000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

一口馬主とゲームの話

一口馬主とゲームの話

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

でしデシ

でしデシ

バックナンバー

コメント新着

スイープ@ Re:広尾2023年度1歳出資確定馬について(11/25) こんばんは。 私もシンボリバーグ'22…
スイープ@ Re:広尾2023年度1歳出資確定馬について(11/25) こんばんは。 私もシンボリバーグ'22…
スイープ@ Re:広尾2023年度1歳出資確定馬について(11/25) こんばんは。 私もシンボリバーグ'22…
スイープ@ Re:広尾2023年度1歳出資確定馬について(11/25) こんばんは。 私もシンボリバーグ'22…
でしデシ@ Re[1]:広尾2023年度1歳出資確定馬について(11/25) スイープさんへ こんばんは。 自分も広尾…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022年08月08日
XML
カテゴリ:ザダル
5歳時②

放牧を挟んで新潟記念芝2000mに出走。前走重賞勝ちもあり1番人気でした。

レースは道中好位を進み直線へ。直線で徐々に外に進路を取るも全く伸びず13着。このレース面白いくらいに上位入線した馬が外枠ばかり。1枠2番に入ったザダルはノーチャンスでした。

21/9/5  大竹厩舎
5日の新潟競馬ではスタート後慌てずじっくりと進めて中団から。悪くない形で直線へ向き追い出すことができたが、思うほどの伸びが見られず13着。「急にスイッチが入っていつ煩くなっても不思議ない馬なのでスタッフがいつでも対応できるように備えた状態で輸送しないといけなく、特に長距離になるとその心配が増すのですが、今回の新潟までの輸送はうまくいきました。ただ、スムーズに行き過ぎて体がまったく減らなかったんです。前走より絞れた状態で送り出せればと思っていたところ昨日時点では増えるかもしれないと心配したほどだったのですが、結果的には増減なしの体でレースへ向かうことができました。状態次第は悪くなかったかなと思えたのですが、それにしても最後はピリッとしなかったですね…。これまでの走りから考えると、ちょっとソフトなくらいはいいものの、馬場が悪くなるとパフォーマンスがさがる傾向にあり、今回もその影響が大きかったか最後にギアが上がっていきませんでした。また、今日の新潟は途中から晴れてきたんです。通常なら内側から乾いていくことが多いのですが、新潟の場合は外から乾く傾向にあるので、ジョッキーもそのことを意識して内枠スタートからできるだけ外目に進路を採ろうと意識して運んでくれたのですが…。それに、ザダルに限らず前半意識してポジション取りした馬たちの多くはほとんど止まってしまっていました。一方で、前半位置を気にしすぎず後ろ目の位置からゆったりと進めて直線外を回した馬たちのほうが上位を占めていましたから、前半の負担も直線の伸びに響いたのかなという印象です。ここでそれなりの競馬をして秋にいい舞台へ向かわせたいと思っていただけにこの敗戦はショックが大きいですが、見直せる部分はあると思いますので、気持ちを切り替えていきたいです」(大竹師)暑い夏を如何に過ごすことができるかが前走後のポイントでもあったのですが、何とかうまく乗り越えることができ、まずまずの状態でレースへ臨むことができたように思えました。レース運びも悪くなく、これならばと思えるほどの形で進められていたように思えたのですが、直線で追い出してもジリジリとした伸びに留まり、前走のように抜けてくることができませんでした。ハンデ戦ということもあったのかもしれませんが、今後のことを考えても斤量的には乗り越えてもらわないと困ると思っていただけに残念でなりません。ここを勝てれば勢いをもって秋へ向かえると思っていただけに非常に悩ましく、今後について改めて検討していく必要がありますが、まずはレース後の状態に異常がないかどうかを慎重に見極めていきます。

秋はGⅠを使うことなく次走は東京の富士S芝1600mに出走する事に。

レースでは2番枠もあり道中は中団の内ラチ沿いを進む。直線でも馬場の悪い内を突いて伸びずに7着。勝ったソングラインが1番枠からうまくレースを運んで外に出したのと比べて、もろにコース取りの差が出たレースでした。

21/10/23  大竹厩舎
23日の東京競馬では五分のスタートを切り中団のインを進む。直線へ向いて追い出すとジリジリと伸びてくるが7着まで。「久々で、しかも古馬重賞でのマイル戦ということからどうなるかはやってみないとわからないところもあったので、ジョッキーとは事前に“抱えてこれるポジションで進めよう”という話をしていたんです。位置や流れを意識しすぎるとなし崩しに脚を使わされてまったく良さが出ない可能性もあったのでそのような作戦で臨んだわけで、その結果あの位置からになりました。悪くはなかったと思うのですが、馬場が影響したようでしたね…。雨が降った影響もあって馬場が緩いようで、4コーナーあたりでは躓くような格好で2回ほど脚を取られていました。勝ち馬は別としても枠が枠なので上位組のような外の位置を通しにくく、内を通らざるを得なくなったのは痛かったです。それでいてジリジリと来ているからまったくダメではないし、悲観的になる必要もないのですが、前走からの巻き返しを果たすことができなくて申し訳ありません。マイルがダメという結論にはなりませんでしたが、条件は付きますかね。それでもこなせる範囲内と言えるのかなと思いますので、どこかで何とかいい結果を出すことができればと思っています」(大竹師)前走は首をかしげたくなる負け方になってしまいましたが、条件を見直し、デビュー戦以来のマイル戦へ矛先を向けて巻き返しを狙いました。直線ではオッと思わせる反応を見せてくれましたが、外目を通った馬たちの勢いのほうが上回り、上位に食い込むことはできませんでした。前走の悔しさを結果で晴らせればと思っていただけに残念です。それでもまずまずのメンバーの中で悪くない走りができたことは自信になるのではないかと感じられますし、次につなげられればと思っています。この後はレース後の状態を確認したうえで判断していきます。

5歳時はこの富士Sが最後となります。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2022年08月08日 23時00分06秒
コメント(0) | コメントを書く
[ザダル] カテゴリの最新記事


カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ


© Rakuten Group, Inc.