353951 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

健康・美・老化を考える辻クリニック院長のブログ

PR

プロフィール


Dr.Nao

カテゴリ

フリーページ

ダイエットと部分痩せに関する研究


メソセラピーと脂肪溶解注射


メソセラピーは部分痩身に有効か?


セルライトの生成と治療


皮膚の老化と美容に関する研究


アンチエイジング/若返り治療に関する研究


細胞障害と老化


デットクスって何?マルチデトックス治療


治療を受ける前の基礎知識


ケア(予防)とキュア(治療)


ケアという治療:積極的予防医学のすすめ


ホルモンバランス


スポーツエイジング


栄養素補充療法


Pail理論:桶の理論


Gradual field理論:段々畑理論


エイジマネージメント


第1段階治療:栄養補充と解毒


第2段階治療:抗酸化と抗糖化


第3段階治療:補充とコントロール


コロンクレンジング(腸内洗浄)


メディカルダイエット


メディカルダイエットプログラム


リバウンド防止プログラム


部分痩身治療


胚葉型別スタイル


胚葉型別スタイル


メソセラピー


施術方法


注入深度


カクテル


ボディカクテル


ダーマカクテル


ヘアカクテル


その他カクテル


メソデザイン


メソファット


メソドレーン


メソペイン


メソサプリ


メソリフト


メソリジュビネーション


メソアクネ


メソピール


メソケア


メソヘア


メソグロー


メソイムノ


メソインフラメーション


サポート施術


ソノピール


ソノピール


サーモエネルギーパック


オリジナルコスメ:DAMA age-managements


マルチニュートリション


メガニュートリション療法の実践


求人のご案内


辻クリニック


ホメオセラピー:恒常性療法


バックナンバー

2018.12
2018.11
2018.10
2018.09
2018.08
2018.07
2018.06
2018.05
2018.04
2018.03

日記/記事の投稿

カレンダー

コメント新着

 ふゆこ@ Re:肥満をとるか?糖尿病をとるか? 脂肪吸引の怖さ(07/22) すみません、もう一つ質問です。 3) 肥…
 ふゆこ@ Re:肥満をとるか?糖尿病をとるか? 脂肪吸引の怖さ(07/22) はじめまして。突然失礼致します。 こちら…
 福澤徹子@ Re:レントゲン・CT検査とフリーラジカル(03/28) <small> <a href="http://blog.livedoor.…
 dmqlnmxzmtx@ svmIljxior vKCDjK &lt;a href=&quot; <small> <a hr…
 ieqcwsk@ FjYHdYWbKzEcYmqip S9Ouwn &lt;a href=&quot; <small> <a hr…

お気に入りブログ

癒しの音楽療法ヴァ… ブルームーン25さん
あめつちほしそら KnnBnnさん
2006.08.10
XML
カテゴリ:コスメ研究
論文書きと研究に追われて更新できなかった・・・。
今回はその研究のひとつを。

最近『ナノ化化粧品』というものが頻繁に店頭に並ぶようになりました。

一般の人から見ると『ナノ化(分子量を小さくする)した成分が皮膚の深くまで浸透し、効果を発揮』などといわれると『そっか~、それはすごそうだ!』と思いますよね。

しかし、これには大きなウソ・落とし穴があります。

そもそも皮膚は分子量700以上の成分を通さないように出来ています。
菌やウイルスも大きいので、皮膚から進入することはできません(怪我をしている場合は別です)。

美容成分として『魅力的』な成分(例えばコラーゲン・ヒアルロン酸など)はとても分子量の大きな成分です。

例えるなら、皮膚の隙間を『ザルの網目』とするならば、コラーゲンは『バスケットボールほどの大きさ』となります。

どうです?

皆さんは『ザルの網目にバスケットボールを通す自信がありますか?』

不可能ですよね

そこで登場したのが『ナノ化』という技術です。

ナノ化とは『バスケットボールを小さくする技術である』というイメージを与えているようですが、それはまったくのでたらめです。

バスケットボールはあくまでもバスケットボールであり、『その大きさ』があるからこそバスケットボールなのです。

ナノ化とは『バスケットボールをハサミき切り刻み、ザルの網目を通るまで細かくする技術』ということです。

確かに、こうすればザルの網目を通ることは出来るでしょう。

しかし考えても見てください。『細かく切り刻んだバスケットボール』はバスケットボールなのでしょうか?

それはバスケットボールではなく『元バスケットボール』『バスケットボールの原料』にすぎません。

ではコラーゲンは?

コラーゲンの原料は『アミノ酸』です。

極論ではありますが、『アミノ酸=ナノ化したコラーゲン』です

わかります?

『安価なアミノ酸入り化粧品』と『効果はナノ化コラーゲン化粧品』はほぼ同じということです。

唯一『可能性』があるとするならば、ナノ化コラーゲンは『コラーゲンを作っていたアミノ酸』ですから、繊維芽細胞がアミノ酸からコラーゲンを作る際に、すべての材料が揃っていることくらいですね。

でも、私から言わせれば、こんなもの『お肉やお魚、卵、お豆腐をバランスよく食べていれば十分なのでは?』と思いますよ、実際。

私はその専門家ですから『説明のウソ』を見分けることができますが、私だって『専門外の説明』にはコロッとだまされてしまいます(その後に、専門の友達から『ありえないでしょ!』と笑われてしまします・・・)。

この世の中、イメージ先行のだまし文句ってとても多いんですよ。






最終更新日  2006.08.10 10:45:49
コメント(8) | コメントを書く
[コスメ研究] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.