000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

団塊倶楽部

PR

X

全144件 (144件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >

カテゴリ未分類

2018年04月05日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日、5日は二十四節気の一つ「清明」

花が咲き始め、明るくすがすがしい時季とされる。


昨日の雪にはびっくり!

本格的な雪で、冬に逆戻りした感じ。

フキノトウが咲いているのを見つけ、ようやく春が来たと思っていた。

そうはすんなりとは行かないぞ、と言う事か。


雪のせいで昨日は殆ど何処へも出かけなかった。

出かける気にもならなかった。

今日、車のタイヤ交換する予定だったが、もう少し様子見だな。


天気予報では今夜も雪のようだ。

春よ来い。早く来い。

と言うより、雪よ降るな。冬よさらば。

という思い。

何しろ今日は「清明」






最終更新日  2018年04月05日 09時25分44秒


2017年06月26日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は隣町、岩手町石神の丘美術館に行って来た。

ここには屋内だけでなく、屋外展示場もありおよそ20点の彫刻散策路沿いに

配置されている。

また、草花も豊富で四季の草花を楽しめる。そろそろラベンダーが見頃を迎えたという。

更に今年5月18日に森林セラピー基地に認定された。

森林セラピーとはざっくり云えば、森林浴効果のこと。


美術館から出ると小高い丘に彫刻がすぐに見えた。




森林セラピーを感じる所です。何となく癒されます




ここは恋人の聖地。全国で、96か所が認定されている(2010年4月 現在で)。

岩手県では初めて認定された。デートスポットとしてもオススメとか。




ラベンダー園。約4000平方メートルの斜面に、およそ2万株のラベンダー

植えられている。見頃ということだったが、まだ蕾くらい。

来週当たりが見頃をむかえそう。




展望台から見た今日の岩手山。晴れた日だったので、遠くだけどハッキリと姿が。




ブルーベリー

ブルーベリーラベンダーが過ぎる7月中旬から8月にかけてが季節。




屋外コンサート場。時々屋外コンサートが開かれている。




帰りは森林セラピーで。




ゆっくりと一巡りしても1時間もあれば充分なコース。

散策が好きな方にはオススメです。






最終更新日  2017年06月26日 19時14分53秒
2017年06月20日
カテゴリ:カテゴリ未分類
6月6日のブログ在原業平「かきつばた」の5文字を句頭に入れた歌を紹介した。

「から衣 きつつなれにし つましあれば はるばる来ぬる たびをしぞ思う」

このように、ある文や詩・短歌の中に、別の意味を持つ言葉を織り込む手法を

「折句(おりく)」という。

昔、古典で習った記憶があるけど、折句という言葉は思い出せなかった。


現代では谷川俊太郎の詩が知られている。

くびがでるわ
やけがさすわ
にたいくらい
んでたいくつ
ぬけなあなた
べってころべ

そのままだと子供の詩みたいだが、「あいしてます」という言葉が隠されている。

折句は日本だけでなく漢詩や英語圏でもポピュラーにつかわれている。






最終更新日  2017年06月20日 12時07分26秒
2017年06月06日
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日のブログでカキツバタを紹介した。

「いずれ菖蒲か杜若」という諺がある通り、よく似ていて分からない。

更にショウブハナショウブがあり、益々分からない。

アヤメショウブは漢字で書くと菖蒲

漢字は同じでもアヤメショウブは別物。

ショウブハナショウブも別物。

結局、皆違うみたい。

それではどうやって見分ける?


先ずは生育地で見分ける。

アヤメは陸上の乾燥地に生育する。

ハナショウブは陸から水辺の半乾燥地~水湿地に生育。

カキツバタに比べ乾燥地に生育できる。

カキツバタは水湿地に生育する。


開花時期

アヤメが5月上旬。

カキツバタも5月上旬。

ハナショウブは5月中旬から6月下旬に咲く。


葉の形

ハナショウブ 花が咲いて、葉に白い筋がある。

カキツバタ 葉に筋が無く幅広。

アヤメ 細長い葉。


「かきつばた」は昔から歌にもよく歌われている。

その中で「かきつばた」の5文字を句頭に入れて詠んだ、在原業平の有名な歌を思い出す。

ら衣 つつなれにし ましあれば るばる来ぬる びをしぞ思う」






最終更新日  2017年06月06日 20時05分09秒
2017年06月03日
カテゴリ:カテゴリ未分類
「チャグチャグ馬コまつり」滝沢ニュータウンメインストリートを会場に開催。

見に行って来た。





女の子がチャグチャグ馬コに乗ってた。

馬も女の子も可愛いこと!




地元の保育園の子供たちのYOSAKOIソーラン





小学生の女の子たちの一輪車に乗ったダンス。

相当訓練したと思う。みんな上手だった。







最終更新日  2017年06月03日 21時54分20秒
2017年05月28日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日、盛岡市 盛岡駅滝の広場前など4か所で「YOSAKOI(よさこい)さんさ」

踊ってきました。

「YOSAKOI」と名の付く祭りは、高知県の鳴子踊り「よさこい」がベースとなっている。

「YOSAKOI」という名で広まったのは、札幌の学生を中心に地元民謡「ソーラン節」

「よさこい」を組み合わせた「YOSAKOIソーラン祭り」の1992年から。

今では全国至る所で「YOSAKOI」と名の付くイベントが開催されている。

盛岡では「さんさ踊り」「さんさ」から「YOSAKOIさんさ」と命名したという。

今年は40チーム以上の参加があった。

岩手県に限らず、他県からも多数のチームが参加している。








   (いずれも大通りでの演舞)






最終更新日  2017年05月28日 20時58分23秒
2017年05月22日
カテゴリ:カテゴリ未分類
瑞穂の国・秋津の国

どちらも日本の古称

瑞穂の国

瑞穂とはみずみずしい稲穂のこと。

稲が多く取れることから、瑞穂の実る国ということで「瑞穂の国」

「稲穂が垂れる 瑞穂の国」と称された。


秋津の国

秋津とはトンボの異名。

トンボの国というよりも、稲に付く害虫を取るため沢山のトンボが飛んでいる

稲作の広がった国を表している。

稲作が広がった国とは、豊かな国であることを意味する。

「トンボが群れ飛ぶ 秋津の国」と称された。


その昔、日本は瑞穂の国とか秋津の国とか呼ばれていたんですね。

どちらもお米に関連した名称。

日本という国は、お米を抜きにしては語れない国であることには

間違いがないことです。






最終更新日  2017年05月22日 19時41分32秒
2017年05月18日
カテゴリ:カテゴリ未分類
きょう、5月18日「ことばの日」だとか。

5(こ)18(とば)語呂合わせ。

終戦直後に「見よ 聞け 言え」三猿が流行したことがあったという。

左 甚五郎作と伝わる日光東照宮

「見ざる 聞かざる 言わざる」三猿パロディらしい。


自分ではしっかり言ったつもりでも、相手には全然伝わっていなかった。

善意のつもりで言ったのが、逆に傷つけたり。

かと言って言葉にしないと、お互いの気持ち考えが分からない。

人に思いを伝える。

時には励まし。

叱る時も。

言葉が原因で喧嘩になることも。

人の悪口を言うことも。

又、愚痴をこぼすことだって。

それもこれも言葉があればこそだと思う。


お互いの言葉がなければ、人は口をつぐんでしまう。

ぎくしゃくとした窮屈で、息が詰まりそうな状態になるのではなかろうか。

言葉は本当に大切だ。






最終更新日  2017年05月18日 10時02分54秒
2017年05月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類
先日、昼カラ(昼間に営業しているカラオケ喫茶)でたまたま一緒になったお客から

「田んぼアート」の写真を見せてもらった。

写真には「ゴジラ」や去年のNHK大河ドラマ「真田丸」、映画「風と共に去りぬ」が写っていた。

田んぼに稲を利用して作ったもの、とはとても思えない立派なアートだ。


「田んぼアート」を実施しているのは「田んぼアートの村」がキャッチフレーズの

青森県津軽郡田舎館村(いなかだてむら)。

田んぼをキャンバスに見立て、色の異なる稲を絵具代わりに巨大な絵を描く。

平成5年に3色の稲でスタート。

年々技術が向上し、今では7色の稲を使いこなし、繊細で緻密なアートを作り上げている。

緻密さと芸術性の高さから海外メディアにも注目されている。


田舎館村弘前市から少し北に位置する。

稲を利用したアートなので、当然いつでもと言う訳にはいかない。

見れる時期があるので、ホームページを参照しながら何時か行って見たい。






最終更新日  2017年05月16日 13時26分44秒
2017年05月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日、盛岡市下厨川の「東北農業研究センター」「菜の花畑」を見てきた。。








初めて行ったが先ず敷地の広さに驚いた。

今回公開している菜の花畑も約380アールある、ということで2度びっくり。

まさに大きな大きな「黄色のじゅうたん」。


公開する菜の花畑は試験圃場の連作障害緑肥を目的に作付けしている。


連作障害とは同じ畑で何度も繰り返し栽培していると、土の中の栄養分が減る。

病害虫が土の中に残ったりもする。

そうしたことによって、生育が極端に悪くなったり、枯れたりするような生育障害。


緑肥とは栽培している植物を収穫せずに、そのまま植物と土を一緒にして耕し、後から

栽培する作物の肥料にすること。

ということらしい。






最終更新日  2017年05月14日 20時42分35秒
このブログでよく読まれている記事

全144件 (144件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >


© Rakuten Group, Inc.