1595997 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

マムの素 * 青カバ・ウィリアムはかく語る

PR

Category

Freepage List

Comments

poco-mom@ Re:こんにちは!(02/27) momo、ときどきモモ夫さんへ お元気ですか…
momo、ときどきモモ夫@ こんにちは! おめでとうございます♪♪♪ (*゚▽゚)/゚・:*【祝…
poco-mom@ Re:おめでとう🎉❕❗(01/26) ようこちゃんへ ありがとう。 シコシコト…
ようこ@ おめでとう🎉❕❗ マムちゃん お久しぶり❗ ここは田舎なの…
ポコマム@ Re:こんばんは!(01/26) momo、ときどきモモ夫さんへ ももさ~ん …

Favorite Blog

佐倉・里山の秋 塩… New! himekyonさん

サイの親子の革人形… New! 革人形の夢工房さん

池袋暴走事故、厳罰… New! ひでわくさんさん

ひら・ひらと。。。 New! poco14さん

台風15号、チョット… New! 幸達爺さん

Archives

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

Keyword Search

▼キーワード検索

全67件 (67件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

美術・芸術・展覧会

2017.10.26
XML
素心伝心展 敦煌 莫高窟第57 再現  東京藝術大学美術館


 シルクロード特別企画展
   素心伝心展
   ――クローン文化財 失われた刻の再生――

上野、運慶展のかげで開催されていた
素心伝心展は
素晴らしい展示でした。

素心伝心展 敦煌莫高窟第57窟再現 PA240322

その様子を​白マム​ではお伝えしていますので、
どうぞご覧ください。

シルクロード特別企画展 素心伝心展






Last updated  2017.10.26 19:57:49
コメント(0) | コメントを書く
2012.09.09
2


第3回市松抱き人形 山崎明咲展

会期:9月20日~9月26日
会場:京王百貨店 新宿店6階 美術・工芸サロン
         *最終日 午後4時にて閉場

福福童子50体がお待ちしています

山崎明咲のブログ


lf002  lf002  lf002

若い人が頑張っている。
そのうえ、質が高い。
白マム印は無条件に応援します。

地の利のよい場所での個展です。
多くの方が足を運んでくださればと
思っています。








Last updated  2012.09.09 22:49:38
コメント(3) | コメントを書く
2012.02.20
IMG_0010_NEW北京故宮博物院
孔雀?地真珠珊瑚雲龍文刺繍袍(くじゃくはねじしんじゅさんごうんりゅうもんししゅうほう)








いや~、知りませんでした。




故宮博物院展に行ってきました。

故宮といえば、青銅やら玉やら陶磁器の

コレクションと思い想像をめぐらして

いたのですが、、、


豈図らんやっ!



刺繍に織物の凄いこと。



写真ではいまひとつわかりませんが、

刺繍の緻密で繊細なこと。


青色をだすために孔雀の羽根やカワセミの

羽を地に織り込んだうえでの刺繍です。




刺繍やら織物をこのようにシゲシゲ、

マジマジと観る視るのははじめてです。



ほ~。




IMG_NEW_0008北京故宮博物館
刺繍三羊開泰図(ししゅうさにょうかいたいず)



↑実際に観ますとね、羊の毛1本描き(刺繍)こまれている

細密のうえ、色合いの芸術性の高さに、見惚れること

間違いなしです。



故宮、紫禁城の凄さです。




やはり北京の故宮博物院にはいってみたいものです。





注・画像は東京国立博物館にて2月19日まで開催されていた
  北京故宮博物院200選の図録より転載したものです。







Last updated  2012.02.21 14:24:23
コメント(4) | コメントを書く
2011.09.01
前回8月7日 空海と密教美術展は 兜跋毘沙門天立像を見なくっちゃあ


8月28日

空海と密教美術展
空海筆 国宝 風信帖(ふうしんじょう)平安時代




この書は高尾山寺(現、神護寺)の空海が

比叡山の最澄にあてた手紙(返信)です。


書きだし、風信雲書をとって風信帖

いわれています。



「風信雲書、天よりす翔臨。

これを披き、これを閲するに、

雲霧を掲くが如し。」


(風に運ばれて、雲に乗じて

あなたのお便りが天翔てまいり

ました。

さっそく封を開き拝読。

かねての疑問がとけて、

雲や霧が晴れたおもいです。)



冒頭漢文16文字。簡潔にて美文です。



この風信帖は、最澄が空海に

「比叡山にお越し願えませんでしょうか」

という手紙をおくったことに対して、

その返事をしたためたものです。



空海と最澄はゆくゆく、仲たがいを

するのですが、この手紙はすでに

空海のうえから目線があらわれだして

います。



空海は最澄の誘いをはねて、

「今はいそがしくて行けません。

あなたこそおいでください。」

と、つづり最後に、


これ望む所 望む所

としるしています。

ちょっと駄々っ子のようであり、

専横な感じもします。



来てくださいね、絶対来てくださいよっ。

って、感じかしらん。




高野山根本大塔
高野山根本大塔




空海は「三筆」のひとりです。その

三筆の中でも領袖といわれています。


三筆(さんぴつ)とは、日本の書道史上の
最もすぐれた3人のことであり平安時代初期
の空海・橘逸勢・嵯峨天皇をさします。




この風信帖は空海の書のなかでも最高といわれて

おり、つまりこの書は最高の書家が書いた

最高の書といえます。



この風信帖は視覚的にも、最澄に対して、

「どうだ。私はいろんな書体を自在につかえる

であろう!すごいであろう」としめしたものでもあり、

また精力的に動きまわる心身の強さがおのずとあらわれた

字面といってよいでしょう。デザインされた書面といっても

いいでしょう。



強弱があり走っていたりとまったり・・・と。



出だしのは毅然とした王羲之(おおぎし)

の字体であり顔真卿(がん しんけい)

の涼やかなる字体です。



対して最澄の書は端正で統一された、優しげな顔真卿の字体です





2011年09月01日_P90106971榊 莫山と風信帖
榊 莫山、東寺にてNHK取材班と






マムが空海と密教美術展に2度も足を運びこの

書の前に立ち続けた理由は、20年前に目にした書物

に原因があります。その本「国宝の旅」の中の

案内人である莫山さんの風信帖と対面されている写真の

食い入るような姿の印象がとても強かったからです。↓




2011年09月01日_P90106941榊 莫山と風信帖




去年、没した榊 莫山(さかき ばくざん)さん

は、この風信帖と対面された時(昭和62年)、

「1200年前がここにある」と、

と、つぶやかれました。




ずっとずっとこの写真、この言葉がわたしの頭から

離れませんでした。




弘法大師御廟
高野山弘法大師御廟



1200年前がここにある





わたしも、会ってきました。






Last updated  2011.09.01 22:06:24
コメント(4) | コメントを書く
2011.08.28



2011年08月28日_DSC_1098
2011年08月28日上野公園国立科学博物館

























2011年08月28日_DSC_1099
2011年08月28日上野公園国立科学博物館




こんなこと書いたらグリーンピースの

面々にお叱りをうけるかしらん。


近くによると、どう見ても

クリスマスキャロルの吝嗇家

スクルージ顔!







img8fbed7aezik5zj img8fbed7aezik5zj




*年若いお友達のブログです。のぞいてみてくださいな。
一日一枚、イラスト散歩





img8fbed7aezik5zj img8fbed7aezik5zj



<京都府亀岡市にて少年少女合気道教室開催のお知らせ>


日時 水曜日

時間 17:30~18:30

対象 5歳(年長)以上 中学生以下

指導 入江康仁四段
(早稲田合気道会第45代主将)


場所 カルチャー・スタジオビオス

亀岡市篠町野条上又11―1平和堂アルプラザ
0771‐29‐5788


メール


2011年06月05日_DSC_0766


*入江康仁四段略歴はコチラをご覧ください。








Last updated  2011.08.29 22:57:36
コメント(6) | コメントを書く
2011.08.08
空海と密教美術展
東京国立博物館 平成館 (上野公園)
2011年7月20日(水) ~9月25日(日)

詳細HP


IMG_0001_NEWkukai
2011年8月7日 空海と密教美術展



今日はとっても暑い日ですが、

なんとしても行かねばならぬ

「空海と密教美術展」。


謳い文句が

「国宝重要文化財98.9%」

ですから。


京都、東寺の講堂からは国宝の

お仏像さまがどっとおいでです。

その方々360度ぐるりと拝観

できるなんて嬉しいかぎりです。

人気の帝釈天、梵天さんも目の前に

おわします。

東寺の講堂では気がつかなかった

模様などがわかりゾクゾクします。




IMG_NEWkukai
東寺 降三世明王




降三世明王(ごうさんぜみょうおう)は

シバ神およびその妻を踏みしめておいで

なのですが、東寺の講堂では15体の

お仏像の乱立(笑)のなかであまり目立ち

ませんが、ここでは、彼も主役です。


エッ!? 

なぜ、邪鬼ではなくてシバ神のか?って

ですか。

それはね、簡単にいえば、シバ神は仏敵だから。






この空海展はマムに言わせれば、

兜跋毘沙門天(とばつびしゃもんてん)

さんで決まりです。



兜跋毘沙門天さんは東寺の宝物館に

普段はおいでなのですが、春と秋のみ

の拝観しかかないません。



さて、この毘沙門天さんのことは

春に福岡太宰府の観世音寺の項

書きおいたのですが、覚えておいでかなあ?



IMG_0005_NEW1兜跋毘沙門天(とばつ びしゃもんてん)
大宰府 観世音寺の兜跋毘沙門天足元





<兜跋毘沙門天 伝説>

1200年以上も昔、中国の西域地方のある都市(城)が、

他国の民族に攻められ、囲まれてしまいました。もう終わりか!と

思われたその時です。ゴ-ゴゴ-ッというすごい地響きと共に地面が、

激しく揺れだしました。そして地母神が戦いの神,毘沙門天を掌にのせ、

メキメキッと音をたてて地面を割って姿を現したのです。これに驚い

た敵は、逃げていきました。

それ以来、唐の国では、この時の毘沙門天の姿を守護神(しゅごしん)

として、まつるようになりました。




この東寺の宝物館に安置されている

兜跋毘沙門天は元は平安京の羅城門の楼上に

祀られ平安京を護っていたといわれています。

平安末期に東寺にはこばれてきたのだそうです。


よ~く、ご覧ください。


IMG_0002_NEWkukai_0001空海展 兜跋毘沙門天
空海展 兜跋毘沙門天



鎖で編んだ裾の長い金鎖甲を身にまとい、

肩から出る腕は獅子の口を割って出て

います。そして腕には海老の甲のような籠手

をつけいるという、凝った意匠です。

宝冠の正面は鳥、左右は武装像。

顔立ちは居丈高で瞳するどい憤怒の表情。


IMG_0002_NEW_0003空海展 東寺、兜跋毘沙門天とばつびしゃもんてん



これはとっても見ごたえあります。




そしてその足もとです!

地天女(ちてんにょ)が可愛いお手手で

兜跋毘沙門天を支えておいでなのです。




IMG_0003_NEWkukai空海展 兜跋毘沙門天




兜跋毘沙門天にくらべ地天女のお顔は

とても涼やかで、兜跋毘沙門天さんを

のせるなんて平気の平左って感じですね。



地天女さんは右に尼藍婆(にらんば)、

左に毘藍婆(びらんば)を連れておいでです。



この兜跋毘沙門天立像は是非、じっくりご覧ください。

*この立像↑は唐よりやってきたものです。







IMG_0006_NEWkukai空海展 五大虚空蔵菩薩(ごだいこくうぞうぼさ つ)
東寺 観智院、五大虚空蔵菩薩(ごだいこくうぞうぼさ つ)



このお像も、東寺に安置されているのですが、

普段は拝観がかなわない観智院(かんちいん)の

五大虚空蔵菩薩(ごだいこくうぞうぼさつ)の

おひと方の蓮華菩薩さんです。

今回はお二方おいでになっています。



東寺観智院 五大虚空蔵菩薩(ごだいこくうぞうぼさ つ)
本来は東寺観智院にこのようにしておいでです 



薄暗い観智院の中でお見かけするのもいいですが、

光のなかで拝観すると、お鼻が高くて、

そのお顔立ちの優しいこと、

そして思いがけない大きさに驚きます。

この菩薩さまも唐よりおいでだということです。


やはり異国情緒たっぷりですね。






IMG_0004_NEW_0003




お道具もたくさん出展されており、鍍金された

皿類はとても美しいものでした。





マムは5月に大分県の八幡奈多宮にて八幡神

にお会いしたのですが、東寺からも女神さま

がおいでになっていました。


IMG_0005_NEWkukai



東寺の守護神ですね。

神像は仏像と違うということをはっきり

させるために大らかな造りとなっているのですよ。

面白いでしょ。


2011年05月03日_DSC_0463
大分県八幡奈多宮のご神体三像







マムがウヒョヒョと嬉しくなったお像は

京都醍醐寺さんの大威徳明王の乗られて

いる水牛でっす。



IMG_0007_NEW



かばゆいでしょ!

気にいっちゃいました。



これは↓奈良時代の木彫神鹿ですが、

本に載っていたもので、ひとめぼれ

の木彫です。

なんだか似てるでしょ。マムはこの

神鹿も大好きなんです。


木彫 神鹿
↑空海展には関係ありません





さあて、空海の実筆の風信帖(ふうしんじょう)

ですが、8月23日以降の展示ということです。

もう一度、行かねばと思うマムです。


*風信帖は最澄に対して上から目線的な有名なお手紙です


                      ■次回 風信帖について




*太宰府 観世音寺兜跋毘沙門天
*大分県 八幡奈多宮







Last updated  2011.09.01 19:45:13
コメント(12) | コメントを書く
2011.02.22
前回


       2011年02月20日_DSC_0618金沢文庫



          神奈川県立金沢文庫80年 特別展
             運  慶  展

         平成23年1月21日(金)~3月6日(日)


       昨日のアップ、実は途中で疲れ果てて終了しちゃった
         んです。本の少し追記しますね。





        kotokuji-dainichi
        重文 厨子入大日如来坐像 栃木・光得寺所蔵 鎌倉時代初期


     この厨子にお入りの大日如来さんは

     光得寺より東京博物館に寄託されているのですが

     めったなことでは拝観は出来ないものです。

     真如苑が落札した大日如来坐像さんを東京国立博物館

     展示時に、この光得寺所蔵の大日さんも展示されました。

     二体同時展示はとても貴重なことです。


     それが、今回は円成寺さんの大日さんと

     三体同時展示です。


                 フ~。




     光得寺さんの如来様。

     お可愛くてきれいでため息がでます。

     厨子がまた見事でした。

     おびただしい獅子にささえられた蓮華。

     厨子内を飛翔する仏様の数々。

     素晴らしいものです。



     感動の運慶展です。





     参考・2008年7月二体の大日如来像と運慶様(うんけいよう)の彫刻







Last updated  2011.02.22 23:30:55
コメント(2) | コメントを書く
2011.02.21
   2011年02月20日_DSC_0624金沢文庫
        2011年02月20日神奈川県立金沢文庫



          神奈川県立金沢文庫80年 特別展
             運  慶  展

         平成23年1月21日(金)~3月6日(日)


     お仏像好き、とりわけ慶派好きにはたまらない

     金沢文庫の運慶展です。

     東京国立博物館さえも、このような揃い踏みは

     ありません。




        運慶展
       奈良・円成寺(えんじょうじ)所蔵 大日如来坐像 1176年



     このポスターにもなっている大日如来坐像に

     マムは2008年の夏に忍辱山(にんにくせん)円成寺に

     バスに揺られて拝観にいったものです。


     多宝塔の透明プラスティック板の向うにおいでの

     如来さんは反射がひどくよく見えなかったものの

     お会いできて感激したのをよ~く覚えています。

     また、この円成寺さん自体がとても姿のよい

     お寺さんで、マムのお勧め寺のベスト10に

     はいります。


img5479331azik5zj 円成寺 imgd578da1czik0zj 円成寺

img0a5ac5cdzik9zj 円成寺 img65dec56dzik0zj 円成寺



     この如来さんですが、運慶が若いときのものです。

     今までいろんな運慶作のお仏像をみてきましたが、

     やはり運慶らしいバランスのとれたとてもいい作品です。

     が、

     当然まだ未熟で全体的に甘さを感じます。



        真如苑 大日如来像
           真如苑所蔵 大日如来像 鎌倉初期



     この真如苑所蔵の大日さんにお会いするのは

     2回目となります。

     13億円で落札と話題になったものです。

     13億が是が非か考えてしまいますが、

     海外にもちだされなくてよかったと

     お姿を拝見し思った気持は今回もお会いしても

     同じでした。

     とてもおきれいです。円成寺の大日さんを制作

     して、多分10年ほど経ったものだと思われます。


     お顔に気品が漂い、腰の絞り込み方はギリギリ

     まで、せめぎあっています。美しさか否かの。


     私はこの大日さんが真如苑所蔵になってよかったと

     思っています。新興の宗教にありがちな排他的なところが

     真如苑さんにはないと聞いています。


     だから、落札した後に東京国立博物館で公開もゆるされ、

     今回の展にも出展がなされたと思っています。

     真如苑は現在大伽藍を建設中とのこと、伽藍ができた

     あかつきには、そのお堂に安置されたこの大日如来坐像を

     拝観したいものです。



         滝山寺 012
        愛知・滝山寺 本堂



     愛知の滝山寺(たきざんじ)からは三尊立像の

     おひと方の帝釈天さんがおいでです。



        img0613bac6zik3zj 愛知 滝山寺 帝釈天立像
         愛知・滝山寺 帝釈天立像



     この帝釈天さんもマムはお目にかかりに

     滝山寺にいったものです。


     「タキザンジに行ってください」と駅前から

     タクシーに乗り、連れていかれたのが

     タキダンチ滝団地と笑い話のようなめに

     あったのも懐かしい思い出です。


     帝釈天、聖観音、梵天さんらは誰も管理する人が

     いない宝物館に安置されていて「大丈夫かい」と

     心配したものです。


     色鮮やかで保存がよいように見えますが、

     実は明治期の補修は本来の塗りを落とさずに

     その上に厚塗りをするというやり方なので、

     厚化粧といいましょうか、ぼてりとした

     御所人形のような感があります。


     しかし、とてもリズミカルな線の集合体で

     そこはやはり慶派の見事な仕事ぶりです。


     背後にまわってみますと、腰のひねりの

     上品な エロティシズムを感じますし、

     衣よれてねじれた表現などの自然さに

     技術の凄さを感じます。




       img379da065zik5zj 愛知 滝山寺 三尊像
     今回の展示は左端の帝釈天立像のみです



滝山寺 瀧山寺 滝山寺 011  





     ここにあげあていませんが

     どの作品も素晴らしいもので、

     マムは大満足です。



   unkeichirasi02 運慶展






     こんな遠いとこまで来ちゃって

     東博でやってくれればよいのに

     なんて思っていたのですが、

     拝観後は
 
     東博以外でこのような充実した

     展をやるなんて、すごい!

     と嬉しくなってしまいました。



     嗚呼、見仏の虫が蠢きだすマムです。





     *吉祥陀羅尼山瀧山寺
     *忍辱山 円成寺






Last updated  2011.02.22 22:14:17
コメント(6) | コメントを書く
2011.02.07
テーマ:言葉の意味(15)
オフィーリア




オフィーリア


気がふれているオフィーリアが柳の木に登り
その枝に花の冠をかけようとして枝が折れて
川に落ち歌いながら流されて死んでいく模様の図



なわけで、マムはついつい日本の柳の木を

想像して、あんなしなだれた、たおやかな木に

登るか~といぶかしがってたわけです。が、

日本と違って泰西にはきっとぶっとい柳があるん

だろうな~~と、寝っ転がって思っていたらララ。



ありがたいコメントをいただきました。

果報は寝て待て・・・なんて 笑。


いわく、

「柳の古木ってとても太いし剪定していなければ、

とても登りやすいんですよー」。

いわく、

「ジヴェルニーのモネの庭、絵にもある柳が欧州

の柳の姿だと思います」


ご参考までにこちらをクリック



ね、ね、ね!見た見た見ましたぁ。


大きいですね。こりゃあオフィーリアは

登るわあ。



とはいっても、こんなコメントがあったのをご紹介。



いわく、

「ま、気がふれてるんだから、どんな木でも

登れそうに思いますが・・・。」



大笑






ic_fi16



とまあ、これはいつものマムのことながら

なが~い、前ふりでしてねっ。

マムがついつい柳をヌーボーとしたテロリン

とした木を想像したように、「柳腰」なんて

言葉があって、やはりこの腰つきは柳のように

たおやかでいてテロリンとしてる姿ですよね。




hishikawamoronobu01s
菱川師宣 見返り美人



「柳腰」っていうのは江戸時代の美人を

形容する言葉なんだけどね、じゃあよ、

じゃあさあ、マムがいまだにわかんないのはっ、


はっ、



小股の切れ上がったいい女


ね。





これって、どうよ。

子供の頃、よく見てた時代劇のセリフに

よくでてたのよね。


「小股の切れあがったいい女」って。



子供心に股が裂けてるんだあ・・・って

口裂け女に股裂け女でしょうか

心底怖ろしかったんだけどね。












いろんな説があるんだわあ。


小股とはうなじである。

とか。

小股とは鼻緒に挟む親指と人差し指だ

とかね。





でも決定打、あるいは確信、さもなくば断定、

じゃあないんだよなあ。





オフィーリアからこんな遠いとこにきちゃったよ~。



トホホ









Last updated  2011.02.07 17:36:47
コメント(4) | コメントを書く
2011.02.06
前回





このままオフィーリアシリーズをを終わっちゃうと

顰蹙をかいそうなので少し教養を披露しませうかね。






オフィーリア
オフェィーリア ラファエル前派 ジョン・エヴァレット・ミレイ 22才時作




子供のころ、この絵はてっきり「眠れる森の美女」だと

思いこんでいたマムですが、長じて入水と知り、

変に感心、それから時を経て木から落ちての

溺死
と知りさらにびっくりしたのが、名作の

ミレー作のオフィーリアです。



このオフィーリアですが、自殺と思っておいでの

方が多いのでは・・・。それともマムだけだけかな。



lb_s04


愛するハムレットに父親を殺されたオフェーリアは

気がふれてしまいます。


きんぽうげ、いらくさ、ひな菊などで、つくった花の冠を

柳の木に登って、その枝にかけようとして、枝もろとも川へと

落ちてしまいます。


川に落ちたオフィーリアは、その事実さえわからずに、

歌を口ずさみながら流れに身をまかせます。

死というものがわからない狂気のオフィーリア。


水の精のように水面を漂うオフィーリア。


ドレスは水を吸い、オフィーリアは狂気ゆえに死の

恐怖を知ることなく死の底に引き摺り下ろされたのです。

                  シェークスピア作 ハムレット

lb_s04




絵は、「歌を口ずさみながら流れに身をまか」す、

水の精のようなオフィーリアを見事にあらわしています。




あのね、水をさすようで悪いのだけれど
柳の木に登るって設定がピンとこないのね。
つい、日本の柳を頭に描いちゃう!
日本人は柳には登らないというより、
柳の木って登れないよね?
彼の国の柳はちと違うのかなあ・・・





このオフィーリアのモデルは、ミレーと共に

ラファエル前派をおこしたロセッティの

妻のリジーです。




ロセッティ 受胎告知
ロセッティ 受胎告知



湯をはったバスタブにつかりモデルとなるリジーですが、

時間が経ちお湯は水とかします。

来る日も来る日も水につかるリジーは肺炎となり

ミレーはリジーの親から訴訟寸前とまでいく

怒りをかったという逸話が残っています。



この19世紀の半ばから末はジョン ラスキンや
ウイリアム モリスらがミレーとともに活躍した
のですが、これを書きだすと話があちゃこちゃに
とぶので、知りたい人はご自分でしらべましょう。
モリスは壁紙で有名だから(笑)壁紙をみたら
思い当たるかた多大のはずです。






さて、この絵を彼の地でみたのは、英国留学中の

我らが文豪若き日の夏目漱石先生です。



先生ったら、なんとオフィーリアのことをですよっ

草枕にて















土左衛門(どざえもん)よばわりしちゃってます。







「土左衛門は風流である」なんて、

そ、そんなあ。





この項これにて






*スミマセン、結局つづきを書いちゃいましたデス






Last updated  2011.02.07 16:08:39
コメント(10) | コメントを書く

全67件 (67件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.