177067 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

子供や演奏など日々の記録

PR

カレンダー

お気に入りブログ

ベートーベン:弦楽… ピカルディの三度THさん

momoexpress デイリ… momoexpressさん
Choral am Ende der … チョロまつの飼い主、のりすけさん
Ensemble Arpege Ensemble Arpegeさん

プロフィール


かぷりす

カテゴリ

コメント新着

 かぷりす@ Re[1]:産まれた!(01/14) THさん ありがとうございます! 帰国…
 かぷりす@ Re:おめでとうございます。(01/14) ゆうかさん ありがとうございます! …

フリーページ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2018年06月
2018年05月
2018年04月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

ニューストピックス

2005年04月17日
XML
カテゴリ:友人など
2時挙式とのことだったが、10分ほど早く始まった。フルート、アイリッシュハープ、オルガン、ゴスペルが入ったなかなか豪華な挙式だった。やっぱり名古屋だからか??? フルートの色は金色だった。

チャペルへ続く道の壁には、二人の小さい頃からの写真が飾ってあったが、なぜか大学時代の写真はなかった。ここに飾れるような写真はないっていうことだろうか。。。


式が終わって、披露宴のリハーサル。かぷりすは演奏を頼まれていて、ピアノはホテルの人なので、このリハーサルが初合わせ。まずはモンティのチャルダッシュ。この曲はフレーズごとにテンポが変わるし、フレーズの中でもテンポが揺れるので、1度通して、2度目は少し細かくやって、もう一度通して、次にちょっとうまく行かなかった部分をピックアップしてやって、最後に後半を通した。もう1曲はシューベルトのアヴェマリア。この曲はテンポがほぼ一定なので合わせやすい。1度通して、最後の部分だけチェックしてリハーサル終了。


3時過ぎに披露宴開始。自分のテーブルは、大学の研究室の同期とNBUGの方々。NBUGの方々は名古屋大学の方と協力して、ホテルの ADSL 回線を利用してこの披露宴をインターネット中継するらしい。しかも、双方向。東京から祝辞をもらうそうです。


1時間ほどして、かぷりすの演奏。その前に挨拶ということだったのだが、彼はエピソードが多すぎるし、とても馬鹿なことばかりやっていて、披露宴の話題としてはくだらなさ過ぎてどうかと思ったので、エピソードは割愛して演奏へ。シューベルトを間違えてグノーと言ってしまい、グノーと言った瞬間にシューベルトが頭から抜けてしまい、ピアノの人の譜面を見てシューベルトでした、と言ったら皆に笑われた。

演奏は結構良かったらしい。披露宴終了後、知らない人(出席者)何人かから声をかけてもらった。

お色直し後、NBUGの方による東京からの祝辞。画像と音声を双方向で中継。披露宴を双方向でインターネット中継というのは、世界でも初かもしれないとのこと。少なくてもここのホテルでは初めてだったそうだ。

そして、新婦の友人たちによるフラメンコダンス。フラメンコ用の板を一部に敷いて、その上で3人が踊った。なかなか面白かった。

引出物は、ユーハイム デアバウムクーヘンユーハイムのバームクーヘンたち吉のもみじ箸置、これだけで十分なのに、さらにカタログギフト。これも名古屋だからか???






最終更新日  2005年04月22日 00時24分58秒
コメント(0) | コメントを書く
[友人など] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.