986355 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

しぐれ茶屋おりくの部屋

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


しぐれ茶屋おりく

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

些事 New! 柳居子さん

銀行 ATM シーケンシ… New! Aちゃん22さん

白無垢 灰色ウサギ0646さん

結婚記念日 えるざべす♪さん

ジャマンガ日記#112… らむくりーむさん

Comments

灰色ウサギ0646@ Re:父の終活不履行のツケ、しかしプラス面も♪(12/08) 断捨離でも自分の趣味は最後まで残してお…
灰色ウサギ0646@ Re:留守を守って下さる神さま♪(11/13) ああ、出雲にただ集られるわけじゃないん…
灰色ウサギ0646@ Re:影法師♪(11/05) 天王山と大山崎の一部ですが見た今ではお…
灰色ウサギ0646@ Re:宝積寺の閻魔さま♪(11/03) 急に思い立って大山崎へ行って来ました。…
しぐれ茶屋おりく@ Re[1]:万葉集から拾ってみました♪(10/10) 杵屋勝晴代さんへ 私も俳号を頂戴した鈴…

Freepage List

Headline News

初めまして、極めて色気の無い部屋ですが、皆様のご指導のもと、親しまれるホームに改築致したいと愚考して居ります。





楽天ブログ検索
2018.12.10
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

〇万葉集巻4の長歌に「たおやめのわが身にしあれば、
道守りの問はむ答へを言ひやらむ術を知らにと、立ちて
つまづく」という例があって、

<私はか弱い女の身ですから、街道で番をしている関守
からどこへ行くのだと問われても、

どう答えて言い逃れしたら良いものかと一瞬行きどまっ
てしまいます>

という意味になりましょう。
 ”躓(ツマヅ)く”は爪突くことで、昔の旅はと言えば、
草鞋(ワラジ)や足半(アシナカ)を履き、朝から夕方まで歩き
通し。

爪先は無防備に飛び出ているため、蹴躓いたら息を呑む
ような痛みに
暫し動きが止まってしまいますね。
現代人のわたし達も家具や柱に蹴爪突いた時は一声も発
し得ません。

これは加齢と共に頻繁化するので要注意ですね。

 国会の答弁や記者団に詰め寄られた時の議員さんも暫
し掲題の和歌のように、
蹴躓き状態を露呈します。
足半は草鞋を半分にした恰好で、<これは泥踵が無い為
に泥が跳ね上がる事がなく、
足と履物との間に砂や小石
がつまる事も無い。

水中においても、小道具ゆえに水の抵抗が少なく、川の
流れに足を取られる事がない>

という優れもの。
大きな釣鐘を曳き歩いたとされる力持ちの弁慶、
足指を
守るこの至便な足半を履いていたのかも知れませんね。

参考・鈴木裳三著「日常語語源辞典」(東京堂出版)






Last updated  2018.12.10 08:03:01
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.