400144 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Calendar

Free Space

岸本元気

親と子のメンタルヘルス研究所 所長

Favorite Blog

naoさんDiary~… nao母さん
tomomo'sすたい… tomomo♪さん
☆慶子ママのお部屋☆ 響喜のママさん
じゅんのページ 元気なじゅんさん
人生100年時代 … ハッピーサマンサ Happy Samansaさん

Comments

銭亀亭心太@ 日本の財政を考える会への招待状 ラジオでは流れないテレビでも写らない 日…
890spznq@ Re:帰ってきましたよ!!!(01/17) 171232zrojhl谆紫诅篆组转渍9とo5ミ JP-T…
とものおばちゃん@ なるほど~☆ そうか~、そうだったのか・・・ 姉が小…

Recent Posts

Archives

May , 2024
Apr , 2024
Mar , 2024
Feb , 2024
Jan , 2024
Sep 29, 2012
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


重たいものさえ知っていれば いいのです。



こどものこころのすべてを 知ることは できません。



もちろん どんな人の こころであっても 





できる限り 相手の多くのことを知りたい


そう想うのは 親と子であれば 当然のこと


それは 友達同士でも  恋人同士でも 






重たいもの


それだけ知っていれば 本当は すべてうまくいくのです。



一番 つらかったこと

一番 悲しかったこと


こころの中にしまいこんでしまった  悲しい想い





その子にとって いちばん 重たいものを知っていること


それが 大切です。



人の関係は すべて そうです。


相手が一番 重たいと想っているものを知ってあげる



それだけで こころというのは 通じ合えるものです。



あなたのこどもたちの いちばん 重たいものって なんですか?


あなたの大切な人が かかえている いちばん 重たいものってなんですか?




それさえ わかっていれば あとは 何も心配することなど ないのです。





自分のいちばん重たいものを わかっていてくれる人がいる




それが 誰でも 一番嬉しいはずだから






あとのことは そんなに 大したことではないのです。




(げんき)





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  Sep 29, 2012 11:18:20 PM
コメント(1) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.