415593 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

成績向上塾  鴻巣市 早稲田国際学園 不肖、高橋奮闘中!

成績向上塾  鴻巣市 早稲田国際学園 不肖、高橋奮闘中!

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

早稲田国際学園塾長

早稲田国際学園塾長

Calendar

Favorite Blog

源氏物語の紫式部日… New! Photo USMさん

いろいろ形を変えて… くま塾長さん

宇宙のファンタジー… ホルスタみつくんさん

Comments

ろくでなし@ Re:N君の思い出(09/21) そうでしたね、長瀬先生でした。 とても楽…
ろくでなし?様へ@ Re:N君の思い出(09/21) ご無沙汰しております。ご連絡ありがとう…
ろくでなし@ Re:N君の思い出(09/21) ご無沙汰しております、ろくでなしです。 …
早稲田国際学園 高橋 博@ Re:今を生きること(02/16) ほっしー様。このろくでもない拙文を読ん…
ほっしー@ Re:今を生きること(02/16) いのち短し恋せよ乙女…ですね。初めて観た…

Freepage List

Free Space

設定されていません。

Headline News

2023.11.06
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
久しぶりに夢を見た

生徒を連れた旅行の帰り

一部の生徒たちが言うのには

予定していた駅で降りると

家が遠くなるので

次の見知らぬ駅で降りたいという

彼らだけを

降ろすわけにはいかないと思い

自分も降りた

そして見知らぬ駅から伸びている

3本の道の一つを指し

この道を行けば

君たちが住んでいる街に行けるはずだからと

念のために互いの携帯番号を教えあい

見送ったが、

それは彼らが住んでいる街への道ではなく

もう50年以上も前に自分が住んでいた街に続く道だった・・・

ことに気づいた時には

彼らの姿はすでになかった・・・

不思議な夢を見たものだ

目覚めて、ふと思ったのは

今でも夢の中で私と彼らは

携帯で連絡を取り続けているのだろうか・・・

ということであった・・・

それは完結しない夢の中で

永遠に連続する光景のようにも思われた・・・

その夢はひどく不思議なものであった。


さて、お仕事の話である

今年はなぜか中学1年生が多い

いつも言っていることだが

この塾は入塾時に

成績制限はない

それぞれの個の限界まで

伸びていけばそれでいいと思っている

だから、

いろいろな生徒がいるが

各先生たちの努力で

それぞれが少しづつ伸びている

有難いことである。

中学1年生についていえば

6月に1クラス8名の定員を超え

夏前に2クラスとしたが

基礎のクラスでは自分も教えている

特にNやY君については

学年順位が入塾時から30番近くも

上がっている

親御さんの喜んでいる顔が

目に見えそうだ・・・

それが私たちの

唯一の寄って立つ

存在理由である


道は続き、分岐している・・・

それが自分のとるべき道だったかどうかは

誰にもわからない・・・





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2023.11.06 21:09:14
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.