000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Happy Menu☆ごはん、できたよ!

PR

Rakuten Profile


rinapontanさん

フードスタイリスト・ライター、中医薬膳師、ハーバリスト

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ワイン  オーガニック  食育  原発反対 

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

ラーメン「行先は〇… フランスねこさん

【ウマーで】一升瓶… 一升瓶バカさん
縁側。 yuuu。。。さん
mottainai!!~旬の… Hampty Damptyさん
美味しいモン好き!… HANAkarasuさん
2007年02月04日
XML
カテゴリ:パスタ

鴨ニョッキ

 本日使ったのはマグレカナール(ミュラー鴨)。
鴨フォアグラ用に育てられたもので、胸肉1枚だと言うのにとても大きいです!
 パンに合わせようか、ゴハンにしようか、、、と悩んでいるうちに、ふとニョッキ
を試したくなり、普段より柔らかいニョッキに合わせてみました。
 皮と脂をカリッと、内側はミディアム程にローストした鴨肉はが、ぷにょっと
柔らかいニョッキと絶妙な取り合わせ。
 当分、このパターンにはまりそうです!

:::材料:::

鴨胸肉 1枚(400g)
ピンクの岩塩
ブラックペッパー
ローズマリー 1枝(ドライなら小さじ1)

タマネギ 1個
シメジ 1パック
オリーブオイル
岩塩
月桂樹 1枚
ローズマリー 1枝(ドライなら小さじ1)
ブラックペッパー
ブイヨン(できれば鴨のもの)

ジャガイモ 2個
小麦粉 大盛り1カップ

:::作り方:::

 ジャガイモをコロ切りにしてヒタヒタのお水から茹で、柔らかくなったらお湯ごとマッシュします。(茹で上がる頃に、ほぼお湯が無くなっているはずなので)
 そこへ薄力粉に塩少々を加えて、よく混ぜます。パサパサしている様なら水を少し足し、べたつく様なら小麦粉を足します。
 そのまま、少し寝かせておきます。

 ざく切りにしたタマネギをオリーブオイルで炒め、ブイヨンをヒタヒタより多めに加え、ハーブを加えて半分まで煮詰めます。
 ほぐしたシメジを加え塩胡椒して蓋を閉め火を止めます。

 鴨の皮の方にフォークでぷつぷつと刺して、塩胡椒をすりこみ、熱く焼いたフライパン(オーブンに入れられるもの)に皮の方から入れて脂が出てくるまでしっかりと焼きます。返して赤身の方も表面を焼いたら、皮目を上にしてローズマリーを散らし、220度のオーブンで15~20分ローストします。

 焼けたら取り出しておきます。

 たっぷりのお湯を沸かし、塩を強めにしてから、形作ったニョッキを次々と茹でていきます。茹で上がったニョッキは穴あきレードルですくい、炒めたシメジとタマネギの中にどんどんと落としてオリーブオイルを回しかけておきます。
 (この茹で汁は捨てずに、お皿を温めたり、またはスープにします。)

 この頃には、鴨肉が丁度落ち着く頃なので、5~7ミリ程にスライスしてニョッキの上に盛りつけます。

 テーブルで、さっくりと全体を混ぜ合わせ各自のお皿に取り分けます。。。

 さあ、温かいうちに召し上がれ!
 
 


 







Last updated  2007年02月04日 23時16分17秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.