったスワローズが日本一に。

一方、バファローズは打線が「先制できず」「あと1本が出なかった」金縛り状態で惜敗。

MVPは中村捕手。
バファローズ打線を翻弄したリードが最大の勝因。
なるほどの選出です。

第6戦のスターターは奥川投手だと思い込んでいました。
スターター高梨投手を知った時、第7戦は奥川投手と高橋投手の継投か...と。
勝算はともかく、スワローズには「余裕」がある...
こうなるとスワローズが勝つ可能性が高くなったな...と。
豊富な投手力...5枚目にも好投手が居たんですね。

僕的に明暗を分けたと思うのは前述のスターター高梨投手と代打の切り札ジョーンズ選手の申告敬遠。
勝ち越しを狙うバファローズとしてはジョーンズ選手の起用は当然の選択。
ジョーンズ選手の「存在(感)」はスワローズにとって脅威だったはず。
ただ、スワローズとしては「歩かせる」という選択が出来る場面での起用はラッキー。
それ以上にマクガフ投手が登板する前にジョーンズ選手が起用されたことがポイントになった気がします。
恐らくマクガフ投手が登板した時にジョーンズ選手を起用したとしても結果は四球だった気はしますが、マクガフ投手に与えるプレッシャーがバファローズに勝機を運んでくれたかもと...。
まぁ、ド素人の「妄想」に過ぎませんが。(謝)

バファローズは山本投手が孤軍奮闘。
来年は野手人がこの経験(日本シリーズ出場)を活かして連覇を狙って欲しいです。

スワローズは山田選手と村上選手と中村捕手がチームを引っ張り、ベンチも含めた投手力がありますので連覇は射程圏内だと思います。

それにしても、神戸(屋外)は寒そうでしたね。
両チームとも2年連続最下位。
日本シリーズ進出の可能性を考えていなかったのか?(笑)
本拠地(神宮球場・京セラドーム)が使えないという珍事。
球団としては嬉しい誤算だったかな。

とにかく、純粋に野球観戦を楽しめた日本シリーズでした。

選手の皆さんお疲れ様でした。






最終更新日  2021.11.28 18:00:06
2021.11.26
カテゴリ:野球
​​またまた大接戦。
バファローズが意地を見せて勝負は神戸決戦へ。

​バファローズ​

負けられない第5戦は中4日で山本投手だと思っていました。
山岡投手の復活登板もチームを盛り上げる材料になったかも。
勝因は中嶋監督の「覚悟」ってことになるのかな。
代打の切り札ジョーンズ選手の「存在感」は凄い。
ジョーンズ選手がマクガフ投手に合うのか、マクガフ投手がジョーンズ選手に萎縮しているのか、第1戦(四球)に引き続き、この対決が勝敗に繋がりましたね。
第6戦以降、とにかくマクガフ投手にはジョーンズ選手、これで決まりすね。
昨日(第5戦)は杉本選手にも当たりが出ましたし若手の太田選手と紅林選手も活躍。
神戸ではDH制に戻りますし、打撃陣がどれだけ頑張れるかですね。

第6戦はエース山本投手がスターター。
とにかく早いイニングに2点以上奪えれば。
こう考えると第5戦に山本投手を登板させなかったことが本当に大きいですね。
山本投手でダメなら御の字。

​スワローズ​

「今日(第5戦)はダメか」と思って観ていましたが山田選手が一時は同点に追いつく3ラン。
村上選手にも第2号が飛び出しており、俄然「打線」は好調の波に乗りそうですね。
スワローズにとって第5戦の負けはそれほどダメージは残らないはず。
3勝2敗、まだまだスワローズ優勢に違いありません。
第6戦は奥川投手でしょうか。
3イニング(一回り)が勝負。

野球ボールダッシュ

土曜日(第6戦)も楽しみです。

(気温が下がって来ている中、屋外球場なので選手は大変ですよね。)

​​






最終更新日  2021.11.26 10:22:10
2021.11.25
カテゴリ:野球

​​​​​​第4戦も接戦でしたね。

スワローズ​

大ベテランの石川投手が好投。
またまたスターターがゲームを作りました。
思い返せば勝ち星ではタイガースに劣ったものの、引き分けが多く所謂「負けない」チーム。
バファローズの拙攻に助けられている感じもありますが「相手なり」に試合を作れるんですよね。
投手力の安定感と中村捕手のリードが光っていますね。
これがスワローズがセリーグを征した最大の理由なのかも知れません。
第2戦、第3戦で登板が無かった清水投手もシッカリ立て直しての好投。
第1戦で打たれたマクガフ投手投手も第3戦、第4戦を経て自身(自信)を取り戻した感じ。
残りは最大で3試合。
7回石山投手、8回清水投手、9回マクガフ投手の形が出来た今、ココからの3連敗は考え難くなりました。

​​バファローズ​​

投手陣は頑張っているんですけどね...。
「ここぞ」の場面で比嘉投手が打たれてしまったんですから仕方ありません。
打線も繋がりませんね。
正直、「打つ手なし」の感が否めません。
明日(第5戦)は中4日でもエース山本投手で行くしかありませんよね。
あとは打線が何点取れるか...。
1回表に1点を奪ってあとは山本投手の完封に期待...。
王手を掛けられているので当り前ですが「非常に苦しい状況」です。

野球ボールダッシュ

接戦が続いていますが1戦1戦戦う毎に点差以上の「差」が見えて来てしまった気がします。
勢いのままスワローズが一気に決めてしまうのか、バファローズが意地を見せて神戸に繋げるか。
好チーム同士で凄く面白い日本シリーズ、せっかくだからあと3試合観たいです。
​​​







最終更新日  2021.11.25 09:00:05
2021.11.24
カテゴリ:野球
昨日(火)の第3戦も素晴らしい試合でしたね。

スワローズ

スターターの小川投手は落ち着いていて最低限の役割をキッチリ果たしました。
第7戦のスターターは小川投手かな。
(高橋投手はクローザー起用が僕の案)
昨日は何と言っても石川投手。
これで高津監督も迷いなく早目の手が打てますね。
清水投手を休ませたこと、マクガフ投手を投げさせたことが今日以降に繋がるという流れになった気がします。
打線は完全に勢いに乗りましたね。
第4戦を獲れば一気に4連勝で日本一も充分に有り得ますね。

バファローズ

杉本選手に一発が出たことは良かったと思います。
ただ、スワローズに比べると攻撃が淡白というか…守備や走塁を含めて全体的に大雑把といいますか、何となく勿体ない気がします。
第1戦で使える投手を見極めたと思ったんですが、昨日のバルガス投手の起用には驚きました。
結果としては2イニング目を抑えたので「行ける」ような感じになりましたが、僕的には「ここぞ」の場面で再登板になった場合はスワローズからすれば「LUCKY」となる気がします。
田島投手も次は最初から波に乗れるでしょうしリリーフでの登坂も有りかも知れません。
「ここぞ」の場面は比嘉投手ですね。
バファローズは第4戦を落としてしまうと相当苦しくなると思いますので、奮起を願っています。
とにかく3イニングまでに先取点、そして5イニングまでに3点差は欲しい気がします。


今夜も楽しみです。






最終更新日  2021.11.24 14:59:17
2021.11.23
カテゴリ:野球
​​​スワーローズ

とにかく高橋投手。
プロ初完封が日本シリーズなんて凄すぎますね。
あの球はそう簡単に打てそうに無いですね。
こうなると第7戦まで持ち込めばスワローズ有利かも。
もしかすると第6戦、第7戦はクローザーにまわる可能性もありますね。
(僕が監督ならそうします。)
打線の方は、第1戦・第2戦を通じて及第点。
日本シリーズ独特の雰囲気に飲み込まれているような選手も見当たりません。
心配は第1戦で「らしくない」投球だった8回9回の二人。
第2戦で登板する場面が無かったことが吉と出るか凶と出るか。
とにかく「神戸」まで持ち込めば有利になると思います。

​バファローズ​

宮城投手も流石ですね。
今回は久しぶりの登板ということを加味すれば出来すぎかも知れません。
次(第7戦)は、精神的にも体力的にも「余裕」が出るでしょう。
打線の方は「微妙」ですが、第2戦は高橋投手が凄すぎたので仕方ありません。
今日(火)の第3戦は先制点が欲しいですね。
4番杉本選手に一発が出れば一気に打線全体が盛り上がると思います。
第1・2戦を観て、バファローズの命運は「杉本選手次第」という気がします。
とにかく、失敗を恐れず80%のフルスイングを魅せて欲しいものです。
こちらはリリーフ陣の見極めが出来ている気がするので第3戦以降の投手起用に迷いは無いはず。


第3戦~5戦は打撃戦になるかな?...楽しみです。






最終更新日  2021.11.23 14:53:34
2021.11.21
カテゴリ:野球
バファローズ

決めるべき人(吉田正選手)がキッチリ決めた大逆転劇。
日本のエースである山本投手が最小失点に抑える好投。
思いのほか投球数が増えたことは誤算だったように思えますが「相手を探る」という意味では2戦目に活かせるかも知れません。
セリーグには少ないタイプである比嘉投手に目処が立ったのも2戦目以降の大きな武器に。
代打モヤ選手のホームランは中嶋監督の今後の采配にも好影響をもたらすでしょう。
勝負強さが売りの紅林選手の最終回のヒットは「ただの1本」ではない気がします。
最後の最後にその存在感でファーボールで出塁(次に繋げた)ジョーンズ選手も流石。
波に乗せるとチームのムードが一気に上がる宗選手が活躍したのも好材料。
適材適所、各選手が自分の役割をしっかり表現した良い試合だったと思います。
心配はラオウの表情が冴えないこと...。
パリーグのホームラン王として三振しても上を向いて野球を楽しんで欲しいと思います。
第2戦のスターターは宮城投手。
今日も勝てればチームの「日本一」が現実味を帯びて来ますね。


スワローズ

ある意味、バファローズより各選手が普段どおりの野球が出来ていたように思います。
打つべき人にもキッチリ結果が出ています。
打線はシーズンの好調を維持できていると判断しても良いと思います。
若きエース奥川投手の投球は見事の一言。
20歳とは思えない落ち着きと大胆さはバファローズの山本投手に匹敵する逸材。
最後の最後に「負けられない試合」を負かされる可能性大、楽しみです。
心配なのは抑えのマクガフ投手が崩れたこと。
第2戦でリードを保ち再度マクガフ投手を送り込み「抑える」ことが出来れば「悪夢」は帳消しに。
万が一、マクガフ投手を登板させない、若しくは、その状況が作れなかった場合は尾を引くことに。
とにかく、9回表まではスワローズの試合でした。
第1戦の9階裏は「悪夢」だったと「切り替え」が出来るかが最大のポイント。
第2戦を獲れば振り出し。
高津監督の「絶対大丈夫」が今こそ必要。

今年の日本シリーズは、リーグ優勝を果たした好チーム同士の対戦で本当に面白いです。






最終更新日  2021.11.21 12:44:38

全8件 (8件中 1-8件目)

1

PR


© Rakuten Group, Inc.