1066325 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

早稲田進研セミナーの塾長日記

早稲田進研セミナーの塾長日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

sainomachi

sainomachi

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

小6算国クラス 分… New! 一歩進塾長さん

恵みの雨か豪雨か New! lekuchanさん

焦る高3生へ ヴァージャー・"うかる〜る"・岡本さん

川越最強学力向上爆… ごうまじまじさん
School CAPA! Offic… 南の海の音がするさん
科学はイタズラだっ… 科学寅さん
miyajuku塾長のブロ… miyajuku塾長さん
GOAL通信 masa/kさん

Comments

人間辛抱@ Re:ブログ開始(03/22) どうもお久しぶりです。 新型コロナウイル…
タウンライフアフィリエイト運営事務局@ タウンライフアフィリエイト運営事務局でございます 平素は大変お世話になっております。 タウ…
sainomati@ Re:私立入試結果(01/29) 訂正しておいたよ。 それにしても今の時…
やまと@ Re:私立入試結果(01/29) 塾長、武蔵越生です。
やまと@ Re:その日が来た(02/27) 1年半楽しかったです。

Freepage List

Headline News

2024.02.25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
1日7.5時間×3日=22.5時間

これだけの時間勉強しても満足いく成果まで達しません。

これではわかるのは、勉強というのは、1日1日積み上げていくしか成果は出ないのです。

単語一つとっても、1時間や2時間はかかります。

中2の英単語テストの結果を下の記事でアップしておきましたが、

1名を除いてみな満点をとれました。

こちらが圧をかけないと自分からはできないのはまだまだ

弱いんですね。

さらに英語は、動詞の変化表のテストを追加。

こちらは、数か月振りにやったためか、見事に忘れていて、

大半が半分ほどしか覚えていなかった。

今日で完成させないといけない。

こちらの強制プリントが終わったあと、

何を勉強したらよいか、ということを

尋ねてくる生徒がいます。すでにこの時点で敗北です。

極端なことをいうと、

「ぼく(私)、将来何をしたらいいですか?」

「ぼく(私)、何の仕事をしたらいいですか?」


自分の人生を、他人任せにするようなことと同じです。


自分で自分の弱いと思う教科の弱いところを探し出して、

そこを埋める作業をするのが勉強です。

自分の学習能力をチェックすることが勉強です。

自己分析できなければ、成長はありません。


ひとからプリントを与えられて、それをこなすだけの

勉強では、限界があります。

勉強は自主的に進めなければ、人より上には行けないのです。


子どもだけではなく、大人の大半も同じです。

政府が決めてくれなければ、自分ではどうしようもない、

とかいうひとがいます。


コロナ禍のここ3年ほどで、そのことが露呈しました。

自分で自分のことを決められない大人がいかに多いことか。

ただ齢を重ねて、大人というくくりになっただけで、

中身は大人になり切っていないひとが多い。



まるで江戸時代の庶民や明治時代の平民と同じ。

第2次世界大戦以降の日本は、主権は国民にあるのであって、

政府にあるのではないのです。

国民の意思を代弁して、それを実行するのが政府であって、

あくまで、代理人が政府であるのであって、

政府の意思に国民が従うこと本筋ではないのです。

個人はあくまで自分で自分の物語を思い描き、

自分史を作っていくべきなのです。

それが人生を豊かにするし、また人生の醍醐味でもあるのです。



自分のことを自分で決められないから、

明治維新で新政府を打ち立てた大久保利通が、

すぐに議会を作ることはできない、数十年は、専制政治でいく。

といったのです。

「国民としての、個が育っていない、国民が育ってからでないと

議会政治などできない、それまでは、余が国民を先導して行く」

といったのです。

それから150年経って個は成長したのだろうか?

課題が山積しているように思いますね。


テスト対策の問題が、国民の個まで伸びました。

でも「根」は同じです。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.02.25 10:35:03
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.