015675 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

サラリーマン・ハック

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

楽天カード

ランキング市場

2017.11.23
XML
カテゴリ:キャリア



 ・勉強を始めたのだけどなかなか続かない
 ・習慣にしようとしたけどうまく行かなくて…

いろんな勉強会やキャリア研修などに参加すると、こういう悩みを持っている人が結構多いです。

私もそのうちの一人なのですが、それで反省することはあっても、焦らないように注意してます。



■所属する集団の平均値


「××がうまくやれない」「××ができない」という課題認識ができるということは、

 それができて当然
 できるのが平均値

と思っていると思います。

ところが世の中には、そんなことやろうとも思わない人がいるんですよ。

こういう感覚を持つのは、自分が所属している集団の多くの人がそれをやっているからであって、全くやろうとしない集団に所属していれば、当然その人もおなじように、「何かを勉強しよう」とか「改善しよう」という気にはならないんです。

だって、それを考えないのが当たり前なので。

人間は自分が所属している集団のレベルで自分のレベルの立ち位置を相対的に判断しているですね。絶対値で判断できるものというのは非常に少ない(「ない」とはいいませんが)。

相対的に判断する対象の母集団は、自分が認識できる集団です。つまり仲間や同僚。

よくある話が、中学校で同じくらいのレベルの2人が、一人は進学校、ひとりは普通の学校にいったら、進学する大学のレベルは進学校に行った人のほうが、ほぼまちがいなく高いくなります。どういう集団に属しているかで、その人の能力の伸びも変わるんですね。




■できないと気づいた時には、集団が変わっている


自分の所属している集団が、なにかについて前向きなプロセスをもっていたら、自分もそのプロセスに乗っかって、多分うまくなります。

よく「友達は選びなさい」とか「朱に交われば赤くなる」とか言われます。

自分がどういう集団に所属するかで、自分が何年後かの自分のレベルが変わります。

もし、冒頭のように「なかなか続かない」という課題を持てるということは、「続けている集団」に所属しているから、課題だと思うわけです。改善しようと前向きになるわけです。

その集団の中で「続けることが当たり前」になってしまうと、次の上位の集団、「より高度にしていく」が見えてきます。
積極的にその集団に入るようにしてください。「続けていても進歩がない」が課題になります。

もし自分がその集団の先頭付近にいると思ったら、思い切って自分が最後尾になるくらいの集団に移動しましょう。
自分のレベルが上った実感はないかもしれませんが、切磋琢磨していくうちに、元いた集団ははるか後ろになってますよ。

ただし、心が折れてしまわない程度に。



■同じテーマの記事

時間の浪費を見つける方法

どう頑張っても1日は24時間しかありません。生産性という意味で時間あたりの生産性を変えることはできますが、物理的な時間を伸ばすことはできません。時間あたりの生産性を改善するために、過去記事でもいろいろなハックをご紹介しましたが、トータルでみると、生産性改善よりもムダに捨てている時間を有効な時間に使うほうが効果があります。単純に言えば、睡眠の時間を削って仕事ややりたいことに当てれば、1日の生産量は向上します。ただし、長続きしないで..

やってはいけない睡眠学習

随分昔ですが、「睡眠学習」というのが流行りました。寝ている間に英語のテープなどをかけっぱなしにしておくと、自然に英語が身につく、というようなやつ。いまだに学会では睡眠学習に関する報告がなされているみたいですね。Wikipediaによると1924年のJenkinsとDallenbachによる、記憶は覚醒中よりも睡眠中のほうが保持率が高いという実験結果[:en]が曲解されたという..

好きな曲を聞いて集中力を強化する

通勤時にヘッドホンを付けている人を結構見ます。というか、私もそのひとりで、Bluetooth のヘッドセットで好きな音楽を流してます。「聞いてます」ではないのは、ほとんど聞いていないから。目的は、周囲の雑音を好きな音楽で打ち消したいだけ。朝の出勤時には、電車がすいていれば、新聞を広げてガサガサさせている人がいますし、帰りにはおしゃべりをしている人が結構います。そういうのって聞くともなしに聞こえますし、ガサガサ・ゴソゴソだと気になり始めると苦になります。好き..

転職面接の質問にはこう答える!のヒント集

書類審査は通るけど、面接審査で落とされる、という話はチマタには多いようですし、ウチの会社も合格率はあまり高くないように思います。自分の実力がない?見当違いの会社を受けている?相手がイジワルな面接官だった?どれも少しずつ当てはまるかもしれません。しかし、筆者のこれまでの経験をべースだと、面接で失敗する理由は面接のポイント(面接官の意図)がわかっていないために、面接官の質問に対して「期待ハズレの答えと反応」をしているのだそうです。..

努力と成果は比例しない。その2

昨日は、パレートの法則というのをご紹介しました。一言でいえば成果の8割は、あなたの努力の2割から生み出されているというものでした。じゃぁ、今までの2割しか仕事をしなくていいかというと、そういう問題でもないのが難しいところ。今の成果は確かに、2割分の仕事の結果で生み出されているけど、将来の成果は残りの8割の中にあるかもしれない。だから、残り8割もやめるわけにも行かない。となってしまいます。成果に焦点を当てるただ、よくよく考えて見れば、大した成果もでそうもな..

文章校正のためのセルフチェックリスト

私は、頭のなかで考えるのが不得手なので、いろいろなチェックリストを作って Excel に書き出していて、色んな場面でこのチェックリストを見ながら、抜け漏れがないかをチェックしています。メールなどでも、報告書を出すときにでも、読みやすい文章を書くために、普段から文章は一度書いてから推敲する時間をとるようにしています。そんなときに役に立つのもチェックリストです。これがあると、ちょっとした枝葉末節の部分にとらわれずに、効率的に..










最終更新日  2017.11.23 07:03:17


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.