294573 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

詩誌AVENUE【アヴェニュー】~大通りを歩こう~

全10件 (10件中 1-10件目)

1

紫草詩

2016年06月25日
XML
カテゴリ:紫草詩

                          イラスト:ホングウ セラさん
                          ツイッター:
ホングウ セラ@seramo2

                          詩:紅魚。さん
                          ツイッター:
紅魚。@cleo19810402






(冷蔵庫をあけては不可ませんと言われていたから、ぶぅんと鳴る熱い側面に膝の裏を押し当てて、あせもをなぐさめていた)夏。
耳の方から膨れていくみたいなゆううつをぐりぐりと力任せにスピログラフに巻き取っていく。

ねむたい歯車がながれてゆきます/お弔い/昨日しかたなくそうじきでみぃんなおかあさんが吸い込んだ子カマキリたちの/透明のからだになって/あの、のぼっていく/あれはね/違う/はずむ/きょうないてごめんなさいおかあさん
、もうしません。


ぼおやりと宙をながめると、

せかいのほんとうをしったみたいなすきとおったちいさいものが

ウクシズムをしているのがみえました。

ちょうしっぱずれのおんかいをころがりながら

のぼったりついらくをしてあそんでいる。

うごけなくなって、

もううごけなくなって

そうすると、からだの真ん中だけがやたらにからっぽに

ちりちりになってゆく


それは、ゆるされていた。だれも知らなかった。

息をするのとおんなじだった

 

冷蔵庫の熱にじわじわと灼かれる

の、時間に戻ってくる

しぃっという音が世界を埋めている

うでの腹のやわらかなぶぶんにいちどだって噛みついてみたことがないという人のことを、

私、信じません。




         40 avegen07.jpg


 
         空中のプランクトンを追う遊び。退屈な土曜日の留守番。













最終更新日  2016年06月29日 16時58分14秒
コメント(0) | コメントを書く

2016年05月14日
カテゴリ:紫草詩
紅魚。1~短歌詩50選
紅魚。6.ぽとり。

                          イラスト:ホングウ セラさん
                          ツイッター:ホングウ セラ@seramo2

                          詩:紅魚。さん
                          ツイッター:紅魚。@cleo19810402



 

 

白昼堂々

、って、ことばが似合う、やさしいむかしむかし。

骨の白の月と薬指の爪のもらい星。

にげろ、にげろ、

耳鳴りが降ってきた。

 

日差しがちりちりと髪を焦がしてゆくから、春と夏の境目に印画された影になった気持ちがする。

熱い風が耳を遠くする。

カラカラと溺レる。

 

月曜日って、ゆくところがない。

大きな公園も図書館も動物園もアクアリュウムもみんな、おやすみ。

凍ったゼリィみたいな目をしたウサギが、かろかろに顔を出して、大きな動物に淋しさを滴下してゆく。

 

分厚い皮がほしかった、なぁ、

二層仕立ての。

昼生まれだから、真昼には、泣きたい。



       21 CREO7 avegen06.jpg

 


       わたし、淋しくて淋しくて、淋しい。きっと動物園のカバより。 

 

 

 

 








最終更新日  2016年05月14日 19時17分21秒
コメント(3) | コメントを書く
2016年01月31日
カテゴリ:紫草詩
紅魚。1~短歌詩50選
紅魚。5.だれかいませんか。

                          イラスト:ホングウ セラさん
                          ツイッター:ホングウ セラ@seramo2

                          詩:紅魚。さん
                          ツイッター:紅魚。@cleo19810402






夢のなかで泣くはずだった感覚だけを残して始まってしまった一日は

治療したての虫歯みたいだ。

 

という、ろまんちっく。 

 

ふ、ふ、 

 

 ぃおら 


          ぃおろん 

 

  ぃおれった

 

簡単にこぼすわけにはいかない泪の、生まれ損なった幽霊たち。

あれもこれもわたくしが悪いなんて、欲張りにも程がある。 

 

水が飲みたかったんだから、億劫がらずに、起き出して、真夜中の冷たいフロォリングを踏みしめて、息を潜めて、きしりと蛇口を捻って、青いグラスに水を注いで、か、る、き、く、さ、い、みずを、のどにながしこむくらいすればよかったんだ

 

と、いう、後悔。の日



        21 CREO6 avegen05.jpg

 


    ゆめのくにの菫の花はうなだれて代わりに泣いてくださる。ぽとり。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 








最終更新日  2016年01月31日 21時33分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年12月24日
カテゴリ:紫草詩
紅魚。1~短歌詩50選
紅魚。4.ひとりぼっちのおさかな



                          イラスト:ホングウ セラさん
                          ツイッター:ホングウ セラ@seramo2

                          詩:紅魚。さん
                          ツイッター:紅魚。@cleo19810402





真夜中の空気をそろそろと撹拌する。
指先がどこまでもどこまでも宙に開かれていって、

海。
がくる。

うみってたとえばふやけた足の親指で、たとえばごいごいと縺れあった髪の毛で、たとえば膝の裏についた砂粒がきゅっと乾いていく感覚で、うぶ毛がきりきりと肌をひっぱる痺れで、

けれども、そのさきのさきに横たわるきんとした重たい水の《あを》をあたしは知らない。

おちてゆくゆすぶられるないているないて

こんにちは、ゾエア

知ったかぶりっこはもうゆきます。




      21 CREO4 avegen04.jpg


     だれかいませんか。ごぅんと哭く海の底のことなど想って眠る。

















最終更新日  2015年12月25日 06時04分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年11月30日
カテゴリ:紫草詩
紅魚。1~短歌詩50選
紅魚。3.鯨のお墓



                          イラスト:ホングウ セラさん
                          ツイッター:ホングウ セラ@seramo2

                          詩:紅魚。さん
                          ツイッター:紅魚。@cleo19810402





いのちのつぐないをついばみいかされる日々はもうおしまいです。
いいね。おままごとの子らのももいろが、にじんでゆく。
いろいろの雲がぐちゃぐちゃとならべられたそらに、
らせんをえがいてみなげしてゆくぎんいろの魚。
てのひらをあわせる、式日。

のどもとをすべりおちてゆく呼吸をなげく。
なにもかもが撫でゆるされたあしたがくるのだとしたら、
ゆうひの国であたしたちきっととりになってゆこうね。




    21 CREO3 avegen03.jpg


     ひとりぼっちのおさかなはしんこきゅうをすればはれつしてしまうのよ

















最終更新日  2015年11月30日 21時12分17秒
コメント(4) | コメントを書く
2015年10月29日
カテゴリ:紫草詩
紅魚。1~短歌詩50選
紅魚。2.さよならの王国

端末によってコチラで。
http://ameblo.jp/avenue-walk/entry-12087666285.html




                          イラスト:ホングウ セラさん
                          ツイッター:ホングウ セラ@seramo2

                          詩:紅魚。さん
                          ツイッター:紅魚。@cleo19810402





てん、と、と、て、と、
と、と、と、と、

石ころの影が気になるんです。
踏み切りの赤の音がふと小さくなって、線路のきしみが追いかけてくる。

ね、かくれちゃおうよ。
しらない。
しらないわかりませんわかりません。あーあーあーあーあーあーあーあーあー。

おうちへ/かえろう。

Za-Za、と寄せてくるくらいそら。
きんとした夜のせなか。
の向こう側。
の、どこか。
の。

淋しさがぴりぴりと煮詰まってゆく。
さよならの飛行機とカシオペア、

白い息。



      21 CLEO2 avegen02.jpg


         お星様、お星様。あーあーあーあー。鯨のお墓を受信しました。










    






最終更新日  2015年10月29日 21時43分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年09月27日
カテゴリ:紫草詩
紅魚。1~短歌詩50選


                          イラスト:ホングウ セラさん
                          ツイッター:ホングウ セラ@seramo2

                          詩:紅魚。さん
                          ツイッター:紅魚。@cleo19810402





せかいが滲んで流れてゆきます。
蜘蛛の巣の中で、静かに静かにいのちが循環している。音。
雨季に身を寄せて震えるちいさい鳥たち。

雨いっぱいにかみさまはいて、困り顔をしていらっしゃる。
みずたまりを蹴散らしながら、さむい道を一心不乱に歩く。

(さかさまにころがってゆく、うちゅう)

めぐるせかい
かみさまのなみだ
きえるせかいいのちはうまれる

青い道青い道青い道青い道

ゆ、ゆ、と呼ばれて顔を上げたら、
そこにはやさしいかたちのあじさいがひとつ、ころんと転がっているのでした。




          23 CLEO1 seramo2.jpg


         さよならの王国から拐ってきた鳥の名前よ。はいどらんじあ。
















最終更新日  2015年10月25日 07時11分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年09月23日
カテゴリ:紫草詩
                           ※次回からホングウ セラさんのイラスト
                                  とのコラボが始まります。



                          詩:紅魚。さん
                          ツイッター:紅魚。@cleo19810402







なんとなくぽかぁんとしてしまうから木曜日には金魚に還る


指先にケガをした朝。少女らは皆、うずまきを欲しがっている。


両耳をあなたの指に塞がれる、の、想像に水をあげます。


独り言/あたし、よるにはさけないの。さよなら火曜日。もういかなくちゃ。


踏切待ち。たたん、たたたん。廻る廻る。ダリヤの色に追われる夏が。


泣き虫を花の名前に隠してた。金曜日の子どもは水棲。


あさってがどこかにきえた。とこしえということばを転がしていたら。


お星様、お星様。あーあーあーあー。鯨のお墓を受信しました。


色褪せたダリヤがぽとり、ないた空。ひとりぼつちの日曜日です。


ねんねと輪廻の関係性を問うてみる。茣蓙の馨。仏間。夏の午睡に。


夏の花は夏の水しか呑めないの。ごめんなさいねほろほろ金魚。


縁日があたしのほんとうの棲家よ。びいどろの音とあかいつま先


やわらかなほんとうのなつのおわりをおはじきにしてころりはじいて


鳥居の向こうの海まで駆けてゆけ。子どものあたしが流れてゆく。あ。


昼の月。とメロンソォダ。と、おひるね。風のかたちがよく見える日は。


空中のプランクトンを追う遊び。退屈な土曜日の留守番。


だれかいませんか。ごぅんと哭く海の底のことなど想って眠る。


夏の音が水中花にとろけてゆく。午睡の梦はゆらゆらと、しろ。


水曜日。ほくほくと昼餉のにおい。スズメガの羽音って淋しい。


真夜中の冷蔵庫には小鬼がいる。ないしょのはなし、みんな知ってる。


わたし、淋しくて淋しくて、淋しい。きっと動物園のカバより。


わけもわからず蝉はしんでしまった。どこかの夏とどこまでも、の秋。


「ぼく」になりたかった日々よ。スカァトと空の見えない席が怖くて。


午後四時の向日葵に負けないように鉛筆の尻を噛り俯く


白、しろ、しろ。息も絶え絶えの鎖骨のあたしの上の空を見ないで。


まろやかな腹にうたかたを孕んであたし誰かの海になりたい


切実な声をください。ひっそりとひそめたサ行の吐息ぢゃなくて。


流される夏。すなはまに埋めたのはヘリオトロォプの夢。ゆうべ見た。


花の馨にやさしくころされてみたい。星の亡骸たちに埋もれて。


潮溜まり。つまさき水面ハレェション。りぼんを結びなおす「式日」


ひたひたと影踏みをする。月曜日の背中の魚は知ってしまった。


それはほら、赤いひなげしのはなびら。上手な嘘をつける子になる。


真夜中って海よ。のばした両腕がどこまでもどこまでものびてく。


ゆめのくにの菫の花はうなだれて代わりに泣いてくださる。ぽとり。


かみさまのよにほんとうのことだけをたべていきてゆかれたらいいのに。


ねぇ、お母さん。みてよほら、すべりだいの上の小鬼はカンナの精よ。


呼吸の一つ一つを数えたことなんてなかった。ぬるいおふとん。


かざられたお花になんかなってはいや。水なんてあげないぜったいに。


まだです、まだ。ソォダの泡みたいに、次の、次の、その次も/生活。


こわいのは生きているから。こわがるのをやめないでおとうさんお願い。


乳を飲む子の足先を口に含む。宇宙のかたちってこのこと。


いのちたちをかぞえる。みがく。たまご、たまご。4月1日かみさまのよる。


さよならの王国から拐ってきた鳥の名前よ。はいどらんじあ。


しなないいきものは、たべられていのちになることが生殖なのです。


春の風はうそつきのにおいがする。みみなり。また、みみなり。ざ、ざ、ざざ、


たまご。うまれる。ふってくる。たまご。しんでゆく。もういいかい。まぁだだよ。


ひとりぼっちのおさかなはしんこきゅうをすればはれつしてしまうのよ


落ちてゆく飛行機雲のしぶき。きり。きり。きり、あの空の色のうそ。


花はいきてなんかいない。いきてなんかいないいないいないんだったら!!!!


アザレアの花びらを千切っては揉む。指先の馨。泣かない。なかない。













最終更新日  2015年10月25日 07時17分06秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:紫草詩
                           ※次回からホングウ セラさんのイラスト
                                  とのコラボが始まります。



                          詩:紅魚。さん
                          ツイッター:紅魚。@cleo19810402







なんとなくぽかぁんとしてしまうから木曜日には金魚に還る


指先にケガをした朝。少女らは皆、うずまきを欲しがっている。


両耳をあなたの指に塞がれる、の、想像に水をあげます。


独り言/あたし、よるにはさけないの。さよなら火曜日。もういかなくちゃ。


踏切待ち。たたん、たたたん。廻る廻る。ダリヤの色に追われる夏が。


泣き虫を花の名前に隠してた。金曜日の子どもは水棲。


あさってがどこかにきえた。とこしえということばを転がしていたら。


お星様、お星様。あーあーあーあー。鯨のお墓を受信しました。


色褪せたダリヤがぽとり、ないた空。ひとりぼつちの日曜日です。


ねんねと輪廻の関係性を問うてみる。茣蓙の馨。仏間。夏の午睡に。


夏の花は夏の水しか呑めないの。ごめんなさいねほろほろ金魚。


縁日があたしのほんとうの棲家よ。びいどろの音とあかいつま先


やわらかなほんとうのなつのおわりをおはじきにしてころりはじいて


鳥居の向こうの海まで駆けてゆけ。子どものあたしが流れてゆく。あ。


昼の月。とメロンソォダ。と、おひるね。風のかたちがよく見える日は。


空中のプランクトンを追う遊び。退屈な土曜日の留守番。


だれかいませんか。ごぅんと哭く海の底のことなど想って眠る。


夏の音が水中花にとろけてゆく。午睡の梦はゆらゆらと、しろ。


水曜日。ほくほくと昼餉のにおい。スズメガの羽音って淋しい。


真夜中の冷蔵庫には小鬼がいる。ないしょのはなし、みんな知ってる。


わたし、淋しくて淋しくて、淋しい。きっと動物園のカバより。


わけもわからず蝉はしんでしまった。どこかの夏とどこまでも、の秋。


「ぼく」になりたかった日々よ。スカァトと空の見えない席が怖くて。


午後四時の向日葵に負けないように鉛筆の尻を噛り俯く


白、しろ、しろ。息も絶え絶えの鎖骨のあたしの上の空を見ないで。


まろやかな腹にうたかたを孕んであたし誰かの海になりたい


切実な声をください。ひっそりとひそめたサ行の吐息ぢゃなくて。


流される夏。すなはまに埋めたのはヘリオトロォプの夢。ゆうべ見た。


花の馨にやさしくころされてみたい。星の亡骸たちに埋もれて。


潮溜まり。つまさき水面ハレェション。りぼんを結びなおす「式日」


ひたひたと影踏みをする。月曜日の背中の魚は知ってしまった。


それはほら、赤いひなげしのはなびら。上手な嘘をつける子になる。


真夜中って海よ。のばした両腕がどこまでもどこまでものびてく。


ゆめのくにの菫の花はうなだれて代わりに泣いてくださる。ぽとり。


かみさまのよにほんとうのことだけをたべていきてゆかれたらいいのに。


ねぇ、お母さん。みてよほら、すべりだいの上の小鬼はカンナの精よ。


呼吸の一つ一つを数えたことなんてなかった。ぬるいおふとん。


かざられたお花になんかなってはいや。水なんてあげないぜったいに。


まだです、まだ。ソォダの泡みたいに、次の、次の、その次も/生活。


こわいのは生きているから。こわがるのをやめないでおとうさんお願い。


乳を飲む子の足先を口に含む。宇宙のかたちってこのこと。


いのちたちをかぞえる。みがく。たまご、たまご。4月1日かみさまのよる。


さよならの王国から拐ってきた鳥の名前よ。はいどらんじあ。


しなないいきものは、たべられていのちになることが生殖なのです。


春の風はうそつきのにおいがする。みみなり。また、みみなり。ざ、ざ、ざざ、


たまご。うまれる。ふってくる。たまご。しんでゆく。もういいかい。まぁだだよ。


ひとりぼっちのおさかなはしんこきゅうをすればはれつしてしまうのよ


落ちてゆく飛行機雲のしぶき。きり。きり。きり、あの空の色のうそ。


花はいきてなんかいない。いきてなんかいないいないいないんだったら!!!!


アザレアの花びらを千切っては揉む。指先の馨。泣かない。なかない。













最終更新日  2015年10月25日 07時20分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年07月18日
カテゴリ:紫草詩
                     イラスト:黒沙鐶ミイカさん
                     ツイッター:黒沙鐶ミイカ @diida8

                     詩:しぇりーいすちゃん
                     ツイッター:しぇりーいすちゃん @izchan1
                        詩集『不思議の泉』より



               ※水原紫苑『くわんおん(観音)』に寄せて






 紫 苑  1.




sion1.jpg




をみなご、の天よりふり降りあそべる、陽のなか‥
陽は、金枝の木漏れ日、サラ‥サ‥サララ‥、ぬばたまの髪をすべり降り

ふくよかなる乳肌の匂い、は遅々として風に、あまやかなる回帰を呼び、
わたくしをして、purpur《紫》 なる苑へと至らしめる

ひとつの、流れ、として
_________歌は、あふれ出で流れにみちて
1つのグラスに扇情の泪‥
やがては慈雨のごとふり降り、こころを洗い流し‥、
かなしみの累を埋める
ブランデーいろの埋み火、仕舞いには、ゆたらかな扇状地のごと
秘の谷合を押しだし
豊饒のむねに、チチと、をみなごを萌え起たさんと‥

うすい半とうめい、濁り灯のまるい桃、ようやくに熟れ裂け、
息、をつかみ
わたくしのグラスに‥、透明なる こ・と・ば‥

















最終更新日  2015年07月23日 07時39分50秒
コメント(0) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1

PR

カレンダー

サイド自由欄


  Art詩スライドショー

  作へ

  注目作へ
   紫苑1~水原紫苑の歌によせて
     新たなイラストの扉がいま開かれた!




    詩誌AVENUEの 掲示板

    詩誌AVENUEの 私書箱

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

塚元寛一のお部屋★


創刊に向けて


コラボ詩の心得


顔文字詩


『ふろいど』のために


311


オリジナル意訳詩


TITANのお部屋★


『ふろいど』


動物さんたち 1


動物さんたち 2


作家の部屋★


poet 塚元寛一さん


poet 田中宏輔さん


poet 香鳴裕人さん


artist 羊谷知嘉さん


poet samleさん


reviewer 澤あづささん


poet NORANEKOさん


poet 天野行雄さん


poet 黒木アンさん


poet はかいしさん


poet 紅魚。さん


poet しぇりーいすちゃん


poet 泡沫恋歌さん


e-shi トラ太郎さん


e-shi 黒沙鐶ミイカさん


e-shi コマさん


artist ホングウ セラさん


reviewer 藤一紀さん


reviewer 水野英一さん


poet メビウスリング詩人会勉強会


poet 僻猫さん


artist 美々婆々さん


poet カニエ・ナハさん


ミュージシャンのお部屋★


hiroyuki


森 ミキ


編集室★


ブックマーク★


Home


room 1 企画


room 2


box 1 ✔


box 2 ✔


box 3 ✔


box 4 ✔


box 5


pro1 陽気なこまどり


pro2 coffee


pro3 花のやうに


pro4


pro5 


PBook 1


PBook 2


PBook 3


PBook 4


PBook 5 ✔✔


PBook 6


PBook 7


PBook 8


PBook 9


PBook 10


PBook 11


PBook 12


PBook 13 ✔


PBook 14


PBook 15


長編詩投稿サイト


日本人 カモメ7440


水深九十八メートルの夜



月舞の宴 (コメント付)


1~71行詩


今日の写真詩:詩文by塚元寛一


No.1


作品


十一次元の詩人たちへ


青いレモン


『青いレモン』の前駆詩


古井戸の底に浮かぶ


オリジナル意訳1    by塚元寛一


オリジナル意訳2


オリジナル意訳3


オリジナル意訳4


オ意ロートレアモン1


オ意ロートレアモン2


オ意ロートレアモン3


オ意ロートレアモン4


オ意ロートレアモン5


写真詩詩文控え1   by 塚元寛一


写真詩詩文控え2


写真詩詩文控え3


写真詩詩文控え4


写真詩詩文控え5


写真詩詩文控え6


ひろやすさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


ひろやすさん詩文控2


ひろやすさん詩文控3


ひろやすさん詩文控4


ひろやすさん詩文控5


wa!ひろさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


wa!ひろさん詩文控2


wa!ひろさん詩文控3


wa!ひろさん詩文控4


イラスト詩文控え1  by 塚元寛一


イラスト詩詩文控2


イラスト詩詩文控3



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.