000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Calendar

Free Space

岸本元気

親と子のメンタルヘルス研究所 所長

Favorite Blog

naoさんDiary~… nao母さん
tomomo'sすたい… tomomo♪さん
☆慶子ママのお部屋☆ 響喜のママさん
じゅんのページ 元気なじゅんさん
人生100年時代 … ハッピーサマンサ Happy Samansaさん

Comments

銭亀亭心太@ 日本の財政を考える会への招待状 ラジオでは流れないテレビでも写らない 日…
890spznq@ Re:帰ってきましたよ!!!(01/17) 171232zrojhl谆紫诅篆组转渍9とo5ミ JP-T…
とものおばちゃん@ なるほど~☆ そうか~、そうだったのか・・・ 姉が小…

Recent Posts

Archives

May , 2024
Apr , 2024
Mar , 2024
Feb , 2024
Jan , 2024
Jun 25, 2009
XML
大人のための「ストレスサイン」に気づく50の方法


その11  「ブレーキが利かない」ことに気づくのは たいてい『下り坂』なのです





   あなたの身体は とても疲れが 溜まっています




              でも


     「体調は悪いけど 忙しくて休むわけにはいかない」




     「仕事が詰まっていて 土日も休めそうにない」







  ビジネス街を歩くと 深夜まで 事務所の灯りがついているのも

           まだまだ多く見られます







    「休むことができない」時こそ 休みましょう







 「休むことができない」のは 「休まなければならない」サインなのです







  自分で「休み」や「勤務時間」をコントロールできる


  それであれば 休まず頑張っても 大丈夫かもしれません










    「自分で 自分を コントロールができない状態」



 その状態こそ 心身の不調がはじまる 一番最初の『扉』 なのです







      この『扉』は 誰も あまり気にすることなく


             開いてしまいます







             「無理をすること」



      この『扉』は 簡単に開くことができるのです

  誰も そんなことは たいしたことでは ない と考えているからです







      でも 実は 誰も気づいていないことがあるのです



                それは



     『自分で その扉を閉じることは出来ない』ということです







           「無理をはじめた あなた」


      それを あなたは 止めることはできないのです



              止められるのは


          「周りの誰か」だけなのです







         「周りの誰か」がいて 気づいてくれると


         その「扉」は閉められることがあります


          それは 本当に 幸せなことなのです






            でも  誰も周りにいない




      あなたの開いた『扉』は 開いたままの状態なのです










         「自分で自分をコントロールできること」





       実は もっとも難しいことのひとつ なのです






        あなたは 簡単に『無理』をしていませんか?






        時には 自分のブレーキを点検しておきましょう







         スピードの出る 下り坂 に来たとき



         はじめて  壊れたブレーキに気づきます







     あなたも あなたの愛車も 日頃からの点検が大事なのです


                            (げんき)



大人のための「ストレスサイン」に気づく50の方法【目次】★





こどもがすくすく成長する0・1・2歳児の魔法の「言葉がけ」







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  Jun 25, 2009 04:08:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
[「ストレスサイン」に気づく50の方法] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.