1821836 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

レオンくんがご案内します〜誰でもどこでも思考力養成ができます〜

全1025件 (1025件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

カテゴリ未分類

2018年02月21日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

導入すると、必ず「失敗」する2つの項目

■1.プログラミング授業

→最終的にはフローチャートを描くことになるが、実際の思考にはお粗末で対応できない。以上に単純で貧困な思考のサンプルを見せられるだけ。なのに下記のような評価になる。???

>授業見学論理的思考を学ぶためのプログラミングを活用した授業

https://find-activelearning.com/set/2904/con/2899?utm_source=magazine&utm_medium=email&utm_campaign=member0220

→グループで考え<フローチャート>を見分けていきます。「ハイブリッド狽ネ授業です!ぜひご覧ください。」???
*全くハイブリッドでもないし、工作で<ゆっくり>ノコギリの使い方を自分で考えるほうが役に立つし理論思考もできるようになる。

◎フローチャートが活きるのは、下記のような場合です。
「どんぐり倶楽部」BBS過去ログ~2201-2300より>
[2216] ドングる人 投稿日:2006/01/28(Sat) 20:49  [九州] 
素早いお返事ありがとうございます。
>>入試程度なら絵コンテ読解と設問解釈で十分ですから。
とのことでしたが、大学入試レベルの評論文だと話は変わりますか?そもそも、高校生になんら背景知識を教えずに専門家の文章を読ませることには無理があるように思うのですが。
>>大学入試レベルの評論文
●要約しながらの再構成になります。
1.絵コンテ読解
2.フローチャート読解
3.要約読解
4.総合練習(文章を絵図化しながら読み、要約したものをフローチャート化)
>>高校生になんら背景知識を教えずに専門家の文章を読ませることには無理
●です。
●ですから、背景は持っている前提で入試用には出します。また、専門分野では背景を学習して読みます。
……………………………………………………………………………………………
※もちろん大学入試ではこの後に「5.4を取り込んだ形での自分の意見の展開」がありますが、これは設問によって中心にする内容や展開方法を決めます。設問解釈ですね。
■なぜか<ドングる人さん>と話していると英語のトピックに投稿した時のことを思い出しますね。
http://homepage.mac.com/donguriclub/yahoo-bbs.html
[From どんぐり倶楽部・代表:T.Itoyama]

------------------------------------------------------------------------
[2215] ドングる人 投稿日:2006/01/28(Sat) 19:45  [九州] 
いつもお返事ありがとうございます。国語の文章読解についてなのですが中学校から頻繁に出てくる評論文の読解をするときは参考書の解説でよく使われている 「文章の図式化」をするといいのでしょうか。物語文と違い、「絵コンテ風」には書きづらいような気がしています。
>>評論文の読解
●評論(論文系)は読解と言うよりも相手の理論を自分で見えるように再構築する(自分では展開方法が違っても相手の展開方法に合わせる)ことですので、絵 コンテではなく絵図化の「図」→図式化をします。使う図形の形を自分のルールで決めておくと簡単になります。フローチャートの定規(テンプレート)で練習 するんですが小学生には不向きなので公開していません。もちろん、絵コンテ読解(この場合は図式化読解ですね)が優先されます。
<フローチャート>
http://office.microsoft.com/ja-jp/templates/CT010000381041.aspx
※ある程度フローチャートを消化したら文章自体をかこってチャート化します。が、不要ですね。入試程度なら絵コンテ読解と設問解釈で十分ですから。
[From どんぐり倶楽部・代表:T.Itoyama]

------------------------------------------------------------------------

■2.タブレット学習

 

国単位で結果は見えているのに、日本は呑気ですね。

20150317■タブレット先進国の現状より(文責:どんぐり倶楽部)

https://plaza.rakuten.co.jp/donguriclub/diary/201503170000/

<以下は韓国情報中心:泉先生のブログより>

https://donguri-gakusya.jp/blog

もう、すでに、害も出ている昨今ですが、

いくら家庭で気をつけていても、

今度は学校で朝から晩までデジタル画面からの光線を浴びて帰ってくることに…

この件について、

シンポジウムでは川島教授は、

「韓国は先にICT教育をどんどん取り入れて、そして、既に失敗して反省しているというのに、

日本はなにをしようとしているのか、理解に苦しむ。」

と発言していました

 

韓国のICT教育?噂には聞いていましたが、私はいろいろと、

シンポジウムのあと調べてみました

このサイトがとてもわかりやすかったので、ぜひ、御覧になってみてください

これは、NHKのサイト内で、

2014年9月8日に放送された「クローズアップ現代」学びを変える?〜デジタル教材革命〜

という番組を書き起こしたものです

 

シンポジウムで川島教授は

「タブレット学習では、興味を持って見ることは見るのだけど、

後で調べると全く頭に残っていない、という事態になっている。」

と言っていました

 

この番組内でも韓国の学校の先生が

「タブレットだと、わかったつもりになっているだけで頭になにも入ってないでしょう」

「確かに子どもは授業が楽しかったと言うかもしれませんが、内容は身についていない。

それがICTの限界です。」

そして

韓国の教育評論家の方が

「資料を検索すると早く結果が得られますよね。でもそれは、誰かの力で得られたもので、

自分のものではありません。

他の人が解決したものを借りると、問題解決能力が落ちてしまうのです。」

そして、ICT教育を盛んに行っていた期間の調査では、

韓国の子どもが1年間に読む本の量が過去最低を記録したグラフを提示して、

「子どもたちが全く本を読まなくなってきているのが、本当に深刻な問題です。

ICT教育はごく一部にして、もっと自分の力で学ぶ機会を増やすべきです。」

と言っています

これは、ただの想像や憶測ではなく、

実際に、2010年から約2200億円もの予算を投じてICT教育を普及させ、

実践した韓国の教育関係者の意見なのです

http://don-donguri.jugem.jp/?cid=6

タブレット学習について考える その1>より

そんなこんなでいろいろと模索している中、タブレット学習を取り入れたのが1年生の秋でした。

(同時期にどんぐりにも出会っています)

今はチャレンジもZ会もタブレットがありますが、当時のタブレット通信学習のさきがけは「スマイルゼミ」。

多分、今の通信教育のタブレット学習も中身は大差ないだろうと思っていますが、教科書準拠のタブレット通信教育です。

すでにどんぐりに出会っていましたから、「算数」「国語」はやらないことにして(セットになっているので購入はしていたわけですが)、漢字のみすることにしました。

少量ならどんぐりに影響もないだろうと思ったし、漢字については紙に「書く」よりもストレスがないと思ったからです。

 

しかし、私の考えはとても甘いものでした。

タブレット学習をするおまめくんの様子が日に日におかしくなっていったんです。







最終更新日  2018年02月22日 11時40分36秒
2017年12月27日
カテゴリ:カテゴリ未分類

◉素晴らしい計画が進んでいます。

◉内容と仕上がりを考えると、20-30〜50万円が適正価格だと思いますが、
 そこは「どんぐら〜」が考えた価格です。
 お年玉をもらったら、まずは購入すべきNo.01です。

*DONGLISH-2017 in MAKUHARI*


◉日本人のためだけの英文法と英文読解Donglishがライブ感そのままで再現されています。音声だけを聞くもよし、ジックリとテキストと向き合って徹底的に消化するもよし。

とにかく Get it now!

*2017年8月に幕張で行われたDonglish講義2日分の語句順訳と解説の音声書き起こしを冊子化・教科書3年分とセット販売。特典動画付き。で年明け春までに発送予定。


↓クリック↓

Donglish 2017 限定冊子販売計画​​

DONGLISH 2017(中学3年間の英語を2日 でマスターするセミナー)


*参加者募集後すぐに満席になったこの人気講座
「中学校の教科書を使って中学3年間の英語を2日間でマスターする講座」
 をライブ感そのままに<納得英文法><教科書の全文を語句順訳>
 の講義音声と板書をスタッフ9名が書きおこし冊子化したものです。

*初版限定販売セットには下記の豪華付録つき!
■平成29年版 NEWCROWN の3学年分の教科書(講義での使用教科書)
■書きおこし用講義動画のダウンロードファイル
​※自分の学校で使っている教科書でなくとも、文法解説は同じですし
 語句順訳の方法もマスターできますので
 教科書の種類には関係なく英語をマスターできます。​


◎対象は12歳〜120歳までの英語が苦手な人!
「中学英語」「やり直し英語」「納得できる英文法の説明が欲しい研究者」

Anyway get it now !...初回限定の付録が重要なんです!!!

​​​Donglish 2017 限定冊子販売計画...改定​​​
※12月24日から100セット限定で予約販売を開始しましたが、2日間で完売しました。再販やキャンセル待ちのお問合せが多くあり、糸山先生とご相談の上、
2018年1月末まで販売受付をさせていただくことになりました!
ただし、ご注文時期によって納期が異なりますのでご確認の上購入をお願い致します。


  • 2017年12月25日まで(初回100セットご注文の方)
     ⇒2018年1月末発送
  • 2018年1月10日までご注文の方(印刷発注前)
     ⇒2018年2月初旬から順次発送
  • 2018年1月11日から末日にご注文の方
     ⇒2018年2月中に発送予定

すべて、書き起こし冊子+教科書+初回特典動画セットとなります。ご注文の時期により納品日が異なりますのでよろしくお願いいたします。
<下記で確認!>

https://8tama.com/donglish2017/







最終更新日  2017年12月27日 10時29分54秒
カテゴリ:カテゴリ未分類

去年寄稿した原稿発見!

特集「算数力がメキメキ伸びる学習法」 『オススメ算数メソッド』(6P~8P)子どものタイプ別に、オススメ算数メソッドを紹介します。「問題を読むのもイヤ!文章題が苦手なタイプ」

ducare(デュケレ)
●文中のリンク先が変更されています。

1.どんぐり倶楽部の「頭の健康診断」

2.HP内のブログ案内

*「最初に選びたい学習方法」の紹介など








最終更新日  2017年12月27日 09時05分45秒
2017年12月24日
カテゴリ:カテゴリ未分類

◉素晴らしい計画が進んでいます。

◉内容と仕上がりを考えると、20-30〜50万円が適正価格だと思いますが、
 そこは「どんぐら〜」が考えた価格です。
 お年玉をもらったら、まずは購入すべきNo.01です。

*DONGLISH-2017 in MAKUHARI*


◉日本人のためだけの英文法と英文読解Donglishがライブ感そのままで再現されています。音声だけを聞くもよし、ジックリとテキストと向き合って徹底的に消化するもよし。

とにかく Get it now!

*2017年8月に幕張で行われたDonglish講義2日分の語句順訳と解説の音声書き起こしを冊子化・教科書3年分とセット販売。特典動画付き。で年明け春までに発送予定。


↓クリック↓

Donglish 2017 限定冊子販売計画​​


DONGLISH 2017(中学3年間の英語を2日 でマスターするセミナー)


​​​The Lecture of DONGLISH
with the textbook NEW CROWN
in the Tokyo Area
by DONGURI-CLUB


*参加者募集後すぐに満席になったこの人気講座
「中学校の教科書を使って中学3年間の英語を2日間でマスターする講座」
 をライブ感そのままに<納得英文法><教科書の全文を語句順訳>
 の講義音声と板書をスタッフ9名が書きおこし冊子化したものです。

*初版限定販売セットには下記の豪華付録つき!
■平成29年版 NEWCROWN の3学年分の教科書(講義での使用教科書)
■書きおこし用講義動画のダウンロードファイル
​※自分の学校で使っている教科書でなくとも、文法解説は同じですし
 語句順訳の方法もマスターできますので
 教科書の種類には関係なく英語をマスターできます。​


◎対象は12歳〜120歳までの英語が苦手な人!
「中学英語」「やり直し英語」「納得できる英文法の説明が欲しい研究者」

Anyway get it now !...初回限定の付録が重要なんです!!!







最終更新日  2017年12月26日 11時42分41秒
2017年12月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類
早期教育の落とし穴-認知神経科学的見地より-

Humanities&Social02-01.pdf
Humanities&Social02-01.pdf (1.26MB) <https://soar-ir.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=16012&file_id=65&file_no=1>[ 2126 downloads ]

高橋先生:残念ながらほとんど聞こえていません。お母さんの心拍は聞こえていますが。モーツァルトを聞こうが工事現場にいようが、変わらないということです。

アイテムタイプ 紀要論文 / Departmental Bulletin Paper
言語 日本語
その他(別言語等)のタイトル A Trap for the Early Childhood Education program: A critical view from Cognitive Neuroscience
著者 有路 憲一 <https://soar-ir.repo.nii.ac.jp/?action=repository_opensearch&creator=%E6%9C%89%E8%B7%AF++%E6%86%B2%E4%B8%80>
信州大学研究者総覧へのリンク 有路, 憲一 <http://soar-rd.shinshu-u.ac.jp/profile/ja.gCANuUkV.html>
出版者 信州大学人文社会科学研究会
引用 信州大学人文社会科学研究 2: 2-17(2008)
雑誌名 信州大学人文社会科学研究
巻 2
ページ 2 - 17
発行年 2xxx-xxx-xxxxx
資源タイプ(コンテンツの種類) Article
フォーマット:mimeタイプ application/pdf
ISSN 1881-7858
書誌レコードID AA12207624
著者版フラグ publisher






最終更新日  2017年12月11日 10時14分20秒
2017年12月05日
カテゴリ:カテゴリ未分類

ノンフィクション作家・後藤正治)。出典:「文藝春秋」2014年8月号より


祝・永世7冠 羽生善治が若い世代に勝ち続ける思考法12/5(火) 16:27配信文春オンライン

<引用>とコメント

>史上3人目の中学生棋士として鮮烈デビューを飾り、1996年には25歳で前人未到の7冠制覇。40代に入ってからもタイトルが途切れず、まったく衰えを感じさせない棋士・羽生善治さん。
●最高進化形態の速度では?12-24

>羽生が7冠すべてを制覇したのは1996年、25歳のことであった。以降、将棋界のほとんどの記録を塗り替え、名人位は通算8期目となる。

――振り返って名人戦の総評はいかがでしょう。

「この4局でも、自分があらかじめ考えていた通りに指せた、という対局は1つもありませんでした。

●小脳思考を操れている。その準備を淡々として望んでいる。


>鎖鎌銀を選ぶしかないのかなぁと思って指した手です。

●「のかなぁと思って」=「かすかに感じて」=小脳思考

>だろうとも思って
記憶の力が将棋の結果につながることはありますが、40代に入るとさすがに記憶力に頼るということはないですね。

●記憶力ではなく記録力を利用する=小脳思考

>忘れる力は年齢が上がるとどんどん伸びていってくれます
>感覚的な判断や方向性をとらえるように
>見渡して、これなら大丈夫とか、この筋は駄目だとか、この手は可能性があるとか

●気にならなくなる=気にならないでもいられるようになる

=大脳の圧力調整ができるようになる=小脳を操れる。

>幾何学的なセンスが磨かれることも要素なんです

*羽生さんが理化学研究所で小脳の研究に協力してらした姿をテレビで観たことがあります。テレビでは、「思考」ではないくらいのカンタンなことを確認していましたが、映っていないところで、本格的な実験をしていたと思います。


​​*詳細は「どんぐり倶楽部 ヒラメキの構造」で検索!​​

​​






最終更新日  2017年12月05日 17時56分47秒
2017年10月23日
カテゴリ:カテゴリ未分類
◉メールより
>以前に絶対学力の本を読み、暗記やフラッシュカードなど詰め込みはしないようにはしていたのですが、してはいけないことをしないだけではなく、糸山様の「5才までに日常することは決まっています」とのコメントにあるように、考える習慣を付けさせるような“何か”もしなくてはいけなかったのでしょうね・・・。

◉実に多いですね。HPを読んでいただければいいのですが...。

〜簡単なまとめ〜

0-3:生命維持のための進化ですので、知育系は全てマイナスになります。自然への対応(反射)を利用して、様々な思考回路の原型となる反射回路を育てます。ただし、そこには、健全な法則がなくてはいけません。まだまだ、指先まで制御できる状態ではありませんので、制御できる力を進化させるには眼の力を鍛えることが、唯一自然に効果的なことです。しかも、視覚のみならず触覚や聴覚なども使って楽しく複雑な仕組みを視覚で納得していく、「視覚の論理構造を複雑化して習得していく=目を通して物の仕組みの構造や動きを習得していく」3年間を過ごすことが重要です。
意識的に「ボ〜っと物事が自然に進んでいく様を観る習慣を楽しむ」などが重要であることがわかります。「何かをさせてできるようにする」ことが、いかに愚かなことであるかを知っておく必要がありますが、それ以上に、意識的にすべきことが何なのかをキチンと考える必要があります。
仕上げの時期が、3才児神話と呼ばれる時期に起こる「一時的な暗記力の優位状態」です。この時期を勘違いして、大量の暗記をさせる人がいますがトンデモナイ勘違い教育です。この時期は、記録することができない時期にも関わらず、原形思考回路を作り上げなければいけない時期なので、書き残さなくても思考ができるように一時的に暗記力が伸びるのです。
◉泥遊び、ダンボール遊びの延長線上にあるモノづくり(オモチャづくり)や
play house(ままごと遊び:ごっこ遊び)は世界共通の優れた遊びです。
*ごっこ遊びの材料をダンボールで作ると、遊びが質量ともに際限なく広がりますね。

3-6:この時期は、本格的な思考回路作成前の<言葉〜実体験>と<文字〜実体験〜文字>を丁寧に体験し、<文字〜体験〜絵図>への移行をスムーズに行えるような十分に実感できる、<言葉体験〜文字体験>の絵図化の準備期と考えることです。

*地球上での進化を前提としていますので、重力の動きと真逆の動きを人工的に経験させることなどは避けるべきです。ただし、意図的に空間認知と制御を進化させるのならば、無重力状態での肉体制御にも対応してもいいでしょうが、特殊なことだと思います。やってできないことはありませんが賛成はしません。出来るでしょうが、そこを競っても肉体の制限からは出られないのですから、(オリンピックでは評価されても)重要とは思えません。



<参照:いつ読んでも素晴らしいブログ>
http://kcanon.blog68.fc2.com/blog-entry-102.html






最終更新日  2017年10月23日 23時19分12秒
2017年07月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類
■添削時に、文字を書き込むことはしないほうがいいです。私は一言も書きません。「ウピ!」「キャッ!」くらいかな。

その代わりに、

正解→レオン君(よく、ネズミかな...と言われますが、黄色いウサギさんです!)
不正解→へビ君(間違いポイントを鋭く指摘する矢印が武器です!)
途中→つづく君(まだまだ君の才能は続くのですよ...とノンビリ応援しているのです!)

を描くだけにします。


*子供達には通じるので必要十分!






最終更新日  2017年07月04日 08時37分41秒
2017年06月20日
カテゴリ:カテゴリ未分類

◎糸山先生の模擬授業〜〜〜〜〜!...どこか、田舎の学校で出来ないかなぁ〜〜〜〜。
◎妄想です。空想しているだけです。そんなに簡単には出来ないですよね。でも、北海道では全校生徒で取り組んだこともあるんですよね。<どんぐり問題>の作品展示会までしたんですよ。できないことはない。

<学力体験授業>

読解力を体験してみよう...これが読解力だ!...読解とは具体的にはどうすることなのかな?

理解力体験会してみよう...これが理解力だ!...理解とは具体的にはどうすることなのかな?

思考力体験会してみよう...これが思考力だ!...思考とは具体的にはどうすることなのかな?

*オマケ:ビックリ学習方法体験会

<漢字編>

●image-fix法(イメージフィックス法)...一度も書かないのに、漢字を書けるようになる方法

<計算編>

●「デンタくん」から「横筆算」...15分で無限暗算ができるようになる

<万能九九>

●三角視算表...九九なのに考える練習にもなる方法

------------------------

◎長野県ではPTA連合会後援で(教育委員会後援も経験あり)

「誰でも考える力が簡単に身につく学習方法〜思考力養成に特化した学習方法」の紹介

1.考えるとは具体的にどうすることか

2.考える力の育て方

3.考える練習の実践記録と体験

4.思考力養成の理論と実践に関するQ&A

>読み書き計算が基本だと思っておられるので、厳しいですが、話してきます。

●触れなければいいのでは?質問されれば、事実のみいいましょうかね。

*お話の内容ですが、北海道でされる

「外遊びがなぜ思考力養成になるのか 理論を体験する」

「子どもたちの健全な自立に向けて」

この二つをあわせて講演していただくことはできますか?

→OK

-------------------------

◎埼玉県では教育委員会後援で講演しますよ。

キャリアチャレンジスクールの一つとしてワークショプを開催
*さいたま市教育委員会後援です。

<どんぐり問題の解き方>

https://www.youtube.com/watch?v=BYlU1z56Cf4

◎糸山泰造:教育アドバイザー:誰もが確実に「考える力」を身につけることが出来る簡単な方法を紹介しています。

1.授業目的...子供達に21世紀を生き抜く絶対学力を身に着けて欲しい。絶対学力=自分の人生を楽しむことが出来る力=人間的な判断力を含む思考力・絶対学力を感味力と視考力を活用して簡単に育てることが出来る方法を紹介したい。


2.糸山先生とは...塾のパターン学習の致命的な欠陥に気付き、パターン学習ではない、人間本来の学習力(絶対学力=感味力+視考力)を使って思考力養成を提案している。ヒトを人間に育てる上で、感情教育と理論教育を高度なレベルで融合させた学習方法を使う必要があると考えて、その紹介に邁進している。


3.単元・教科は...全教科共通なのです。教育の統一場理論がありますので、科目に縛られません。ただし、最も効果的なのは算数ですので、問題形式は算数の文章問題という形をとっています。体育でも思考力養成は可能ですし、美術でも図工でも可能です。


4.指導の趣旨は何か。21世紀に必要とされる個々のオリジナルの思考力養成。







最終更新日  2017年06月20日 12時11分52秒
2017年06月19日
カテゴリ:カテゴリ未分類
◎公式ホームページの左下段から、どんぐり問題700題全ての添削例をご覧いただけます。
 初期の添削例(作品集)ですので、余計なことを書き込んだりもしていますが、実際の子供達の作品を
 添削したものです。初期の問題集(テキスト)の表紙でしたが、現在は掲載していません。
 この表紙を見て真似をする作品が出たので、スタッフ会議の結果、廃止になりました。
 作品例や添削例はDVDなどで十分ご覧いただけますので公開も不要かと思いましたが、
 <どんぐり問題>の雰囲気を伝えるには、適していると考えましたので、ここに公開することと
 なりました。
*この頃は、まだ「つづく君」は参加しておらず、「レオン君」と「ヘビ君」、
 それに「ニョロ君」や「ギョ君」が活躍しています。







最終更新日  2017年06月19日 23時11分51秒

全1025件 (1025件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

プロフィール


レオン117

カレンダー

コメント新着

アンカラママ@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) どんぐり倶楽部を知ってから、5年余ですが…
うり坊@ ありがとうございました 毎日自分が目にする子ども達と先生の言葉…
障害児と通常発達児の双子の母@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) ブログ、本当にありがとうございました!…
障害児と通常発達児の双子の母@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) ブログ、本当にありがとうございました!…
アキヤマ@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) ブログ、ありがとうございました。今年、…

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.