2851453 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ふるた技工所(てっこうしょ)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


Aちゃん22

フリーページ

2008.06.29
XML
カテゴリ:ソフト開発日誌
Fedora 8 Kernel 2.6.25.6-27.fc8 (x86 32bit) で NVIDIA の Geforce 4 MX ドライバ 96.43.05 をインストールすることができたので簡単な手順だけメモしておく。

2008.07.19 追記 96.43.07 版で Kernel 2.6.25.4 以降に対応したようです。パッチを当てずにコンパイルできました。

(0) 万が一に備えて /etc/X11/xorg.conf をバックアップする。

(1) NVIDIA のサイトで 96.43.05 版のドライバを手に入れる。(製品のタイプ: GeForce, 製品のシリーズ: GeForce 4 MX Serise, オペレーティングシステム: Linux 32-bit, 言語: Japanese)

(2) Kernel devel(kernel-devel-2.6.25.6-27.fc8.i686.rpm) を入手してインストールする。パッケージマネージャーの検索を使って、インストールするのが簡単であろう。

(3) NVIDIA ドライバのパッチ NVIDIA_kernel-96.43.05-2290218.diff.txt を手に入れる。リンク先の記事に添付されたファイルをダウンロードする。

(4) パッチを当てたカスタムインストーラ NVIDIA-Linux-x86-96.43.05-pkg1-custom.run を作る。下のコマンドラインは \ で行継続している。ノート: --apply-patch オプションで (3) でダウンロードしたパッチファイルを指定する。

# downloaded_path/NVIDIA-Linux-x86-96.43.05-pkg1.run \
--apply-patch downloaded_path/NVIDIA_kernel-96.43.05-2290218.diff.txt

(5) カスタムインストーラを起動する。途中エラーが出るが気にしないで良いみたい。

# downloaded_path/NVIDIA-Linux-x86-96.43.05-pkg1-custom.run

都合で kernel 2.6.25.4-10.fc8 を使っている場合も同様にできる。

パッチを当てる必要がある原因は Linux Kernel の API 改廃が影響している。周囲への影響を考えると有益な改廃には思えないのだけど。






最終更新日  2008.07.19 21:14:49
コメント(0) | コメントを書く

カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄

コメント新着

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.