1154583 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 ブログ版・一杯のコーヒーから地球が見える

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

eco-wind

eco-wind

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

ヤンキー 2024.04.1… New! 森3087さん

🌷新作「三姉妹 (26)… New! 神風スズキさん

長堀川跡:四橋:10… 天地 はるなさん

新商品のブローチ完… PANDA LIFEさん

出がらし紋次郎の出… 出がらし紋次郎さん

カテゴリ

バックナンバー

2024年04月
2024年03月
2024年02月

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。
2011年05月01日
XML
カテゴリ:あれこれ
2009年のIPCCの「データ捏造」疑惑 クライメート・ゲート事件を忘れてはならない!

原発推進は地球温暖化CO2原因説とともにあることを理解しなければならない。
うそだらけの原発とうそだらけの温暖化データ。

----------

IPCCの「データ捏造」疑惑(池田信夫blog part2):

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51316866.html

これはホッケースティック曲線として知られる、20世紀になって急速に地表の平均気温が上がったとするデータについての議論である。文中のMikeとは、ホッケースティックのデータを発表したMichael Mannのことで、「80年代以降の気温上昇を過大に見せ、60年代からの下降を隠す」工作を行なったことをのべている。ホッケースティックのデータが捏造されたのではないかという疑惑については、全米科学アカデミーが調査し、IPCCの第4次評価報告書からは削除された。このEメールは、捏造疑惑を裏づけるものといえよう。

このように「初めに結論ありき」で研究が進められることは珍しくない。特にIPCCのように一つの大学に数億ドルの補助金が出るような大プロジェクトでは「結果を出す」ことが求められるので、なるべく温暖化が起きているようにデータを解釈するインセンティブが生じるが、このホッケースティックのように意図的に原データを改竄するのは、科学的な論争のルールを逸脱している。
(部分抜粋)

クライメート・ゲート事件


http://www.youtube.com/watch?v=OIVAhIjRYHE&feature=player_embedded





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2011年05月02日 01時38分04秒
コメント(0) | コメントを書く


カレンダー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.