040526 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Garage43 blog

Garage43 blog

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

Garage43

Garage43

Calendar

Archives

Category

Recent Posts

Comments

コメントに書き込みはありません。

Keyword Search

▼キーワード検索

May 2, 2024
XML
カテゴリ:DIY
先日、スイスポの運転席のシートを昔S14に乗ってた時に使っていたBRIDEのセミバケに交換しました。

その時の様子は​みんカラにアップしてる​んですが、その際、シートを嵩上げするのにZ角座金を使用しました。





Z角座金には、もともとM14の穴が開いているのですが、今回使用しているボルトはM8。
つまり、座金自体はボルトと接触していないということになります。

ボルトはスイスポのサービスマニュアルに記載の通り23Nmで締めているので問題ないとは思いますが、強い衝撃を与えた時に座金がずれることも無いわけではないと思われるので、きちんとM8の角座金を用意することにしました。

とはいえ、既製品にそんな都合の良い大きさの4cm角でM8の角座金が売っているわけもなく、しかたがないので自作することに。

今回用意したのは、38mm×1,000mm×4.5mm厚のドブ平鋼です。

厚さはZ角座金と同じなので、同様に2枚重ねて使用すればOKということになります。

まずは鋼板をディスクグラインダーを使って40mm×8枚カットします。





対角線を引いて中心を出したら・・・





ドリル時のガイド用にポンチで中心を凹ませます。





その後、3mm → 6mm → 8mmの穴を開けて、M8のボルトが問題なく通ることを確認。

バリを取って綺麗にしたら、





黒く塗装します。





Z角座金と交換したら完成です。







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  May 4, 2024 08:26:27 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.
X