005672 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

時事ネタ俳句川柳

2018.04.03
XML
カテゴリ:演技・芝居
首くくり栲象(くびくくりたくぞう)氏

2018.3.31.14時頃逝去されました。
噂に聞いていたが、亡き人となられてしまった_‖_合掌

▽情報元記事への我がコメントのコピペと加筆 ↓

宮崎 二健​​

「密着24時!首吊り芸術家 - The Hangman」2014/03/19公開の動画

■ 1:40~大井恒行氏が出現して驚いた!
何を隠そう、わが若かりし頃(30代)の俳句活動の先輩であり、
まだ珍しかった回文俳句の作者として、
大井氏自著で最初に取り上げて紹介してくれた人だ。
現代俳句協会(当時金子兜太会長=「アベ政権を許さない」の揮毫者、2018.2死去)と、​

 (ちなみに私自身はリベラリストでもグローバリストでもない。縄文人だ。翼では尾翼。)
俳句同人誌「」への参加を手引きしてくれた恩人だ。
おかげさまで俳句の勉強と俳友ができた。
氏は当時は弘栄堂書店の社員で、同社が発行する
前衛俳句誌「俳句空間」の編集者の要員だった。
私のアバンギャルド俳句への傾倒は、
この雑誌の10句連作の投稿欄から始まった。
攝津幸彦池田澄子選で何度か入選して勢いづいた。
 話せば長くなるが、この流れから、当店アジトの
もののふの会」という超結社月例句会が始まり、
国文学の気鋭先鋭が集った。やがて文壇ならず分断して、
崩壊した。この時の反もののふの女闘士は、
東京のどっかの市議会に立候補して、
ロックンロールのカリスマ・内田裕也
応援演説に迎えて頑張っられたようだが落選した。
その後、君が代の歌詞をもじってツイートしたのが
話題になって、愛国者らから非難された事は記憶に新しい。
 話は戻って、
もののふの会残党数名で1998.3.1「独演!俳句ライブ」を
立ち上げて、細々ながら今日に至っている。
20年も継続している俳句川柳朗読会としては、
世界最古の伝統を誇っている。
 大井氏は、恵比寿西口の野田醤油系の
イタリアレストラン「コメスタ」でジョイントで行われた
俳ラ5」の時に観客で来てくれた。
これは唯一、店外へ飛び出しての「俳ラ」(略称)だった。
木村哲也先生と面識を持ち、

以後多大なる影響を受けることになった。


 そんなわけでスズキヤスコ氏経由のご縁賜った
首くくり栲象氏の前に無言脇役乍立てた事に感謝し、
記念写真にも収まった幸運の恩を忘れじと思う次第である。

 

​​​​​ 絞首刑健康法の父逝けり  二健​​​​



↑2018.1.21 Yotsuya3chome SAKASKI

↑事後の記念写真と、本番中の小生(終始無言糸車回し役)

↓この​催物(記事既出)​に観客で来られたいた首くくり栲象氏や風月純史氏



▽初出







最終更新日  2018.04.03 08:54:51
コメント(0) | コメントを書く

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

コメント新着

 Jiken@ 【スズキヤスコ新黒謡公演シリーズ at 茶会記】の軌跡 六. 2018.11.1日 (日) Open 9:00 「黒い…
 回口@ Re:舛添都恥事辞任(06/15) 祝賀会開催決定6.21都庁にて https://www.…
 回口@ Re:田母神氏会計疑惑事件(03/26) 私としては、 両者を支持して応援してきま…

フリーページ

バックナンバー

2018.08
2018.07
2018.06
2018.05
2018.04
2018.03
2018.02
2018.01

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

政治経済

(17)

歴史地理

(5)

日本主義

(5)

思想哲学

(0)

教義宗教

(0)

音楽音響

(1)

科学技術

(4)

健康医療

(1)

命動植物

(0)

地球環境

(0)

映画演劇

(0)

詩歌俳句

(1)

文学国語

(0)

美術工芸

(1)

身体活動

(1)

食品飲食

(1)

電脳電網

(0)

写真動画

(0)

報道媒体

(1)

軍事闘争

(1)

文化一般

(0)

演技・芝居

(2)

プロフィール


ジバサ

ニューストピックス

お気に入りブログ

まだ登録されていません

サイド自由欄

設定されていません。

楽天カード


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.