000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ニュースきゃっち

PR

X

全482件 (482件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 49 >

きょうの出来事

2016.05.16
XML
カテゴリ:きょうの出来事

蜷川幸雄さん告別式、大竹しのぶさんらが弔辞

読売新聞 5月16日(月)17時32分配信


蜷川幸雄さん告別式大竹しのぶさんらが弔辞


 12日に80歳で亡くなった舞台演出家の蜷川幸雄さんの告別式が16日正午から、東京都港区の青山葬儀所で始まった。

 長女の写真家で映画監督の蜷川実花さんが撮影したりりしい表情の遺影が飾られた祭壇の前で、
平幹二朗、大竹しのぶ、吉田鋼太郎、小栗旬、藤原竜也という
蜷川さんの演出作で活躍した俳優5氏が弔辞を読んだ。

平さんは「充実した演劇人生を生きることができた。本当にありがとう」と祭壇に向けて呼びかけ、藤原さんは、すすり泣きながら「蜷川さんの思いを受け継いで頑張っていく」と決意を語った。


藤原竜也、弔辞でむせび泣く 

蜷川さんへ「最高の演劇人生をありがとうございました」


 先日12日に多臓器不全のため他界した演出家・蜷川幸雄さん(享年80)の告別式が16日、東京・青山葬儀所でしめやかに営まれた。  蜷川さんは1935年10月15日埼玉県川口市生まれ。55年に劇団青俳に入団、当初は俳優として活躍していたが、68年に劇団現代人劇場を創立し、69年に『真情あふるる軽薄さ』で演出家デビュー。日本だけではなく海外でも活躍し、世界中で「世界のニナガワ」と高く評価されてきた。

 昨年12月半ばに軽い肺炎を起こし入院し、リハビリに励んでいたが、12日午後1時25分に肺炎による多臓器不全のため、死去した。80歳だった。

 蜷川さんは1935年10月15日埼玉県川口市生まれ。55年に劇団青俳に入団、当初は俳優として活躍していたが、68年に劇団現代人劇場を創立し、69年に『真情あふるる軽薄さ』で演出家デビュー。日本だけではなく海外でも活躍し、世界中で「世界のニナガワ」と高く評価されてきた。

 昨年12月半ばに軽い肺炎を起こし入院し、リハビリに励んでいたが、12日午後1時25分に肺炎による多臓器不全のため、死去した。80歳だった。

 祭壇の遺影は、昨年9月に舞台『NINAGAWA・マクベス 』のけいこ場で、娘で写真家の蜷川実花氏が撮影した写真が使用され、赤と白色の花で彩られた。藤原のほかにも俳優・平幹二朗(82)、大竹しのぶ(58)、吉田鋼太郎(57)、小栗旬(33)の4人が弔辞を読んだ。


“まな弟子”として知られる俳優・藤原竜也(34)が時折声を詰まらせ、むせび泣きながら弔辞を読み上げた。藤原は、1997年に蜷川さん演出舞台『身毒丸』で俳優デビューを飾り、蜷川さんは一人前の役者へと育て上げたくれた大恩人。その後も数多くの蜷川作品に出演した。




藤原竜也の弔辞全文

 「その涙は嘘っぱちだろ?」と怒られそうですけど、短く言ったら長く言え。長くしゃべろうとすれば、つまらないから短くしろと怒られそうですけど。まさか僕がきょうここに立つことになろうとは、自分は想像すらしてませんでしたよ。最期のけいこというか、言葉で弔辞。5月11日、病室でお会いした時間が最期になってしまうとは…。

 先日、公園で一人『ハムレット』のけいこの録音テープを聞き返していましたよ。恐ろしいほどのダメ出しの数でした。瞬間にして心が折れました。「俺のダメ出しでお前に伝えたことは全て言った。今は全て分かろうとしなくていもいい。いずれ理解できる時がくるから、そうしたら少しは楽になるから。アジアの小さな島国の小さい俳優になるなと。もっと苦しめ、泥水に顔をツッコんで、もがいて、苦しんで、本当にどうしようもなくなったときに手を挙げろ。その手を俺が必ず引っ張ってやるから」と蜷川さんそう言ってましたよ。

 蜷川さん、悔しいでしょう、悔しくて泣けてくるでしょう。僕らも同じですよ。もっと一緒に居たかったし、仕事もしたかった。たくさんの先輩方、同志の方々がたくさんきてますね。蜷川さんの直接の声は、もう心の中でしか聞けませんけれども、蜷川さんの思いをここにいる皆でしっかりと受け継いで頑張っていきたいと思います。

 気を抜いたら、バカな仕事をしてたら、怒ってください。1997年、蜷川さん、あなたが僕を産みました。奇しくもきのうは僕の誕生日でした。19年間、苦しくも…、まぁほぼ憎しみしかないですけど、最高の演劇人生をありがとうございました。蜷川さん、それじゃあまた。

◇ 






最終更新日  2016.05.16 17:49:15
コメント(0) | コメントを書く


2015.05.13
カテゴリ:きょうの出来事

台風6号、温帯低気圧に…局地的に激しい雨も
2015年05月13日 01時06分

 日本の南海上を北東に進んでいた台風6号は12日午後6時、四国沖で温帯低気圧に変わった。

 気象庁によると、その後も北東に進んでおり、13日も東日本の太平洋側で、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が局地的に降るおそれがあるという。非常に強い風も伴っており、同庁は河川の増水や土砂災害、高波などへの警戒を呼びかけている。

 JR東海によると、東海道新幹線は静岡県焼津市で1時間の雨量が規制値の60ミリを超えたため、午後9時20分頃から静岡―掛川駅間で一時運転を見合わせた。
2015年05月13日 01時06分 Copyright © The Yomiuri Shimbun






最終更新日  2015.05.13 05:59:38
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.11
カテゴリ:きょうの出来事

箱根山で火山性の有感地震6回、震度2も初観測
2015年05月11日 00時23分

 噴火警戒レベルが引き上げられた箱根山(神奈川・静岡県境)で10日、体に揺れを感じる有感地震が6回発生した。

 気象庁によると、このうち午後6時7分頃に起きた地震は神奈川県箱根町で震度2を観測。

マグニチュード(M)は3・1と推定される。火山活動が活発化した4月26日以降、震度2を観測したのは初めて。

 10日は、体に感じないものも含め、計266回の火山性地震を観測し、1日の回数としては観測史上最多となった。






最終更新日  2015.05.11 05:48:40
コメント(0) | コメントを書く
2015.03.20
カテゴリ:きょうの出来事

落語家の人間国宝
桂米朝さん死去…89歳
2015年03月20日

 上方落語の復興に力を尽くし、落語家として初めて文化勲章を受章した
三代目桂米朝(かつら・べいちょう)さんが
19日午後7時41分、肺炎のため死去した。89歳だった。

 告別式は25日午前11時
大阪府吹田市桃山台5の3の10の公益社千里会館。

喪主は長男の落語家、桂米団治さん。
葬儀委員長は田中秀武・米朝事務所会長。






最終更新日  2015.03.20 06:32:13
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.14
カテゴリ:きょうの出来事

衆院選、投票率22・66%…午後2時現在


2014年12月14日 15時21分

第47回衆院選は14日午前7時から投票が始まった。

安倍政権の経済政策「アベノミクス」継続の是非が最大の争点となった第47回衆院選は
14日午後8時までに締め切られ、約2000カ所の開票所で直ちに開票作業が始ま
同日深夜には大勢が判明。
15日未明に小選挙区295、比例代表180の計475議席が確定する見通しだ。

 12日間の選挙戦は、安倍晋三首相(自民党総裁)が争点に掲げたアベノミクスについて、与党側が賃上げや雇用拡大など約2年間の実績を強調。

これに対し、民主党の海江田万里代表ら野党側は、低所得者層や地方への波及の遅れを指摘し、格差が拡大したと批判した。

自民党の勢力が突出した国会の在り方や、政府の原発再稼働方針、集団的自衛権の行使容認に関しても舌戦が交わされた。






最終更新日  2015.01.13 12:50:37
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.12
カテゴリ:きょうの出来事

 

ベッキーの本名は「別所絹子」!?



“本名騒動”を受け12日、自身のツイッターを更新した。



 前日10日、元ロックバンドの「レベッカ」に関するニュースに
「私の本名と同じだからドキッとしました」とツイートしたところ、
このつぶやきが「ベッキー本名を明かす」というインターネットニュースに。

ベッキーはテレビ番組などで本名を語ったことがあるため、
知っていた人も多かったことからその後、ベッキーの名前は「知っている」という
ニュースも出るなど、盛り上がっていた。


 ベッキーはこの日朝「昨日の夜はひさびさに外出して携帯を離していて、
今、いろいろな事態が飲み込めました。
やたら名前のこと突っ込まれるなぁと思っていたらこの流れか。

『本名は“別所絹子(べっしょ・きぬこ)”です!略してベッキー。
もしくはべき子!』 って言えばよかったです」。
図らずも大きくなった自身の本名の話題に、ユーモアたっぷりに切り返した。






最終更新日  2014.12.12 16:19:29
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:きょうの出来事

京都・青酸不審死

夫殺害認める供述

 

青酸入手も言及



 京都府向日(むこう)市で昨年12月、無職、筧(かけひ)勇夫さん(当時75歳)が青酸中毒死した事件で、筧さんに青酸化合物を服用させ殺害したとして、殺人罪で起訴された妻千佐子(ちさこ)被告(68)が、起訴直前に事件への関与を認める供述をしていたことが、捜査関係者への取材で分かった。

これまで一貫して容疑を否認していたが「私がやりました」などと述べたという。青酸化合物の入手方法についても一部言及したというが、供述には曖昧な部分もあり、捜査当局は慎重に裏付けを進める方針。

  起訴状によると、千佐子被告は昨年12月28日午後、向日市の自宅で筧さんに青酸化合物を摂取させ、青酸中毒で殺害したとされる。






最終更新日  2014.12.12 15:41:02
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.11
カテゴリ:きょうの出来事

壇上に男、マララさんに近づく…警備すり抜け


  • 男乱入 マララさん授賞式.jpg


オスロで10日開かれたノーベル平和賞授賞式の最中、男が突然、マララ・ユスフザイさん(17)ら受賞者2人が並ぶ壇上に乱入する騒ぎがあった。

 男はすぐに取り押さえられたが、会場の警備をすり抜けて侵入していたことが判明。マララさんへのテロを警戒していたはずのノルウェー治安当局に批判の声が上がっている。

 男が演壇に上がったのは、賞状などがマララさんに手渡された直後で、メキシコ国旗を掲げ、「プリーズ、マララ」などと言いながら、マララさんのすぐ前まで近づいた。地元報道によると、男は11月に入国したメキシコ出身の学生で、招待は全く受けていなかった。

 男は手荷物検査を受けており、武器は持っていなかったとみられるが、警察は10日、記者団に不備を認め謝罪した。男はメキシコの人権状況を訴えようとした模様だ。

 2014年12月11日 10時39分 Copyright © The Yomiuri Shimbun






最終更新日  2014.12.11 12:32:49
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:きょうの出来事

平和賞マララさん演説



ノルウェーのオスロ市庁舎では、教育の重要性を訴えてきたパキスタン出身のマララ・ユスフザイさん(17)とインドのカイラシュ・サティアルティ氏(60)が平和賞を受賞した。

平和賞の授賞式では、ノーベル賞史上最年少の受賞となったマララさんが受賞演説で、「すべての子供が学校に行けるようになるまで、私は闘い続けます」などと語り、教育の充実を世界に訴えた。

 マララさんは、女子教育を否定するパキスタンの武装勢力に銃撃され重体に陥った体験を振り返り、「不正義や権利が否定されることを傍観することはできない」と強調した。

 また、世界では軍備拡大を進める国がある一方で、学校建設は進まない現状を指摘。各国政府に具体的な行動目標として、「すべての子供に対する質の高い初等・中等教育の無料提供を」と求めた。

 一方、インドで労働を強いられてきた子供約8万人を救出してきたサティアルティ氏は、「子供たちの夢を否定することほど、ひどい暴力はない」と訴えた。

 賞金800万スウェーデン・クローナ(約1億2700万円)は、2人に均等に分けて贈られる。

日本語訳全文コチラ






最終更新日  2014.12.11 08:25:40
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:きょうの出来事

青色LED、輝く3氏



ノーベル賞の授賞式が10日行われ、青色発光ダイオード(LED)を発明した赤崎勇・名城大教授(85)

天野浩・名古屋大教授(54)、中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)は

スウェーデン・ストックホルム市のコンサートホールで物理学賞を受賞した。
 






最終更新日  2014.12.11 08:09:52
コメント(0) | コメントを書く

全482件 (482件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 49 >


© Rakuten Group, Inc.