3071870 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PR

Freepage List

手作り石鹸◎楽工房◎


オーラの泉 日記リンク


ヨーガ療法 教室 子連れOK


源氏物語で恋愛セミナー1【桐壺】


恋愛セミナー2【帚木】


恋愛セミナー3【空蝉】


恋愛セミナー4【夕顔】


恋愛セミナー5【若紫】


恋愛セミナー6【末摘花】


恋愛セミナー7【紅葉賀】


恋愛セミナー8【花宴】


恋愛セミナー9【葵】


恋愛セミナー10【賢木】


恋愛セミナー11【花散里】


恋愛セミナー12【須磨】


恋愛セミナー13【明石】


恋愛セミナー48【雲隠】


恋愛セミナー14【澪標】


恋愛セミナー15【蓬生】


恋愛セミナー16【関屋】


恋愛セミナー17【絵合】


恋愛セミナー18【松風】


恋愛セミナー19【薄雲】


恋愛セミナー20【朝顔】


恋愛セミナー21【乙女】


恋愛セミナー22【玉鬘】


恋愛セミナー23【初音】


恋愛セミナー24【胡蝶】


恋愛セミナー25【蛍】


恋愛セミナー26【常夏】


恋愛セミナー27【篝火】


恋愛セミナー28【野分】


恋愛セミナー29【行幸】


恋愛セミナー30【藤袴】


恋愛セミナー31【真木柱】


恋愛セミナー32【梅枝】


恋愛セミナー33【藤裏葉】


恋愛セミナー34【若菜上】


恋愛セミナー35【若菜上】


恋愛セミナー36【若菜上】


恋愛セミナー37【若菜下】


恋愛セミナー38【若菜下】


恋愛セミナー39【若菜下】


恋愛セミナー40【若菜下】


恋愛セミナー41【柏木】


恋愛セミナー42【横笛】


恋愛セミナー43【鈴虫】


恋愛セミナー44【夕霧】


恋愛セミナー45【夕霧】


恋愛セミナー46【御法】


恋愛セミナー47【幻】


恋愛セミナー49【匂宮】


恋愛セミナー50【紅梅】


恋愛セミナー51【竹河】


恋愛セミナー52【竹河】


恋愛セミナー53【橋姫】


恋愛セミナー54【椎本】


恋愛セミナー55【椎本】


恋愛セミナー56【総角】


恋愛セミナー57【総角】


恋愛セミナー58【総角】


恋愛セミナー59【総角】


恋愛セミナー60【総角】


恋愛セミナー61【早蕨】


恋愛セミナー62【宿木】


恋愛セミナー63【宿木】


恋愛セミナー64【宿木】


恋愛セミナー65【宿木】


恋愛セミナー66【宿木】


恋愛セミナー67【東屋】


恋愛セミナー68【東屋】


恋愛セミナー69【東屋】


恋愛セミナー70【東屋】


恋愛セミナー71【浮舟】


恋愛セミナー72【浮舟】


恋愛セミナー73【浮舟】


恋愛セミナー74【浮舟】


恋愛セミナー75【浮舟】


恋愛セミナー76【蜻蛉】


恋愛セミナー77【蜻蛉】


恋愛セミナー78【蜻蛉】


恋愛セミナー79【蜻蛉】


恋愛セミナー80【手習】


恋愛セミナー81【手習】


恋愛セミナー82【手習】


恋愛セミナー83【手習】


恋愛セミナー84【手習】


恋愛セミナー85【夢浮橋】


恋愛セミナー86【雲隠2】


恋愛セミナー87【雲隠3】


恋愛セミナー88【儚炎】


恋愛セミナー89【花咲園】


恋愛セミナー90【春琴】


恋愛セミナー91【藤壺】


恋愛セミナー92【紅戯】


恋愛セミナー93-100


Portable Story 100 pieces 1-10


PS 100pieces 11-20


PS 100pieces 21-30


PS 100pieces 31-40


PS 100pieces 41-50


PS 100pieces 51-60


PS 100pieces 61-70


PS 100pieces 71-80


PS 100pieces 81-90


PS 100pieces 91-


PS 100 pieces


PS 100pieces2 


Portable Story 1000 pieces 1-100


PS 1000pieces 101-


PS 1000pieces 201-


PS 1000pieces 301-


PS 1000pieces 401-


PS 1000pieces 501-


PS 1000pieces 601-


PS 1000pieces 701-


PS 1000pieces 801-


PS 1000pieces 901-


PS 1000pieces 1001


PS 1000pieces 1101


PS 1000pieces 1201


PS 1000pieces


PS 1000pieces2


PS 1000pieces3


PS 1000pieces4


PS 1000pieces5


PS 1000pieces6


PS 1000pieces7


PS 1000pieces8


ふたりのマダム・ジリー


クレア1843『オペラの華』


クレア1843『カストラート』


クレア1846『救済』


クレア1846『音楽の天使』


クレア1846『仮面の下』


クレア1846『エトワール』


クレア1846『幻影』


エリザベート1848『ローレライ』


エリザベート1848『祝杯』


エリザベート1848『手紙』


ルイーズ1854『結婚』


クレア1854『花』


ルイーズ1854『レッスン』


ルイーズ1854『宝石』


ルイーズ1854『伝言』


エリック1855『呼び声』


エリック1855『テンペスト』


エリック1855『スピリット』


クレア1856『恋』


ルイーズ1860『誕生』


クレア1860『娘』


ルイーズ1861『再会・改』


クレア1864『降臨』


グスタフ1870『妖精』


ルイーズ1871『神供』


エリック1874『海岸』


エリック1874『約束』


エリック1874『真実』


クレア1875『柿落とし』


クレア1875『秘密』


☆密かにジェリーズバトン☆


ルイーズ1876『変身』


エリック1878『幼子』


エリック1880『デビュー』


クリスティーヌ1880『指輪』


二度目の手紙


オーラの泉・日記リンク


三島由紀夫全集雑記


第一巻 盗賊・仮面の告白・純白の夜


第二巻 愛の渇き・青の時代・夏子の冒険


第三巻 禁色


第四巻 にっぽん製・潮騒・恋の都


第五巻 女神・沈める滝・幸福号出帆


第六巻 金閣寺/永すぎた春/美徳のよろめき


第七巻 鏡子の家


第八巻 宴のあと/お嬢さん/獣の戯れ


第九巻 愛の疾走/午後の曳航/肉体の学校


第十巻 美しい星/絹と明察


第十一巻 音楽/三島由紀夫レター教室/夜会服


第十二巻 複雑な彼/命売ります


第十三巻 春の雪/奔馬


第十四巻 暁の寺/天人五衰


第十五巻 花山院/みのもの月


第十六巻 世々に残さん/菖蒲前


第十七巻 殉教/花山院


第十八巻 日食/死の島


第十九巻 ラディケの死/志賀寺上人の恋


第二十巻 月澹荘奇譚/孔雀


第二一巻卒塔婆小町/只ほど高いものはない


第二二巻 葵上/鹿鳴館


第二三巻 弱法師/黒蜥蜴


第二四巻 サド侯爵夫人/わが友ヒットラー


第二五巻 癩王のテラス/LONG AFTER LOVE


Favorite Blog

台風19号が東日本… New! ☆えみりー☆さん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

24時間心電図計の返却 New! moririn65さん

秋の味覚 サボテン_01さん

健康経営の浸透によ… サバイバル父さん
ただいまキレイ見習… itoka77さん
伝説のキャプテンが… ツイてるファシリテーターさん
人生を3秒で変える名… コタロウ1614さん
カテゴリなしの方向で ドコルルさん
belly slop tomoko0821さん

Category

カテゴリ未分類

(0)

本当に生きんがために

(324)

美味しい手作り石けん

(35)

重曹で快適ライフ

(15)

キレイのひみつ

(35)

簡単レシピ

(95)

健康美(自然療法など)

(39)

お金と愉しくつき合う方法

(23)

知性美(次へのヒント)

(46)

精神美(あそびの話)

(24)

アート&コミュニティ

(55)

我が家の庭

(58)

欧州鉄道の旅・愛・地球博

(27)

近郊で遊ぶ

(62)

明治村・大正村・薔薇園・ターシャの庭

(184)

花とお城と洋館めぐり

(297)

京都・神戸・大和探訪

(392)

源氏物語ゆかりの地めぐり

(41)

バスツアー

(101)

名城めぐり

(12)

上高地・高山・しらびそ高原

(82)

富嶽めぐり

(49)

北海道時計回りの旅

(89)

新選組ゆかりの地巡り

(30)

山本耕史くんの舞台&映画&ドラマ

(48)

藤原竜也くんの舞台

(12)

堺雅人さんの映画

(10)

生田斗真さんの舞台&映画&ドラマ

(20)

奥田瑛二さんの映画

(4)

美輪明宏さんの舞台&映画

(108)

歌舞伎

(39)

劇団四季

(13)

Mr.Children音楽&ライブ

(4)

フィギュアスケート☆

(33)

映画談義

(94)

TV談義

(88)

演劇談義

(40)

オペラ座の怪人

(117)

ふたりのマダム・ジリー

(31)

二度目の手紙

(9)

今月のギフト

(153)

源氏物語で恋愛セミナー

(114)

オーラの泉

(580)

休日スタイル

(102)

我が家のお買い物

(52)

我が家の釣果

(10)

Originな物語

(107)

オーラソーマボトルを選ぶ

(24)

本&アートのお部屋

(121)

アントワネットの文机

(32)

子どもの絵

(12)

☆楽天バトン☆

(12)

Portable Story 100 pieces

(45)

Portable Story 1000 pieces

(584)

Recent Posts

Rakuten Card

全10件 (10件中 1-10件目)

1

我が家の釣果

November 12, 2010
XML
カテゴリ:我が家の釣果
夫の船釣り、10、11月はワラサが目的とのこと。

ここ2度ほど、釣果なしでしょんぼり帰ってきていましたので
あまり期待しないようにしていたのですけれども、
10月は30センチのタイと一緒に、50センチほどのワラサを釣ってきてくれました。

Image5555.jpg Image5556.jpg

ワラサはお刺身に、頭とアラはお味噌汁に。
タイは、まだ調理していませんけれども、焼いていただく予定。

そして今週。
先月の釣果に気を良くして再びワラサ釣りに挑戦、
70センチほどのワラサを1匹、持ち帰ってくれました。

Image5779.jpg

夫の話によると、もう少し大きなものを2匹、釣り上げたということで、
皆さんのお魚をすべて一緒にして、釣れなかった方も含めて1匹ずつにしたのだそうです。

こちらは、1/4身をお刺身にして食べたところで、少し淡白でしたので
次の1/4身は「男子ごはん」で紹介されていたカルパッチョに。

最後の半身は、しゃぶしゃぶでいただく予定。
頭とアラのお味噌汁には、寒くなってきましたので
生姜を入れて、こちらも美味しくいただいています。

「我が家の釣果☆の日記」

【楽天さんで購入可能なお魚&釣りグッズ】


  







Last updated  November 12, 2010 09:37:18 AM
May 13, 2010
カテゴリ:我が家の釣果
夫の船釣り、先回のリベンジで狙うはアジとサバとのこと。

張り切って朝3時に出かけてゆきましたけれども、
夕方になっても電話もメールもなく。

調子のよいときは、午後3時前には帰ってきていたので
今回もいまひとつだったのかなと思っていましたら、
陽も落ちたころに連絡があり、お仲間のお宅で
バーベキューをして戻るとのこと。

帰ってきたのは、夜も9時を過ぎる頃。
手渡されたクーラーボックスには、
大きなサバと小さなメバルが入っていました。

Image3953.jpg

サバは、40センチほど。
下処理をすると、それぞれ卵と白子が入っていましたので
メバルと一緒におみそ汁へ。

「サバは、バーベキューで1匹、塩焼きで食べたけど、
美味しかったよ」とのことですので、我が家も同じように
今夜いただく予定です。

「我が家の釣果☆の日記」

【楽天さんで購入可能なお魚&釣りグッズ】



  







Last updated  May 13, 2010 08:24:16 PM
May 3, 2010
カテゴリ:我が家の釣果
夫の船釣り、今回は大物アジ狙いで、
朝早くから勇んで出かけてゆきました…

…が、夕方、少し沈んだ声で電話があり
「あー、あんまり釣れなかったよ…」

帰宅後、手渡されたクーラーボックスを開けてみると、
数匹のお魚と、ビニール袋に大アサリが入っていました。

まずは、35センチのアジが1匹。

Image3919.jpg

次に、10~15センチのメバルが六匹。

Image3920.jpg

そして、15センチほどのカサゴが1匹。

Image3921.jpg Image3922.jpg

以上☆

遺伝子的に狩猟脳、巣で待つ家族のため
獲物を携えて帰らねばならないという思考を
持たざるを得ない男性の定め?ゆえか、
すっかり落ち込んでいる夫は、フテ寝…

…していましたが、しばらくすると起き上がり
「あー、目覚めたらテーブルの上に大皿盛の刺身が載っていたらよかったのになー」
と言いながら、キッチンへ向かいましたので、
私も傍らで作業を開始しました☆

大きめのアジは、お刺身に。
中くらいのお皿に盛り付けました。

メバルとカサゴは、梅醤油煮に。

今回の作業は、あっという間に終わったので、
酢味噌で頂く刺身こんにゃくもテーブルに並べ、
家族でいただきました。

楽しみにしていたお刺身は、
トロリとした食感で美味しく。

醤油煮は、翌日たっぷりの煮こごりができるほど。
お魚好きな子供がキレイに食べてくれました。

「まあ、お刺身が食べられたから良かったわ」
「うん、アジが釣れなかった人もいたんだ」
「そう、だから大アサリを買うことになったのね」
「あ、これも食べなくちゃ」

大きな貝は、1つ100円で市場で手に入れたのだそうで
夫が半分にカットして焼きアサリにしてくれました。

その日は風が強く、船は大揺れだったようで
無事に帰ってきてくれたのを在りがたく感謝して
夕食を終えました。

磯に行って魚を買う波平さんの気持ちがわかった夫は、
今月はやくも、お仲間とリベンジをするのだそうです☆

「我が家の釣果☆の日記」

【楽天さんで購入可能なお魚&釣りグッズ】



  







Last updated  May 3, 2010 08:10:19 AM
April 4, 2010
カテゴリ:我が家の釣果
夫の船釣り、今回はメバルが目的とのこと。

朝は5時ごろ出発、夕方、帰ってきたときは
「あまり釣れなかったから、小女子(こうなご)をおまけに貰ってきたよ」

クーラーボックスのフタを開けて釣果を見せてもらおうと思ったとき、
ちょうどヨガ関係の電話が入ったので私は別室へ。

キッチンへ戻ったときは、夫はひとりで半分ほどのメバルの下処理を終えたところで
「写真は撮らないの?」との言葉に、あと半分のお魚を並べてみました。

Image3847.jpg

この日の釣果は、10~15センチのメバルが30匹ほど。

下処理を終えた小さい20匹ほどは、日本酒を振ってから
梅醤油煮に。

メバルはお刺身に向くかどうかは分からなかったのですけれど、
子供が楽しみにしているので、大きめの5匹を三枚おろしにして、
頭などは御味噌汁の出汁に。

中くらいのサイズのメバルは、冷凍保存しました。

梅醤油煮、夫は骨が気になるようでしたが、私は美味しくいただき
お刺身は、意外にも脂がのっていてご飯によく合いました。

小女子は、ピカピカと新鮮でしたので、わさび醤油で。
大量に頂いてきましたので、翌日、生食しなかった分を
釜揚げと生姜醤油煮に。釜揚げはポン酢をかけて。

お店で見かける小女子の釜揚げは、もう少し大きなサイズで
小骨が気になることもあるのですが、夫が頂いてきたものは小さく、
湯がくと箸で少し触れただけで崩れてしまうほどで、口にしても柔らかく。

夫のおかげで、春の味を堪能できました☆

「我が家の釣果☆の日記」

【楽天さんで購入可能なお魚&釣りグッズ】



  







Last updated  April 4, 2010 11:31:47 AM
September 22, 2009
カテゴリ:我が家の釣果
夫の舟釣り、6度目はチャーター船にて。大物の鯛が目的とのこと。

台風が近づいているとのことでしたので、きちんと酔い止めを飲み
午前3時には出発したようです。(妻は熟睡中でした☆)

午後5時頃、携帯が鳴り「小物ばかりだった…」とのこと。
帰宅後、クーラーボックスのフタを開けてみると
20センチ前後の鯛が16匹入っていました。

前回、前々回は妻ひとりでお魚と格闘しましたので
今回は夫が横になりそうになっているのを押し留め、二人でさばきはじめます。

Image1799.jpg

まずは、全部のウロコとお腹とエラ取り。
「エビでタイを釣る」という言葉とおり、
えさとなった新鮮なエビも出てきます。

さて、最初の小ぶりな3匹は、その日のおかず、塩焼きに。

次は一番大きいものを選んで、一匹だけお刺身に。
身はあまり取れませんでしたが、これは愉しみにしている子供のため。
お刺身にするときにできたアラは、おみそ汁の出汁にしました。

「港の人に聞いたんだけど、開いてから一つかみ塩をして
10分置いてから洗って、日陰で一夜干しにすると美味しいらしいよ」

アドバイス通りに3匹を開き、お皿に並べてネットに入れてベランダに。

残りは2~3匹ずつビニールに入れて冷凍保存。
しばらく食卓を彩ってくれることでしょう。

その日に塩焼きにした鯛は、淡白ながらふっくらと、
お味噌汁も美味しくいただきました。
お刺身は子供の口にしか入りませんでしたが、満足したようです。

次の日、あっと気づいたときはベランダに陽が射しているのを
慌てて取り込み、冷蔵庫へ。無事、夜のおかずになりました。

ひとつオマケは、前日にアラで作ったお味噌汁。
ほんの少し残っていたのを冷蔵庫に入れておいたのですが、
表面に数ミリの透き通った膜を作ってゼリー状に固まっていました。
鯛にはたっぷりコラーゲンが含まれているのですね☆

大物は釣れませんでしたけれど、いつも通り楽しく美味しく
海の幸をいただくことができました。
夫はリベンジを狙っていると思いますけれども…

「我が家の釣果☆の日記」

【楽天さんで購入可能なお魚&釣りグッズ】



  







Last updated  September 22, 2009 10:03:29 AM
May 24, 2009
カテゴリ:我が家の釣果
夫の舟釣り、5度目は乗り合い船にて。アジが目的とのこと。

曇り空で風が強く、少し波が高いようでしたが、
晴れ男の自分を信じて出かけてゆきました。

当日、妻は午前中はヨガ、午後はポジャギ(韓国のパッチワーク)講座とやや忙しく、
できればお刺身のひとつもできているといいなーと期待しながら帰宅。

期待は当然のように外れ、熟睡中の夫のそばで一人でお魚と格闘します。

Image915.jpg

まずは、アジが12匹。
一番大きいものをお刺身に、一番小さなものは、煮付けの鍋に投入。

10匹は開いて、塩水につけた後、ベランダで干物にしました。

Image916.jpg

次は、イサキが2匹。
こちらも大きい方はお刺身に、小さい方は煮付けに。

アジもイサキも、タラコのような卵を持っていましたので
お刺身をとったアラと共に、煮付けの鍋に入れました。

獲物は以上。
今回は思っていたよりも少なかったらしく、起きてきた夫に言わせると
「船の反対側にいた人たちは、たくさん釣っていたんだけど…」とのこと。

呼んでもなかなか起きてこなかったのは、疲れていたのと、
少しふて寝の心地こそすれ…だったのかもしれません。

(後日、聞いてみると、波が高かったため、薬を飲んでいったのにも関わらず
船で一緒だったほとんどの人と同様、酔ってしまったようです。)

さて、アルバイトから帰ってきた子供に「お魚、食べる?」と聞くと、
肯いて食卓へ。

また寝入ってしまった夫の傍らで、黙々と魚に箸を伸ばす子供。
高校生になって、言葉をかわすことが少なくなってきたのですけれども、
釣果は楽しみにしているよう。

「次は陸でイカ釣りに行くよ」
早くも来月の予定を立てている模様、今回のリベンジになるでしょうか。

「我が家の釣果☆の日記」

楽天トラベル

【楽天さんで購入可能なお魚&釣りグッズ】



  






Last updated  May 24, 2009 06:57:23 AM
January 31, 2009
カテゴリ:我が家の釣果
夫の舟釣り、4度目の今回は乗り合い船にて。
暖かくなってからかなと思っていたのですが、春まで待てなかったよう。

前日は、先回購入した釣り道具を持ち出してお手入れです。

「酔い止め、まだある?」
「あるわよ」

いつものように二錠ずつ携帯して準備万端で出かけました。

二時過ぎに電話が鳴ります。

「どうだった?」
「うーん…あまり釣れなかった…10匹位かな…」
「それだけ釣れたら充分じゃない?」
「クーラーボックスを満タンにして、友達に分けてあげようと思っていたんだけど…」

この日の目的は、カサゴ。
それほど大きくはない魚というイメージでしたので、
クーラーボックスを一杯にするつもりでいたということは…
…いったい何十匹釣るつもりだったのかしら☆

さて、我が家にもたらされたお魚さんたちを並べた様子がこちら。

09-01-28_19-38我が家の釣果.jpg

数えてみると、カサゴ19匹、トラギス1匹。
一日釣りを楽しんで、数千円の乗船代ならば十二分でしょう。
出目さんになっているのは、数10メートルの海底から釣り上げるからだそうです。

さて、その日はすっかり寝入ってしまった夫をそのままに、
1人でお魚さんと格闘を開始します。

大きいカサゴから順番に並べ、うろこ、おなか、えら取り。

09-01-28_18-15我が家の釣果.jpg

10~25センチくらいと、サイズが小さめの上、頭が大きくぬめりがある魚、
なかなかつかみどころがなかったのですが、大きく開いた口を持ってみると
作業がしやすくなり、野菜の皮むきでうろこを、キッチンバサミでおなか、えらを処理。

かなり軽快に作業していると一度、ぱくっ!と指を挟まれます。
よく見るとまだエラが動いているカサゴがいましたので、
生きているものはボックスの氷水に戻します。

おなかがぷっくり膨れているカサゴは卵を持っていて。
軟らかいので慎重にさばかないと流れてしまうのですが
19匹中7匹に卵が入っていました。

さて、下処理もだいたい終わって調理へ。

まずは25、20センチのカサゴを一匹ずつグリルで塩焼き。
カサゴは獲れたその日のうちならば、下処理なしで塩焼きできるとのことで
エラもうろこもおなかもそのままに天塩のみで。

美味しく、すぐに無くなってしまいましたので、
15センチのカサゴを3匹、さらに1匹だけいたトラギスを追加でいただきました。

09-01-28_19-37我が家の釣果.jpg

20センチのカサゴ3匹は、湯引きしてから梅煮に。

10センチの一番小さなカサゴ4匹は湯引きしてから半分にぶつ切りにして
玉ねぎ・にんじん・天塩・水を入れた鍋に。
シンプルな美味しさのスープになりました。

あとのカサゴは、まだ生きている1匹を除いて冷凍庫へ。
翌日以降に食べるものがすでに何品かあるというのは、有り難いですね。

丁寧に塩焼きを食べた後、「お刺身はないの?」と言っていた子供。
今回のカサゴは小さめなので、その日の料理には火を通してしまったのですが
子供も釣果を楽しみにし出した模様です。

翌日はお休みをいただいた夫をおいて、妻は子供の学校のPTA会議へ。
帰宅後、疲れて横になっていると、一日休養できた夫が台所に立ち、
ボックスに入れておいたカサゴをさばいてお刺身にしてくれました。

身が少ないため、夫婦で一口ずつ、あっという間に無くなってしまいましたが
淡白で美味しかったです☆
もちろん、前日に作っておいた梅煮やスープも五臓六腑にしみわたりました。
身を捧げてくれたお魚さんに感謝。

次回の釣りは、今度こそ春になるでしょうか。釣果が楽しみです。

「我が家の釣果☆の日記」

楽天トラベル

【楽天さんで購入可能なお魚&釣りグッズ】

  
 
  






Last updated  January 31, 2009 11:29:20 AM
November 13, 2008
カテゴリ:我が家の釣果
夫の舟釣り、3度目の今回はチャーター船で大物狙いとのこと。

家族の好評にすっかり気を良くした夫は、数日前
いそいそと大きな買い物をしてきました。

「これなあに?」
「つり竿☆あ、リールの糸巻き手伝って☆」

これまでは、竿はお借りしていたのだそうで、
いよいよ本格的にのめり込む気配が濃厚に。

「新しい釣り道具とチャーター船で、きっと大漁ね☆」
「あまり期待されても…坊主かもしれないし…」

やや弱気な発言をしつつ、前日は遅くまで仕事だったのをものともせず、
当日は早朝に、しっかり防寒対策をほどこして出かけてゆきました。

帰宅は5時過ぎ。
ややお天気が崩れやすい日が続いていたのにもかかわらず、今回もまた
晴れ男の面目躍如、当日は燦々と陽射しの降り注ぐ船釣り日和に。

「釣れた?」
「うん、ぼちぼち…」

クーラーボックスを開けてみた様子がこちら↓

我が家の釣果.jpg

「大漁じゃない☆」
「うん、ぼちぼちね☆」

海はうねっていて、かなり寒かったようで
お魚を置いてすぐ、夫はお風呂に温まりに。戻ってから、

「今日は、どれを食べるの?」
「カンパチとハマチは1日置いた方がいいから…」

まずはホウボウという40センチ位のお魚をさばくことにしました。

ホウボウ1.jpg ホウボウ3.jpg ホウボウ2.jpg

「同じ船で釣れたのは、この一匹だけだったんだ☆」とご自慢の夫が
ヒレを開いて形を決めました。

赤いホウボウは目出度いお魚とされていて、その上、鳴くのだそう。
鳴き袋という牡蠣のような大きな袋が出てきましたので、
この鳴き袋の周りの赤い身と三枚におろした白い身をお刺身に、
アラは日本酒を少し入れたお味噌汁に。

次は50センチくらいのカンパチ。

カンパチ.jpg

大きな卵とアラは、ホウボウと同じお味噌汁の鍋に。
三枚におろした身は、翌日のお刺身として冷蔵庫に。

45センチくらいのハマチは二匹。

ハマチ.jpg

二匹まとめて大きなビニール袋にいれ、魚用に空けたチルドルームへ。

真鯛.jpg 石鯛.jpg

真鯛は30センチ、石鯛は40センチくらい。
この二匹は冷凍庫へ。

夫の腕も上がって、その日のホウボウ、カンパチは、ほとんど一人でさばいてくれました。

ホウボウのお刺身は淡白でしまったお味、鳴き袋の赤味はやわらか、
アラで作ったお味噌汁も脂がほどよく染み出て美味しく。
子供はキレイにホウボウの頭を食べていました。

すっかり疲れて夕食後、すぐ熟睡した夫は
翌朝、元気に仕事に出かけてくれました。

これからしばらく、新鮮なお魚料理が続きそうです☆

「我が家の釣果☆の日記」

楽天トラベル

【楽天さんで購入可能なお魚&釣りグッズ】

  

  






Last updated  November 13, 2008 02:12:26 PM
September 22, 2008
カテゴリ:我が家の釣果
夫の舟釣り、2度目の今回はハマチが目的とのこと。

一回目の釣果と、家族からの好評に気を良くして、ちょうど2ヶ月を置いて再び海に。
前日には、仕事の休憩中に電話がかかってきます。

「酔い止め、まだあったっけ?」
「家にもあるし、お財布にも入ってるんじゃない?」
「…あ、あった」

台風13号が近づいている頃で、海に出るのは危ないのではないかしらと思っていたのですが
晴れ男の面目躍如、一週間のうち、その日だけ快晴の舟釣り日よりになりました。

さて、当日の夫は午前3時ごろ出発(このあたりはゴルフと変わりませんね☆)、
私は子どもを送り出し、午前中はヨガ教室、午後はランチへ。

このランチタイムがティータイムへと移行☆、午後4時過ぎに帰宅すると、
夫が相当おかんむりになっていましたので、早速、クーラーボックスを開け、
釣果を褒め称えてなだめ、夫婦でお魚さんたちとの格闘を開始します。

主に夫が鱗と鰓取り、私はお腹出しとおろしという分担に。
最初、包丁で鱗を取っていた夫が途中から野菜の皮むき器(ピーラー)を使ってみると
簡単にできるとのこと。私も試してみましたが、包丁よりかなり楽でした。

さて、まずは25センチくらいのアジが1匹。
これは夫がナメロウにしたいと申しますので、三枚におろして細かく刻み、
醤油、わさび、青シソに漬け込んで冷蔵庫へ。

我が家の釣果1.jpg

次は25~30センチほどのイサキが7匹。
先回は7月で、卵や白子を持っていましたけれども、今回はなし。
秋の身はふっくらとして、お腹にどっさりオキアミが入っていました。

先回は5匹すべて梅煮でいただきましたが、もう少しバリエーションをつけようと
一番大きなイサキをお刺身用に三枚おろしにして冷蔵庫に、4匹は冷凍庫に保存、
二匹を塩焼きにして、その日のおかずにしました。

我が家の釣果2.jpg

最後は、40センチほどのハマチ。
今回は大物ねらいの舟に乗せていただいたそうで
「15人位いたけれど、ハマチを釣れたのは半分くらいだった☆」とのこと。

こちらも三枚におろし、ハマチは一晩置いた方が良いとのことで、
お刺身用のイサキと共に冷蔵庫に。

我が家の釣果3.jpg

頭や背骨などのアラは、お味噌汁のだしへ。
子供は魚の目の周りが幼い時から好きなので、大きなハマチの頭もよいおかずに。

お魚さんたちとの格闘が終わり、ふっくらイサキの塩焼きができた頃に
夫がすっかり熟睡しているのは、先回も同じ。
楽しみにしていたアジのナメロウは翌朝、食べることになりましたが満足したようです。

その日も、夫はいそいそと早めに帰宅、台風が近づいていることもありましたけれども
目的は、釣ったお魚を食べること。

イサキとハマチを上手く薄作りにしてくれましたので
「磐音さまみたいね☆」と最大級の褒め言葉を進呈すると
「刺身包丁買おうかな~」と夫☆
家族でどっさりのお刺身に舌鼓を打ちました。

日を置いて、冷凍庫のイサキを梅煮に。
やはりとても美味しく、いつもは骨のある魚を嫌がる夫もキレイに食べています。

「次の舟釣りは11月に決まったから☆」
早くも次の予定を決めてご機嫌の夫。はい、家族で楽しみにしていますよ~☆

「我が家の釣果1☆」

楽天トラベル

【楽天さんで購入可能なお魚&釣りグッズ】

  

  






Last updated  September 22, 2008 12:16:11 PM
July 18, 2008
カテゴリ:我が家の釣果
会社の方から舟釣りに誘われて、夫がイサキを釣ってきてくれました。

舟釣りは初めてなので、前日になってからクーラーボックスや帽子や酔い止めを購入。
いそいそしながら、準備に余念のない夫のそばで、やや置いてきぼり気味の妻。

「釣った魚をさばくのは、どっちかな~」
「もちろん、妻の仕事だよ」

「たくさん釣れたら、ご近所に配ろうかな☆」
「まだ釣りに行くって言っちゃだめだからね」

「気をつけて、海に落ちないようにね」
「…」

当日、夫はまだ暗いうちに出発し、私はヨガの勉強会へ。
午後の早いうちに帰宅メールを受けていたので、
勉強会終了後、すぐに車に乗せていただき、帰路に。

途中、何度か電話したのですが、まったく通じないので
やや心配しながら玄関を開けると、タタキの真ん中に
前日に購入したクーラーボックス。
恐る恐るあけてみると、お魚さんが結構入っています。

居間では夫が、前後不覚に熟睡中。
話しかけても起きないので、ひとりで魚と格闘し始めました。

目についたのは、25センチくらいの魚が3匹。
最初は何の魚かよくわからないまま、鱗取りなどをしているうちに
煮付けにしたら美味しそうだなと思ったので、フライパンに並べ、
お醤油とお砂糖と梅干で調理。

いいにおいがしてきたところで、夫が動き出したので聞いてみると、
そのお魚がイサキなのだそう。
名前は知っていても、手に取ったことはなかったのですが
調理方法は合っていたようです。

次に目に入ったのは、大きめのアジ1匹。
こちらは夫のリクエストでお刺身に。
わさび醤油に漬けて、小ネギを散らしました。

氷の底にもう少し小さいイサキが2匹、チダイが大小3匹いたので
こちらは次の日のおかずに。

中くらいのアジ1匹は塩焼き用に、小アジ5匹はから揚げ用に
最後に15センチくらいのサバ10匹は、二つに分けて冷凍保存。

出来上がったイサキの梅煮は、ふっくらと美味しく、
子供も喜んで食べてくれました。

イサキ5匹からは、卵と白子が出てきたので、こちらも。
卵はタラコがさらに細かくなったような色と食感。

疲れたのか、日をまたぐ頃にようやく起き出した夫は、
お刺身を食べて満足そうでした。

一週間たってから、サバを調理。鱗取りがいらないので、イサキに比べるとっても楽、
キッチンはさみでチョキチョキと処理していると、出勤前の夫がやってきます。

「これって、先週、釣ってきたやつ?☆」
「そうよ、釣ってきてくれたお魚」

「まだとても新鮮そうだな☆」
「そうね、目も鱗もぴかぴかね」

魚の処理はどうかな~と思っていたのですが
始めてみるとだんだんと面白くなってきて。
何より、ゴルフなどと違って☆家族全員が美味しく楽しめるのが良いなと☆

舟釣りを誘っていただいた方は、季節ごとに行かれるそうなので
また連れて行ってもらえるといいな~と、いまから秋の収獲を心待ちにしています。

楽天トラベル

【楽天さんで購入可能なお魚&釣りグッズ】

  

  






Last updated  July 18, 2008 07:23:49 AM

全10件 (10件中 1-10件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.