000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

環境・平和・山・世相 コジローのあれこれ風信帖

環境・平和・山・世相 コジローのあれこれ風信帖

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

コジネンコ

コジネンコ

フリーページ

カレンダー

お気に入りブログ

台湾をめぐる現状に… shchan_3さん

シロヤシオの瓢ヶ岳… kiki2406さん

ぼたんの花 ぼたんの花さん
福山医療生協九条の会 や~っぴょんさん
ゆうこと5にゃんの… ゆうこ8838さん
2011年03月12日
XML
テーマ:ニュース(99693)
カテゴリ:社会

 自然の猛威に息を呑む。昨日は大阪天満橋で環境省が地元NPOに委託して設置している近畿環境パートナーシップオフィス、いわゆる近畿環境館の運営委員会があり、午後1時からその事務所がある大阪マーチャンダイズマート(OMM)ビルにいた。会議は3時終了の予定で、座長を務める大学の先生が「そろそろまとめに・・・」と話し始めたところ、急に悪酔いをしたような感じがするなと思ったら、部屋全体が揺れていた。

 揺れはかなり長時間続き、棚からモノが落ちた。その直後、手持ちのラジオをつけて聞いていたNPO関係の傍聴者から「東北で地震!」の声。さらに続けて「震度7」。あわてて事務所のテレビを付けると、和歌山県を含む太平洋沿岸全域に大津波警報が発令されていた。予想波高も東北では7mと過去の経験からは桁違いだ。これはえらいことになった、死者数千を直感する。その間にも、ビルの管理室からエレベーターは停止した旨が繰り返し放送されていた。

 そそくさと座長が会議をまとめたのを受け、さっさと退出。まだ動いていた貨物用エレベーターを待っていたときに東京の娘から携帯メールが届いた。地下鉄で遭遇したが、無事だったそうだ。これで、東京も相当揺れたのだと知る。ともあれ無事で何より、気をつけて帰宅するようレスする。後で、地下鉄が緊急停車した恵比寿から住まいのある荻窪まで、4時間歩いて帰宅したと聞いた。さらに八重洲付近に勤める息子からは、オフィスの窓ガラスが割れたとのメールがあった。東京の人たちも大変だったろう。

 地下鉄で天王寺に出て阪和線で和歌山に戻る。和歌山までは紀州路快速で難なく到達したが、改札を出てみると人でいっぱいだ。紀勢本線の和歌山・新宮間が不通で、行き場を失った人たちがたむろしているのだった。駅員がハンドマイクで何か説明していて、騒然とした雰囲気だった。

 その紀勢本線はいま12日の午前10時段階も不通。高速道路も和歌山田辺間の下りは不通になっている。南に行くのは事実上不可能だ。和歌山駅でたむろしていた人たちはどのようにして夜を明かしたのだろうか。というわけで、紀峰山の会が今日予定していた岩登りトレーニングも中止になった。まあ、行き先が大津波警報発令中の白浜三段壁だったのだから、交通事情もさりながら、中止もやむを得まい。

 いま、あらためて気になるのは原発がどうなるかだ。現在、東京電力福島第一原発では半径10km内の住民に、同第二原発は半径3km内の住民に避難指示が出ている。制御棒を入れて臨界状態を収め緊急停止させたとしても、原子炉内の核燃料は依然高熱を発しておりそれを冷やしてやらないとメルトダウン、つまり核燃料が暴走したあげくに自らの熱で溶解して制御不能に陥り、さらに原子炉自体やそれを保護する格納容器も融点を超えて溶解し、反応中の核燃料が環境に放出される最悪の事態が起きる恐れがある。

 日本の原発推進勢力は、どんな事態になっても、二重三重の防護措置があり、そんなことは起こりえないと、反原発勢力が指摘する懸念を「無知のせい」と一笑に付してきた。その最大の論拠が緊急炉心冷却システム(ECCS)だったのだが、いま、小出しにされている情報だけでも、福島第一原発の6基の原子炉のうち少なくとも2基、同第二原発の4基のうち少なくとも3
基でそれは機能しなかった。 ん~、この際だからついでにいうが、第一原発では6基のうち3基が点検中で稼働していなかった。つまり、動いていた計6基のうち、ECCSが機能したのは最大でも2基しかなかったということなのだ。

 第一原発の1基ではすでに、格納容器内で限界まで高まった気圧を降下させるため、内部の空気を環境に放出し始めている。そうしなければ、内部圧力で格納容器が爆発する危険があるためだが、もちろんこの気体には放射能が含まれている。排気筒にとりつけたバグフィルターで除去するシステムになっていたと思うが、要するにふるいで漉すようなもので、すべて完全に除去できるわけではない。

 だからといって危機感をあおるつもりはない。政府の発表によれば「健康に影響ないレベル」というのだから、一応これを信じてパニックに陥らず、圏外への避難など落ち着いてやるべしと思うが、もちろんこの段階で事態が大人しく収まると約束することもできない。もし、内部に核燃料を有する両原発6基の原子炉のうち1基でもメルトダウンを起こせば、その被害は今回の地震による倒壊や津波や火災を上回る被害が出る恐れがある。

 そこで怒りを込めて問いたい。原発を恐れた人々を笑い飛ばした「専門家」や電力会社幹部は今、自慢の「安全な原発」の現場へ行ってしっかり対応しているのだろうな!まさか危険な作業を労働者たちに押しつけて、安全な東京に居座っていたりしていないだろうな!

Z.gif  ←ランキングに参加してます。ワンクリックご協力を。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2011年03月12日 10時53分04秒
コメント(8) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.