926937 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

柳居子徒然

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


柳居子さん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする

Calendar

Favorite Blog

桜の精としばし語ら… New! しぐれ茶屋おりくさん

Comments

黒幕子@ 三上のターちゃん お顔が広い事は存じておりましたが、三上…
柳居子@ Re:丸善の雰囲気(02/20) 丸善は、日本で最初に出来た株式会社だそ…
arz2bee@ Re:丸善の雰囲気(02/20)  京都にも丸善が出来たようですね。目礼…
柳居子@ Re:明けましておめでとうございます(01/10) ムーミンさん 今年も宜しく。か細い紐帯…
ムーミン@ 明けましておめでとうございます 柳居子さま 新年明けましておめでとうご…

Freepage List

Headline News

2017.03.30
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 判らない事が有れば、今はスマホの検索で殆ど瞬時に意味が判るようになったが柳居子若かった時はそうでは無かった。判らない事が有れば辞書を引き、辞書に載っていないモノは人に聞く。知らない事を尋ねる事を恥とは思わない。又 知らぬ事を真摯に知ろうとする態度には 人は必ず教え導こうという心を持つという事も体験上知っている。学校教育を碌々受けなかった柳居子は、辞書・読書・と。人が身に付けた学識・見識を受ける事で渡世をしてきた。

 仏教書専門店 寺町『其中堂』の森先新氏もそう云った教師の一人である。
『門前の小僧、経を読む』という例えが有るが、そう云うレベルでは無く、師に付従って若い僧が買い求めた本を覚えていて、その本が読了して段階を経て次読む本の見当が付いて、店頭にその若い僧が立つと同時に該当の本を手元に置き、これをお買い求めにお越し頂いたのですねと差し出すと、師の勧める本だったという伝説めいた実話が有る。柳居子の店にもご愛顧を賜りお越しになる毎色々な話を聞かせて頂いた、

 某年某日 何の本で読んだか失念したが雨安居(うあんご)と言う言葉 辞書を引いても出てこない。 どうも仏教関係の言葉の様だと目途を付けて森先氏に尋ねた、
≪≪雨安居はなぁ 仏教が開かれた原初の時代の制度で、仏教が未だ新興だった時の話し インドでは雨が激しく降る雨季と言われる季節は人々は動かず じっと季節の過ぎるのを待つのが習わしだったが、雨中にも関わらず経を広めるための折伏の動き活動が止まらぬ事を 既存の宗教勢力が強く非難した事から 雨の季節は静かにじっと先輩の指導を受けるとか 教義の解釈を深める研鑚の時として雨安居の制度が取り入れられた。雨の凌ぎの場所として原初洞窟などが使われたが 大勢の人を収容する建物の必要性が生じて建てられた建物其れを『伽藍』と言うのだよ 祇園精舎の鐘の音 諸行無常の響きありの祇園精舎も 伽藍だったのだょ≫≫という説明

『よく何も無い事を『がらんどう』と言いますがと問いなおすと『空間・場所に何も無い 人も居ない『殻堂』からどう 『空所』からと また『虚』からの音便用と言う説もあるなぁ』という説明も受けた。

 中國に伝わった後 伽藍を守る伽藍神を祀る伽藍堂と言うのが建てられたが、日本では神仏習合で。鎮守が伽藍の守り役になってい居るのだそうだ。

 そう言えば随分前 黄檗山万福寺の官長をされていた村瀬玄妙師を訪ねて色々と案内して頂いた中に 伽藍堂と言う建物が有った。玄妙師と父柳居とご縁が出来て 老師の頭を剃るという機会があり 父に従った事が有った。登場人物皆鬼籍の人 旧い旧い話です





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017.03.30 09:37:12
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.