196895 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

一口馬主とゲームの話

一口馬主とゲームの話

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

でしデシ

でしデシ

バックナンバー

コメント新着

スイープ@ Re:広尾2023年度1歳出資確定馬について(11/25) こんばんは。 私もシンボリバーグ'22…
スイープ@ Re:広尾2023年度1歳出資確定馬について(11/25) こんばんは。 私もシンボリバーグ'22…
スイープ@ Re:広尾2023年度1歳出資確定馬について(11/25) こんばんは。 私もシンボリバーグ'22…
スイープ@ Re:広尾2023年度1歳出資確定馬について(11/25) こんばんは。 私もシンボリバーグ'22…
でしデシ@ Re[1]:広尾2023年度1歳出資確定馬について(11/25) スイープさんへ こんばんは。 自分も広尾…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022年08月03日
XML
カテゴリ:ザダル
4歳時①

明4歳の初戦は中山金杯から始動します。唯一の4歳馬でしたが3番人気に支持されました。

レースは17頭立ての大外17番枠で前に行く馬が多く最初から最後まで常に外を回されて見せ場もなく8着でした。年末までは外差しの馬場だったんですが年明けから仮柵が設置され、内枠が有利になるので中山金杯の外枠は成績が良くないのですが、好位に付けるタイプのこの馬には最悪の展開でした。

20/1/5  大竹厩舎
5日の中山競馬では中団を追走して後半勝負に挑んだが、直線で前との差を詰めることができず8着。「調教で跨がらせていただいてイメージを膨らませて臨みました。ゲートは普通くらいに出てくれたけど、今日は大外枠でなかなか内に入れることができませんでした。結果的に外、外の競馬でなし崩し的に脚を使ってしまい、直線で弾けることができませんでした」(マーフィー騎手)「前回は意図的に絞りましたが、今回は敢えてそうすることはなく、重たさのあるところを削いでいければと考えつつ調整していました。結果、プラス8キロの馬体重で臨むことになりましたが、重すぎたわけではないと思いますし、精神的にも落ち着いていて、本番でも心身のバランスは整っていたように思えました。ただし、レースでは位置を上げていかなければいけないところを楽に回れませんでしたね…。持ったままではなく動かしていかなければいけなくなり、そこで脚を使った印象です。今回枠順が出た瞬間から厳しいな…と感じていたのですが、その予感がそのまま当たってしまった気がします。理想は内目をロスなく立ち回りつつ脚を溜めて最後の勝負にかける形が望ましいのかもしれません。期待に応えられず申し訳ありませんでした」(大竹師)前走の敗因を距離に求めたので、実績のある条件に戻す今回での巻き返しに期待がかかりました。しかし、枠順発表の段階から暗雲が立ち込めていて嫌な予感がしており、結果からするとその嫌な予感がそのままレースに出てしまったような気がします。立ち回り方一つで変わっていいはずなので、気持ちを切り替えていきたいところです。今後についてですが、賞金を加えていきたいところでレース選びにも注文がつきますし、馬の状態と照らし合わせながら慎重に判断していくことになると思います。

レース後放牧に出て次走はダービー卿CTを目指しましましたが除外に。ザダルは2勝した後、3歳OP戦を勝っている為、同じOP馬でも順番に条件戦を勝ち上がってきた馬たちより獲得賞金が少なかったのでかなり出られそうなレースが限られていた時でした。結局レースを使うことなく再度放牧に出され、東京のOP戦のメイSに出走します。

プリンシパルSで勝った東京コースでの芝1800mでルメール騎手と言うこともありメイSでは2番人気でした。

ルメール騎手は好位のポジションを取るのが上手いしザダルに合うと思ったのですが、スタートは普通に出て好位に付けるかと思ったらだんだん位置を下げて後方に。4コーナーでは後ろから2、3番手でしたね。直線も前に馬がいて追い出しが遅れて足を余しての3着でした。

20/5/23  大竹厩舎
23日の東京競馬では中団後方から進めて直線外から差を詰めてくるが、内目に進路を取った上位2頭に及ばず3着。「今回はいろいろな意味で仕切り直す一戦でした。コンディションもそうですが、距離に関してもですね。金杯は外枠が影響して良さを発揮できずということで2000mに対してダメと判断したわけではありませんでしたが、マイルから1800mくらいを試してみようとして、今回は1800mを選びました。最後は良く追い込んできていますけどね…。今日跨ってくれたルメール曰く“1800~2000mがベターではないか”ということでしたね。それに、今日はハンデ戦であり、なぜかザダルは56キロの斤量でした。勝ち馬は55キロでしたから、ちょっと見込まれた分もあったかなと悔しい思いもしています。ダービー卿のときに賞金が足りず出られなかった馬でもあり、賞金加算を是が非でもしておきたかっただけに悩ましいのですが、力は足りるはずでどこかで何とか加算して不自由なく使っていけるようにしたいですね。レース後の様子を見ていると結構しんどそうにしていました。気温が高く蒸した気候になっていて、それを気にして辛そうにしていたのでレース後すぐに水をかけて冷やしています。ちょっと落ち着かせてから美浦に戻して、レース後の様子をよく見ておきます」(大竹師)ダービー卿CTは賞金が足りずに出走できませんでしたが、そこへ向かう過程の中で抱えていた脚元の不安が徐々に解消してきていい流れのなかだっただけに非常に残念でした。その後も球節をはじめ脚元の管理に気を遣う必要はあったものの、何とか悪くない形で出走の態勢を整えられたので、今回は結果を出して賞金を加算してもらえたらと思っていたのですが、残念ながらそれは叶いませんでした。前がいいペースで行っていたとは言え、今の馬場では外から一気に差し切るのは至難の業であり、進路、ポジションの差もあったでしょうか。結果が伴わず残念ですが、そういった馬場傾向を考えると良く追い込んでいるとも言え、このクラスでも上位の力はあるはずなので、何とか再びいい結果を出して、オープン、そして重賞戦線で戦っていければと願っています。今後については、脚元の状態を見たうえでどうしていくか検討していきます。

レースとしては不満が残る内容でしたが、思えばこのレースでの末脚から今のスタイルの中団差しにつながっていきました。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2022年08月03日 21時00分13秒
コメント(0) | コメントを書く
[ザダル] カテゴリの最新記事


カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ


© Rakuten Group, Inc.