000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Happy Menu☆ごはん、できたよ!

Happy Menu☆ごはん、できたよ!

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

rinapontan

rinapontan

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

【ウマーで】一升瓶… 一升瓶バカさん
縁側。 yuuu。。。さん
mottainai!!~旬の… Hampty Damptyさん
美味しいモン好き!… HANAkarasuさん
毎日が ケセ ラ … じゃすみん123さん
2007年12月10日
XML
カテゴリ:パスタ
てうち

★ホームメード・パスタ



 久しぶりに卵だけでパスタを練りました。最初はパサッとしている生地が練っているうちにシットリと艶が出て、良い香もしてきます。

 小麦粉を練る、と言う作業は粘土遊びにも似て、とても心が休まるもので私は大好き。

 それに自分で打ったパスタは、もう特別で、それだけでもゴチソウで、ちょっとくらい不格好だろうと気になりません!

 たっぷり作って、ニコニコ食べれば元気一杯間違い無し!



 そして、最近マイブームなのがパルミジャーノ以外のチーズを使う事。溶けやすいナチュラルチーズなら何でも良いのです。

 パルミジャーノの硬質チーズと違って、すぐにトロリ~~~ンと馴染むところが気に入っているのです。

 フォンデュに使う半硬質のグリエールなんぞもとても合います。ナッツの香がトマトの酸味を引き立てて、何気ないけど、ちょっと他所では食べられない味だったりして。



:::材料:::



 デュラムセモリナ粉100gに対して卵1個、塩小さじ1/2、オリーブオイル大さじ1/2

 が、基本ですが冬場は空気が乾燥しているので粉300gに卵が3個半くらい必要な時もあります。

 また、練った後、乾燥させている時にヒビが沢山入って切れたりします。(少しぬるま湯を加えると、かなりヒビは防げます。)



 でも、水を加えず卵だけ、の生地はホームメードならでは。茹で上がったときの香はたまりません!

 写真を見ての通り、今日私が作ったものもせいぜい10センチ程。こういう種類のパスタなんだと思った方が良いですよん。



:::作り方:::



 大きめのボールに粉類を入れ、真ん中にドーナツ状に穴をあけます。



 穴ぼこに卵を割り入れ、利き手で卵をつぶしたらオリーブオイルも加え穴の「壁」を崩しながら少しずつ水分と粉を混ぜます。

 かなり、パサパサボロボロです。そのまま混ぜ続け、徐々に捏ねます。



 濡れブキンをかぶせ、1時間寝かせます。(一晩寝かせてもOK)軽く捏ねてからパスタマシーンにゲンコツ大くらいの固まりを入れてのばします。この位の量の方が一般家庭のキッチンで一人で作るのに楽な量なのです。



 お手伝いしてくれる人がいる方や、広~いキッチンのある方はたっぷり生地を入れて長いパスタを作って下さいね!



 板状に伸ばしたパスタを、だんだん薄くして(お好みで)最後に麺状に出したらできあがり。

 粉をまぶして丸めておくか(すぐに食べる場合)、ラックなどにかけて乾かします。(ちょっと保存したい場合)



 茹で時間は太さや乾燥度合いによって違うので、ちょこちょこお味見をして。



 茹で立てのシコシコ!たまりませんよ~。


 


 ★ブログ村に参加中です!お気に召していただけたら

にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ←応援クリックをよろしくどうぞ♪



■有機栽培のオリーブオイル、アマランサス、岩塩、チョコレート、紅茶など美味しさが一杯。心と体と環境に優しい松永梨杏のセレクトショップ RUNE







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2007年12月11日 01時28分22秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.